billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

格安SIM比較|長電話でも安い!「かけ放題」で通話料金がお得なおすすめを比較

スポンサードリンク

長電話でも安い!かけ放題でお得な格安SIM
「格安SIMにしたいけど通話料金が高くなるのは困るなぁ」

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から、格安SIM(楽天モバイルやマイネオなど)に乗り換えると、月々の料金が安くなります。私もソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えたことで、約5,000円の節約に成功しました。

しかし、問題は通話料金。

格安SIMは、かけた分だけ30秒/20円の通話料金がかかります。1分なら40円にもなり以下のような人は注意が必要です。

・遠距離恋愛で恋人と長電話する
・時間がたつのを忘れて友だちとおしゃべりする
・仕事で短い電話を頻繁にかける

気がつけば「え!?こんなに使ってたの。ドコモのときはかけ放題だったから気にしてなかったのに」と格安SIMにしたことによって、逆に出費が増えるケースもあるんです。通話料金が高いことは、格安SIMのデメリットとしてもよく取り上げられるんですよね。

とはいえ、最近では格安SIMも「かけ放題」のプランを提供するサービスが増えました。これにより、格安SIMでも気にすることなく電話ができ、かつ月々の料金をも安くできます。

このページでは、かけ放題のプランで、通話料金が安くお得になるおすすめの格安SIMを紹介します。

スポンサードリンク

かけ放題の基本と注意点を知っておこう

基本と注意点
格安SIMのかけ放題を比較するときには、以下の3点に注意しておきます。

・何回かけられるか
・何分かけられるか
・どこにかけられるか

かけ放題といいつつも、回数と時間、かける場所で制限が設けられています。例えば、楽天モバイルの「5分かけ放題」は、5分以内の国内通話が何度でもかけ放題のサービスです。5分を越えると通話料金がかかります。

しかし、Y!mobileの「スーパーだれとでも定額」のように、何度でも、何時間でも完全にかけ放題のプランもあります。

また、料金体系は以下の2パターンがあります。

・基本料金に含まれている
・オプション料金がかかる

基本料金に含まれている場合は、特別な手続きは必要なくかけ放題がついていきます。「知らなかった」では損することもあるので、契約時に確認しておきましょう。ただし、そもそもの基本料金が割高であることが多いです。

オプションの場合は、基本料金に加えて、別途かけ放題の料金がかかります。端末とセット購入で、安くなるキャンペーンを行っていることもあります。

このように、かけ放題は内容と料金が各社で異なります。そのため、あなたにとって最適な「かけ放題」が必ずあります。次項からは、おすすめのプランを紹介します。

最強の格安SIMはどれ?かけ放題プランを徹底比較

最強のかけ放題
格安SIMで、かけ放題のプランを提供している会社はいくつかあります。それぞれ、どれくらい料金に違いがあるかをまとめました。ここでは、最も人気が高い容量の5GB~6GBのプランを元に比較します。

※1ヶ月の料金です
※2017年3月現在の情報です。

提供会社 基本プラン かけ放題の内容
Y!mobile スマホプランM(6GB)2,980円 ・10分以内の通話が無制限(基本料金に含む)
・何度でも何時間でもかけ放題のスーパーだれとでも定額(オプション:1,000円)
UQモバイル プランM(3GB~6GB)2,980円 ・何度でも5分かけ放題のぴったりプラン
・最大120分かけ放題のおしゃべりプラン
(基本料金に含む)
マイネオ ドコモプラン(5GB)2,280円 ・5分かけ放題(オプション:850円)
・最大30分かけ放題の通話定額30(オプション:840円)
楽天モバイル 通話SIM(5GB) 2,150円 ・5分かけ放題(オプション:850円)

 
結論からいうと、最も通話プランが優れている格安SIMは、Y!mobileです。月額の基本料金は他社より高めではあるものの、標準で10分以内の通話料無制限がついています。

また、「スーパーだれとでも定額」のオプションをつければ、何度でも何時間でも電話がかけ放題になります。「インターネットはあまりしないけど、電話はよくする」という人は、ドコモやソフトバンクよりも格段に安くなるでしょう。

マイネオと楽天モバイルはオプションで5分かけ放題をつけられます。両者とも基本料金が安いので、5分以内の通話を何度でもしたいなら、オプションをつけてでも割安です。

スポンサードリンク

各社の「かけ放題」プランのメリットとデメリット

かけ放題比較
ここからは、各社で提供しているかけ放題プランのメリット、デメリットを紹介します。それぞれに特徴があるので、あなたに合ったプランを見つけるための参考にしてみてください。

Y!mobile|長電話する人はこれで決まり

Y!mobileは、1回あたり10分以内の国内通話が、何度でもかけ放題が基本料金に含まれています。基本料金は他社と比較して割高であるものの、10分もの余裕があれば使い勝手はいいですよね。

そして最大の利点は月額1,000円で「スーパーだれとでも定額」をオプションでつけられること。他社も含めたすべてのスマートフォンやケータイ、または固定電話への国内通話が、無料になります。格安SIMでも長電話をしたい人やビジネスでもバリバリ使いたい人には最強です。

キャリアの月額料金が約8,000円くらいかかることを考えると、オプションをつけたとしても圧倒的に安くなるケースの方が多いはずです。

また、家族割りやYahoo!プレミアムの加入でロハコやYahoo!ショッピングでTポイントが貯まるのもお得です。

デメリットは、2年契約になり、解約すると9,500円の契約解除料がかかること。また、現在の料金は「スマホプラン割引」が適用されているので、キャンペーン終了後は、料金体系がどうなるかわかりません(新たなキャンペーンが始まる可能性もありますが)。

とはいえ、通話料金を気にすることなく電話ができるのは、今のところY!mobileが最も優れていると思います。

UQモバイル|自由に選べるいいとこどり

UQモバイルは、価格もサービスも他社のちょうど中間に位置します。

5分以内の国内通話が何度でも無料の「おしゃべりプラン」か最大120分/月の通話が無料になる「ぴったりプラン」のどちらかを選択可能(後からプラン変更もできます)。 これは基本料金に含まれているので、その分、やや価格が高いですね。

それでも、後述するマイネオのオプション(通話定額60)を付けることを考えると安いです。

ただし、UQモバイルのデメリットは、14ヶ月目以降に月額料金が1,000円アップするのと、26ヶ月目以降はデータ容量が半分になること(6GB→3GB)。そして2年契約になるので、途中で解約すると契約解除料がかかります。

とはいえ、2年で乗り換えることを想定すればコスパはいい格安SIMです。

マイネオ|プライベートと仕事でよく電話をする

マイネオには、「5分かけ放題」と「通話定額30/60」の2つのオプションが用意されています。

5分かけ放題は、5分以内の国内通話が何度でもかけ放題になります。家族や友達とこまめに連絡をとる人や仕事のちょっとした連絡でよく電話をかける人に向いています。

通話定額30/60は、時間内の国内通話が定額になるオプションです。

通話定額30:最大30分間の国内通話が定額料金(月額840円)
通話定額60:最大60分間の国内通話が定額料金(月額1,680円)

たまに長電話になる人におすすめ。つい、おしゃべりに夢中になってしまうなら、保険の意味で加入しておくのもいいでしょう。

また、マイネオはドコモとauのいずれかの回線を選べるのも強みです

楽天モバイル|短い時間の電話を頻繁にかける人向き

楽天モバイルは、5分以内の国内通話が何度でもかけ放題の「5分かけ放題」のオプションがあります。マイネオと同じですね。短い時間の電話を頻繁にかける人に向いています。また、5分以降も30秒10円になるので、長電話になっても安心です。
 
楽天モバイルは、使用料金100円につき1ポイントが貯まるのもお得。新規契約やMNPでの乗り換えなら、SIMフリー端末が安いのも魅力です。

かけ放題はやっぱりいらないと思ったら

例えば、楽天モバイルの5分かけ放題は月額850円。30秒/20円で考えると、22分以上電話をかけないと元がとれません。

計算してみて「やっぱりかけ放題はいらないかも」という結論もありです。

それでも、通話料金を安くしたい。そんな人は、楽天でんわやLINEの無料通話を使いましょう。

楽天でんわ

楽天でんわは、番号そのままで通話料が半額になる電話アプリです。つまり、30秒/10円で電話がかけられます。しかも、月額料金も無料。

電話回線を使っているので、通話品質も良好です。私も固定電話や携帯電話ににかけるときには、楽天でんわを使っています。

LINE無料通話

LINEは、アプリを使ってメッセージのやりとりができるサービスです。そのLINEには無料通話があり、相手もLINEのアプリを持っているのであれば、無料で通話が可能です。固定電話や携帯電話の番号にはかけられませんが、家族や友達とのやりとりをLINEにすると通話料金を節約できますね。

また、LINEには、格安で電話をかけられる「LINE Out」というサービスもあります。

まとめ

格安SIMでも通話料金を安くすることは可能です。キャリアからの乗り換え先を選ぶ基準として、通話プランも想定しておくとよりお得な格安SIMに出会えますよ。

その他の格安SIMの割引キャンペーン

以下ページで、他の格安SIM(MVNO)の割引キャンペーンもまとめています。月額料金の割引率やオプション割引など、比較してみてください。

▽割引キャンペーン掲載格安SIM(MVNO)一覧
楽天モバイルUQモバイルmineoワイモバイルIIJmioNifMoBIGLOBEモバイルイオンモバイルDMMモバイルOCNモバイルONEエキサイトモバイルリペアSIMQTモバイルDTI SIMLIBMO

公開日:2017年3月29日