お得情報研究家「まめ」がパソコン情報をお届け

ビジネスで使うノートパソコンの選び方|失敗しないための7つのチェックポイント

ビジネスで使うノートパソコンの選び方
「仕事で使うノートパソコンは何を買えばいいの?」

ビジネス用のノートパソコンは「持ち運ぶと疲れる」「パソコンが重いと仕事がはかどらない」など、不満に思うことはありますよね。しかも、種類が多すぎて、何を購入したらいいか迷ってしまいます。

しかし、7つのポイントを絞れば、最適な機種を選ぶことが可能です。私も仕事で、ノートパソコンを使っていますが、ベストな買い方ができ、ストレスなく仕事ができていますよ。

このページでは、ビジネスの用として使うノートパソコンの選び方を紹介します。

スポンサードリンク

ビジネスで使うノートパソコンの選び方:7つのチェックポイント

VAIO SX14 ALL BLACK EDITION
ビジネスで使うなら、オフィス系ソフトやネットでの情報収集、動画閲覧は最低限使いますよね。デザインの仕事であれば、デザイン系ソフトでデータチェックや写真編集する機会もあるかもしれません。

まずは「ノートパソコンで何をしたいか」を想像してください。

それにより、スペックや機種も絞り込まれてきます。ちなみに「迷って選べない」「選ぶのが面倒」なら、ハイスペックのパソコンを購入しておけば間違いはないです。

私もCore i7-8565U、SSD512GB、メモリ16GBのVAIO SX14 ALL BLACK EDITION iconを使っています。27万円ぐらいしましたが、やはり満足度が高いです。これぐらいのスペックがあれば、大体のことができます。

(1)デザイン|自分好みが一番

Dell New XPS 13
仕事のモチベーションを上げるには、デザインは、重要です。カフェで仕事をしたり、お店で使ったり、オフィスのインテリアに合わせたり。

ビジネス用のパソコンカラーは、ブラック、ホワイト、シルバーが主流。レッドやブルー、ピンクなど鮮やかな色もありますが、ビジネス用として使っている人はあまり見かけないですね。

HP ENVY x360 13iconは、大人っぽいウォールナットや上品なセラミックホワイトなど、おしゃれなデザインが特徴です。約7万円台から購入できるコスパのよさも魅力。

(2)サイズと重量|持ち運びするか

フレームの幅
ビジネス用のノートパソコンは、会議室での打ち合わせ、テレワーク、会社と自宅で兼用など、持ち運ぶ機会も多いですよね。そのため、サイズは11インチ~13インチが使いやすいです。

私が購入したVAIO SX14 ALL BLACK EDITION iconは、14型ですが、本体サイズは13.3型とほぼ同じ。フレームの幅を狭く設計することで、コンパクト&大画面を実現しています。

富士通 LIFEBOOK NHシリーズ WN1/D2
ディスプレイサイズは、大きい方が作業効率がいいです。富士通のLIFEBOOK NHシリーズも本体サイズは、15.6型ワイド液晶のパソコンと同じくらいの大きさながら、17.3型の大画面です。

大画面&設置スペースも考慮したいなら、フレームの幅設計にも注目してみましょう。

持ち運び用パソコンの重量は、1kg前後が目安。1.5kg以上になると重くて、営業で歩き回るなら、めちゃくちゃ疲れます。

富士通のパソコン
ちなみに、世界最軽量ノートパソコンと言われている富士通のLIFEBOOK UHシリーズは、最も軽いモデルで約698gという軽さです。

以下ページでは、在宅勤務やテレワークにおすすめのノートパソコンを紹介しています。

Surface Pro 7
軽さで選ぶなら、Microsoft Surface Pro 7やレノボのYoga C630ようなタブレット型PCもおすすめです。タブレットにもなるので、タッチパネル操作もでき、使い勝手の幅が広がります。

(3)スペック|OS、CPU、メモリ、ストレージの4つを確認

レノボ
まず、OSがWindowsなら、Windows10搭載のノートパソコンを購入しましょう。なぜなら、2020年1月14日で、Windows 7のサポートが終了し、セキュリティ更新がないので注意です。

CPUがCeleronで、メモリ4GBのノートパソコンは、5万円以下でも販売されていますが、スペックは高い方が絶対いいです。

予算が許すなら、スペックとしては、インテルCore i5以上、SSD 256GB以上、メモリ8GB以上のパソコンを選ぶのがおすすめです。

価格は10万円クラスになってきますが、ケチらない方が後々、後悔せずにすみます。資料作成もネット閲覧も、忙しい時に動作が重いとかなりのストレスになります。

レノボのThinkシリーズは、累計販売台数は1億台を超えているビジネスユーザーに人気のパソコンです。ラインナップが幅広く、予算に応じて選びやすいです。迷ったら、Thinkシリーズに絞って探してもいいと思います。

レノボHPiconといった海外メーカーなら10万円前後でもいいスペックのパソコンを購入できます。

なお、ストレージはHDDではなく、SSDのノートパソコンが主流になりつつあります。SSDの大きな特徴は、起動が速くなります。上記は、第三世代 ハイスピードSSD 512GB搭載パソコンの起動動画です。めちゃくちゃ速いですよね。

お客さんの前やイベントでも、待たせずにサッと起動できるのは、すごくいいです。

ただ、SSDのパソコンは、容量が大きくなると価格が高いです。HDDなら1TB以上でも安くなっていますが、SSDは512GB以上になるとまだまだ高価。予算を抑えたいなら、SSD 256GBのパソコンで、データ保存は、外付けHDDやオンラインストレージを使うのも手です。

なお、CPU、メモリ、ストレージ(HDD、SSD)の意味がわからない方は、以下を参考にしてください。

CPU 中央処理装置。よく「人間の脳」に例えられます。アプリケーションやハードウェアを動かす役割があります。CPUの性能がいいと情報処理が速くなり快適にパソコンが使えます。インテル製が主流でしたが、最近はAMD製も増えてきています。インテル製なら、安いノートパソコンでCeleronやCore i3、ミドルスペックでCore i5、Core i7、ハイスペックでCore i9が搭載されています。
メモリ 主記憶装置。つまり、データを記憶する部品です。よく「作業台」に例えられます。作業台が広いと、いろいろな物を置けて、作業がはかどりますよね。メモリの容量が多いと、たくさんのアプリケーションを同時に開いても、パソコンの動作が速いです。昔のパソコンは、メモリ32MB程度でした。現在は安いパソコンでも4GB~8GB、少しいいパソコンで16GB、ゲームや動画編集などを快適に動かすハイスペックパソコンなら32GBや64GBもあります。
ストレージ 保管場所。OSやアプリケーション、写真、動画といったデータを保存する場所です。HDDは、500GB~3TBといった大容量で保存でき安価です。最近はSSDも増えています。SSDは衝撃に強く、消費電力が少ないです。高速で、パソコンの起動も早くなります。SSDの容量は128GB~512GBが主流。HDDよりも価格は高いです。

(4)端子|USB、HDMI、DVDドライブなど

外部端子
プレゼンやイベントでの用途を考え、使える端子は多い方が便利です。

HDMI、USB、ヘッドホン出力は、最低限必要(大体、付いていると思いますが)。USB端子が多ければ、外付け機器でも対応できます。

他には、有線LAN、Type-C、SDメモリーカードスロット、ミニD-Sub、DVD・ブルーレイドライブも検討しましょう。イベント会場のプロジェクターが「ミニD-Subしか対応してなかった」みたいなケースもあるので。

SIMカード
それとSIMカードが挿せる、LTE対応のノートパソコンもおすすめです。

ノートパソコンをネットにつなげるには、WiFi、有線LAN、スマホのテザリングがあります。ただ、場所によってWiFiが飛んでいなかったり、WiFiルーターを契約するのもコストがかかるんですよね。

LTE対応のノートパソコンなら、格安SIM業者が提供している安いデータSIMでも、ネットができます。詳しくは、以下ページをご覧ください。

以下ページでは、格安SIMも紹介しています。

(5)機能|テレビやWebカメラなど

Webウェブカメラ
機能としては、Webカメラは必須です。最近のノートパソコンは搭載されている場合がほとんどですが、確認しておきましょう。Webカメラが付いていれば、ビデオ会議もできます。

その他は、テレビチューナーや4K対応ディスプレイ、スピーカーなど、用途に応じて選びましょう。

(6)セキュリティ|情報漏洩を防ぐ

顧客情報や提案前の資料など、機密情報を持ち運ぶ場面もありますよね。

データが飛んだり、漏れたりしないよう指紋認証や丈夫さも考慮しましょう。Panasonicのレッツノートは、コンパクト、ハイスペック、頑丈さでビジネスユーザーに人気です。デスクやカバンからの落下も想定し、試験を行っています。

ウイルスバスター クラウド
セキュリティソフトも必須です。フィッシング詐欺対策や悪質なマルウェアから、ノートパソコンを守ってくれます。

また、パスワード管理やファイルロックなどの機能もあります。セキュリティソフトについては、以下ページも参考にしてみてください。

(7)価格|安かろう悪かろうはおすすめしない

5万円以下のノートパソコンもありますが、スペックについてもよく確認しておきましょう。一番いいのは、高性能なパソコンが安いこと。

海外メーカーは、安さが魅力。主には以下のメーカーがあります。

主な海外パソコンメーカー
レノボ
HPicon
ASUS
DELL

メーカーの公式通販なら、クーポンやキャンペーンも充実していて、安く購入できます。

コスパのいいパソコンなら、BTOパソコンもおすすめ。カスタマイズ注文でき、必要なスペック、機能のみを選べて予算を抑えられます。主には以下のメーカーがあります。

主なBTOパソコンメーカー
マウスコンピューターicon
ドスパラ
パソコン工房【公式通販サイト】
FRONTIERダイレクト

ちなみに私は、マウスコンピューターのデスクトップパソコンを長年愛用しています。

国内メーカーは、丈夫さや機能性に優れています。日本人が仕事でも使いやすい設計がされています。主には以下のメーカーがあります。

主な国内パソコンメーカー
Panasonic レッツノート
VAIO STORE
富士通直販 WEB MART
NEC LAVIE
Dynabook Direct

「国内メーカーのパソコンは高い」というイメージがあるかもしれませんが、メーカーの公式通販なら、クーポンやキャンペーンで安く購入できます。

詳しくは以下ページもご覧ください。


「傷や汚れは気にしない。とにかく安く買いたい」という方は、中古パソコンも検討しましょう。1万円台からでもノートパソコンを購入できます。ただし、古いOSやスペック、重さには、注意してください。詳しくは、以下ページを参考にしてみてください。

ビジネス向けのおすすめノートパソコン

以下ページでは、コスパのよさや軽さ、セキュリティなど特徴に応じて、ビジネスにおすすめのノートパソコンを紹介しています。参考にしてみてください。

スポンサードリンク

まとめ

ノートパソコンを選ぶ際は、以下の7つを意識してみましょう。

ノートパソコンのチェックポイント
デザイン|自分好みが一番
サイズと重量|持ち運びするか
スペック|OS、CPU、メモリ、ストレージの4つを確認
端子|USB、HDMI、DVDドライブなど
機能|テレビやWebカメラなど
セキュリティ|情報漏洩を防ぐ
価格|安かろう悪かろうはおすすめしない

これらを確認し、自分の用途によって選んでみてください。

パソコンをお得に購入!当サイト限定クーポン

以下ショップより、パソコンを割引で購入できるクーポンを発行していただきました。

通常価格よりも割引になるので、安くパソコンを購入できます。クーポンの使い方は、各クーポン詳細ページをご覧ください。

富士通直販 WEB MART 富士通の各種対象パソコン最大27%割引になる当サイト限定クーポン配布中 クーポン詳細
HP Directplus HPのパソコンが個人向け7%割引、法人向け4%割引になる当サイト限定クーポン配布中 クーポン詳細
Dynabook特別販売 当サイト掲載の特別販売ページからの購入で、dynabookがDynabook Direct会員価格から最大5,500円(税込)OFF、キーボードカバーやワイヤレスマウスがもれなくもらえるプレゼントあり。
※左のリンクより下記IDとPWを入力するとアクセスできます。
ID:dyna204cls
PW:T8Y7GRSV
キャンペーン詳細
NEC 半期決算セール NECのパソコンが10%~30%の割引になるクーポンコードが配布されています。2020年9月17日(木)15時まで。 クーポン詳細
Surface Pro 7キャンペーンicon 対象のSurface Pro 7を購入すると18,040円 (税込) 相当のSurface Pro タイプカバー (ブラック) が無料でもらえるキャンペーンを実施中です。 キャンペーン詳細
Surface Laptop 3の割引キャンペーンicon 対象のSurface Laptop 3を19,800円OFFで購入できるリモートワーク支援キャンペーンを実施中です。 キャンペーン詳細
Microsoft Store 限定お買い得商品 各種Surface本体とタイプカバー、Surface ペン、アクセサリなどがまとめ買いで割引。送料無料、60日間返品無料。 キャンペーン詳細

セキュリティソフトもクーポンやキャンペーンで安く購入できます。

マカフィー リブセーフ マカフィリブセーフの3年版、1年版が特別割引になる当サイト限定クーポン配布中 クーポン詳細
ウイルスバスター クラウド ウイルスバスタークラウド ダウンロード3年版を、2カ月延長で購入できる キャンペーン詳細
公開日:2020年5月14日
目次