お得情報研究家「まめ」がカップ麺・インスタントラーメン情報をお届け

【口コミ】韓国「ジンラーメン(辛口・マイルド)」はどんな味?実際に食べてレビュー

オットギ ジンラーメン
ジンラーメンは、オットギが販売する韓国のインスタントラーメンです。

日本では、なじみがないラーメンなので「どんな味がするの?辛いの?まずいの?」と思われるかもしれません。ジンラーメンは、スーパーやドラッグストアで売られているので、実際に作って食べてみました。

今回は、ジンラーメンの味の感想など口コミ情報をレビューします。

スポンサードリンク

オットギのジンラーメンとは

オットギは、韓国の食品メーカーです。日本では、サリ麺やハニーマスタードソース、ごま油が人気です。

そんなオットギからインスタントの袋麺として、ジンラーメンが販売されています。日本でもスーパーやドラッグストア、ネット通販などで販売されていることがあります。

赤と青の違い

ジンラーメン 辛口とマイルド
ジンラーメンは、5食入りのパックまたは1袋のばら売りで、販売されています。見た目は、一般的な袋麺と同じです。

パッケージが赤いスパイシー(辛口)とパッケージが青いマイルド(甘口)の2種類があります。違いは、辛さと具材です。

ジンラーメン スパイシー(辛口):白菜、植物性たん白、にんじん、ねぎ、しいたけ、唐辛子
ジンラーメン マイルド(甘口):白菜、植物性たん白、にんじん、ねぎ、しいたけ、わかめ

辛口の方には、具材に唐辛子が入っていて、辛さが際立っています。マイルドには、唐辛子の代わりに、わかめが入っています。

スポンサードリンク

味の感想:スパイシー(辛口)

スープ

ジンラーメン 辛口
ジンラーメンのスープには、唐辛子やにんにく、醤油、昆布エキスなどが入っています。

生卵
辛口のスープは、刺すような瞬間的な辛さです。一気に飲むと辛すぎてむせます。ただ、辛さが持続せず、辛いラーメンにしては食べやすいです。生卵を入れると味がマイルドになり、おすすめです。

辛いだけでなく、スープに旨味があり、おいしいです。

麺
麺は、つるっとしてなめらか。麺にコシがあり、モチモチした食感です。ちぢれ麵になっていて、辛いスープがよく絡みます。

具材

かやく
具材には、白菜、植物性たん白、にんじん、ねぎ、しいたけ、唐辛子が入っています。袋麺に具材が入っているのは、珍しいですよね。

量は多くありませんが、味が単調になりやすい辛いラーメンに具材が入っているのはうれしいです。

作り方やアレンジ、トッピングを知りたい方は、以下ページも参考にしてみてください。

味の感想:マイルド(甘口)

ジンラーメンのマイルド
マイルドは、辛口に比べて全然辛くないです。辛いのが苦手な方でも、普通に食べられると思います。

辛さを気にせず、スープの旨味を楽しめます。生卵を入れると、マイルドな辛さとトロっとした黄身が合わさって、一層おいしくなります。

売っている場所

オットギのジンラーメンは、スーパーやドラッグストア、ネット通販で購入できます。私はドラッグストアで購入しました。

近くに売っているお店がなければ、Amazonや楽天市場などのネット通販で購入できます。

基本情報

標準栄養成分表・カロリー(1食120g当たり)

▽ジンラーメン スパイシー(辛口)
エネルギー500kcal、たんぱく質11g、脂質15g、炭水化物80g、食塩相当量:4.6g

▽ジンラーメン マイルド(甘口)
エネルギー500kcal、たんぱく質12g、脂質15g、炭水化物79g、食塩相当量:4.7g

まとめ:食べた感想

ジンラーメンは、旨辛いスープにモチっとした麺が絡まりおいしいインスタントラーメンです。シンプルな分、生卵や具材との相性がいいです。

刺激的な辛さが好きな方はスパイシー(辛口)、ほどよい辛さを楽しみたい方はマイルド(甘口)がおすすめです。

おすすめの韓国インスタントラーメン・袋麺は、以下ページも参考にしてみてください。

おすすめのインスタントラーメン

おすすめのインスタントラーメン・袋麺は、以下ページも参考にしてみてください。定番の人気商品やご当地ラーメン、韓国ラーメンなどをまとめています。

公開日:
目次