お得情報研究家「まめ」が翻訳機・通訳機情報をお届け

音声翻訳機「ポケトークW」レビュー|コスパ抜群のエントリーモデル

ポケトークW
ソースネクストの「ポケトークW」をレビューします。

ポケトークWは、翻訳性能に優れたコスパのいい音声翻訳機です。英語や中国語など、世界の計75言語の翻訳に対応しています。

私も実際に利用しましたが、声をしっかりと認識し、聞き取りやすい音声で翻訳した言葉を返してくれます。19,800円(税抜)と価格も手頃で、シンプルな使い勝手が初心者にもおすすめです。

このページでは、ソースネクストの「ポケトークW」を実際に使ってみた感想をレビュー・口コミ・評価します。

スポンサードリンク

ポケトークWとは|スペック

ポケトークWのスペックは以下です。

通訳対応言語数 ▽計75言語
音声とテキストによる通訳:55言語
テキスト翻訳:20言語
カメラ翻訳対応言語数 なし
基本機能 ・多言語双方向翻訳
・133の国や地域で使えるeSIM内臓
・フレーズのお気に入り登録
・現地時刻表示
・ポケトークセンター
・翻訳結果のローカル再生
ポケトークWの機能 ・現地単位変換
・メダル獲得
カラー ホワイト、ブラック、ゴールド、レッド、ピンクゴールド
本体サイズ・重量 幅:約59.8mm
厚み:約15.8mm
高さ:約110mm
重量:約100g
画面:2.4インチ
解像度:320×240px
カメラ なし
スピーカーマイク 1.5Wスピーカー×2
ノイズキャンセリング機能搭載デュアルマイク
CPU ARM Cortex53 Quad-Core 1.3GHz
OS Android OS 8.1のカスタマイズOS
メモリ ROM 8GB / RAM 1GB
バッテリー 2200mAhリチウムイオン電池
連続待受時間:約240時間
連続翻訳時間:約420分
充電時間:約135分
ワット時定格量:8.14Wh
充電仕様 入力電圧:5V / 入力電流 2Aまで
Bluetooth Bluetooth 4.0
内蔵eSIM グローバル通信2年付き
133の国と地域で使えるPOCKETALK専用eSIM内蔵
SIMカード スロット nano-SIM
データ通信方式、対応周波数帯 3G[W-CDMA] 1/2/5/6/19
4G[FDD-LTE] 1/2/8/19/28b
Wi-Fi対応周波数 IEEE802.11a/b/g/n
2.4GHz:1~14ch
5GHz:5.2GHz(W52)
GPS なし

ポケトークWは、音声翻訳機であるポケトークシリーズの中でも、最も価格が安いエントリーモデルです。価格は安いですが、翻訳性能はハイエンドモデルのポケトークSと同じです。カメラ翻訳やAI会話レッスン機能は付いていません。

ポケトークSについて詳しく知りたい方は、以下ページも参考にしてみてください。

ポケトークWとポケトークSの違いを知りたい方は以下ページもご覧ください。

ポケトークWの7つのポイントをレビュー

1.サイズ:手のひらサイズで持ちやすい

ポケトーク
ポケトークWは、ポケトークシリーズの中では中間のサイズ。丸形で持ちやすく、使いやすいサイズ感です。ただ、ディスプレイサイズは2.4インチ。ポケトークSは2.8インチなので、表示領域は最も小さいです。

本体は、スマホと比べると圧倒的に小さく、持ち運んでも邪魔にならないサイズ感。ポケットにも入ります。

文字の大きさ
文字が小さいと感じる方は、設定画面より文字の大きさを調整することが可能です。

同梱物
同梱物はPOCKETALK本体、説明書、充電用USBケーブル(本体側:USB Type-C 給電側:USB Type-A)、USB充電器です。日本語の説明書が付いているので、使い方もわかりやすく掲載されています。

2.翻訳性能:使い方簡単!翻訳性能も素晴らしい

翻訳性能については、上記の動画をご覧ください。実際にポケトークWを使って翻訳しています。短文でも長文でも翻訳できてますよね。

使い方は、ボタンを押しながら話すだけです。ボタンを離すと音声読み上げとテキストで表示してくれます。

安いですが、翻訳性能に関してはハイエンドモデルのポケトークSと同じです。私のつたない声でも、しっかりと読み取ってくれました。正確性が高く、かなり高性能です。長文に関しては、30秒程度の話し言葉が目安のようです。

翻訳した履歴は、約10,000件残ります。何度でもリピート再生が可能です。よく使うフレーズはお気に入りへの追加も可能。旅行でもビジネスでも、事前に登録しておくと、あわてずにすみます。

ノイズ・キャンセル機能搭載のマイクと大型スピーカーが搭載されているので、騒がしい人込みでも使えるような工夫がされています。

言語
ポケトークWは、英語や中国語だけでなく計75言語に対応しています。

ポケトークWの対応言語
アイスランド語、アゼルバイジャン語、アフリカーンス語、アムハラ語、アラビア語、アルメニア語、イタリア語、インドネシア語、ウクライナ語、ウルドゥー語、英語(米国)、英語(英国)、英語(インド)、英語(オーストラリア)、英語(フィリピン)、オランダ語、カタルーニャ語、ガリシア語、韓国語、広東語、カンナダ語、ギリシャ語、グジャラート語、クメール語、クロアチア語、ジャワ語、ジョージア語、シンハラ語、スウェーデン語、ズールー語、スペイン語(スペイン)、スペイン語(米国)、スペイン語(アルゼンチン)、スペイン語(コロンビア)、スロバキア語、スロベニア語、スワヒリ語、スンダ語、セルビア語、タイ語、タミル語、チェコ語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、テルグ語、デンマーク語、ドイツ語、トルコ語、日本語、ネパール語、ノルウェー語、バスク語、ハンガリー語、ヒンディー語、フィリピノ語、フィンランド語、フランス語(フランス)、フランス語(カナダ)、ブルガリア語、ベトナム語、ヘブライ語、ペルシャ語、ベンガル語、ポーランド語、ポルトガル語(ブラジル)、ポルトガル語(ポルトガル)、マラーティー語、マラヤーラム語、マレー語、ミャンマー語、ラオ語、ラトビア語、リトアニア語、ルーマニア語、ロシア語
※55言語間では音声とテキストによる通訳機能、20言語では音声で入力した翻訳結果のテキスト表示が可能

英語でも(米国、英国、インド、オーストラリア、フィリピン)があり、微妙な発音の違いなども翻訳できます。

例えば「世界一周旅行で複数の言語を使う」「取引先や社内で中国人やアメリカ人など、複数の外国人と会話する機会が多い」「複数の言語を学習したい」という場合でも、ポケトークWがあればOKです。

3.うれしい機能:現地単位変換

現地単位変換
海外で買い物をするとき「1ドル90セントっていくらだっけ?200円ぐらい?」とアバウトに計算してしまうことが多くないですか?海外のコンビニでペットボトル飲料やお菓子を購入したときなど「意外と高かった」ということがよくあります。

現地単位変換は、円やドルで金額を入力すると現地の通貨で計算してくれます。現地単位変換があれば、円でわかりやすく表示してくれ、日本円での計算がしやすいです。ポケトークWは、買い物にも便利です。

4.学習:「逆翻訳」「再翻訳」で語学学習

逆翻訳 再翻訳
ポケトークWは学習にも便利。日本語→他の言語だけでなく、他の言語→日本語も可能です。そのため、ポケトークに向かって話しかけると単語や発音の練習になります。

翻訳履歴を長押しすると「逆翻訳」「再翻訳」が可能です。再翻訳では、英語に翻訳した後で、中国語に翻訳するといったことも可能。また逆翻訳では、相手に話てもらった言語を日本語に翻訳することが可能です。

計75言語に対応しており、あらゆる言語の学習ができることから、語学学習のために、ポケトークを購入する方も多いです。

5.充電:約420分連続翻訳可能

USB充電ケーブル
ポケトークWは、付属のUSB充電ケーブルで充電できます。約135分の充電で「連続待受時間:約240時間」「連続翻訳時間:約420分」です。一日の会話であれば十分だと思います。

ポケトークシリーズの中では、最も使用できる時間が長いです。

6.通信:2年間使い放題!Wi-FiやテザリングもOK

ポケトークWは、インターネットを使ったサービスです。スマホと同じように、ネット接続しないと使用できません。

ポケトークWは、133の国と地域でそのまま使えるグローバル・モバイル通信が付いているモデルがあります。2年間であれば、契約や通信料なしで使い放題です。

2年が経過した後は、1年ごとに5,000円、または2週間ごとに3,000円追加でモバイル通信ができます。1年契約なら1か月あたり約417円でとても安いと思います。

モバイル通信を使わない場合は、WiFiやテザリングでの通信、またはPOCKETALK専用 グローバルSIM(2年)を購入して使うこともできます。

7.価格:ポケトークで最も安い

ポケトークW
ポケトークWの価格は以下です。

ポケトークW 19,800円(税抜)グローバル通信2年付き

133の国と地域で使えるグローバル通信2年も価格に含まれています。翻訳性能や機能を考えるとかなり安いです。

ポケトークWは、家電量販店やソースネクスト公式通販で購入できます。おすすめはソースネクスト公式通販です。

▽ソースネクスト公式通販のメリット
・「操作ガイドDVD」「ACアダプター」「海外変換プラグ」が付属
・名前やイラストなどを印字したオリジナルポケトークを注文できる
・ポケトーク専用ケースを購入できる
・ワイド延長保証サービスあり
・ソースネクストeポイントが貯まる
・送料無料

ソースネクスト公式通販で購入すると「操作ガイドDVD」「ACアダプター」「海外変換プラグ」が付属します。初心者にもおすすめです。

ソースネクストeポイントは、Amazonギフト券やdポイント、Tポイント、nanacoポイント、WAONポイントなどに交換できます。ソースネクスト以外のお店でも使え、利便性がとてもよくお得です。

スポンサードリンク

ポケトークセンターも使うと便利

ポケトークセンターとは、ポケトークWの翻訳履歴をパソコンやスマホで確認できるサービスです。アカウントを登録すれば、無料で利用できます。

ポケトークセンターを使うことで、翻訳テキストをコピーしたり、パソコンの大きな画面で見たり、使い方の幅が広がります。

注意点|iPhoneやAndroidの翻訳アプリとの違い

ポケトークWは、Android OS 8.1のカスタマイズOSが使用されています。

ただし、Androidのスマホ端末のように、Google Playから、別のアプリをダウンロードして使用することはできません。Androidのスマホ端末やiPhone、Windowsとの大きな違いは、ポケトークSは、翻訳に特化した機器であることです。

翻訳に特化していることで、サッと取り出して使うのに便利。余計な機能が付いていないので、語学学習にも集中できます。また「会話」することを重視して開発されていて、リアルな場面で使いやすいです。「海外旅行や外国人と話すときに不安」という方にとって、強い味方になってくれます。

また、ポケトークWがあることで、スマホを使いながら翻訳できるのもメリットです。

ネット接続できるので、古くなれば最新のバージョンにアップグレードすることも可能です。

まとめ

ポケトークWは、以下のようなメリットがあります。

・翻訳精度が高く使いやすい
・計75言語の翻訳が可能
・価格が安い

ハイエンドモデルのポケトークSと翻訳性能は同じです。ポケトークWは「性能がよく安い翻訳機がほしい」という方におすすめです。

ポケトークW

公開日:2020年8月13日
目次