billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

一杯14円!お店で飲むような味わいのインスタントコーヒー「ちょっと贅沢な珈琲店」

AGF マキシム ちょっと贅沢な珈琲店 スティック
職場や自宅でコーヒーを飲みます。いつもは「AGFのブレンディ」を定期的に購入していたんですが、それよりも価格がやや高い「AGF マキシム ちょっと贅沢な珈琲店 スティック 100本」を買ってみました。

飲んでみると、お店で飲むコーヒーのように深くて濃い味わい。インスタントコーヒーなので作り方も簡単で、しかも、一杯あたり約14円という安さなんです。自販機で買う缶コーヒーの10分の1ですよね。

今回は、そんな魅力たっぷりの「MAXIM(マキシム)ちょっと贅沢な珈琲店」をレビューします!AGFブレンディとの比較もしましたので、どちらを買うか迷っている人は参考にしてみてください。

スポンサードリンク

スティックタイプで便利

スティックタイプ100本
箱の中にはスティックタイプの珈琲が100本入っています。1本で1杯分ですね。私は一日に何杯も飲まないので、これで2〜3ヶ月はもちます。

スティックタイプのメリットは、
・個包装なのでいつでも新鮮
・コンパクトで持ち運びが楽
の2つです。

ちょっと贅沢な珈琲店スティックタイプ
細長くてコンパクトですよね。会社に持って行っているのですが、重くてかさばる瓶やドリップコーヒーのような袋に比べて持ち運びしやすいです。

また、飲む度に封を切る個包装なので「開封後はお早めにお飲みください」ということがありません。いつでも新鮮な香りがしますよ。

ちなみに賞味期限は約2年。たまにしか飲まない人でも、十分に飲みきれる期間ですよね。

ホットもアイスもOK!作り方が簡単

ちょっと贅沢な珈琲店スティックタイプの作り方
作り方はめちゃくちゃ簡単です。

スティックに入っているコーヒーをカップに入れ、お湯を注いでかき混ぜるだけ。ドリップコーヒーが面倒と思う人は、この手軽さは絶対に気に入るはずです。

それに、ホットもアイスもどちらでも簡単に作って飲めます。

ホットの作り方は、お湯を140~180ml入れて混ぜれば完成です。

粒
アイスの場合は、お湯70~90mlを入れた後に、氷を5~6個入れて混ぜたら完成です。水でもいいのですが、粒が粗いので溶けにくいです。お湯で溶かして氷で冷やす方が、おいしくできます。

なお、そのままだとブラックコーヒーなので、甘いのが好きな人は、別途、砂糖やミルクが必要です。

スポンサードリンク

お店のコーヒーのように深くて濃い味

コーヒー
厳選した生豆をじっくりと焙煎することで引き出した深いコクと、急速抽出で封じ込めた芳醇な香りが特長。

確かにお店やドリップコーヒーのような濃さと苦みがあって、本格的なコーヒーの味がします。ブラックが好きなのですが、砂糖やミルクでごまかす必要がなく、これだけでおいしく飲めます。

もちろん、上を見ればいくらでもおいしいコーヒーはありますが、インスタントでこのクオリティはなかなかないと思います。よほどのこだわりがないのであれば、十分ではないでしょうか。お客さんが来ても、自信を持って出せます。

このクオリティで1杯約14円の安さ

これだけおいしくて、便利な上に価格が1杯約14円という衝撃の安さ。私はこれを知ってから缶コーヒーが買えなくなりました。10杯飲んでも140円です。かなりの節約になりますよね。

激安スーパーに行くと、破格のプライベートブランドのコーヒーが並んでいますが、安かろう悪かろうってあると思います。「マズすぎて飲めない!」なんてことも。「ちょっと贅沢な珈琲店」は有名なAGFのマキシムブランドなので、安心して買えますよ。

※お店によって販売価格が違うので誤差はあります。

AGFブレンディとの比較

ちょっと贅沢な珈琲店とAGFブレンディとの比較
1杯11円!職場で飲む安くておいしいインスタントコーヒー」の記事でも書いたのですが、これまではAGFブレンディを飲んでいたんです。理由は安くておいしいからですね。ちょっと贅沢な珈琲店の方が、約3円高いのですが、どれほどの違いがあるか試したくなったのです。

比較してみると、やはり価格が高い「ちょっと贅沢な珈琲店」の方が本格的な味がしたので、こっちに軍配が上がりました。

両者の特徴としては、まずちょっと贅沢な珈琲店の方が、濃くて深みがあるのでブラック向きです。大人っぽい味が好きならこちらです。

ブレンディは、酸味が強くすっきりしています。苦みが嫌いならこちらでしょう。粒が細かいので、水でも溶けます。アイスコーヒーを作るのは楽ですね。

なお、妻に飲んでもらうと「どちらがおいしいかどうかは好みの問題」と言ってましたし、Amazonのレビューでは「ほとんど一緒」とのコメントもいくつかありました。

人によって感じ方が違うので、ほとんど変わらないというのが正解かもしれません。どちらかが「めちゃくちゃおいしい!」というわけではないので。

私は両方を買っておいて、アイスコーヒーならブレンディ、ホットならちょっと贅沢を飲んでいくつもりです。

商品紹介

コーヒーをおいしく飲む必須アイテム

少しの工夫でコーヒーをおいしく飲むことができます。私が愛用しているのは以下の2品。

ポット型浄水器のクリンスイは水道水をクリアでおいしい水にしてくれます。

サーモスのタンブラーは、ホットでもアイスでも入れたての温度を長時間キープしてくれます。アイスコーヒーの氷もなかなか溶けないので、いつまでもキンキンです。

節約家におすすめの記事

家計を助けてくれるおすすめの節約記事をピックアップしました。当ブログでよく読まれている人気記事です。

ロハコ完全攻略!買う前に絶対チェックしたい超お得術

Amazonで食品を激安スーパーなみに安く買う7つの方法

【毎月更新】お得なクレジットカードの入会キャンペーンまとめ