billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

安いのに十分な性能!ワイヤレスマウス「TeckNet Pro」

ワイヤレスマウス「TeckNet Pro(型番M003)」
ノートパソコン用にワイヤレスマウス「TeckNet Pro(型番M003)」を購入しました。

今回の購入にあたり重要視したのは、
・サブ用マウスなので高性能より最低限の機能と安さ
・持ち運び用だけど小型サイズより普通サイズ(手になじみやすいから)
・ワイヤレス
・操作ボタンはできるだけ多い方がうれしい
です。

Amazonを中心に探した結果、「TeckNet Pro ワイヤレス マウス」が1000円台前半という安さの割にレビュー数が多く、高評価を得ていたんですよね。

TeckNetは、聞いたこともないメーカーで不安もありましたが、はっきり言ってこれで十分です。マウスに細かなこだわりを求めない人であれば、満足すると思いますよ。

今回はワイヤレスマウス「TeckNet Pro」の優れている理由や機能、残念だったところなどを紹介します。

スポンサードリンク

TeckNetとは

気になったのでTeckNetのことを調べてみました。所在地はイギリスのリバプール。モバイルバッテリーやマウス、キーボードといったパソコンの周辺機器を製造しています。全体的に価格が安く、デザインがクールな印象ですね。

公式サイト:TeckNet

TeckNet Proが優れている7つの理由

安っぽさを感じないデザイン

TeckNet Proの箱
レトロさを感じる小さな箱に入っています。ロジクールのマウスようなパッケージと比べてかなりシンプルですね。

デザインは、中央のグレーとサイドのブラックのコントラストがいいです。1,000円台とは思えないほど、かっこよくて気に入っています。普通のプラスチック素材ですが、安っぽさを感じません。

カラーは、グレー、ブルー、パープル、ブラック、レッドの計5色展開です。

手にフィットしやすい形状

右側面
右側面は大きくぼんでいて親指を引っかけやすい形状になっています。凹凸のあるラバーがしかれていて、指がすべりにくくていいですね。

左側面
左側面は、ややくぼんでいて薬指を引っかけられます。サイズは「中」サイズくらい。大きすぎず小さすぎずで、万人受けする大きさでしょう。

私は小さいマウスが苦手で、手にきれいにフィットする大きさが好きなんです。これは、形状といい、大きさといいちょうどよかったですね。長時間操作していても疲れにくく、操作しやすいです。

邪魔にならない!底面に収納できる超小型レシーバー

小型レシーバー
このマウスは、小型のレシーバーをパソコンのUSBに接続して、無線で動かすワイヤレスマウスです。

ノートパソコンに差しっぱなし
レシーバーの厚さはたったの約5mm。ものすごく小さくて、ノートパソコンに差しっぱなしでも邪魔になりません。いつもそのまま、ケースに収納してます。

外す場合も、底にあるレシーバー専用の収納スペースに入れておけます。磁石でくっつくようになっていて、簡単には落ちませんよ。紛失防止にも役立ちますね。

ちなみに、コードレスであればbluetooth対応のマウスも選択肢としてありえますよね。「それならレシーバーもいらない」と思われるかもしれません。それはその通りなんですが、bluetooth対応のデバイスでなくても使えるようにしたかったので、汎用性の高いワイヤレスにしました。

長持ち!24ヶ月間持つ電池式

電池
電源は電池式です。単4電池2本で24か月間持ちます(付属はしていません)。購入して3週間のため、どのくらい持つかの実証はできていませんが、電力消費量を削減する省エネ機能が搭載されているため、長持ちはしそうです。

例えば、ONとOFFを切り替えできるスイッチやスマートスリープモードといったものですね。

電池残量インジケーターライト
なお、側面に電池残量インジケーターライトが付いていて、ここで電池の交換時を知ることができます。事前に知ることができるため、出先で突然切れてあわてる心配はないでしょう。

面倒な設定不要!レシーバーを差すだけですぐに使える

使い方は驚くほど簡単。レシーバーをUSBに差すだけで自動的に認識してくれます。そして、底面にあるボタンをONにすればすぐに使えますよ。

ドライバーのインストールや設定はまったく必要ありません。

対応OSは、Windows 10, 8, 7, Vista, XP, 2008です。私はWindows 10と8で実際に使いましたが何の問題もありませんでした。

なお、対応OSにMacが含まれていません。iMacで使用したところサイドのボタンが機能しませんでした。左右のクリックとマウスホイールは使えたので普通のマウスとしては機能しました。

操作が快適

2.4GHzワイヤレスで、最長15mの距離で動作します。電波が途切れたことは一度もありませんよ。反応が遅れることもなく、イメージ通りにカーソルが動いてくれます。本体も軽くて動かせやすいですね。

また、高感度Tru-Waveという技術が使われていて、様々な種類の平面でスムーズに動作します。

私は本職がWeb制作のため、デザインや写真加工、HTMLコーディングなどを行います。そのため操作性というのは極めて重要なんですが、何の不満もありませんでした。これで十分です。

作業効率がアップする6つのボタン

6つのボタン
付いているボタンは6つです。
1.右クリック
2.左クリック
3.スクロールボタン
4.DPI(マウスの感度)
5.前へ
6.後へ

特に側面の2つのボタンは、前へ/後へ動くように設定されていてかなり便利。例えば、ブラウザで前のページに戻ったり、フォルダで前のフォルダに戻ったり。ワンタッチで行き来できるため、作業効率がアップします。

なお、専用ドライバがないため、基本的にはキー割り当てのカスタマイズができないようです。だだし、同社製のTX5ドライバーというものが流用可能なようで、簡単な変更はできるようです(試してないので自己責任でお願いします)。

クリックしたときの音は「カチッ!」という高音でやや大きめです。

マウスホイール
マウスホイールは、グリッグリッとグリップが効いていて操作しやすいです。空回りすることなく、イメージ通りにスクロールできます。

18ヶ月間の保証付き

保証書
このマウスを購入すると、無条件でTeckNetの18ヶ月間の保証が付きます。海外メーカーや安い機器には少なからず不安がありますが、保証があると不備が発生した場合に心強いですね。

しかも、TeckNetは全製品に18ヶ月間の保証を付けているようで、メーカーの姿勢としても好感が持てます。

そもそも、価格が安いので、使い捨てでも割り切れる価格ではありますよね。どちらに転んでも納得です。

※同梱されてたチケットには「2 years」となっているので2年保証かもしれません。

スポンサードリンク

残念なところ

欲を言うと、ボタンへのキー割り当てが、柔軟にカスタマイズできればベストでした。多くを求められる価格ではないですけどね。カスタマイズしようと思うと、2,000円以上が妥当です。

私がデスクトップPCで使用しているロジクールのM545は、キー割り当てがカスタマイズできて、操作性も抜群なのでこちらもかなりおすすめです。

基本情報

– ポーリングレート: 130Hz
– 累計クリック数: 500万回
– 動作電流: 5.0mA
– 電池タイプ: 単4電池2本(別売り)
– 製品のサイズ: 106x68x39.5MM
– サポート: Windows 10, 8, 7, Vista, XP, 2008

TeckNetのワイヤレスマウス

今回紹介したワイヤレスマウスです。

同メーカーのワンランク下のモデル。サイズがやや小さめなのと価格がさらに数百円安いです。とはいえ、Amazonで100件以上のレビュー数を獲得していて、評価が高いです。

まとめ

安いからといって粗悪なものではなく、しっかりと使えるワイヤレスマウスでした。いい買い物をして大満足です。

多くのこだわりと求めないのであれば、かなりおすすめです。「はじめてワイヤレスマウスを買ってみたい」という人も買いやすい価格帯ですよね。

ワイヤレスマウス
TeckNet Proの他にも、おすすめのワイヤレスマウスをまとめました。

詳しくはこちら→絶対におすすめしたいワイヤレスマウス6選