お得情報研究家「まめ」が翻訳機・通訳機情報をお届け

「ポケトークW」と「ポケトークS」の違いを比較|買うならどっちがおすすめ?

買うならどっち ポケトークW S 違いを比較
ソースネクストの「ポケトークW」と「ポケトークS」は、どちらも音声翻訳機です。

しかし、ポケトークWとポケトークSの違いはとてもわかりにくいと思います。どちらを購入するか迷う方も多いです。

結論から言うと大きな違いは「サイズ」「機能(カメラ翻訳・AI会話レッスン機能)」「連続使用時間」「価格」です。翻訳性能や翻訳可能な言語数は同じです。

私は、どちらの端末も使いましたが、音声翻訳機として使うならどちらも秀逸です。サイズと機能を加味して、用途に応じて選ぶのがおすすめです。

このページでは、ソースネクストの「ポケトークW」と「ポケトークS」の違いについて比較しました。なお、ポケトークSには「ポケトークS Plus」というサイズが大きな端末もあるので、合わせて紹介します。

スポンサードリンク

ポケトークWとポケトークSの比較表

主な仕様に関して、比較表にまとめました。大きな違いがある箇所を赤字にしています。

ポケトークW ポケトークS・S Plus
通訳対応言語数 ▽計75言語
音声とテキストによる通訳:55言語
テキスト翻訳:20言語
カメラ翻訳対応言語数 なし 55言語
基本機能 ・多言語双方向翻訳
・133の国や地域で使えるeSIM内臓
・フレーズのお気に入り登録
・現地時刻表示
・ポケトークセンター
・翻訳結果のローカル再生
ポケトークの機能 ・現地単位変換
・メダル獲得
・カメラ翻訳
・AI会話レッスン機能(英語・中国語)
・現地単位変換
・メダル獲得
カラー ホワイト、ブラック、ゴールド、レッド、ピンクゴールド 【基本カラー】ホワイト、ブラック、ゴールド、レッド、ピンクゴールド
【公式限定カラー】メタルグレー、メタルグリーン
ドラえもんEdition
本体サイズ・重量 幅:約59.8mm
厚み:約15.8mm
高さ:約110mm
重量:約100g
画面:2.4インチ
解像度:320×240px
▽ポケトークS
幅:約53.8mm
厚み:約11.5mm
高さ:約93.6mm
重量:約75g
画面:2.8インチ
解像度:640×480px
▽ポケトークS Plus
幅:約65mm
厚み:約11mm
高さ:約123mm
重量:約125g
画面:3.97インチ
解像度:800×480px
カメラ なし リアカメラ800万画素オートフォーカス
スピーカーマイク 1.5Wスピーカー×2
ノイズキャンセリング機能搭載デュアルマイク
CPU ARM Cortex53 Quad-Core 1.3GHz
OS Android OS 8.1のカスタマイズOS
メモリ ROM 8GB / RAM 1GB
バッテリー 2200mAhリチウムイオン電池
連続待受時間:約240時間
連続翻訳時間:約420分
充電時間:約135分
ワット時定格量:8.14Wh
▽ポケトークS
1200mAhリチウムイオン電池
連続待受時間:約60時間
連続翻訳時間:約270分
充電時間:約105分
ワット時定格量:4.56wh
▽ポケトークS Plus
1550mAhリチウムイオン電池
連続待受時間:約72時間
連続翻訳時間:約330分
充電時間:約130分
ワット時定格量:5.89wh
充電仕様 入力電圧:5V / 入力電流 2Aまで
Bluetooth Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.2
内蔵eSIM グローバル通信2年付き
133の国と地域で使えるPOCKETALK専用eSIM内蔵
SIMカード スロット nano-SIM
データ通信方式、対応周波数帯 3G[W-CDMA] 1/2/5/6/19
4G[FDD-LTE] 1/2/8/19/28b
3G[W-CDMA] 1/2/5/6/19
4G[FDD-LTE] 1/2/3/5/7/8/18/19/20/26/28b
[TD-LTE] 38/39/40
Wi-Fi対応周波数 IEEE802.11a/b/g/n
2.4GHz:1~14ch
5GHz:5.2GHz(W52)
IEEE802.11a/b/g/n
2.4GHz:1~11ch
5GHz:5.2GHz(W52)、5.3GHz(W53)、5.6GHz(W56)
GPS なし 搭載

大きく異なるのは、ポケトークWとポケトークSです。主な違いは以下。

本体サイズ・重量
「ポケトークS」が最も小型のポケトークです。「ポケトークS」と「ポケトークS Plus」は、サイズとバッテリー容量が異なります。それ以外の機能は同じです。ポケトークS Plusは、サイズが大きいことで、文字が読みやすいメリットがあります。「ポケトークW」は丸形でデザインが異なります。ディスプレイサイズは最も小さいです
カメラ翻訳
カメラ翻訳は「ポケトークS」と「ポケトークS Plus」に搭載された機能です。メニュー表や本などテキストをカメラで撮影すると翻訳できます
AI会話レッスン機能
AI会話レッスン機能は「ポケトークS」と「ポケトークS Plus」に搭載された機能です。ホテルやレストランなど、リアルに使うフレーズで英会話レッスンができます
バッテリー
最もバッテリー容量が大きく、連続して長く使えるのが「ポケトークW」です

サイズや機能が選ぶポイントになります。「語学学習をしたい」「海外での不安を少しでもなくしたい」なら、カメラ翻訳とAI会話レッスン機能が付いた「ポケトークS」か「ポケトークS Plus」がおすすめです。

後ほど紹介しますが、価格は「ポケトークW」が最も安いです。翻訳性能は同じなので、コスパのよさを求めるなら「ポケトークW」がおすすめです。

以下ページでは「ポケトークW」と「ポケトークS」を実際に使った感想をレビューしています。詳しく知りたい方は参考にしてみてください。


本体サイズ・重量の違い

ポケトーク
上記は「ポケトークS」「ポケトークW」「ポケトークS Plus」「スマホ」のサイズを比較した写真です。まず、ポケトークはスマホに比べて、圧倒的に小さいことがわかります。

ポケットに入るサイズで、スマホとポケトークを一緒に持ち運んでも邪魔になりません。つまり、スマホを見ながら翻訳がしやすいです。

ポケトークS ポケトークS Plus
最もサイズが小さいのが「ポケトークS」です。重量も約75gと軽く、持ち運びしやすさを考慮するなら、「ポケトークS」で決まりです。

「ポケトークS Plus」は、ポケトークSの機能はそのままにサイズを大きくした端末です。「文字が見やすい方がいい」という高齢者の声を元に、開発されました。両親へのプレゼントや見やすさを考慮するなら「ポケトークS Plus」がおすすめです。

機能の違い(カメラ翻訳・AI会話レッスン機能)

カメラ翻訳
カメラ翻訳とAI会話レッスン機能は「ポケトークS」と「ポケトークS Plus」に搭載された機能です。「ポケトークW」には付いていません。

カメラ翻訳は、撮影した文字を翻訳してくれる機能です。例えば、レストランのメニューや地図、注意書き、本、企画書などをカメラで撮影すれば、翻訳ができます。使い方は翻訳したい場所をカメラで撮影するだけです。

英語ならまだしも、他の言語は、知らないと意味不明ですよね。「なんて書いているか全然わからない」というリスクを減らせます。海外旅行でいざというときに役立ちます。

AI会話レッスン機能は、上記の動画をご覧ください。空港やホテル、レストランなどでよく使うリアルな英会話レッスンができます。ポケトークSは、語学学習のために購入する方も多いです。

一人でもレッスンできるので、恥ずかしさがないのもメリットです。基礎から語学学習をするなら、「ポケトークS」と「ポケトークS Plus」がおすすめです。

バッテリーの違い

バッテリーは、ポケトークS(連続待受時間:約60時間、連続翻訳時間:約270分)、ポケトークS Plus(連続待受時間:約72時間、連続翻訳時間:約330分)、ポケトークW(連続待受時間:約240時間、連続翻訳時間:約420分)という違いがあります。

ポケトークWが最も使用時間が長いです。しかし、1日で何時間も翻訳することは少ないと思うので、それほど気にしなくていいかと思います。

ポケトークは、3つともUSB充電に対応しています。外出先で充電が切れるのが不安なら、モバイルバッテリーで充電できます。

翻訳性能は同じ

翻訳性能や対応言語数は、すべてのポケトークで同じです。上記は「ポケトークS」と「ポケトークW」で短文と長文を使ってみた動画です。

両者ともにしっかり声を認識し、聞き取りやすい音声で返してくれました。ポケトークの翻訳性能はかなり秀逸です。

価格の違い

ポケトークW 19,800円(税抜)グローバル通信2年付き
ポケトークS 29,800円(税抜)グローバル通信2年付き
ポケトークS Plus 31,800円(税抜)グローバル通信2年付き
ポケトークS ドラえもんedition 34,800円(税抜)グローバル通信2年付き

機能が少ない分、価格はポケトークWが最も安いです。ポケトークS ドラえもんeditionは、ドラえもんデザインのポケトークSです。かわいいデザインに加えて、ポーチやクリアケース、保護シールが付いています。

なお、ポケトークは、インターネットを使ったサービスです。スマホと同じように、ネット接続しないと使用できません。しかし、グローバル通信2年付きなので、2年間であれば、契約や通信料なしで使い放題です。2年が経過した後は、1年ごとに5,000円、または2週間ごとに3,000円追加でモバイル通信ができます。1年契約なら1か月あたり約417円でとても安いと思います。

モバイル通信を使わない場合は、WiFiやテザリングでの通信、またはPOCKETALK専用 グローバルSIM(2年)を購入して使うこともできます。

ポケトークは、家電量販店やソースネクスト公式通販で購入できます。おすすめはソースネクスト公式通販です。

▽ポケトークWを公式通販で購入するメリット
・「操作ガイドDVD」「ACアダプター」「海外変換プラグ」が付属
・名前やイラストなどを印字したオリジナルポケトークを注文できる
・ポケトーク専用ケースを購入できる
・ワイド延長保証サービスあり
・ソースネクストeポイントが貯まる
・送料無料
▽ポケトークSを公式通販で購入するメリット
・限定カラーが購入できる
・名前やイラストなどを印字したオリジナルポケトークを注文できる
・ポケトーク専用ケースを購入できる
・ワイド延長保証サービスあり
・ソースネクストeポイントが貯まる
・送料無料

ポケトークWをソースネクスト公式通販で購入すると「操作ガイドDVD」「ACアダプター」「海外変換プラグ」が付属します。初心者にもおすすめ。ポケトークWをソースネクスト公式通販で購入すると限定カラーが購入できます。

また、ポケトークの購入で、ソースネクストeポイントが貯まります。ソースネクストeポイントは、Amazonギフト券やdポイント、Tポイント、nanacoポイント、WAONポイントなどに交換できます。ソースネクスト以外のお店でも使え、利便性がとてもよくお得です。

まとめ:どちらを買うのがおすすめか

カメラ翻訳やAI会話レッスン機能が不要なら、ポケトークWで十分だと思います。価格は安いですが、翻訳性能は同じです。

翻訳だけでなく、語学学習もしたいならポケトークSかポケトークS Plusがおすすめです。大は小を兼ねる意味でも、ポケトークSを購入しておけば、あらゆる場面で役立ちます。個人的にはポケトークSがいいと思ってます。

公開日:
目次