お得情報研究家「まめ」が家電情報をお届け

Anker PowerCore Fusion 5000の使い方・レビュー|充電器やモバイルバッテリーとして使える優れもの

Anker PowerCore Fusion 5000
「スマホにタブレットにデジカメ!旅行中に充電器をたくさん持ち歩きたくない!」

旅行や出張で、たくさんの機器を持ち歩くことは少なくないですよね。しかし、就寝時に一度に充電するには、USB充電器もその数だけ必要です。

そんなときに便利なのがAnker PowerCore Fusion 5000です。2つのポートが付いていて、コンセントから、同時にUSB充電が可能。さらに、モバイルバッテリーとしても使え、外出先でオールマイティに活躍します。

このページでは、Anker PowerCore Fusion 5000の使い方やメリットなどを口コミレビューします。

スポンサードリンク

Ankerとは

Anker
Anker(アンカー)は、Googleでエンジニアとして働いていたメンバーで設立されたメーカーです。主に、モバイルバッテリーや急速充電器、スピーカーといったモバイル向けの機器を販売していて、Amazonや雑誌などでの評価も高いです。

私は、Anker Soundcore 2というワイヤレススピーカーやSoundcore Liberty Neoといったワイヤレスイヤホンを使ってますが、価格が手ごろなわりに品質がよく、かなり活躍してます。Ankerは、信頼できるメーカーだと思ってます。

使い方の基本

コンセントプラグ
Anker PowerCore Fusion 5000の使い方は簡単です。折り畳み式のコンセントプラグを出して、自宅のコンセントやホテルのコンセントに挿すだけです。

Anker PowerCore Fusion 5000で充電
USBポートが2つ付いているので、スマホ(iPhoneやAndroid)やタブレット端末、iPad、デジカメ、ゲーム機など、USB充電できる機器を接続すると充電が開始されます。

最初に、接続した重電機器が充電された後に、Anker PowerCore Fusion 5000の本体の充電がはじまり、モバイルバッテリーとして使えるようになります。充電中の発熱に関しては、それほど気にする必要はないと思います。一般的なACアダプターのように、長時間使用しても、少し温かくなるぐらいです。

なお、挿しっぱなしにするとバッテリー寿命が縮まる可能性があります。私は満充電になったら、コンセントから外すようにしています。

Anker PowerCore Fusion 5000のモバイルバッテリー
モバイルバッテリーとして使う場合は、Anker PowerCore Fusion 5000本体とスマホなどの機器をUSBケーブルでつなぐだけです。

青い点滅
充電中や本体の残り容量は、本体ランプの青い点滅でわかります。

Micro USBケーブル
購入するとMicro USBケーブルが1本付属しています。充電したい端末が、USB TYPE-CやApple製品で使われるライトニングUSBケーブルなら、普段使っているケーブルで接続できます。

説明書
使い方に関しては、日本語での説明書も付属しています。

スポンサードリンク

Anker PowerCore Fusion 5000のメリット

ここからは、Anker PowerCore Fusion 5000のメリットや機能を紹介します。

コンパクト&軽くて持ち運びに便利

Anker PowerCore Fusion 5000
Anker PowerCore Fusion 5000のサイズは、約72 x 70 x 31mm。重量は約189gです。

手のひらサイズで、リュックやショルダーバックにも余裕で入ります。モバイルバッテリー機能を要しているわりには、重量も軽いです。ACアダプターのようにごつくて重いわけではありません。持ち運びしやすいように、考慮された設計です。

トラベルポーチ
旅行や出張の際は、いつもバックに入れています。専用のトラベルポーチも付いていますよ。

フルスピード充電が可能

Anker PowerCore Fusion 5000の充電
Anker独自技術のPowerIQとVoltageBoostという機能が付いています。PowerIQは、接続された機器を自動的に検知し、その機器に適した最大のスピードで急速充電を行う技術です。

そのため、特に設定などは必要ありません。PowerIQは、流通するほぼすべての製品で対応できるように設計されています。

スマホやApple製品、タブレット端末などをフルスピード充電で充電できます。実際に使ってみると「驚くほど速い」というわけではないです。普通より、ちょっと速いぐらいの感覚です。

私は就寝時に充電することがほとんどで、特に不満はないです。Anker PowerCore Fusion 5000があれば、いざというときでも、モバイルバッテリーとして使えるので、普通の充電器よりむしろ便利です。

なお、高速充電規格であるQualcommのQuick Chargeには未対応です。ただ、Quick Chargeは、対応している端末しか急速充電できないので、対応している端末を持っていないなら不必要です。

いざという時安心のモバイルバッテリー

Anker PowerCore Fusion 5000のモバイルバッテリー
Anker PowerCore Fusion 5000が便利なのが、モバイルバッテリーとして使えること。バッテリー容量は、5000mAhです。

5000mAhの目安は、iPhoneやAndroidのスマホを約1回分フル充電できるぐらいです。

外出時に、スマホの容量が半分以下になると不安になりますよね。モバイルバッテリーとして使えることで、どうしても必要なメールや電話もでき、安心感が全然違います。充電器とモバイルバッテリーの両方を持ち運ぶ手間もなく、かなり使い勝手がいいです。

私は、デジカメ(ソニー サイバーショット)で写真を撮ることが多く、デジカメもよく充電しています。

価格が手ごろ

Anker PowerCore Fusion 5000の価格は3,099円で購入しました。※価格は変更になることもございます。

購入するショップによりますが、価格は3,000円前後ぐらいが目安です。2つの機器が同時充電できること、モバイルバッテリーとして使えることを考えれば、コスパはかなり高かったです。

なお、私はブラックを購入しましたが、他にホワイトとレッドもあります。

基本情報

バッテリー容量 5000mAh
入力 AC使用時:100-240V=0.5A
Micro USB使用時:5V=2.1A
出力 AC使用時:5V=2.1A (各ポート最大2.1A)
モバイルバッテリー使用時:5V=3A (各ポート最大3A)
サイズ 約72 x 70 x 31mm
重量 約189g

新しい後継機との比較

Anker PowerCore Fusion 5000は、後継機の新モデルとして「Anker PowerCore III Fusion 5000」も販売されています。違いは以下。

・フルスピード充電がPowerIQ 3.0へ強化
・Qualcomm︎ Quick Chargeに対応
・USB-AポートとUSB-Cポートの2つを搭載
・Power Delivery対応(USB Type-C)
・重量が約176gでやや軽くなった

大きな違いは「急速充電が強化された」ことと「ポートがUSB-AポートとUSB-Cポート」になったことです。これまでは、USB-Aポートが2つでした。USB-Cポートを使わない人にとっては、ちょっと不便だと思います。

私は、USB-Aポートの方が使いやすいので、Anker PowerCore Fusion 5000にしました。

まとめ:Anker PowerCore Fusion 5000の口コミ評価

Anker PowerCore Fusion 5000を実際に使ってみて優れていると感じたポイントは以下の3つです。

・コンパクトで持ち運びしやすい
・2つの機器を同時充電できて便利
・モバイルバッテリー機能でいざというとき安心

充電器とモバイルバッテリーの1台2役で、外出時に活躍します。充電器を複数持ち歩かなくても、ケーブルさえあれば、端末を同時に充電できます。

旅行や出張、カフェなど、外出先でもいろいろな端末を使う方におすすめです。

Ankerのおすすめ商品は、以下ページも参考にしてみてください。

公開日:2020年10月6日
目次