お得情報研究家「まめ」が海外への旅行・お出かけ情報をお届け

Uberの使い方・乗り方を徹底解説|アメリカで何度も使った便利な配車サービス

旅行予約サイトのクーポンを使えば宿泊や交通付プランを安く予約できます。→【最新】旅行・宿泊クーポン
更新 ※一部に広告表示

Uber
Uber(ウーバー)は、個人タクシーをスマホで手配できる配車サービスです。

乗車場所と行先をアプリで指定するだけで、簡単に配車ができて便利。私もアメリカで何度も使いました。

このページでは、Uberの使い方や乗り方、注意点などを徹底解説します。

スポンサードリンク

Uberとは|メリットを紹介

Uberは、アメリカのウーバー・テクノロジーズが展開する配車サービスです。日本では、フードデリバリーのUber Eatsが有名です。

Uberは、Uberに登録している個人ドライバーをアプリで呼ぶことができます。

簡単に配車できる


海外では、日本のようにタクシーを道で捕まえたり、駅のタクシー乗り場から乗ったりということが難しいです。

Uberは、乗車場所、行先をスマホのアプリで指定すれば、料金や道順、手配可能なドライバー情報が表示されます。

内容に納得すれば、配車依頼をすると迎えに来てくれます。すべてアプリで完結します。

Uberがあれば、電車やバスといった公共交通機関では行きにくい場所でも、楽にアクセスできます。

私も、アメリカのロサンゼルスでは、Uberを何度も使って、いろんな観光地やスーパーを巡りました。

アメリカでは、Uberが日常的に使える交通手段として普及しています。早朝でも平日でも、ドライバーはすぐに見つかりました。

英語を話せなくても乗れる


Uberは、すべてアプリで完結します。

そのため、英語を話せなくても、行先を伝え間違える心配がないです。私は、英語が話せませんが「Hi!」と軽い挨拶をするだけで、車内で会話をしなくとも使うことができました。

Uberに登録している個人ドライバーがの車で迎えに来てくれるのも楽しいです。BMWやカムリ、プリウスなど、いろいろな車に乗れました。

車内は清潔で快適な車ばかりでした。ドライバーも外国人に慣れているせいか、やさしい人ばかりでした。

支払いもチップもアプリで完結

料金は、事前にアプリに登録したクレジットカードで支払われます。現金がなくても、乗ることができ、料金も明快です。

タクシーと違って、料金をぼったくられるリスクがありません。アプリで表示される料金以外には請求されないです。タクシーのようにメーターを気にする心配もないです。

チップは、降車後にアプリで支払えます。チップの金額は任意で指定することができ、気持ち程度でもOKです。ドライバーに満足した気持ちの分だけ、チップを支払いましょう。

タクシーのように、強制的に15~20%のチップを支払わなくていいので、コストも抑えられます。

Uber
私は、約2kmや20kmなど、様々なシーンで、何度もUberを使いましたが、タクシーやツアーバスよりも安いケースがほとんどだと思います。

家族や友達と乗るなら、1人あたりの交通費も安く済みます。

スポンサードリンク

Uberの使い方・乗り方

Uberの使い方は、以下の流れです。

(1)Uberの公式サイトでアカウント登録
(2)乗車場所と行先を指定
(3)車と料金を確認して配車依頼
(4)車のナンバーを確認して乗車
(5)目的地で降車

次項より、詳しく解説します。

(1)Uberの公式サイトでアカウント登録

Uberは、スマホのアプリを利用するサービスです。

Uberの公式サイトで、アカウント登録(名前、電話番号、メールアドレスなど)をします。日本語に対応しているので、手順に従えば簡単に登録できます。

支払いは、クレジットカードまたはデビットカードを登録できます。登録したカードで支払いが行われます。

日本語に対応しているので、手順に従えば簡単に登録できます。日本でアカウント登録しておくと、海外であわてずにすみます。

はじめてUberを使う方は、Uber公式サイトより会員登録(無料)できます。

Uberのクーポン
Uber公式サイトより、配車時に以下のクーポンコードを入力すると、初回搭乗が2000円OFF(現金払いを除く)になります。
クーポンコード:AFFRTJPMAY24
使用期限:2024年5月31日(金)

AndroidはGoogle Play、iPhoneはApp Storeより、アプリも提供されています。アプリのダウンロードも無料です。

Uber(ウーバー):タクシーが呼べるタクシー配車アプリ

Uber(ウーバー):タクシーが呼べるタクシー配車アプリ

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

(2)乗車場所と行先を指定


今回は、宿泊したザ ウェスティン ボナベンチャー ホテルから、NBAが開催されるステープルズ・センターまでの乗車を例に説明します。

GPSは、オンにしておきましょう。

まずは、アプリで乗車場所を指定します。指定すると地図上にピンが表示されます。ピンはタップすると移動でき、細かく乗車場所を調整できます。

大きなホテルのように、出入り口が複数ある場合は、ドライバーが迷います。

迎えに来てほしい場所に、ピンポイントで正しくピンを立てるのがおすすめです。エントランスのように、乗り降りがしやすい場所を指定しましょう。


次に行先を指定します。ドライバーに英語で行先を伝えなくてもいいので便利です。

(3)車と料金を確認して配車依頼


乗車場所と行先を指定すると「車のクラス」「料金」「到着時間の目安」「支払い方法」「ルート」が表示されます。

Uberには、いくつかの車のタイプがあり、料金や乗車できる人数が異なります。

UberX:スタンダードな車
UberXL:大型車(最大6名)
UberX シェア:相乗り
Uber Comfort:足元のスペースが広い新しい車
Uber プレミアム:高級車
など

乗車できる人数もアプリで表示されるので、確認して車のクラスを選びましょう。

UberXが、スタンダードな車で料金も手頃です。人数が多くなければ、基本的には、UberXを選ぶ機会が多くなると思います。

Uberは、料金も事前に表示されるので、安心です。表示された料金よりも多く請求されることはありません。

ちなみに「もっと安くならないかな」と思えば、アプリを閉じて、何度か乗車場所と行先を指定してみてください。料金が変わることもあり、安くなることもあります(高くなることもあります)。日時によっても料金が違います。


ホテルや空港など、有名な場所では、ストリート名やターミナルを指定することもできます。車のクラスと料金に納得したら、確定します。

(4)車のナンバーを確認して乗車


配車が確定すると、近くにいるドライバーが迎えに来てくれます。移動状況もアプリでわかります。

確認しておくのは「ドライバー情報」「車のナンバー」「車種」です。

Uberは、一般車なので、タクシーのようにわかりやすい目印がないです。そのため「車のナンバー」と「車種」で、自分が配車した車かどうかを確認して乗車します。

スーツケース
車が到着したら、軽く手をあげるとドライバーも気が付きます。軽い挨拶をして乗車します。スーツケースのような大きな荷物があれば、ドライバーに確認して、トランクにのせられます。

ドライバーは、アプリで行先を把握しているので、何も伝える必要はないです。不安な場合は片言でも「ステープルズ・センター?」みたいな感じで聞くと「OK!」と返してくれます。

(5)目的地で降車


移動中は、普通に乗っていればOKです。ドライバーによっては、軽い世間話をしてくれることもありますし、無言のときもあります。基本的には、フレンドリーでやさしい人が多かったです。

Uberのアプリでは、今、車がどこを走っているか、ルートや到着時間の目安がわかります。ルートがわかるのも安心感があります。


目的地に着いたら「Thank you!」と言って、降りるだけです。支払いは、アプリに登録しているクレジットカードから支払われます。


降車したら、アプリからチップを支払えます。チップの支払いは任意です。金額も自分で決められます。

私は、気持ち程度でも、チップは支払うようにしています。評価もしてあげるとよいです。

スポンサードリンク

Uberの注意点

インターネット環境は必須

楽天モバイルを海外で使う
Uberは、スマホのアプリで依頼します。そのため、インターネット環境は必須です。

電波の悪い場所や田舎で利用する際は注意しましょう。

私は、アメリカで楽天モバイルを使っていました。楽天モバイルは海外でも毎月2GBまで追加料金無料で使えて安いです。

現地の通信回線を利用でき、空港や観光地、街中でも、つながりやすかったです。Uberの利用にもおすすめです。

配車できないこともある

Uberは、近くにいるドライバーとマッチングしないと配車できません。

アメリカでは、Uberが普及していて、ダウンタウンや有名観光地付近であれば、おそらく問題なくドライバーはいるかと思います。

私もロサンゼルスのダウンタウンやハリウッド、アナハイム方面、シアトルで利用しましたが、すぐに手配でき、5分程度で来てくれました。

ただし、田舎や道路状況が不便な場所では、配車できないリスクもあります。行きは大丈夫でも、帰りは配車できないかもしれないので注意してください。

Uberと似たサービスに、Lyftという配車サービスもあります。両方を使いわけてもいいかと思います。


まとめ

Uberは、アプリを使って配車、料金の支払いもできて、本当に便利なサービスです。

公共交通機関が少ない場所でも、移動でき、行動範囲が広がりました。

海外での移動におすすめの配車サービスです。

まめ

著者:まめ
海外・国内旅行マニア。お得情報研究家として、テレビ出演多数。海外滞在歴(ロサンゼルス、シアトル、サンフランシスコ、シカゴ、ワシントンDC、ニューオリンズ、ハワイ、シンガポール、タイ)。実体験を元に、旅行に役立つ情報や宿泊クーポン、旅行セール情報を配信してます。
まめのプロフィール
X(Twitter):まめ|ビリオンログ(旅行用)

内容は変更になる可能性もございます。利用の際は公式サイトの確認をお願いします。


目次