お得情報研究家「まめ」がパソコン情報をお届け

Surface Pro 9実機レビュー|13インチのタッチスクリーンノートパソコン

パソコンやセキュリティソフトがお得!当サイト限定クーポンやキャンペーン!→パソコンクーポン特集

Surface Pro 9
Surface Pro 9は、マイクロソフトが販売する13インチのタッチスクリーンパソコンです。

取り外し可能な別売りのキーボードを購入すれば、タブレットとしてもノートパソコンとしても使えて便利です。Windows 11を搭載したパワフルなスペックで、オフィス系ソフトやエンタメ、クリエイティブな作業など、あらゆる場面で活躍します。

今回は、Surface Pro 9の実機をレビューします。

スポンサードリンク

Surface Pro 9レビュー

Surface Pro 9は、以下のような特徴があります。

Surface Pro 9の特徴
13インチのタッチスクリーンノートパソコン
Windows 11搭載
サファイア、フォレスト、プラチナ、グラファイトの4色展開
タッチパネル対応
879gの薄型軽量
第12世代 Intel Core i5/i7 プロセッサ搭載
Surface スリムペン2​ 付きキーボードあり(別売り)
最大15.5時間のバッテリー駆動
2つのUSB-Cポート搭載
5G対応モデルあり
Dolby Atmos 8 搭載 2W ステレオスピーカー
Webカメラ搭載・Windows Hello 顔認証によるサインイン

次項から、詳しくレビューします。

デザイン・ディスプレイ

Surface Pro 9のカラー
Surface Pro 9のカラーは、サファイア、フォレスト、プラチナ、グラファイトの4色展開です。本ページで紹介するのは、サファイアです。

背面の調節式の内蔵キックスタンドを使えば、立てらせることも可能です。

Surfaceらしいライトで美しいカラーリングがおしゃれ。カフェや仕事場、自宅でも、スタイリッシュに使えます。

側面
薄型で横から見てもスタイリッシュ。キッチンや幅の狭いテーブルでも設置しやすく、動画閲覧にもおすすめ。例えば、レシピ動画を流しながら料理を作れます。

キックスタンドの角度
キックスタンドは、最大で上記の角度まで倒せます。Surface Pro 9は、タッチパネルに対応していて、指先やスリムペン(タッチペン)での操作が可能です。スリムペンを使って、イラスト作成やメモをする際には、描きやすい角度に調整できます。

液晶
液晶は、13インチ PixelSense Flow ディスプレイです。PixelSenseは、MacのRetinaディスプレイのような超高精細なマイクロソフトのディスプレイです。明るく色鮮やかで、写真や動画も見やすいです。

縦横比3:2
解像度は、2880 × 1920 (267 PPI)、縦横比3:2です。

一般的なノートパソコンのディスプレイは、16:9の比率です。しかし、Surface Pro 9は、縦の情報量が多い、3:2を採用。エクセルやワードといったオフィス系ソフトやネット閲覧など、縦に長い資料を閲覧する際に、一覧で見やすくなります。

縦表示
Windows 11を搭載したタブレットスタイルで使えることから、ネット閲覧やアプリも手に持って作業が可能。縦表示にすれば、表示領域が広くなり、ネット閲覧がしやすくなります。

12.9インチのiPad ProとSurface Pro 9を比較
Surface Pro 9の本体サイズは、長さ287mm、幅209mm、高さ9.3mmです。上記は、12.9インチのiPad ProとSurface Pro 9を比較したサイズ感です。

Surface Pro 9は、両サイドのベゼルのベゼルの幅が狭く、本体サイズがコンパクトでスタイリッシュです。13インチながら、コンパクトで持ちやすくなっています。

重量
重量は、約879gと軽いです。出張や旅行でもバッグに入れて、持ち運べます。

キーボード・スリムペン

Surface スリムペン2​ 付きキーボード
Surface Pro 9は、単体の場合、キーボードは付属していません。ノートパソコンスタイルで使いたい場合は、別売りのSurface スリムペン2​ 付きキーボードを購入しましょう。

キーボードの取り付け
キーボードは、マグネットで、カチッと固定するだけで簡単です。Surface スリムペン2​は、キーボードに収納スペースがあり、持ち運ぶ際にも便利です。

カバーと
使わないときは、キーボードを装着したまま折りたためば、液晶を保護するカバーとして使えます。

Surface Pro 9 キーボード
キーボードを取り付けることで、ノートパソコンのような形で使用できます。

13.3型のノートパソコンとSurface Pro 9を比較
上記は、一昔前の13.3型のノートパソコンとSurface Pro 9(13インチ)を比較したサイズ感です。Surface Pro 9は、本体サイズがコンパクトです。カフェのテーブルやカウンター席、新幹線の座席などでも、作業がしやすくなっています。

キーボード
キーボードは、日本語配列です。テンキーは付いていません。トラックパッドが付いていて、マウスなしでも操作しやすいです。

キーストローク""
キーストローク(キーが沈み込む深さ)は、薄めながら、打刻感があり、テキスト打ちや資料作成はしやすいです。

Surface スリムペン2
Surface スリムペン2​ 付きキーボードは、Surface スリムペン2(タッチペン)も付属しています。

上記は、Surface スリムペン2(タッチペン)で文字を描いた動画です。なめらかな描き心地で、紙に描いているような感覚で使えました。イラスト作成やメモを描きたい方におすすめです。

スペック

今回は、Windows 11 Home、第12世代 Intel Core i5-1235U プロセッサ、メモリ8GB、Intel Iris Xe グラフィックス、256GB SSDのスペックで検証しました。

上記は、起動からネット接続したときの動画です。起動が速く、すぐに仕事や作業に取り掛かれます。起動音も静か。

Surface Pro 9のCrystalDiskMarkによるSSDベンチマーク
ベンチマークソフトのCrystalDiskMarkによるSSDベンチマーク(SSDの性能を計測)結果です。

左が読み込み速度(3485.84MB/s)、右が書き込み速度(2504.05MB/s)です。1秒あたり何MBを読み込み、書き込みできるかの数値を計測しています。3000MB/sを超えていることから、ノートパソコンとしては、かなり高速な結果であるといえます。

構成や性能にもよりますが、HDDは150MB/s前後、SSD(PCIe対応)対応のノートパソコンで2500MB/s前後、高性能なゲーミングPCなら3500MB/s前後ぐらいです。

上記は、シャットダウンの動画です。シャットダウンもとても速いですよね。音も静かです。

上記は、ネット閲覧した動画です。反応速度もよく、サクサクとページ遷移できました。資料作成やネット閲覧、動画視聴、オンライン学習などの事務用途であれば、問題ないスペックです。

タッチパネルの感度も良好です。

Surface Pro 9のCinebench Release 20によるCPUベンチマーク
CPUは、第12世代 Intel Core i5-1235U プロセッサ、グラフィックスには、Intel Iris Xe グラフィックスが搭載されています。CPUベンチマークソフト「Cinebench Release 20」での計測結果です。

マルチコアテスト:2122pst
シングルコアテスト:327pst

スペック的には、オフィス系ソフトでの事務作業やネット閲覧、動画閲覧、Web会議、オンライン学習などに問題ないスペックです。

Surface Pro 9は、Intel Core i7-1255U、メモリ16GBモデルもあります。動画編集やデザインで、複数のアプリを立ち上げて作業する方は、Intel Core i7-1255U、メモリ16GBを検討してみてください。価格は高くなるので、事務用途であればIntel Core i5-1235U、メモリ8GBでOKです。

ただし、高性能なスペックを要するゲームや4Kの動画編集をするには、NVIDIA GeForceなどのグラフィックスカードを搭載したパソコンの方がおすすめです。

端子・通信・充電

外部端子
Surface Pro 9の外部端子は以下のような構成です。

USB USB 4.0/Thunderbolt 4 搭載 USB-C x 2
HDMI なし
SDカード なし
有線LANコネクタ なし
SIMカードスロット nano SIM x 1(5Gモデルのみ)
その他 Surface Connect ポート x 1、Surface タイプカバーポート x 1

Surface Pro 9は、Windows端末であることから、USB-Cが使えるメリットがあります。

USBメモリ、外付けハードディスク、外付けDVDドライブといったUSB-A端子の周辺機器を使いたい場合は、USB-CからUSB-Aに変換できるアダプタを利用しましょう。

ワイヤレスマウス
ワイヤレスマウスやワイヤレスヘッドホンを使う場合は Bluetooth 5.1、ネットへの接続はWi-Fi 6Eを利用できます。

なお、Surface Pro 9には、Microsoft SQ 3を搭載した5G対応モデルがあります。NanoSIM および eSIMに対応していて、インターネットに接続できます。SIMカードを利用したい方は、5G対応モデルを検討しましょう。

アダプター
充電は、アダプターが付属しています。アダプターを接続するSurface Connect ポートは、細長い形状になっていて、Surfaceに沿うように取り付けられます。突起が出なく、見た目もすっきりします。

Surface Pro 9のバッテリー駆動時間は、最大15.5時間(5G対応モデルは最大19時間)です。余裕をもって使えます。

テレワークやビジネスに快適な機能(カメラ・音・セキュリティ)

カメラ
Surface Pro 9は、テレワークが快適に行える機能が充実しています。

1080p フルHDフロントカメラ、10.0MP オートフォーカス機能付きリア カメラ(1080p HD および 4kビデオ)を搭載。ZOOMなどのWeb会議でも問題ない画質です。ビデオ通話の音声をはっきり伝えるDual far-field スタジオ マイクも搭載しています。

Windows Hello 顔認証によるサインインにも対応し、セキュリティも高められます。

上記は、Surface Pro 9で音楽を再生した動画です。スピーカーは、Dolby Atmos 8 搭載 2W ステレオ スピーカーを搭載。

臨場感のあるくっきりとしたサウンドで、よほど音にこだわりがなければ、別途スピーカーはなくてもいいです。

スポンサードリンク

価格と購入方法

Surface Pro 9は、スペック違いで複数のモデルが販売されています。

【WiFi】インテル Core i5、8GB RAM、128GB SSD 162,580円(税込)
【WiFi】インテル Evo Core i5、8GB RAM、256GB SSD 174,680円(税込)
【WiFi】インテル Evo Core i5、16GB RAM、256GB SSD 219,780円(税込)
【WiFi】インテル Evo Core i7、16GB RAM、256GB SSD 248,380円(税込)
【WiFi】インテル Evo Core i7、16GB RAM、512GB SSD 291,280円(税込)
【WiFi】インテル Evo Core i7、16GB RAM、1TBGB SSD 334,180円(税込)
【WiFi】インテル Evo Core i7、32GB RAM、1TBGB SSD 391,380円(税込)
【5G】Microsoft SQ 3、8GB RAM、256GB SSD 216,480円(税込)

※購入できるスペックによって、選べるカラーが異なります。
※価格は変更になることもございます。マイクロソフト公式サイト「Surface Pro 9」をご覧ください。

事務作業やネット閲覧、動画閲覧、オンライン学習といった用途なら「インテル Evo Core i5、8GB RAM、256GB SSD」がおすすめです。価格も10万円台で安いです。

インテル Evoは、インテル社が快適に使えるかのテストを行い、より快適に使えることが証明されたモデルです。厳格なEvo基準を満たす認められた製品にしか付与されません。つまり、より安心感のあるパソコン作業ができます。迷ったら、インテル Evoモデルがおすすめです。

写真や動画データは、オンラインストレージや外付けHDDなどに保存しましょう。アプリやソフトを多く入れる方は、512GB SSDのモデルを検討してみてください。

動画編集やデザインをする方やスペックに余裕を持たせたい方は「インテル Evo Core i7、16GB RAM、512GB SSD」がおすすめです。

Surface Pro 9を購入するなら、Microsoft Storeがお得です。

セールが開催されることもある他、全商品送料無料、60日間返品無料、90日間の無償テクニカルサポートなど、サポートも充実しています。

詳しくは以下ページも参考にしてみてください。

スポンサードリンク

まとめ:口コミ評価

Surface Pro 9は、13インチのタッチスクリーンノートパソコンです。薄型軽量で持ち運びにおすすめ。

別売りのSurface スリムペン2​ 付きキーボードを購入すれば、ノートパソコンのように使うこともできます。

パワフルなスペックで、Windows 11を搭載していることから、ビジネスや事務作業、動画閲覧、オンライン学習、クリエイティブな作業など幅広い用途で使えます。

Surfaceの関連ページ

他のSurfaceと比較したい方や特徴を知りたい方は、以下ページもご覧ください。


・当サイトは、日本マイクロソフトより、商品を貸し出していただき、本レビューを執筆しています。
・当サイトは、マイクロソフトアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

おすすめのノートパソコン

おすすめのノートパソコンは、以下ページも参考にしてみてください。低価格で安い、ビジネス用、Office付き、動画編集向きなどをまとめています。

パソコンをお得に購入!当サイト限定クーポン

割引クーポン&セール情報

以下ショップより、パソコンを割引で購入できるクーポンを発行していただきました。

通常価格よりも割引になるので、安くパソコンを購入できます。クーポンの使い方は、各クーポン詳細ページをご覧ください。

富士通直販 WEB MART 富士通の各種対象パソコンが割引になる当サイト限定クーポン配布中 クーポン詳細
HP Directplus HPのパソコンが個人向け7%割引、法人向け4%割引になる当サイト限定クーポン配布中 クーポン詳細
Dynabook特別販売 当サイト掲載の特別販売ページからの購入で、dynabookがDynabook Direct会員価格からさらに割引。
※左のリンクより下記IDとPWを入力するとアクセスできます。
ID:dyna204cls
PW:T8Y7GRSV
キャンペーン詳細
VAIOストア ウィンターキャンペーンicon VAIO SX12、VAIO S13、VAIO SX14、VAIO S15、VAIO Zの対象パソコンが、最大130,000円値引きで購入できます(2022年12月21日(水)9:29まで)。新規会員登録すると25万円以上の対象パソコンで使える25,000円OFFクーポンiconとの併用可能です。 キャンペーン詳細
NECクリスマスセール NECのパソコンが12%前後の割引になるクーポンコードが配布されています。※2022年12月26日(月)15時まで クーポン詳細
レノボクリスマスセール レノボ公式通販の「クリスマスセール」では、レノボの対象のパソコン(ThinkPadやIdeaPad、Yoga、Chromebookなど)が2%~最大40%OFFの特別価格で購入できます。※2022年12月22日(木)まで クーポン詳細
Microsoft Store 限定お買い得商品 各種Surface本体とタイプカバーなどがまとめ買いで割引になるセールが開催中です。送料無料、60日間返品無料。 キャンペーン詳細
オンラインストア限定キャンペーン! ASUSのノートパソコンやデスクトップパソコンお得に購入できます。 セール詳細
期間限定セール マウスコンピューターの人気モデルが割引になるセールが開催されています。 セール詳細

セキュリティソフトもクーポンやキャンペーンで安く購入できます。

マカフィー リブセーフ マカフィリブセーフの3年版、1年版が特別割引になる当サイト限定クーポン配布中 クーポン詳細
ウイルスバスター クラウド ウイルスバスタークラウド ダウンロード3年版を2か月延長で購入できる キャンペーン詳細
おすすめのキャンペーンの情報icon ソースネクスト公式通販では、スーパーセキュリティZEROや各種PCソフトが割引になるキャンペーンが開催されていることがあります。 キャンペーン詳細
公開日:2022年11月13日
目次