お得情報研究家「まめ」がアメリカへの旅行・お出かけ情報をお届け

アメリカのUberでチップは必要?相場や支払い方法を紹介

旅行予約サイトのクーポンを使えば宿泊や交通付プランを安く予約できます。→【最新】旅行・宿泊クーポン
更新 ※一部に広告表示

Uber
Uber(ウーバー)は、個人タクシーをスマホで手配できる配車サービスです。

アメリカでは、レストランやホテル、タクシー利用時に、チップを支払う習慣があります。Uberを利用した際は、任意でチップを支払うことができます。

このページでは、アメリカでのUberでのチップの相場や支払い方法を紹介します。

スポンサードリンク

Uberのチップは任意


アメリカでのチップは、義務ではありませんが、レストラン、ホテル、タクシーといったサービスではチップを支払うのが一般的です。

しかし、ファーストフード店やスーパーマーケットのレジなど、チップを支払わないケースもあり、すべての場面でチップが必要なわけではありません(もちろん、払いたければ払ってOKです。レジ横にチップを入れる箱が置いているお店もあります。)。

Uberに関しては、チップの支払いは任意です。

金額も自由に決められます。私は、アメリカでUberを10回以上利用していますが、目的地に安全に運転してくれたお礼に、必ずチップは支払うようにしています。

スポンサードリンク

Uberのチップの相場


アメリカでは、タクシー利用のチップは15%~20%、レストランでは15%~25%といったチップの相場があります。

Uberのチップの相場は、任意です。タクシー同様に15%程度支払ってもいいですし、$1.00のように少額でも支払えます。

チップは、お礼の意味がもちろんあるのですが「マナーとして支払っておこう」という場合は、タクシーと同様に15%で、支払っておくと、相場とかけ離れた金額にはならないかと思います。

私は、乗車料金が$10.00以下で少ない場合は「$1または$3」、乗料料金が多い場合は「15%」で支払っています。

なお、Uberのチップは、全額ドライバーの収入になります。Uber本体は、チップに対するサービス料は受け取りません。

そのため「会話が楽しかった」「安全運転してくれた」「時間通りに目的地へ着けた」など、ドライバーへの感謝の気持ちがあれば、少し多めにチップをはずんでもいいかもしれません。

スポンサードリンク

Uberのチップの支払い方

はじめてUberを使う方は、Uber公式サイトより会員登録(無料)できます。

Uberのクーポン
Uber公式サイトより、配車時に以下のクーポンコードを入力すると、初回搭乗が2000円OFF(現金払いを除く)になります。
クーポンコード:AFFRTJPMAY24
使用期限:2024年6月30日(日)

AndroidはGoogle Play、iPhoneはApp Storeより、アプリも提供されています。アプリのダウンロードも無料です。

Uber(ウーバー):タクシーが呼べるタクシー配車アプリ

Uber(ウーバー):タクシーが呼べるタクシー配車アプリ

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ



Uberは、乗車場所と行先を指定すると「車のクラス」「料金」「到着時間の目安」「支払い方法」「ルート」が表示されます。

ここで表示される金額には、もちろんチップは含まれていません。

Uberの使い方は、以下も参考にしてみてください。


Uberを利用し、目的地で降車したら、アプリにチップの支払いとドライバーを評価する画面が表示されます。

私の経験上、乗車料金が少ない場合は「$1・$3・$5」、乗料料金が多い場合は「15%・20%・25%」と表示されます。自分で計算しなくても大丈夫です。または、任意の金額を入力することもできます。

チップは、登録しているクレジットカードから引き落とされます。現金を手渡しする必要がなく、とても楽です。

楽天モバイルを海外で使う
Uberを利用するには、インターネット環境が必要です。

私は、アメリカで楽天モバイルを使っていました。楽天モバイルは海外でも毎月2GBまで追加料金無料で使えて安いです。

現地の通信回線を利用でき、空港や観光地、街中でも、つながりやすかったです。Uberの利用にもおすすめです。

不安な方は現地ツアーや送迎サービスがおすすめ

ロサンゼルスの街
Uberは、「簡単に配車できる」「英語を話せなくても乗れる」「支払いもチップもアプリで完結」と便利。ぼったくられる心配がないのもよかったです。

どうしても不安な方は、ツアーや観光バス、送迎サービスを利用しましょう。

海外現地オプショナルツアー予約サイトでは、空港からホテルの送迎サービス、観光バス、レンタカーなどを予約できます。

以下サイトは、日本語予約に対応しています。

アメリカへの海外ツアーは、以下のサイトで、お得なプランを探して予約できます。送迎が必要な方は、オプションでの送迎サービスがあるか確認してください。

まとめ

アメリカでのUberのチップは任意です。個人的には、タクシーのサービスと変わらないので、チップは必ず支払うようにしています。

チップの金額に迷ったら、15%ぐらいを目安にしておけばOKです。乗車料金が少ない場合は$1.00~$3.00ほど支払っておきましょう。

チップは、アプリからクレジットカードで支払うことができ、現金での受け渡しは不要です。

まめ

著者:まめ
海外・国内旅行マニア。お得情報研究家として、テレビ出演多数。海外滞在歴(ロサンゼルス、シアトル、サンフランシスコ、シカゴ、ワシントンDC、ニューオリンズ、ハワイ、シンガポール、タイ)。実体験を元に、旅行に役立つ情報や宿泊クーポン、旅行セール情報を配信してます。
まめのプロフィール
X(Twitter):まめ|ビリオンログ(旅行用)

内容は変更になる可能性もございます。利用の際は公式サイトの確認をお願いします。


目次