お得情報研究家「まめ」がシンガポールへの旅行・お出かけ情報をお届け

アドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク完全ガイド!楽しみ方・アクセス・お得なチケット情報を徹底解説

旅行予約サイトのクーポンを使えば宿泊や交通付プランを安く予約できます。→【最新】旅行・宿泊クーポン
更新 ※一部に広告表示

アドベンチャーコーブウォーターパーク
シンガポールのセントーサ島にあるアドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク(Adventure Cove Waterpark)に行ってきました。

ウォータースライダーや流れるプール、子供向けプール、シュノーケリングなど様々な遊びができるプールです。我が家も子供と行ってきましたが、とても楽しかったです。

このページでは、アドベンチャーコーブウォーターパークに行ってわかった見どころや所要時間、アトラクション、持ち物、料金、アクセスなどの口コミ情報ブログ記事で紹介します。

スポンサードリンク

アドベンチャーコーブウォーターパークとは

アドベンチャーコーブウォーターパーク
アドベンチャーコーブウォーターパークは、セントーサ島にあるプールです。

シンガポール最大級のプールで、ウォータースライダーや流れるプール、波のプール、シュノーケリングなど、遊びの幅が広く、スケールが大きいです。

迫力があるウォータースライダーや子供でも楽しめる浅いプールもあり、大人から子供まで楽しめます。

暑いシンガポールで、プールで遊びたくなったらおすすめです。我が家も家族で行ってきました。

スポンサードリンク

楽しみ方を解説

アドベンチャーコーブウォーターパークのプールや人気エリア、グルメ、お土産など、楽しみ方を紹介します。

アドベンチャーコーブウォーターパークは、一部の有料施設を除き遊び放題です。好きなプールで存分に遊びましょう。

子供も大人も大満足!流れるプールで遊ぶ

アドベンチャーリバー
アドベンチャーリバー(Adventure River)は、流れるプールです。

無料で利用できる大きな浮き輪で、川を下るように、ジャングルや洞窟などいろいろなテーマがあるゾーンを巡ります。浮き輪が確保できない場合は、浮き輪なしでも泳げます。

滝や波など、いろいろな仕掛けがあり、とても楽しかったです。水槽の魚を見られるエリアもありました。

シュノーケリングで魚を見る

レインボーリーフ
レインボーリーフ(Rainbow Reef)は、プールでシュノーケリングができるエリアです。

受付に並ぶと、ライフジャケットとマスク、スノーケルを無料で貸してくれます。

レインボーリーフ
プールの中には、サンゴ礁とたくさんの魚が泳いでいます。魚を観察しながら、プールを1周できます。とてもきれいでした。

手持ちの水中カメラをそのまま持っていったのですが、持ち込みNGでした。首や手に引っ掛けられるストラップがあれば、カメラを持ち込んでの撮影もOKだそうです。

なお、プールに入れる人数が制限されていて、順番待ちがあります。午前中に行ったところ、待ち時間なしで入れました。

午後には行列ができていたので、早めの利用がおすすめです。

迫力満点の波の出るプール

ブルーウォーターベイ
ブルーウォーターベイ(Bluwater Bay)は、波の出るプールです。

波の勢いが強烈でした。波が高く、奥まで行くと溺れそうなぐらい勢いよく押し寄せてきます。

スペースが広く、波もゆるやかな場所なら、家族で楽しむのもおすすめです。

子供におすすめのプール

ビッグバケツツリーハウス
ビッグバケツツリーハウス(Big Bucket Treehouse)は、ウォータースライダーやネットなど、いろいろな仕掛けがあるプールです。

水のアスレチックのようになっていて、仕掛けをクリアしながら、頂上にあるウォータースライダー乗り場を目指します。

ウォータースライダーがゆるやかで、子供におすすめです。

本格的なウォータースライダー

ウォータースライダー
アドベンチャーコーブウォーターパークには、本格的なウォータースライダーがあります。

・リップタイドロケット(Riptide Rocket)
・パイプラインプランジ(Pipeline Plunge)
・デュエリングレーサー(Dueling Racer)
・タイダルツイスター(Tidal Twister)
・スパイラルウォッシュアウト(Spiral Washout)
・ホイールプールウォッシュアウト(Whirlpool Washout)

高速でスリルのあるウォータースライダーもあり、大人だけやカップルで楽しむのもおすすめです。

ウォータースライダー
ちなみに、我が家は、子供が乗りたがらなかったので、1度も乗りませんでした(他のプールだけで満足しました)。

ウォータースライダーは、身長制限があるので注意してください。

ウォータースライダーの待ち時間
ウォータースライダーは、午前中はほぼ待ち時間はなかったです。徐々に混雑していき、40分~60分待ちになっていました。早めに行って、たくさん滑っておくのがおすすめです。

有料で、Adventure Express passという行列をスキップできるパスもあるようです。気になる方は、サービスカウンターで聞いてみてください。

水上アスレチックに挑戦

スプラッシュワークス
スプラッシュワークス(Splashworks)は、水上アスレチックです。

プールの上で、様々な仕掛けをクリアしながら遊べます。

小さな子供向けのプール

子供向けのプール
子供向けの底が浅いプールもありました。

ふれあい体験エリア(別料金)

体験エリア
イルカやエイとふれあえるエリアもあります。

・Dolphin Island
・Ray Bay Encounter
・Shark Encounter

ふれあい体験は、入場チケットに加えて、別料金が必要です。

最新情報はアドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク公式サイトをご覧ください。

食事スポット

The Bay Restaurant
アドベンチャーコーブウォーターパーク内には、レストランや売店があります。

The Bay Restaurantは、屋内で食事ができるレストランです。

アドベンチャーコーブウォーターパークの食事
フィッシュアンドチップスやチキン、サラダなどの食事やドリンクを購入できます。

Blu Ice Treats
ドリンクや軽食を購入できる売店もあります。

アドベンチャーコーブウォーターパークの食事について、詳しくは以下ページをご覧ください。

グッズショップでお土産やグッズを買う

アドベンチャーコーブウォーターパークのグッズショップ
アドベンチャーコーブウォーターパークには「Reef’n Wave Wear」というグッズショップがあります。

お土産や水着、ラッシュガード、ゴーグル、ビーチサンダルといったグッズも販売されていて、忘れた場合でも、泳ぐのに必要なものは購入できます。

値段は、日本の一般的なスポーツショップの定価といった感じです。めちゃくちゃ高くはないですが、安くもないです。

スポンサードリンク

所要時間

我が家は、平日の10時から15時ごろまで、アドベンチャーコーブウォーターパークで遊びました。滞在時間は5時間ほど。十分に満喫できました。

15時に出た後は、近くにあるシーアクアリウムで遊びました。

特に予定がないなら、プールで一日遊んで、セントーサ島やビボシティでごはんを食べて、ホテルに戻ってもいいかと思います。

混雑状況

10時のオープンに合わせて行ったので、ロッカーもプールも休憩スペースもほとんど人がいなくて、空いていました。

お昼に近づくにつれ、人が増えてきます。それでも、混雑しすぎというほどではなく、自分のペースで遊べました。

ウォータースライダーやレインボーリーフ(シュノーケリング)は、午前中なら、待ち時間はほぼなしでした。込みはじめると40分~60分待ちになっていたので、早めに遊んでおくことをおすすめします。

なお、日本のプールのように、数時間おきに15分間はプールに入れないといった休憩時間が全くなかったです。

料金・チケット

アドベンチャーコーブウォーターパークの入場口
アドベンチャーコーブウォーターパークの料金は以下です。

大人(13歳以上):S$39.00
子供(4歳~12歳):S$31.00

※料金は変更になることもあります。最新料金はアドベンチャーコーブウォーターパーク|セントーサ島公式サイトをご覧ください。

アドベンチャーコーブウォーターパークのチケットは、チケットカウンターで当日券も購入できますが、混雑を避けるため、事前購入することをおすすめします。スマホで表示されるQRコードをエントランスでかざすことで入場できて簡単です。

我が家も、事前にネットで購入しました。

レジャー施設チケット購入サイトのKLOOKやKKday、楽天トラベル観光体験は、日本語に対応しています。日本語でチケットを購入したい方におすすめです。


KLOOKのキャンペーン情報
KLOOKのクルックの日クーポンでは、毎月9日と6日に最大9%OFFになるクーポンが配布されます。

チケットの買い方について、詳しくは、以下ページも参考にしてみてください。

Q&A

アドベンチャーコーブウォーターパークで知っておきたい知識や注意点を紹介します。

おすすめの持ち物と持ち込みできない物

サンダル
アドベンチャーコーブウォーターパークは、以下の物を持っていくのがおすすめです。

▽おすすめの持ち物
・水着
・ラッシュガード(ジッパーやボタン付きではないもの)
・タオル
・ゴーグル
・ビーチサンダル

タオルは、パーク内に用意されていません。自分で持っていきましょう。

アドベンチャーコーブウォーターパークの服装
水着や服装に関しては、規定があります。

注意するのは、ジッパーやボタン付きの服で水に入れません。ラッシュガードは、日焼けを防げるのでおすすめですが、Tシャツのように上からかぶれるものにしましょう。

▽持ち込み不要
・ライフジャケット
・浮き輪

ライフジャケット
ライフジャケットは、無料の貸出があります。ケースの中にサイズ別に置かれているので、自由にとってOKです。子供用もあります。

混雑するとなくなることもあるので、早めに確保しておきましょう。

浮き輪
浮き輪は、アドベンチャーリバー(流れるプール用)の大きな浮き輪が置かれています。自由に使ってOKです。

▽持ち込みできない物
飲食物(離乳食や粉ミルク、特別な食事が必要な方の食品を除く)

パーク内に、食べ物や飲み物の持ち込みはできません。レストランや売店で購入しましょう。

持ち込みできない物については変更になることもあります。最新情報はアドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク公式サイトのQ&Aを確認しておくことをおすすめします。

パーク中央のロッカーがおすすめ

アドベンチャーコーブウォーターパークのロッカーの場所
アドベンチャーコーブウォーターパークは、大きくわけて2つのロッカールームがあります。

アドベンチャーコーブウォーターパークのロッカー
おすすめは、パーク中央にあるロッカーです。各プールの中心部にあり、プールで遊んだ後やロッカーで荷物を取りたいときにスムーズに行けます。

ただし、中央のロッカーは、数が少なく、オープン後、早くに空きがなくなっていました。

中央のロッカーがいっぱいなら、エントランス付近のロッカーを使いましょう。数が多く、よほど混雑していなければ空いていると思います。

ロッカーの使い方
ロッカーは、有料です。料金を支払うと何度でも出し入れができます。

ロッカーの使い方は、ロッカーにある端末を操作します。言語は日本語や英語に対応しています。日本語を選んで端末を操作するとわかりやすいです。最初に借りる場合は「REOPEN Locker」を押しましょう。

ロッカーの使い方について、詳しくは以下ページをご覧ください。

更衣室で着替え

更衣室
アドベンチャーコーブウォーターパークには、男女別の更衣室もあります。

ロッカーが別にあるので、着替えるスペースがあるだけのシンプルな作りです。

ハワイなどのリゾート地と違って、シンガポールは都会の街並みです。私服で行って、更衣室で水着に着替える方がいいかと思います(もちろん、衣服の下に水着を着て行けば楽です)。

シャワーやトレイもあり快適に着替えができます。

休憩スペースを確保する

アドベンチャーコーブウォーターパークの休憩スペース
アドベンチャーコーブウォーターパークには、休憩スペースが多くあります。後ほど紹介する「カバナ」以外は無料で利用できます。

休憩スペース
おすすめは、ブルーウォーターベイ(Bluwater Bay)の前にあるいパラソル付きのビーチチェアです。中央ロッカーや更衣室、ウォータースライダーもすぐ近くにあり、便利な場所です。

我が家は、オープンと同時に行ったので、確保できました。立地がいい休憩スペースは、早めに埋まります。タオルやサンダル(最悪盗られてもいいもの)を置いて、確保しておきましょう。

アドベンチャーコーブウォーターパークのカバナ
ゆっくりしたい方は、有料の「カバナ」というプライベートスペースもあります。無料タオル貸し出しやカバナ内のロッカーの無料使用、飲食バウチャーといった特典もあります。

予約や最新情報はアドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク公式サイトをご覧ください。

アドベンチャーコーブウォーターパーク周辺のホテル

シンガポールのアドベンチャーコーブウォーターパーク周辺には、観光や出張に便利なホテルが多くあります。

アドベンチャーコーブウォーターパーク周辺では、セントーサ島のホテルが近いです。また、マリーナベイサンズやオーチャード ロードにあるホテルからもアクセスはいいです。

私はザ・リッツ・カールトン・ミレニア・シンガポールに宿泊し、Grabで行きました。

シンガポールへの海外ツアーは、以下のサイトで、お得なプランを探して予約できます。

宿泊のみや宿泊 + 航空券は、以下のサイトで、お得なプランや格安航空券を探して予約できます。

アクセス

8 Sentosa Gateway, Sentosa Island, Singapore 098269

アドベンチャーコーブウォーターパークの場所は、シンガポールのセントーサ島にあるリゾート・ワールド・セントーサにあります。

シンガポールの街中からは、モノレールやケーブルカーでアクセスできるほか、橋がかかっていて車(Grab・タクシー・レンタカー)や徒歩でも楽にアクセスできます。

▽MRT + セントーサエクスプレスでの行き方
(1)MRTのハーバーフロント駅で下車
(2)ビボシティ3階のビボシティ駅よりセントーサエクスプレスに乗車
(3)セントーサエクスプレスのリゾートワールド駅で下車して徒歩でアドベンチャーコーブウォーターパークへ

アドベンチャーコーブウォーターパークへの行き方は、以下ページをご覧ください。

営業時間・定休日

アドベンチャーコーブウォーターパークの営業時間は、毎日午前10時から午後6時まです。

営業時間や定休日は変更になることがあります。最新情報は必ずアドベンチャーコーブウォーターパーク公式サイトをご覧ください。

まとめ:口コミ評価

アドベンチャーコーブウォーターパークは、規模が大きく、一日でも楽しめるプールです。

流れるプールや波の出るプール、シュノーケリングも、日本のプールとは違った仕掛けや雰囲気があり、とても楽しかったです。

暑いシンガポールで、子供とリフレッシュできました。

まめ

著者:まめ
海外・国内旅行マニア。お得情報研究家として、テレビ出演多数。海外滞在歴(ロサンゼルス、シアトル、サンフランシスコ、シカゴ、ワシントンDC、ニューオリンズ、ハワイ、シンガポール、タイ)。実体験を元に、旅行に役立つ情報や宿泊クーポン、旅行セール情報を配信してます。
まめのプロフィール
X(Twitter):まめ(旅行用)

内容は変更になる可能性もございます。利用の際は公式サイトの確認をお願いします。


目次