お得情報研究家「まめ」がカップ麺・インスタントラーメン情報をお届け

【口コミ】本場韓国「コムタンラーメン」はどんな味?実際に食べてレビュー

コムタンラーメン
本場韓国コムタンラーメンは、牛肉、牛骨を煮込んだスープが特徴の韓国ラーメンです。

日本では、なじみがないラーメンなので「どんな味がするの?味は薄いの?辛いの?」と思われるかもしれません。コムタンラーメンは、農心からインスタントラーメンが販売されているので、実際に作って食べてみました。

今回は、本場韓国コムタンラーメンの味の感想など口コミ情報をレビューします。

スポンサードリンク

農心のコムタンラーメンについて

農心の本場韓国コムタンラーメン
農心は、韓国の食品メーカーです。日本では、辛ラーメンが人気です。

そんな農心からインスタントの袋麺として、本場韓国コムタンラーメンが販売されています。日本でも業務スーパーなどで販売されていることがあります。私も業務スーパーで購入しました。

ちなみに、カルディなどでは、コムタンスープの素も販売されています。

コムタンラーメン
コムタンラーメンは、3食入りのパックで販売されています。見た目は、一般的な袋麺と同じです。

味の感想|めちゃくちゃおいしい!

スープ

コムタンラーメンのスープ
コムタンラーメンは、牛肉、牛骨を煮込んだ塩スープです。乳白色のとんこつラーメンのような見た目です。

牛肉の旨みを感じられる、さっぱりとした塩スープでめちゃくちゃおいしいです。アレンジしなくとも、薄くない味です。

サッポロ一番塩ラーメンなどの塩系ラーメンが好きな方は、ハマる味だと思います。韓国ラーメンですが、変なクセもなく日本人好みの味です。

最初にスープを飲んだときに、ちょっとした辛さがあります。ただ、スープを全部飲めるぐらいの辛さです。辛いのが苦手な方でも食べられると思います。

牛骨のカルシウムたっぷりで、フィッシュコラーゲンペプチドも配合されています。

モチっとした細麺

コムタンラーメンの麺
麺は、もちっとした細麺です。つるっとした喉越しでおいしいです。

油揚げめんですが、脂っこさをあまり感じません。スープとの相性もいいです。

具材

コムタンラーメンのアレンジ
具材には、ねぎが入っています。あっさりしたスープで、野菜との相性がいいです。牛肉をトッピングしてアレンジするのもおすすめ。

作り方やアレンジ、トッピングを知りたい方は、以下ページも参考にしてみてください。

スポンサードリンク

売っている場所

農心のコムタンラーメンは、業務スーパーやネット通販で購入できます。私は業務スーパーで278円購入しました。価格は、1食93円前後が目安だと思います。

業務スーパーになければ、ネット通販でまとめ買いが便利。Amazonなどで購入できます。

基本情報

標準栄養成分表・カロリー(1食111g当たり)

エネルギー477kcal、たんぱく質9.6g、脂質16.8g、炭水化物71.8g、食塩相当量:4.1g(めん・かやく1.8g、スープ2.3g)

原材料名

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、食塩)、粉末スープ(牛骨シーズニング、粉乳加工品、豚骨調味粉末、食塩、旨味ベース粉末、コラーゲンペプチド、砂糖、にんにく粉末、マルトデキストリン、胡椒粉末、ビーフシーズニング、たまねぎ風味粉、辛味調味粉)、かやく(ねぎ) / 加工でん粉、調味料(核酸等)、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE、緑茶抽出物)、カゼインNa、乳化剤、酸味料、増粘剤(アラビアガム)、香辛料抽出物、(一部に小麦・乳成分・豚肉・牛肉・大豆・ゼラチンを含む)

まとめ:食べた感想

コムタンラーメンは、塩ラーメン好きにおすすめです。牛肉の旨味もあわさって、あっさりとしながらもスープの味に深みがあります。

ハマるとまた食べたくなると思います。

公開日:
目次