お得情報研究家「まめ」がカップ麺・インスタントラーメン情報をお届け

【口コミ】韓国「ノグリラーメン」はどんな味?実際に食べてレビュー

ノグリラーメン
ノグリラーメンは、農心が販売する韓国のインスタントラーメンです。

日本では、なじみがないラーメンなので「どんな味がするの?辛いの?まずいの?」と思われるかもしれません。ノグリラーメンは、業務スーパーやカルディで売られているので、実際に作って食べてみました。

今回は、ノグリラーメンの味の感想など口コミ情報をレビューします。

スポンサードリンク

農心のノグリラーメンとは

農心のノグリラーメン
農心は、韓国の食品メーカーです。日本では、辛ラーメンが人気です。

そんな農心からインスタントの袋麺として、ノグリラーメンが販売されています。日本でも業務スーパーやカルディなどで販売されていることがあります。私も業務スーパーで購入しました。

ノグリラーメンは、5食入りのパックまたは1袋のばら売りで、販売されています。見た目は、一般的な袋麺と同じです。

商品名の「ノグリ」とは、麺が丸くてぽっちゃりした感じが狸(タヌキ)をイメージすることから、ネーミングされたようです。韓国語で狸のことを「ノグリ」と言います。

味の感想|海鮮の旨味を感じられる辛いラーメン

スープ

スープ
ノグリラーメンのスープは、唐辛子と貝、いか、えび、かつおといった海鮮素材を使ってだしをとっています。

味は、魚介類の旨味たっぷりで、うま辛いスープです。魚介の臭みはなく、とても飲みやすいです。

辛さは、スープだけ飲むと結構辛いです。慣れるまで、喉の奥が焼けるように辛かったです。はじめてスープを飲む方は、少しだけ飲んでみてください。勢いよく飲むとむせます。ただ、麺や具材を食べるとそれほど辛さは感じません。

モチモチの太麺

麺
ノグリラーメンの特徴は、うどんのように、麺が太いこと。

日清どん兵衛のような平らな感じではなく、丸みをおびています。噛むとモチモチした食感を楽しめます。

具材

具材
具材には、わかめ、昆布、味付いかフレーク、にんじんが入っています。具材が入っている袋麺は珍しいですね。

わかめ、昆布、味付いかフレークは、食感もよく、食べると海鮮の旨味をグッと際立たせてくれます。

作り方やアレンジ、トッピングを知りたい方は、以下ページも参考にしてみてください。

スポンサードリンク

売っている場所

農心のノグリラーメンは、業務スーパーやカルディ、ネット通販で購入できます。私は業務スーパーで購入しました。

近くに売っているお店がなければ、Amazonや楽天市場などのネット通販で購入できます。

基本情報

ノグリラーメンの標準栄養成分表

標準栄養成分表・カロリー(1食120g当たり)

エネルギー494kcal、たんぱく質8.2g、脂質14.9、炭水化物81.7g、食塩相当量:4.6g(めん・かやく1.8g、スープ2.8g)、ビタミンB1 5.19mg、ビタミンB2 0.25mg

原材料名

油揚げめん(小麦粉、でん粉、植物油脂、植物性風味油、食塩、小麦グルテン、シーフードペースト)、粉末スープ(食塩、唐辛子調味粉末、糖類、ムール貝調味粉末、混合シーフード粉末、酵母調味粉末、香辛料、調味いか粉末、パーム油粉末、たまねぎ風味粉、煮干調味粉末、調味醤油粉末)、かやく(わかめ、昆布、味付いかフレーク、にんじん) / 加工でん粉、調味料(核酸等)、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE、緑茶抽出物)、かんすい、乳化剤、香辛料抽出物、カラメル色素、酸味料、ナイアシン、鉄、ビタミンB2、ビタミンB1、葉酸、(一部に小麦・大豆・いか・えびを含む)

まとめ:食べた感想

ノグリラーメンは、海鮮の旨味の後に、辛さを感じられるインスタントラーメンです。魚介系スープと辛いラーメンが好きな方におすすめです。麺も太くて、ボリューム感もありますよ。

おすすめの韓国インスタントラーメン・袋麺は、以下ページも参考にしてみてください。

おすすめのインスタントラーメン

おすすめのインスタントラーメン・袋麺は、以下ページも参考にしてみてください。定番の人気商品やご当地ラーメン、韓国ラーメンなどをまとめています。

公開日:2021年6月1日
目次