お得情報研究家「まめ」が新電力情報をお届け

あしたでんきの評価|特徴・料金・メリット・デメリットを解説

あしたでんき 新電力
あしたでんきは、東京電力グループのTRENDE株式会社が提供する新電力サービスです。家庭の電気をあしたでんきにすることで、以下のメリットがあります。

・基本料金0円の「標準プラン」で電気代が安くなる可能性あり(電気をあまり使わない家庭向け)
・電力量料金の単価が安い「たっぷりプラン」で電気代が安くなる可能性あり(電気を多く使う家庭向け)
・安心の東京電力グループの新電力サービス

あしたでんきは、シンプルな2つの料金プランがあります。適切なプランを選ぶことで、月々の電気代を安くできます。

このページでは、あしたでんきの特徴やメリット、デメリット、料金などを解説します。

スポンサードリンク

あしたでんきとは?|特徴について

電力自由化の特徴
あしたでんきは、新電力サービスです。電力自由化前までは、地域の電力会社(東京電力や関西電力)が独占で、電力を提供しており、供給元を選ぶことができませんでした。

2016年頃にはじまった電力自由化により、新電力(企業や電力会社)が参入し、様々な会社からプランが提供されるようになりました。あしたでんきも、新電力サービスの一つです。

家庭の電気を新電力サービスにすることで、電気代を安くできるケースもあります。しかし、多くの新電力事業者、料金プランがあり、最適なプランを比較するのは難しいですよね。

あしたでんきは「東京電力グループのTRENDE株式会社が提供している」「料金プランがシンプル」という特徴があります。

東京電力グループの安心感とシンプルな料金プランでわかりやすいです。オンライン家計サービスZaim 暮らしのサービスアワードの「新電力部門・急増2020」では第1位を獲得しています(集計:2019年11月~2020年10月)

サービス提供地域について

あしたでんきが利用できるのは、以下の地域です。

※従量電灯Bの世帯向け。従量電灯Cの世帯は契約不可

東京電力エリア 栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および静岡県(富士川以東)
※島嶼地域を除く
※従量電灯Bの世帯向け。従量電灯Cの世帯は契約不可
東北電力エリア 青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、新潟県
※島嶼地域を除く
中部電力エリア 愛知県、三重県、岐阜県、長野県、静岡県(富士川以西)
※島嶼地域を除く
※従量電灯Bの世帯向け。従量電灯Cの世帯は契約不可
関西電力エリア 京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県(赤穂市福浦を除く)、奈良県、和歌山県および福井県(三方郡美浜町以西)、三重県(熊野市、南牟婁郡紀宝町、南牟婁郡御浜町)、岐阜県(不破郡関ケ原町の一部) ※島嶼地域を除く
※従量電灯Aの世帯向け。従量電灯Bの世帯は契約不可
中国電力エリア 鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、兵庫県(赤穂市福浦)、香川県(小豆郡、香川郡直島町)、愛媛県(越智郡上島町、今治市の一部)
※島嶼地域を除く
※従量電灯Aの世帯向け。従量電灯Bの世帯は契約不可
九州電力エリア 福岡県、長崎県、大分県、佐賀県、宮崎県、熊本県、鹿児島県
※島嶼地域を除く
※従量電灯Bの世帯向け。従量電灯Cの世帯は契約不可

北海道や北陸、四国、沖縄地方では対応していないので注意してください。

スポンサードリンク

あしたでんきのメリット・料金

電気をあまり使わないなら基本料金0円の「標準プラン」

標準プランのメリット
1人暮らしや3人家族など、少人数の世帯であれば「標準プラン」がおすすめです。標準プランの料金は以下になります。

基本料金 0円
電力量料金(従量単価) 東京電力エリア:26.00円
東北電力エリア:26.00円
中部電力エリア:26.00円
関西電力エリア:22.00円
中国電力エリア:24.00円
九州電力エリア:23.00円

1か月の電気使用量が40A、300kWh/月前後の家庭を想定しているプランです。メリットは、電力会社のように、最低利用料金がかからないこと。そのため、電気をあまり使わない家庭では、標準プランにすることで、電気料金が安くなる可能性があります。

電力量料金(従量単価)は、どれだけ使っても一律です。使用量が、多くなると段階制で単価が上がるわけではありません。東京電力のような電力会社では、段階制で単価が高くなります。

あしたでんきの公式サイトでは、住んでいる地域や現在の電力会社、月間の電力使用量を選んで、料金シュミレーションができます。

私が住んでいる大阪で、電気使用量が300kWh/月で料金シュミレーションしてみた結果、年間の推定電気代は、以下のようになりました。

関西電力「従量電灯A(~5kVA)」 年間:75,528円(税込)
あしたでんき関西エリア「標準プラン」 年間:71,918円(税込)

関西電力から、あしたでんきに乗り換えることで、年間最大3,610円お得になる計算です。

もちろん「夏や冬はエアコンを使う」「年末年始は帰省や旅行で電気をほとんど使わない」など、月によって電気使用量の変化はありますよね。使う月によっては、電気代が高くなったり、安くなったりします。

あしたでんきの料金シュミレーションでは、月ごとに使用量を細かく入力して、計算できます。

「あしたでんきに乗り換えて安くなるか心配」という方でも、不安を解消できます。

電気をたくさん使うなら単価が安い「たっぷりプラン」

たっぷりプランのメリット
5人以上の世帯や電気を多く使用する世帯であれば「たっぷりプラン」がおすすめです。たっぷりプランの料金は以下になります。

基本料金 3,000円
電力量料金(従量単価) 東京電力エリア:21.50円
東北電力エリア:21.50円
中部電力エリア:21.50円
関西電力エリア:17.50円
中国電力エリア:19.50円
九州電力エリア:18.50円

1か月の電気使用量が60A、700kWh/月前後の家庭を想定しているプランです。メリットは、電気を多く使用した場合、電力会社よりも、単価が安くなること。東京電力のような電力会社では、段階制で単価が高くなり、300kWh以上になると30円以上になります。基本料金は高いですが、単価が安い分、電気を多く使ってもトータルで電気代が安くなる可能性があります。

あしたでんきは、たっぷりプランでも、電力量料金(従量単価)は、どれだけ使っても一律です。

私が住んでいる大阪で、電気使用量が700kWh/月で料金シュミレーションしてみた結果、年間の推定電気代は、以下のようになりました。

関西電力「従量電灯A(~5kVA)」 年間:195,765円(税込)
あしたでんき関西エリア「標準プラン」 年間:167,855円(税込)

関西電力から、あしたでんきに乗り換えることで、年間最大27,910円お得になる計算です。

あしたでんきは、基本料金3,000円かかるので、極端に使わない月が多くあれば、料金は高くなります。エアコンを利用する期間が長い世帯や家族が多くて食器洗い乾燥機や洗濯、照明器具を利用する頻度が高ければ、年間を通して電気代が安くなる可能性があります。

まずは、料金シュミレーションをするのがおすすめです。

デメリット

ポイントやスマホ代との割引サービスがない

あしたでんきは、シンプルな料金プランが魅力な新電力サービスです。

例えば、楽天ポイントが貯まる「楽天でんき」やスマホやネット代がまとめて割引になる「ソフトバンクでんき」といったサービスはありません。スマホやネット代との割引やポイントなどを組み合わせて、安くしたい方には不向きです。

父はソフトバンクのスマホ、母はドコモのスマホ、ネット回線はNURO 光など、バラバラでサービスを使っていて「複雑でよくわからない」「スマホを解約したら生活コストが割高になった」「電気代はシンプルに考えたい」という場合は、あしたでんきにすることで、シンプルに電気代を計算できます。

支払い方法はクレジットカードのみ

クレジットカード決済(VISA、MasterCard、JCB、American Express)に対応しています。

口座振替、コンビニ決済、携帯キャリア決済、銀行振込などは使えません。申し込み前に、クレジットカードを準備しておきましょう。

申込方法

あしたでんきは、以下の手順で申込できます。

(1)あしたでんきの公式サイトで、料金シュミレーション、対応エリアかどうか確認する
(2)申し込みページで必要情報を入力し申し込み(検針票(お客さま番号/供給地点特定番号)、クレジットカードを準備)
(3)メールで供給開始日・工事実施の連絡が入り、決定した工事日に工事会社がスマートメーターを設置
(4)供給開始日にあしたでんきでの電力供給がスタート
(5)毎月10日前後に請求料金が確定し電気料金がの引き落とし

スマートメーターは、通信機能がある新しい電力量計です。通信機能により、遠隔地からの検針などが可能になります。

スマートメーター設置に関して、立ち合いや費用はかかりません(配線不良や外壁の不良など一部のケースでは費用がかかります)。また、現在契約している電力会社の連絡は不要です。あしたでんきが、連絡を行ってくれます。

供給開始日以降は、マイページで日別の電力使用量などを確認できます。電力使用量がグラフや数値で表示されるので、電気代の確認がしやすくなります。

キャンペーン

【終了】冬の節約キャンペーン(Amazonギフト券8,000円分):2021年3月31日(水)まで

解約や解約金について

あしたでんきは、契約開始日から1年契約の自動更新です。契約期間内に、中途解約しても解約金等の費用はかかりません。

そのため、短期間使ってみて「思ったより電気代が安くならなかった」「使い方がプランに合わずに電気代が高くなった」という場合も安心です。

まとめ:あしたでんきの口コミ評価

あしたでんきは、以下のメリットがあります。

・電気をあまり使わない家庭(300kWh/月前後):標準プランなら基本料金0円
・電気を多く使う家庭(700kWh/月前後):たっぷりプランなら電力量料金の単価が一律で安い
・東京電力グループ運営のシンプルな料金が魅力

シンプルな料金で、月々の電気代を計算しやすいのが魅力です。「標準プラン」または「たっぷりプラン」を適切に選べば、電気代を節約できます。

月々の電気使用量は、マイページで確認できるので、管理もしやすくなりますよ。

公開日:2021年2月25日
目次