お得情報研究家「まめ」がパソコン情報をお届け

【2022年】17インチのおすすめのノートパソコン5選|とにかく安くてコスパがいい!

パソコンやセキュリティソフトがお得!当サイト限定クーポンやキャンペーン!→パソコンクーポン特集

おすすめ 17インチ ノートパソコン
17インチ・17.3インチのノートパソコンは、大画面で映画やゲームをしたり、動画編集をしたり、迫力のある液晶が魅力です。

10万円以下のコスパに優れたモデルやoffice付き、おしゃれなデザインなど、各メーカーのラインナップも多く販売されています。

このページでは、17インチのおすすめのノートパソコンを比較して紹介します!

スポンサードリンク

17インチのノートパソコンの選び方

ノートパソコンを販売しているメーカーは、たくさんあるんですよね。どこを選べばいいか迷ってしまうこともあるでしょう。

17インチのノートパソコンを選ぶ時は、以下の7つを基準にしましょう。

(1)ディスプレイサイズ・重さ
(2)OS|パソコンを動作させるシステム
(3)CPU:処理を速くする
(4)メモリ:作業効率をアップ
(5)ストレージ|データを保存する
(6)端子・機能
(7)Officeソフト

それぞれ詳しくみていきます。

(1)ディスプレイサイズ・重さ

ノートパソコンのディスプレイサイズは、作業効率や持ち運びに関係します。

15インチ・16インチ・17インチ 大画面で複数ウインドウを立ち上げられます。迫力のある画面で映画やゲームを楽しめるのも魅力。ただし、持ち運びには大きすぎて不便。自宅やオフィスに据え置きで使いたい方におすすめです。
13インチ・14インチ ある程度の大画面で作業もしやすく、持ち運びにも最適。ノートパソコンで販売されているモデルが多いです。
10インチ・11インチ・12インチ コンパクトで軽く、持ち運びしやすいです。設置スペースも少なく、キッチンに置いてレシピ動画を見たり、ソファに座って動画閲覧したりといった使い方もできます。

自宅やオフィスで、据え置きで使いたいなら17インチがおすすめです。

17.3型と13.3型のノートパソコン
上記は、左が17インチのノートパソコン(富士通 LIFEBOOK NHシリーズ)、右が13.3インチのノートパソコンの比較です。

17インチの方が圧倒的に画面サイズが広いです。オフィスソフトを使っての資料作成や文書作成も仕事がはかどります。在宅勤務やテレワークのメインパソコンとしても活躍します。

外フチの幅
近年の17インチノートパソコンは、ベゼルの幅が狭く作られています。そのため、大画面でもコンパクトな本体サイズになっています。

17インチの本体サイズは、ベゼルやアスペクト比(画面比率)によって異なりますが、幅390mm台~400mm台、奥行260mm台~280mm台が多くなっています。

A3サイズのコピー用紙は、縦297mm、横420mmです。。つまり、17インチのノートパソコンの大きさは、A3のサイズよりややコンパクトな大きさが目安になります。ちなみに、A3サイズは、A4サイズの2枚分です。

15インチ以上になると、持ち歩くのが大変な画面サイズです。据え置きで使うのがおすすめ。

10インチや11インチは、価格が安いですが、画面が小さいです。パソコンに慣れてきたり、使う頻度が多くなってきたりすれば、持ち運び用の2台目のノートパソコンとして、10インチや11インチを検討するといいです。小さなパソコンなら、新幹線や飛行機などのテーブルでも使えます。旅行や帰省にもおすすめ。

13インチは持ち運びに最適なサイズ感になります。

富士通 LIFEBOOK NHシリーズ WN1/D2 シャンパンゴールド
17インチのノートパソコンの重さは2kg~2.7kg前後が目安になります。ただ、最近では2kg前半の17インチノートパソコンも増えてきています。

長時間持ち歩くときついですが、リビングと部屋を移動させたり、オフィスと会議室を移動させたりといったことはできます。ノートパソコンの利点です。

キーボード
17インチのノートパソコンは、本体サイズが大きいことから、テンキー付きのキーボードが搭載されているケースが多いです。タイピングのしやすさも魅力です。

(2)OS|パソコンを動作させるシステム

Windows10
OSとは、ノートパソコンを動作させるシステムのことです。ノートパソコンで、主流なOSは「Windows」「Mac OS」「Chrome OS」の3つです。「Android」と「iOS(iPhoneやiPad)」は、スマホやタブレット用のOSです。

OSは、ソフト(エクセルやワード、動画編集ソフトなど)を動かす役割があります。例えばMac OS対応のアプリは、Windowsでは動きません。同様にWebサービスやマウス、キーボードも動作環境が対応しているOSでしか動きません。

Windows

Windowsは、Microsoftが提供しているOSです。

17インチのノートパソコンで「何を買っていいかわからない」という方は、Windows搭載のノートパソコンを選ぶことをおすすめします。ノートパソコンの種類が豊富で、対応しているソフトも多いです。企業や大学でもWindowsのノートパソコンを使っているケースが多く、使い方を覚えておくと役立ちます。

また、Macに比べて、価格も安く、スペックも多様にあり、予算と目的に応じたノートパソコンを選びやすくなります。

Mac OS

Mac OSは、Appleが提供しているOSです。

ノートパソコンのMacBookは、スタイリッシュなデザインと性能で、動画編集やデザインをするクリエイターに人気があります。

iPhoneやiPadを使っている方は、Appleの製品同士で相性がいいです。ただし、種類が少なく、Windowsの同等のスペックと比較すると価格は高めです。また、昔は17インチのMacBook Proが発売されたこともありましたが、今は発売されていません。

Chrome OS

Chrome OSは、Googleが提供しているOSです。

「Chromebook」として、各メーカーからノートパソコンが販売されています。Androidのスマホで使えるアプリなどが利用でき、どちらかというとスマホやタブレットを大画面にしたようなノートパソコンです。Android搭載のスマホやGoogleのサービスと相性がいいです。

Chromebookの価格は、2万円~10万円前後が主流。価格は安いですが、その分、スペックも低いです。動画編集やPCゲームには向いていません。

事務作業やYouTubeなどの動画閲覧、ネット閲覧をしたい方は、検討してみましょう。

(3)CPU:処理を速くする

CPUは、パソコン全体の処理をする中央処理装置です。よく「人間の脳」に例えられます。アプリケーションやハードウェアを動かす役割があり、CPUの性能がいいと情報処理が速くなり快適にパソコンが使えます。

CPUのメーカーは「IntelのCoreプロセッサー」か「AMDのRyzen」が主流です。どちらかのCPUが搭載されています。

CPUについて
Intel Core i3、Intel Core i5、Intel Core i7など数字が大きくなれば高性能なCPUになります。AMD Ryzenも同様です。

IntelとAMDでは、同等の性能でもAMDの方が価格が安い傾向にあり、近年、人気を高めています。しかし、Intelが搭載されたノートパソコンの方が、種類は豊富。初心者であれば、Intelが搭載されたノートパソコンを選ぶ方が無難です。

Intel Core i9 4K動画以上の編集やPCゲームをしたい方向け
Intel Core i7 YouTube動画やフルHDの動画編集、PCゲームをしたい方向け
Intel Core i5 事務作業や動画閲覧、ネット閲覧など、一般的な使い方で快適にノートパソコンを使えます。
Intel Core i3 事務作業やネット閲覧の目的で予算を抑えたい方におすすめ。
Intel Celeron 3万円~5万円前後の低価格帯のノートパソコンに搭載されることが多いです。価格は安いですが動作が遅くなります。

高性能なCPUは、処理能力が高くなります。2万円~5万円の安いノートパソコンは、Intel CeleronかIntel Core i3が搭載されているケースが多いです。

安いノートパソコンを購入して「動作が重くて仕事にならない」のは結構なストレスになります。17インチのパソコンでも、Intel Core i5以上が搭載されたノートパソコンを選ぶのをおすすめします。

(4)メモリ:作業効率をアップ

メモリは、データを記憶する主記憶装置です。よく「作業台」に例えられます。メモリの容量が多いと、たくさんのソフトを同時に開いても、ノートパソコンの動作が安定します。

16GB、32GB、64GB以上 動画編集やPCゲームをしたい方向け。価格は高くなりますが、メモリ容量が多いと、高負荷がかかる複数のソフトを同時に開いても快適になります。
8GB 事務作業やネット閲覧、動画閲覧などのソフトを同時に開いても快適になります。
4GB 3万円~5万円前後の低価格帯のノートパソコンに搭載されることが多いです。価格は安いですが、最低限の作業になります。ネット閲覧程度ならOK。

ネット閲覧やオフィス系ソフトを使う用のノートパソコンは4GBや8GBが主流です。動画編集やPCゲームをするなら、メモリ16GB以上がおすすめです。

2万円~5万円前後の低価格帯のノートパソコンは4GBが多いです。ネットを閲覧するぐらいの用途であれば、大丈夫ですが、物足りないのが正直なところ。

動画閲覧や事務作業など、汎用性を持たせておきたいなら、8GB以上がおすすめです。

(5)ストレージ|データを保存する

ストレージは、ファイルの保管場所です。これまではHDDが主流でしたが、現在はSSDが主流です。SSDは衝撃に強く、消費電力が少ないです。高速でパソコンの起動も早くなります。

ただ、SSDは、512GBや1TBなど、容量が多くなると価格が高いです。といっても容量が少なければ、動画データをパソコンに保存できなくなります。

SSD 価格は高い。データの読み書きが速く、衝撃に強いです。また、消費電力も少なくなります。
HDD 価格が安い。大容量のデータを保存できます。

新製品のノートパソコンでは、SSDが搭載されていることがほとんどです。そのため、写真や動画ファイルなど、たくさんのデータを保存したいなら、複数の記憶メディアを併用するのがおすすめ。

データが増えれば、オンラインストレージ、外付けHDDや外付けSSD、SDカード、DVD-Rなどに保存することもできます。大事なデータは、複数の記憶メディアにバックアップすることをおすすめします。

ただし、ソフトをたくさん入れたいなら、256GB~512GBのSSDは必要なところです。

(6)端子・機能

外部端子
ノートパソコンは、モデルによって、端子や機能が異なります。主に、以下の端子の有無をチェックしておきましょう。

USB Type-C、USB Type-A、HDMI出力端子、HDMI入力端子、LAN、SDカード、SIMカード、D-Sub、光学ドライブ(CD、ブルーレイ)、マイク・ラインイン・ヘッドホン、Webカメラ

最近は、外部端子が少ないノートパソコンも多いので注意が必要です。外部端子が多いノートパソコンなら、お客さんからもらったUSBメモリを読み込んだり、会議室でプロジェクターに接続したり、いざというときも安心です。

最低でも「USB Type-C」「USB Type-A」は必要。他の機器を接続したくなっても、周辺機器や変換ケーブルでなんとかなります。17インチのノートパソコンは、重さがあるといえど、持ち運びはできることから、外や別の部屋で使う場合も想定しておきましょう。

また、ノートパソコンをネットに接続するには「WiFi」「有線LAN」「SIMカード」のいずれかで接続します。どの方法でネットに接続するかも考慮しておきましょう。

Webカメラ
Webカメラが搭載されたノートパソコンなら、Web会議やビデオチャットをするときに便利です。

タッチパネルが搭載されていて、タブレットとしても使えるノートパソコンもありますが、17インチは画面サイズが大きすぎるせいか、タブレット端末はほとんどありません。

(7)Officeソフト

Officeソフトは、メーカーによって、購入時に有無をオプションで選べます。

ワードやエクセル、パワーポイントも使うなら、Officeソフト付きのノートパソコンを購入するのがおすすめです。

Officeソフトは、別で購入することもできますが、ノートパソコン購入時にオプションで選ぶ方が安くなることが多いです。

スポンサードリンク

17インチのおすすめのノートパソコン

ここからは、安くてコスパのいい17インチのおすすめのノートパソコンを紹介します。

価格は、発売日から半年~1年で安くなるのが一般的です。なお、メーカーの公式通販なら、割引クーポンやセールで安いです。私もパソコンを購入するときは、メーカーの公式通販で購入することが多いです。

現在の販売価格は、大手家電量販店、ネット通販のリンク先をご覧ください。

富士通 LIFEBOOK|充実した機能で初心者におすすめ

富士通 LIFEBOOK NHシリーズ WN1/D2
富士通は、ノートパソコンブランド「FMV LIFEBOOKシリーズ」を展開しています。LIFEBOOK NHシリーズは、17型の大型液晶を搭載したノートパソコン。

広い画面で快適に作業できます。また、HDMI入力端子が付いていて、PS4やNintendo Switchと接続すれば、パソコン画面でゲームも可能です。家族で使う家庭用ノートパソコンとしてもおすすめです。

いつもアシスト「ふくまろ」は、パソコンに話しかけると音楽の再生や写真の再生、家電の操作を行ってくれます。「アプリケーションをどこから立ち上げていいか分からない」という方も、ふくまろがサポートしてくれます。パソコン初心者や機械が苦手な年配の方、子どもでも扱いやすく人気があります。

LIFEBOOK NHシリーズ icon
icon
・17.3型の大画面で作業しやすい
・ノートパソコンでは珍しいHDMI入出力ポート付き
・CPU(Intel Core i7やAMD Ryzen7)、メモリ4GB~32GB、SSD 256GB~1TBも選べる充実のスペック
▽Web・カスタムメイドモデル
LIFEBOOK WN1/E2など

富士通の公式通販「富士通直販 WEB MART」では、Web限定カスタムメイドモデルを購入できます。家電量販で販売されている店頭モデルはカスタマイズできませんが、Web限定カスタムメイドモデルなら、予算や目的に応じてメモリやSSDなどを選んでカスタマイズ注文ができます。

しかも、クーポンや富士通の『ワケありPC』などで、安く購入できます。

当サイト限定シークレットクーポン
富士通様より当サイト限定クーポンを発行していただきました。対象パソコンが一般割引率からさらに2%~7%の割引になります。対象パソコンと割引率はシークレットクーポンページより確認してください。
シークレットクーポンコード:SPLSJ
期間:2022年9月21日(水)14時~2022年11月30日(水)13時59分

富士通のパソコンを購入するなら、富士通直販 WEB MARTがおすすめです。


HP|低価格でも高機能

HPのパソコン
かつて世界シェア1位も獲得した人気メーカー。「ヒューレット・パッカード」と聞くとなじみがあるかもしれません。日経コンピュータ 顧客満足度調査2020-2021では、コストおいて高い評価を獲得しています。

日本では、日本HP(エイチピー)として、「ハイエンドモデル」「スタンダード/エントリーモデル」「ゲーミングPC」「Chromebook」のノートパソコンを展開しています。HPのパソコンは、低価格ながら高い機能を要しているのが特徴。

たシンプルさを追求したHPのエントリーモデルは、17インチのHP 17s-cuをラインナップ。ハイエンドモデルながら、10万円前後から購入できるのが魅力。「予算を抑えたいけど、機能が優れているノートパソコンがほしい」という方におすすめ。コスパが抜群にいいです。

ゲームや動画編集をしたい方は、ゲーミングノートパソコン「OMEN 17」もおすすめ。デスクトップパソコンなみのハイパフォーマンスで、ゲームや動画編集に最適です。Windowsを搭載しているので、オフィス系ソフトやネット閲覧もできます。

HP(エイチピー)icon iconicon ・5万円~10万円前後の低価格モデル。17インチあり。
・オンライン学習やネット閲覧など日常使いに最適
・ノートパソコンを1台持っておきたいという方におすすめ
OMEN 17icon ・17.3インチのゲーミングノートパソコン
・GeForce RTX 30 シリーズ搭載、165Hzのリフレッシュレート
・PCゲームや動画編集におすすめ

HPのパソコンを購入するなら、HP Directplusがおすすめです。

注文時に、仕様を選んで自分好みにカスタマイズ注文できる他、割引で購入できるお得なオンラインストア限定キャンペーンicon旧モデル 売り尽くしiconを開催ていて、安いです。

HPのクーポン
billion-log様専用リンク(クーポン)_個人向けPC
HP様より当サイト限定クーポンを発行していただきました。上記リンク経由で商品を購入すると、132,000円(税込)以上の製品購入時、Directplus通常価格より7%Offになります。
クーポンコードは不要です。お見積り作成画面ページで「特別値引き」が適用されているのを確認して購入してください
2022年9月1日(木)0:00 ~ 2022年9月30日(金)23:59まで


ASUS|コスパのいい17.3インチゲーミングノートパソコン

icon
icon
icon
icon
iconicon

ASUS(エイスース)は、台湾のパソコンメーカーです。5万円台で購入できる低価格帯のノートパソコンを販売したことで人気が高まりました。

パフォーマンスに優れた「ZenBook」、4色展開で個性的な「VivoBook」、堅牢性の高い「ExpertBook」コンパクトな「Laptop」、Chromebook、ゲーミングPCなどを展開しています。

17.3インチは、ゲーミングノートパソコンのASUS TUF GamingやROG Strixでラインナップしています。NVIDIA GeForce RTX 3060やNVIDIA GeForce RTX 3070といったグラフィックスを搭載し、パワフルな性能が魅力です。15万円前後で購入できるモデルもあり。コスパがいいです。

海外メーカーですが、サポートも充実。ASUSのあんしん保証は、落下や水没、落雷、ウイルスといった原因での故障でもサポートしてくれます(有料サービス)。

ASUS TUF Gamingicon ・ハイパフォーマンスでもコスパがいい。17.3インチモデルあり。
・NVIDIA GeForce RTX 30シリーズ Laptop GPUを搭載。大画面でゲームや動画編集ができる
・シンプルなデザインでかっこいい
ROG Strixicon ・初心者におすすめのゲーミングノートパソコン。17.3インチモデルあり。
・NVIDIA GeForce グラフィックスを搭載。大画面でゲームや動画編集ができる
・カスタマイズ可能なカラーオプション

ASUSのパソコンを購入するなら、公式通販サイト「ASUS Store」がおすすめです。セールが開催されていて、割引や周辺機器のプレゼント付きで購入できます。

開催中のセール
オンラインストア限定キャンペーン!では、開催中のキャンペーンを一覧でチェックできます。

マウスコンピューター|カスタマイズできるBTOパソコン

マウスコンピューターは、BTOパソコンの人気メーカー。BTOパソコンとは好きなスペックやパーツを選んでカスタマイズ注文でき、予算と目的に応じて選びやすいです。

17インチモデルは、動画編集やデザイン編集をする方向けのブランド「DAIV」やゲーミングノートパソコン「G-Tune」、一般向けのノートパソコン「mouse K7」などをラインナップしています。

クリエイターPC「DAIV」は、動画編集やデザイン編集をする方向けのブランド。10万円台のモデルが多く、コスパが抜群にいいです。

注文時にMicrosoft Officeの有無も選択できます。

マウスコンピューターのパソコンを購入するなら、公式直販サイトがおすすめです。カスタマイズ注文できる他、アウトレットやセールで、安く購入できます。

開催中のセール
パソコンが割引で購入できる期間限定セールが開催されています。

パソコン工房|全国に店舗展開

パソコン工房は、BTOメーカーです。東京や大阪をはじめとする全国に店舗展開しています。

ノートパソコンは、一般向けやゲーミングノートPC、クリエイター向けノートパソコンを販売しています。液晶モニターブランドで有名な「iiyama」のiiyama PCを販売していて、クオリティの高さが魅力です。

17インチのノートパソコンもラインナップが豊富。価格も安く、10万円台前半の一般向けノートパソコンのラインアップも販売されています。注文時にMicrosoft Officeの有無も選択できます。

ネット通販でも購入でき、パソコン工房セールiconやWeb限定クーポンでお得です。

スポンサードリンク

持ち運びには17インチノートパソコンケースもおすすめ

取っ手付きのノートパソコンのケース
ノートパソコンを持ち運ぶなら、ノートパソコンケースに入れると持ち運びしやすいです。

衝撃や落下からも守ってくれるメリットもあります。ただし、17インチのノートパソコンを入れる場合は、17インチに対応したサイズのケースを選びましょう。

詳しくは以下ページをご覧ください。

17インチのおすすめノートパソコンを目的別で選ぶ

国内メーカーで選ぶ

富士通直販 WEB MART

日本のパソコンメーカーは、端子の多さやサポートが魅力です。USB-AやUSB-C、SDカードスロット、HDMIなど、付いているといざというときに仕事で困りません。初心者におすすめ。

安くてコスパがいい低価格パソコン

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

HPは、10万円前後の価格で、安さが魅力です。低価格ながら、パフォーマンスもよく、コスパのいい17インチノートパソコンを探している方におすすめです。

office付き

マウスコンピューター
パソコン工房icon

マウスコンピューターやパソコン工房は、カスタマイズ注文できるBTOパソコンメーカー。注文時に、Microsoft Officeの有無も選択できます。

ゲームや動画編集

ASUS Store

ASUSは、17インチのゲーミングノートパソコンを多数ラインナップしています。NVIDIAのグラフィックスを搭載し、パワフルな性能が魅力。ゲームや動画編集をする方におすすめです。

おすすめのノートパソコン

おすすめのノートパソコンは、以下ページも参考にしてみてください。低価格で安い、ビジネス用、Office付き、動画編集向きなどをまとめています。

パソコンをお得に購入!当サイト限定クーポン

割引クーポン&セール情報

以下ショップより、パソコンを割引で購入できるクーポンを発行していただきました。

通常価格よりも割引になるので、安くパソコンを購入できます。クーポンの使い方は、各クーポン詳細ページをご覧ください。

富士通直販 WEB MART 富士通の各種対象パソコンが割引になる当サイト限定クーポン配布中 クーポン詳細
HP Directplus HPのパソコンが個人向け7%割引、法人向け4%割引になる当サイト限定クーポン配布中 クーポン詳細
Dynabook特別販売 当サイト掲載の特別販売ページからの購入で、dynabookがDynabook Direct会員価格からさらに割引。
※左のリンクより下記IDとPWを入力するとアクセスできます。
ID:dyna204cls
PW:T8Y7GRSV
キャンペーン詳細
VAIOストア オータムキャンペーン VAIO SX12、VAIO SX13、VAIO SX14、VAIO S15、VAIO Zの対象パソコンが、最大117,780円値引きで購入できます(2022年10月4日(火)9:59まで)。新規会員登録すると25万円以上の対象パソコンで使える25,000円OFFクーポンiconとの併用可能です。 キャンペーン詳細
NECセール NECのパソコンが20%前後の割引になるクーポンコードが配布されています。 クーポン詳細
レノボセール ChromebookやThinkPad、IdeaPad、Yoga、IdeaCentreがセール限定特価で購入できるEクーポンコードが配布されています。 クーポン詳細
Microsoft Store 限定お買い得商品 各種Surface本体とタイプカバーなどがまとめ買いで割引になるセールが開催中です。送料無料、60日間返品無料。 キャンペーン詳細
オンラインストア限定キャンペーン! ASUSのノートパソコンやデスクトップパソコンお得に購入できます。 セール詳細
期間限定セール マウスコンピューターの人気モデルが割引になるセールが開催されています。 セール詳細

セキュリティソフトもクーポンやキャンペーンで安く購入できます。

マカフィー リブセーフ マカフィリブセーフの3年版、1年版が特別割引になる当サイト限定クーポン配布中 クーポン詳細
ウイルスバスター クラウド ウイルスバスタークラウド ダウンロード3年版を2か月延長で購入できる キャンペーン詳細
公開日:
目次