お得情報研究家「まめ」が格安SIM情報をお届け

【2021年】格安SIM(MVNO)おすすめ比較|特徴で選ぶ厳選8選!

おすすめを徹底比較 格安SIM MVNO
このページでは、おすすめの格安SIM(MVNO)を紹介します。新規契約でものりかえでも、どのサービスが自分に合っているか比較・検討してみてくださいね。

おすすめの格安SIM(MVNO)

格安SIM(MVNO)のチェックポイント1知名度・会社の規模 2料金・割引(家族割、光回線セット割など)、3データ容量、4通信速度・回線、5取扱い端末、6電話・オプションサービス、7店舗でのサポート対応
格安SIM(MVNO)を提供する業者は800社以上。家電量販店に行ってもたくさんの業者がブースを構えていますよね。

しかし「あまりにも多くて違いがわからない。のりかえたいけど迷う」という方も多いと思います。

そこで「知名度・会社の規模」「料金」「割引(家族割、光回線セット割など)」「データ容量」「通信速度」「回線」「取扱い端末」「電話サービス」「オプションサービス」「店舗」などを総合的に判断して、8社に絞りました。

専門雑誌やWebでも頻繁に紹介される優良サービスばかりです。「料金が安くても店舗がないといざというとき不安」「ほんとうにお得かわからない」など、不安を解消して、用途に応じて選んでみてください。

目的によって比較したい方は、以下ページをご覧ください。


楽天回線もおすすめ

格安SIMではありませんが、楽天回線のRakuten UN-LIMIT VIもおすすめです。

楽天モバイルRakuten UN-LIMIT VI

2021年4月から段階的料金でお得!
楽天が提供する通信サービス。楽天回線の4G+5Gが使えます。2021年4月1日より、1GBまで0円/月~20GB超過後はどれだけ使っても月額3,278円(税込)で段階的に料金がかわるプランに変更になりました。ただし、楽天回線エリア外は最大1Mbpsで使い放題になるので、楽天回線エリアでよく利用する方におすすめです。
楽天回線SIMカード
メリット:おすすめポイント
1GBまで0円/月
楽天回線エリアならデータ無制限で月額3,278円(税込み)
4G+5Gエリアで使える
回線
楽天回線
運営会社
楽天モバイル株式会社
月額料金・データ容量 ▽2021年4月1日からの新料金プラン Rakuten UN-LIMIT VI基本料金(音声通話付き)
・0GBまで月額0円(1回線目のみ)
・3GBまで月額1,078円(税込)
・20GBまで月額2,178円(税込)
・20GB超過後はどれだけ使っても月額3,278円(税込)
※楽天回線エリア外は最大1Mbpsで使い放題
※パートナー回線エリア5GBまで
※2021年4月1日からの新料金プランへ自動アップグレードされます。それまでは月額3,278円(税込み)のRakuten UN-LIMIT Vプランです。
家族割引
光回線割引 楽天ひかりとセットで基本使用料割引
通話 ・ Rakuten Linkアプリ利用でかけ放題(国内→国内) ・ Rakuten Linkアプリ利用でかけ放題(対象地域の海外→国内)

サービス ・スマホ交換保証プラス(有料) ・スマホ操作遠隔サポート(有料) など
店舗 あり
販売端末(iPhone) ・iPhone 12 Pro(512GB・256GB・128GB)
・iPhone 12 Pro Max(512GB・256GB・128GB)
・iPhone 12(256GB・128GB・64GB)
・iPhone 12 mini(256GB・128GB・64GB)
・iPhone SE 第2世代(256GB・128GB・64GB)
キャンペーン情報 キャンペーンをみてみる

※価格は変更になることがございます。最新価格は楽天モバイル公式サイトをご覧ください。

スポンサードリンク

【おすすめベスト5】格安SIM(MVNO)比較

ワイモバイル

ソフトバンクの安定回線!店舗も全国展開で安心
ワイモバイルは、キャリア(MNO)と格安SIM(MVNO)のいいとこどりをした携帯電話事業者です。回線はソフトバンクの独自回線を使っているから、格安SIMよりも安定した速度の通信が可能。月額料金もキャリアより安く、コスパは抜群にいいです。また、全国に店舗を展開していて困ったときでも相談しやすいです。paypayやヤフー系のサービスでもワイモバイル加入者は、お得な特典があります。
メリット:おすすめポイント
ソフトバンク回線で速度が安定して速い
paypayやヤフー系のサービスでお得
全国に店舗を展開
回線
ソフトバンク
運営会社
ソフトバンク株式会社
月額料金・データ容量 ▽基本料金(音声通話付き)
・シンプルS(3GB):月額2,178円(税込)
・シンプルM(15GB):月額3,278円(税込)
・シンプルL(25GB):月額4,158円(税込)
家族割引 2回線目以降の基本使用料が毎月1,188円割引(税込)(シンプルS/M/Lプランの場合)
光回線割引 おうち割光セット(SoftBank 光またはSoftBank Airとセットで基本使用料割引)
通話 ・1回10分以内国内通話かけ放題:だれとでも定額
・24時間国内通話かけ放題:スーパーだれとでも定額(有料)
サービス ・Yahoo!プレミアム無料
・故障安心パックプラス(有料)
・Enjoyパック(有料)
など
店舗 あり
販売端末(iPhone) ・iPhone 12(256GB・128GB・64GB)
・iPhone 12 mini(256GB・128GB・64GB)
・iPhone SE(128GB・64GB)
キャンペーン情報 キャンペーンをみてみる

※価格は変更になることがございます。最新価格はワイモバイル公式サイトをご覧ください。

UQモバイル

家族割引あり!auのサブブランドで回線も安定
UQモバイルは、auがサブブランドとして展開するau 4G LTEを利用した格安SIM(MVNO)です。月額料金の手ごろさが魅力。国内通話かけ放題、10分かけ放題など通話オプションも充実しています。家族割引があり、家族で月々のスマホ代を安くしたい方にもおすすめ。
メリット:おすすめポイント
月額料金が安い
節約モードでSNSがデータ消費ゼロ
全国に店舗を展開
回線
au
運営会社
UQコミュニケーションズ株式会社
月額料金・データ容量 ▽くりこしプラン基本料金(音声通話付き)
・くりこしプランS(3GB):月額1,628円(税込)
・くりこしプランM(15GB):月額2,728円(税込)
・くりこしプランL(25GB):月額3,828円(税込)
※UQ家族割による割引あり
家族割引 2回線目以降の基本使用料が毎月500円割引(最大9回線)
光回線割引
通話 ・国内通話かけ放題
・国内通話10分かけ放題
・最大60分/月の国内通話が定額
サービス ・UQあんしんパック(有料)
・家族みまもりパック(有料)
など
店舗 あり
販売端末(iPhone) ・iPhone 11(256GB・64GB)
・iPhone SE(128GB・64GB)
・iPhone 7(128GB・32GB)
・au Certified iPhone 8(64GB)
キャンペーン情報 キャンペーンをみてみる

※価格は変更になることがございます。最新価格はUQモバイル 公式サイトをご覧ください。

mineo(マイネオ)

3つの回線から選べる!iPhoneの販売機種も多い
関西でなじみのある光回線「eo光」を展開する株式会社オプテージが提供する格安SIMです。元ケイ・オプティコム。ドコモ、au、ソフトバンク回線から選べるので、どのMNOからでものりかえしやすいです。MVNOにしてはiPhoneの販売が多く、旧モデルのiPhoneを安く使いたい方にもおすすめ。mineoユーザーの感想や評価をみれる「マイネ王」で疑問質問を共有できます。
メリット:おすすめポイント
ドコモ、au、ソフトバンク回線から選べる
使い切った後も最大200kbpsで通信可能
コミュニティサービス「マイネ王」
回線
ドコモ、au、ソフトバンク
運営会社
株式会社オプテージ
月額料金・データ容量 ▽基本料金(デュアルタイプ(音声通話+データ通信))
・1GB:月額1,298円(税込)
・5GB:月額1,518円(税込)
・10GB:月額1,958円(税込)
・20GB:月額2,178円(税込)
家族割引 最大5回線まで50円割引
光回線割引 なし
通話 ・mineoでんわ 10分かけ放題(有料)
・通話定額30、通話定額60(有料)
・LaLa Call(有料)
・mineoでんわ(通話料半額)
サービス ・端末安心保証サービス(無料)
・スマホ操作アシスト(有料)
・訪問サポート(有料)
など
店舗 あり
販売端末(iPhone) ・iPhone 11(128GB・64GB)
・iPhone XR(128GB・64GB)
・iPhone XS MAX(256GB・64GB)
・iPhone XS(256GB・64GB)
・iPhone 8(128GB・64GB)
・iPhone SE(256GB・128GB・64GB)
キャンペーン情報 キャンペーンをみてみる

※価格は変更になることがございます。最新価格はmineo公式サイトをご覧ください。

BIGLOBEモバイル

YouTube好きにおすすめ!エンタメフリー・オプションでデータ通信量の制限なし
老舗インターネットプロバイダーであるBIGLOBEモが提供する格安SIM。エンタメフリー・オプション(有料)なら動画(YouTube、AbemaTV、U-NEXTなど)や音楽(Google Play Music、Amazon Music、Apple Musicなど)、電子書籍(dマガジンなど)を使用してもデータ通信量の制限なく楽しめます。長時間YouTubeや映画を見る方におすすめです。
メリット:おすすめポイント
YouTubeなど対象のサービスフリーオプション
ドコモとau回線が選べる
通話オプションが豊富
回線
ドコモ、au
運営会社
ビッグローブ株式会社
月額料金・データ容量 ▽基本料金(音声通話+データ通信+SMS)
・1ギガ:月額1,078円(税込)
・3ギガプラン:月額1,320円(税込)
・6ギガプラン:月額1,870円(税込)
・12ギガプラン:月額3,740円(税込)
・20ギガプラン:月額5,720円(税込)
・30ギガプラン:月額8,195円(税込)
家族割引 シェアSIM
光回線割引 BIGLOBE光とセットで基本使用料割引
通話 ・BIGLOBEでんわ3分 or 10分(有料)
・BIGLOBEでんわ 通話パック60 or 90(有料)
・BIGLOBEでんわ(通話料半額)
サービス ・エンタメフリー・オプション(有料) ・BIGLOBE端末あんしんサービス(有料) ・BIGLOBE SIM端末保証サービス(有料) など
店舗 あり
販売端末(iPhone) ・iPhone SE(128GBGB・64GB)
キャンペーン情報 キャンペーンをみてみる

※価格は変更になることがございます。最新価格はBIGLOBEモバイル 公式サイトをご覧ください。

【目的が合えばおすすめ!】格安SIM(MVNO)比較

IIJmio

データ容量を家族でシェア!みんなで使えばお得
東証1部上場のインターネットイニシアティブが提供する格安SIM。プロバイダ事業も行うインターネット業界の老舗です。格安SIMに関しても、いちはやく展開し、業界の基準をつくってきました。月額料金も手頃で、iPhoneをはじめ販売している端末が多いです。また、ファミリーシェアプランなら、データ容量を最大5人(音声SIM)でシェアできるから経済的です。
メリット:おすすめポイント
家族で容量をシェアできる
ドコモとau回線が選べる
中古端末の販売あり
回線
ドコモ、au
運営会社
株式会社インターネットイニシアティブ
月額料金・データ容量 ▽基本料金(音声通話付き)
・ミニマム3GB:月額1,760円(税込)
・ライト6GB:月額2,442円(税込)
・ファミリー12GB:月額3,586円(税込)
※キャンペーン割引で変動
家族割引 ファミリーシェアプラン
光回線割引 IIJmioひかりとセットで基本使用料割引
通話 ・家族と30分以内、誰とでも10分以内かけ放題(有料)
・家族と10分以内、誰とでも3分以内かけ放題(有料)
・みおふぉんダイアル(通話料半額)
サービス ・端末補償オプション(有料) ・スマホの操作サポート(有料) など
店舗 あり
販売端末(iPhone) ・iPhone XR(128GB・64GB)
・iPhone XS(256GB・64GB)
・iPhone 8(256GB・64GB)
・iPhone 7(256GB・128GB・32GB)
・iPhone SE(128GBGB・64GB・16GB)
キャンペーン情報 キャンペーンをみてみる

※価格は変更になることがございます。最新価格はIIJmio(みおふぉん)公式サイトをご覧ください。

イオンモバイル

イオンの格安SIM!ネットでもイオンでも申込みできる
全国200店舗以上あるイオンとネットで申し込み可能。イオンの店舗でサポートしてくれるから、申込みしやすいです。29種類の料金プランがあり、用途に応じて細かくスマホ料金を節約できます。シェア音声プランなら、SIMカード最大5枚を利用できるので、家族でお得に使えます。
メリット:おすすめポイント
500MB~50GBまでプランが豊富
チャージが1G480円と安い
全国のイオンでも契約できる
回線
ドコモ、au
運営会社
イオンリテール株式会社
月額料金・データ容量 ▽基本料金(音声通話付き)
・500MB:月額1,023円(税込)
・1GB:月額1,078円(税込)
・5GB:月額1,518円(税込)
・8GB:月額1,848円(税込)
・20GB:月額2,398円(税込)
※その他、プランあり
家族割引 シェア音声プラン
光回線割引 なし
通話 ・050かけ放題(有料)
・イオンでんわ10分かけ放題(有料)
・イオンでんわ(通話料半額)
サービス ・イオンスマホ安心パック(有料) ・イオンスマホ安心保証(有料) など
店舗 あり
販売端末(iPhone) なし
キャンペーン情報 キャンペーンをみてみる

※価格は変更になることがございます。最新価格はイオンモバイル公式サイトをご覧ください。

nuroモバイル

月額料金が安い!ソニーの格安SIM
ソニーネットワークコミュニケーションズが提供するソニーの格安SIM。インターネット回線の「NURO 光」も独自回線でつながりやすさに定評がある人気サービスです。nuroモバイルは、料金の安さが魅力。ドコモのお試しプランなら、データSIMが月額300円から使えます。ドコモ、au、ソフトバンク回線から選べるので、のりかえもしやすいです。
メリット:おすすめポイント
ドコモ、au、ソフトバンク回線から選べる
最安300円からで安い
シンプルな料金プラン
回線
ドコモ、au、ソフトバンク
運営会社
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
月額料金・データ容量 ▽基本料金(音声通話付き)
・VSプラン3GB:月額792円(税込)
・VMプラン5GB:月額990円(税込)
・VLプラン8GB:月額1,485円(税込)
※ドコモ・au・ソフトバンク回線のどれを選んでも同一料金
家族割引 なし
光回線割引 なし
通話 ・nuroモバイルでんわ(通話料半額)
サービス ・端末補償(有料) ・訪問サポート(有料) など
店舗 あり
販売端末(iPhone) なし
キャンペーン情報 キャンペーンをみてみる

※価格は変更になることがございます。最新価格はnuro mobile公式サイトをご覧ください。

エキサイトモバイル

使った分だけお支払い!最適料金プランあり
ポータルサイトやエキサイト光などを提供するインターネットサービスの老舗。エキサイトモバイルの「最適料金プラン」は毎月の使用量に応じて、料金が決まります。月によって、使う頻度が違う方におすすめ。余分なスマホ料金をおさえられます。
メリット:おすすめポイント
使った分だけ支払う段階料金プランあり
8種類の定額プラン
0GBの低速低速通信プラン
回線
ドコモ
運営会社
エキサイト株式会社
月額料金・データ容量 ▽基本料金(定額料金プラン)
・0GB:月額660円(税込)
・3GB:月額1,210円(税込)
・12GB:月額1,650円(税込)
・20GB:月額2,068円(税込)
・30GB:月額4,400円(税込)
家族割引 なし
光回線割引 なし
通話 ・エキモバでんわ(通話料半額)
サービス ・Smart・Checker(有料) ・i-フィルター(有料) など
店舗 なし
販売端末(iPhone) なし
キャンペーン情報 キャンペーンをみてみる

※価格は変更になることがございます。最新価格はエキサイトモバイル 公式サイトをご覧ください。

格安SIM(MVNO)とは?どんなメリットがあるの?

MVNOとMNOの違い
格安SIM(MVNO)は、キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から回線を借りて運営している仮想移動体通信事業者。

携帯電話の回線は、大きく分けて「MNO」と「MVNO」に分かれます。簡単に違いを説明すると以下のようになります。

MNO NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク ・自社回線
・通信速度が速い
MNO(ソフトバンク) + 自社MNO ワイモバイル ・ソフトバンクの回線をそのまま使っている
・ウィルコム、イーモバイルの回線も使っている
・通信速度が速い
MVNO 楽天モバイル、マイネオ、‪UQモバイルなど ・MNOの回線を間借りしている
・通信速度が不安定なこともある

ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアは「MNO」です。通信回線網を自社で構築し、独自に通信サービスを提供しています。

楽天モバイル、マイネオ、‪UQモバイルなどの格安SIMは「MVNO」です。ドコモやKDDIの回線を間借りすることにより通信サービスを提供しています。そのため、回線の維持費がかからず、安い料金を実現しています。

格安SIM(MVNO)へは、MNP(070・080・090から始まる電話番号)での、のりかえも可能。今まで使っていた電話番号をそのままに、月額料金を安くすることもできます。

iPhone
また、キャリアで使っていたiPhoneやAndroidのスマホもSIMロック解除することで、格安SIM(MVNO)でも使えます。MNOとのりかえる格安SIM(MVNO)の回線が同じであれば、SIMロック解除しなくとも使えるスマホもあります。

格安SIM(MVNO)の主なメリットをまとめると以下のようになります。

・月額料金が安くなり通信費をおさえられる
・電話番号そのままでものりかえも可能
・iPhoneやAndroidのスマホも使える

どの格安SIM(MVNO)を使っても、上記の3点は同じメリットがあります。格安SIM(MVNO)によって違うのは「料金」「割引(家族割、光回線セット割など)」「データ容量」「通信速度」「回線」「取扱い端末」「電話サービス」「オプションサービス」「店舗」です。

これらの点を比較して、最適な格安SIM(MVNO)を選ぶと失敗が少なくなります。各社の特徴については、本ページでまとめているおすすめの格安SIM(MVNO)比較の項をごらんください。

デメリットや注意したいこと

格安SIM(MVNO)のデメリットも把握しておきましょう。

・キャリアに比べて通信速度が不安定
・データ容量使い放題プランが少ない
・電話かけ放題オプションが少ない
・キャリアメールが使えない(docomo.co.jpなど)
・LINEのID検索ができない(できるMVNOもあります)
・キャリアに比べて店舗数が少ない

一見、デメリットが多いようにみえます。しかし、これらのデメリットは使い方次第で解消できます。

不安 解消方法
キャリアに比べて通信速度が不安定 ワイモバイルはソフトバンク回線を使っているので、ソフトバンクと通信品質は同じです。通信速度に不安がある方におすすめ。
データ容量使い放題プランが少ない 自宅で光回線を使っているならWiFiルーターを使ってWiFi環境にしましょう。動画やネットなど、スマホを使う時間が長くてもデータ容量を消費しません。
電話かけ放題オプションが少ない 電話かけ放題オプションは少ないですが「1回10分以内無料」や「最大60分無料」などのオプションがあります。長電話を利用する方は、LINEやSkypeを活用すれば電話代はおさえられます。
キャリアメールが使えない(docomo.co.jpなど) GmailやHotmailなど無料のメールアドレスを使えば問題ありません。むしろスマホでもパソコンでも閲覧できて便利。メッセージのやりとりならLINEやチャットワークといったサービスを使えば、仕事もプライベートもこなせます。
LINEのID検索ができない LINEモバイルワイモバイルであればLINEのID検索もできます
キャリアに比べて店舗数が少ない ドコモ、au、ソフトバンクと比較すればMVNOの店舗数は少ないです。しかし、最近では家電量販店やショッピングモール、街中にも、店舗が増えてきています。申込みや契約内容の不安なども解消できます。Webで相談したいときはチャットでの問い合わせ受付しているMVNOもあります。

このように、MNOにはあって、格安SIM(MVNO)にはないサービスでも、解決する方法はたくさんあります。

MMD研究所の「2019年9月格安SIMサービスの利用動向調査」によると、2019年のMVNOシェアは13.2%となっています。2014年のシェア率は1.6%であったことから、年々シェア率が拡大していることがあわかります。

「格安SIMはよくわからない」という方もまだまだ多いです。しかし、MVNOにのりかえることで、月々の料金が安くなるのは間違いありません。

ヨドバシカメラやビックカメラの携帯電話フロアには、多数の格安SIM(MVNO)の窓口があります。わからない方は、相談に行ってみましょう。

まとめ

通信速度や店舗でのサポートを考えると総合的には、ワイモバイルがおすすめです。他の格安SIM(MVNO)よりも少し料金は高いですが、キャリアよりは断然安くなります。

UQモバイル もauのサブブランドで、通信速度の安定性に定評があります。家族割引もあり、家計の負担を軽くできます。

ドコモ、au、ソフトバンク回線から選べるmineo、エンタメフリー・オプションでYouTubeのデータ容量をカウントしないBIGLOBEモバイル などもあります。

その他、用途に合わせて格安SIM(MVNO)を選んでみてください。

公開日:2019年12月2日
目次