お得情報研究家「まめ」がシンガポールへの旅行・お出かけ情報をお届け

シンガポールのセントーサ島への行き方・アクセス方法

旅行予約サイトのクーポンを使えば宿泊や交通付プランを安く予約できます。→【最新】旅行・宿泊クーポン
更新 ※一部に広告表示

セントーサ島
シンガポールにあるセントーサ島(Sentosa Island)へは、MRT(地下鉄)やモノレール、ケーブルカー、Grab、バス、レンタカー、ツアー、徒歩などでアクセスできます。

このページでは、セントーサ島への行き方・アクセス方法をまとめました。

スポンサードリンク

場所

Sentosa Gateway, Singapore 098269

ユニバーサル・スタジオ・シンガポール
セントーサ島は、ユニバーサル スタジオ シンガポールやアドベンチャー コーブ ウォーターパークやシーアクアリウムといったレジャー施設やホテルがあるが多く集まる島です。

シンガポールの街中からは、モノレールやケーブルカーでアクセスできるほか、橋がかかっていて車や徒歩でも楽にアクセスできます。

スポンサードリンク

MRT + セントーサエクスプレス

セントーサ島への最もスタンダードな行き方は、MRT(地下鉄)とセントーサエクスプレス(モノレール)を使ってのアクセスです。

以下の流れでアクセスできます。

(1)MRTのハーバーフロント駅で下車
(2)ビボシティ3階のビボシティ駅よりセントーサエクスプレスに乗車
(3)セントーサエクスプレスのセントーサ島内の各駅で下車
料金:MRTの料金 + セントーサエクスプレスの料金 S$4.00

※料金は変更になることもあります。最新情報はセントーサエクスプレス公式サイトをご覧ください。

それぞれ詳しく紹介します。

(1)MRTのハーバーフロント駅で下車

シンガポールのMRT
MRT(マス・ラピッド・トランジット)とは、シンガポール国内を幅広く網羅している地下鉄です。車内や駅もきれい。

観光客や現地の人も多く乗っていて、治安もよかったです。時間帯や路線によっては空いてますが、主要駅やチャンギ空港近辺は、座れないぐらい混雑します。

セントーサ島へ行くには、最寄り駅であるハーバーフロント駅(HarbourFront MRT Station)へ向かいましょう。

ハーバーフロント駅は、MRTのNorth East Line(北東線)またはCircle Line(環状線)で行けます。チャンギ空港からも、MRTでハーバーフロント駅へ行けます。主要ホテルや観光地もMRTの駅があり、アクセスは便利です。

路線図や時刻表、運賃はLand Transport Authority:陸上交通庁公式サイトで確認できます。

(2)ビボシティ3階のビボシティ駅よりセントーサエクスプレスに乗車

ビボシティ
MRTのハーバーフロント駅は、ビボシティ(VivoCity)というショッピングモールに直結しています。スーパーや飲食店も多くあり、必要なものを調達するのもおすすめです。

セントーサエクスプレスへの案内板
ハーバーフロント駅を下車したら、E出口より、ビボシティ3階にあるセントーサエクスプレス(Sentosa Express)のビボシティ駅に向かいます。

セントーサエクスプレスのビボシティ駅
セントーサエクスプレスは、セントーサ島内を走るモノレールです。

ビボシティは、駅などなさそうなショッピングモールですが、3階に行けばビボシティ駅がちゃんとあります。エスカレーターで3階を目指してください。

セントーサエクスプレスの改札
セントーサエクスプレスのチケットは、チケット売り場やセントーサエクスプレス公式サイトでEチケットを購入できるほか、EZ-Link、NETSフラッシュペイを改札でタッチすることでも乗車できます。

VISA、MasterCardのロゴも掲載されていました。おそらくタッチ決済に対応していれば、乗れるのかもしれないです(未確認です)。

セントーサエクスプレスの料金はS$4.00です。※入島料込み

一度、料金を支払えば、当日はセントーサ島内の各駅で、何度でも乗り放題になります。

EZ-Link
EZ-Linkは、シンガポールの交通系ICカードです。MRT(地下鉄)に乗る際に利用しますが、チャージした金額は、他の施設でも使える場合があり重宝します。

セントーサエクスプレスのチケット売り場は、行列ができていることもあり、交通系ICカードを使うのがおすすめです。

私は、チケット購入サイトの「KKday」で、EZ-Linkを購入して、空港のカウンターで受け取りました。とても便利でおすすめです。

EZ-LinkもNETSフラッシュペイも、KLOOKやKKdayなどのチケット購入サイトで購入して現地で受け取れます。

セントーサ エクスプレス
セントーサエクスプレスの乗り方は、改札でカードをタッチして駅構内へ入ります。随時運行していて、到着したら乗るだけです。

(3)セントーサエクスプレスのセントーサ島内の各駅で下車

セントーサ エクスプレスの路線図
セントーサエクスプレスは、以下の駅があります。

・VivoCity Station(ビボシティ駅)
・Resorts World Station(リゾートワールド駅)
・Imbiah Station(インビア駅)
・Beach Station(ビーチ駅)

リゾートワールド駅は、セントーサ島内の最初の駅です。ユニバーサルスタジオシンガポールやシーアクアリウムなどの施設に行くときに下車します。



インビア駅は、中間の駅です。マダム タッソー シンガポールや近隣のホテルへのアクセスに便利です。

ビーチ駅は、パワランビーチやシソロビーチなど、ビーチエリアに行くのに便利です。

スポンサードリンク

ケーブルカー|景色を楽しめる

シンガポールケーブルカー
ケーブルカーは、ロープウェイのような乗り物です。景色を眺められることから、移動手段としても観光としても楽しめます。

ケーブルカー乗り場は、MRTのハーバーフロント駅のB出口より、案内板を見ながらケーブルカーのハーバーフロント駅へ向かいます。

ケーブルカーの料金は、以下です。

▽Mount Faber Line + Sentosa Line
大人:S$35.00
子供:S$25.00
▽Mount Faber Line
大人:S$33.00
子供:S$22.00
▽Sentosa Line
大人:S$15.00
子供:S$10.00

※料金は変更になることもあります。最新情報はセントーサ島公式サイトをご覧ください。

ケーブルカーは、セントーサ島へと向かうMount Faber Lineとセントーサ島内のSentosa Lineの2つの路線があります。

▽Mount Faber Lineの駅
・Mount Faber Station
・HarbourFront Station
・Sentosa Station
▽Sentosa Lineの駅
・Imbiah Station
・Siloso Point Station
・Merlion Station

シンガポールの街からは、Mount Faber LineのHarbourFront Stationで乗車し、Sentosa Stationで下車します。

徒歩で、Sentosa Lineの駅に移動して、目的地の最寄り駅まで乗車します。

ケーブルカーのチケットは、KLOOKやKKdayなどのチケット購入サイトでも購入できます。

Grab・タクシー|早朝や複数人での利用におすすめ

セントーナゲートウェイ
セントーサ島へは、橋がかかっていて、Grabやタクシーでもアクセスできます。

Grabやタクシーなら、ホテルやチャンギ空港から直行で行けて、とても便利で早いです。おすすめの交通手段です。

Grab
私もGrabでセントーサ島へ行ってみました。Grabは、個人タクシーをスマホで手配できる配車サービスです(Uberのようなサービスです)。

シンガポールでは、Grabが日常的に使える交通手段として普及しています。私も何度も使いましたが、早朝でも平日でも、ドライバーはすぐに見つかりました。

料金は、宿泊先のザ リッツカールトン ミレニア シンガポールから、セントーサ島のユニバーサル スタジオ シンガポールまで、JustGrabで、S$16.30でした。家族3人で利用したので、一人当たりの料金は約S$5.50。かなり安かったです。

マリーナベイサンズやマーライオン付近からも同じぐらいの料金だと思います。

Grabは、AndroidはGoogle Play、iPhoneはApp Storeより、アプリをダウンロードできます。アプリのダウンロードは無料です。

Grab:タクシーとフードデリバリー

Grab:タクシーとフードデリバリー
開発元:Grab.com
無料
posted withアプリーチ

レンタカー

レンタカーで行く場合は、セントーサ島内の駐車場に車をとめましょう。

駐車料金は曜日によって異なります。1日の最大駐車料金も設定されています。詳しくはリゾートワールドセントーサ公式サイトで確認できます。

路線バス|ルートが豊富

シンガポールのバス停
シンガポールの路線バスでも、セントーサ島へとアクセスできます。シンガポール内には、バス停が多く、MRTが近くにない場合も乗りやすいです。

▽ルート1
10、30、57、61、65、80、97、100、123M、131、143、145、166または855番に乗り、VivoCityで下車。VivoCityのバス停14141またはハーバーフロントのメリルリンチのバス停14121からバスRWS8に乗る。リゾートワールドセントーサ降車地点で下車。

ルート1は、ショッピングセンターのビボシティのバス停まで各系統でアクセスして、ビボシティからリゾートワールドセントーサまで向かう方法です。

▽ルート2
123、188R、またはNR6に乗り、リゾートワールドセントーサのバス停14519で下車。

ルート2は、シンガポールの街中から、リゾートワールドセントーサまで直通で行ける系統です。どのバス停から乗るかによりますが、ルート2の方が便利です。

路線図や時刻表、運賃はLand Transport Authority:陸上交通庁公式サイトで確認できます。

徒歩|安い

セントーサボードフォーク
セントーサボードフォークを徒歩で渡れば、セントーサ島へとアクセスできます。

MRTのハーバーフロント駅で下車後、ビボシティ(VivoCity)というショッピングモール1階より、案内板を見ながら、セントーサボードフォークへ向かいましょう。

セントーサボードフォークは、車が渡る橋と並行している遊歩道です。景色を見ながら、メリットがあります。

距離にして、約600mほどです。15分~20分ほどでセントーサ島へ行けます。

入島料は、セントーサ島公式サイトを見ると無料となっていました。

ただ、入島料がS$1.00かかるという情報もあり、時期により違うかもしれません。乗り物に乗らないことから、セントーサエクスプレスやケーブルカーを使うより、安いのは確かだと思います。

ツアー・観光バス|不安な方や観光したい方おすすめ

シンガポールのツアーバス
現地の交通機関に乗るのが不安な方や周辺観光もしたい方は、ツアーや観光バスを利用しましょう。

海外現地オプショナルツアー予約サイトでは、空港からホテルの送迎サービスや観光バス、レンタカーなどを予約できます。以下サイトは、日本語予約に対応しています。

セントーサ島内の交通手段

セントーサ島内で、交通機関を使って移動したい場合は、以下の方法があります。

・BUS A(バス)
・Bus B(バス)
・Beach Shuttle(バス)
・ケーブルカー
・セントーサエクスプレス

BUS AとBUS Bは、セントーサ島内を約15分間隔で運行しているバスです。セントーサエクスプレスやケーブルカーの駅から、徒歩で行くには少し遠い目的地に行くのに便利です。

路線図や運行情報はセントーサ島公式サイトをご覧ください。

まめ

著者:まめ
海外・国内旅行マニア。お得情報研究家として、テレビ出演多数。海外滞在歴(ロサンゼルス、シアトル、サンフランシスコ、シカゴ、ワシントンDC、ニューオリンズ、ハワイ、シンガポール、タイ)。実体験を元に、旅行に役立つ情報や宿泊クーポン、旅行セール情報を配信してます。
まめのプロフィール
X(Twitter):まめ|ビリオンログ(旅行用)

内容は変更になる可能性もございます。利用の際は公式サイトの確認をお願いします。


目次