お得情報研究家「まめ」がパソコン情報をお届け

Surface Pro Xレビュー|薄型軽量!LTE通信可能な2 in 1ノートパソコン

パソコンやセキュリティソフトがお得!当サイト限定クーポンやキャンペーン!→パソコンクーポン特集

Surface Pro X
Surface Pro Xをレビューします。今回レビューするSurface Pro Xは、2020年10月13日に発売された新型のSurface Pro Xです。

プロセッサ(CPU)に、前モデルよりもパワフルなMicrosoft SQ 2が搭載され、約5%程度、パフォーマンスが向上しています。タブレットスタイルにもなる薄型の2 in 1ノートパソコンで、LTE通信も可能。ビジネスで使いたい方におすすめです。

このページでは、Surface Pro Xの実機を使ってみた感想をレビューします。

スポンサードリンク

Surface Pro Xの仕様

今回は、以下の仕様のパソコンを使用しました。

機種 Surface Pro X プラチナ
OS Windows 10 Home (ARM)
CPU Microsoft SQ 2 Adreno 690 GPU
メモリ 16GB
ストレージ SSD 512GB
光学ドライブ なし
ディスプレイ スクリーン:13インチ PixelSense ディスプレイ
解像度:2880 × 1920 (267 PPI)
縦横比:3:2
タッチ:10 点マルチタッチ
グラフィックス Microsoft SQ 2 Adreno 690 GPU
ワイヤレス Wi-Fi 5: 802.11Ac 互換性あり
Bluetooth 5.0 ワイヤレス テクノロジー
アシストされた GPS および GLONASS のサポート
LTE Qualcomm Snapdragon™ X24 LTE モデム
最大ギガビットの LTE Advanced Pro3、nanoSIM および eSIM をサポート。サポートされる LTE バンド:1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 14, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 30, 38, 39, 40, 41, 46, 66
本体サイズ 287 mm × 208 mm × 7.3 mm
重量 774g(キーボードを含まない)
カメラ ・Windows Hello 顔認証用カメラ (前面)
・5.0 MP フロント カメラ (1080p フル HD ビデオ)
・10.0 MP オートフォーカス機能付きリア カメラ (1080p HD および 4K ビデオ)
オーディオ ・デュアル遠距離感度マイク
・Dolby Audio サウンド 搭載 2W ステレオ スピーカー
セキュリティ ・エンタープライズ クラスのセキュリティと BitLocker サポート用のファームウェア TPM チップ
・Windows Hello 顔認証サインインによるエンタープライズ クラスのセキュリティ
キーボード Surface Pro X Signature キーボード ※本体とは別売りです
ペン Surface スリム ペン アイスブルー ※本体とは別売りです

※キーボード、マウス、ペンは別売りです。本体には付属していません。

このレビューでは、デザインを重要視したい方は見た目や使い勝手を、作業を重視したい方は性能や操作性を重視して見てください。

ちなみに、私はWeb制作会社で13年間働いていました。オフィス系のソフトやネット閲覧は日常的に行ってきたので、パソコンの性能や使い勝手には敏感です。

なお、Microsoft Storeなら、Microsoft Surface Pro Xの仕様を選んで注文できます。

Surfaceでできることの基本については、以下ページをご覧ください。

Surface Pro Xの7つのポイントをレビュー

ここからは、実際に使ってみた感想をレビューします。ノートパソコンを購入する際に、知りたいと思えるポイントを7つに絞りました。

1.サイズ・重さ

Surface Pro Xの箱
Surface Pro Xは、専用の箱に入っています。箱のデザインもおしゃれ。丈夫で堅い箱なので、収納ボックスとして使ってもいいです。

Surface Pro X プラチナ
今回レビューするSurface Pro Xのカラーは、プラチナです。他にマットブラックもあります。

プラチナは、シンプルで美しいです。余計な飾りがなく、デザインが洗練されています。光沢感のあるマイクロソフトのロゴもおしゃれ。かなりかっこよく使えます。

ディスプレイサイズ
ディスプレイサイズは13インチ。本体サイズは、287 mm × 208 mm × 7.3 mmです。13インチは、持ち運び用のノートパソコンとして最適なサイズ感。オフィス系ソフトを使った資料作成やネットでの情報収集、動画閲覧など、仕事で使うには十分です。

Surface Pro Xと13.3インチのノートパソコン
さらに、コンパクト設計も魅力。左がSurface Pro X、右も13.3インチのノートパソコンです。ほぼ同じ13インチでも、Surface Pro Xの方が一回り小さいですよね。

Surface Pro XとiPad Pro
iPad Pro(12.9インチ)とも比較してみました。iPad Proの方が、ディスプレイサイズが小さいにもかかわらず、本体サイズはSurface Pro Xの方が小さいです。薄さもほとんど同じです。

ベゼルの幅
Surface Pro Xのコンパクトさは、ベゼルの幅を狭くすることで実現しています。ビジネスバッグやトートバッグ、リュックなどにも余裕で入るサイズ感で、持ち運びには最適です。

Surface Pro X
しかも、Surface Pro Xは、重量774g(キーボードを含まない)とめちゃくちゃ軽いです。ノートパソコンとは思えない軽さ。タブレット端末並みで、持ち運びの負担を軽減してくれます。テレワークで自宅とオフィスを行き来する方やカフェ、新幹線や飛行機のテーブルで作業する方でも、重宝します。

キーボード
なお、Surface Pro Xをノートパソコンのように使いたいなら、本体と別売りの「Surface Pro X Signature キーボードicon」を購入する必要があります。

キーボードは簡単に着脱できます。プレゼンや資料作成など、シーンに応じて使い分けられます。

Surface Pro X
横から見てもスリム。本体の裏にある脚を出せば、角度調整も可能です。

Surface Pro X Signature キーボード
Surface Pro X Signature キーボードを購入するか迷うかもしれませんがあった方が便利です。使わないときは、カバーを閉じることで、保護カバーになります。移動時や収納時にもディスプレイを傷つけません。

2.性能・サウンド

今回は、Microsoft SQ 2 Adreno 690 GPU、メモリ16GB、512GB SSDのスペックで検証しました。他のモデルのスペックもあるので、予算に応じて検討してみてください。

上記は、起動からネット接続したときの動画です。SSDは、HDDと比較して読み書きの速度が速く、最近のノートパソコンでは主流です。Surface Pro XもSSDを搭載していて、立ち上がりまで約20秒~25秒。すぐに仕事や作業に取り掛かれます。起動音も静かです。

上記は、シャットダウンの動画です。シャットダウンもとても速いですよね。音も静かです。電源ボタンも側面についていて、オンオフがしやすいです。一時的に作業を中断したいときでも、シャットダウンせずに、オフにすることが可能。タブレット端末やスマホと同じような感覚で使えます。

上記はネット閲覧した動画です。もたつくこともなく、サクサクとページ移動ができます。性能に関しては、かなり快適です。オフィス系ソフトやネット閲覧、YouTubeでの動画閲覧、電子書籍を使うといった用途では、ストレスは感じにくいと思います。

2020年10月に発売されたSurface Pro Xの新モデルは、プロセッサ(CPU)が、Microsoft SQ 1からMicrosoft SQ 2へ変更となりました。これにより、前モデルより、約5%程度、パフォーマンスが向上しています。

なお、動画編集やデザイン系ソフトをバリバリ使う用途には向いていないです。NVIDIA GeForceなどの性能のいいグラフィックスカード搭載パソコンの方がおすすめです。ただ、簡単なYouTube動画やプレゼン用の動画、写真編集するぐらいの用途であれば使えると思います。

上記は、Surface Pro Xで音楽を再生した動画です。雑味がなく、音質はとてもクリアで聞きやすいです。よほど音にこだわりがなければ、別途スピーカーはなくてもいいです。

3.キーボード・ペン・マウス

Surface Pro X Signature キーボード
別売りの「スリム ペン付き Surface Pro X Signature キーボードicon」は、キーボードとSurface スリム ペンがセットになっています。ペンを使わないときは、キーボードに収納できます。


キーボードは、一般的なノートパソコンといった感じです。深すぎず浅すぎずちょうどいい打ち心地。トラックパッドも付いているので、マウスなしでも操作可能です。

Microsoft Modern Mobile MouseとMicrosoft Bluetooth Ergonomic Mouse
マウスを使うなら、Bluetooth接続できるマウスを検討しましょう。Surface Pro Xとデザインを統一させたいなら「Microsoft Modern Mobile Mouseicon」や「Microsoft Bluetooth Ergonomic Mouseicon」がおすすめ。Surface特有の淡いカラーで、おしゃれです。

「Microsoft Modern Mobile Mouse」(写真下)は軽量&薄型の持ち運びしやすいワイヤレスマウス、「Microsoft Bluetooth Ergonomic Mouse」(写真上)は人間工学に基づいた快適に使えるワイヤレスマウスです。どちらも、Surface Pro XとBluetooth接続でき、コード不要で使えます。

Surface Pro Xは、タッチパネル対応です。指やSurface スリム ペンで操作可能。上記は、Surface スリム ペンでイラストを描いた動画です。

ペンとディスプレイが接触する感覚がちょうどよく、イラストも文字も、とても書きやすいです。悪いディスプレイは、滑って書きにくいこともあるのですが、Surface Pro Xとペンは、ノートにメモするようにしっかりした書き心地です。

Surface Pro X
ペンやタッチパネルを使うときは、脚の角度を低くすれば操作しやすいです。

4.端子

Surface Pro Xと端子
外部端子は以下のような構成です。

USB USB-C x 2
SIM nano SIM × 1
HDMI なし
LAN なし
SDカード なし
光学ドライブ なし
その他 Surface Connect ポート × 1、Surface キーボードポート、Surface Dial のオフ スクリーン操作に対応

Surface Pro Xと端子
USB-Cが2つ付いているのはありがたいです。ただし、USB-Aは付いていません。

USB-Aで、マウスや外付けHDD、USBメモリ、外付けDVDドライブなど、外部機器も接続したいなら、Amazonなどで販売されているUSB-CをUSB-Aに変換するアダプタやUSB-Cで接続できるUSBハブの購入を検討しましょう。

Webカメラ
フロントには、Webカメラも付いています。Web会議でも問題ない画質です。

5.通信・LTE

WiFi
通信はBluetooth 5.0、Wi-Fi 5に対応しています。イヤホン、スピーカーなどBluetooth機器の接続やワイヤレスでのインターネットが可能です。

LTE通信対応
また、Surface Pro Xのメリットが、LTE通信対応であること。本体の裏にあるカバーをピンで開ければ、SIMカードを挿せます(ピンは付属しています)。

▽LTE通信の対応環境
最大ギガビットの LTE Advanced Pro3、nanoSIM および eSIM をサポート。サポートされる LTE バンド:1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 14, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 30, 38, 39, 40, 41, 46, 66

WiFiやインターネット環境がない場所でも、SIMカードで通信が可能。格安SIMを使えば、WiFiルーターを契約するより、通信費が安くなります。ちょっと使いたい場合でも、月額料金が安いデータ容量1GBや3GBのSIMカードを持っておけば、安心ですよね。

6.バッテリー・充電

アダプター
充電は、アダプターが付属しています。アダプターも小型で持ち運びしやすいです。本体に沿うように取り付けでき、突起が出ないのも魅力です。

駆動時間は、最長15時間(メーカー記載)。外出先での使用も十分に使用できる時間です。

7.価格

今回紹介したSurface Pro Xの価格は以下。

Surface Pro X 本体:241,780円
(仕様:Microsoft SQ 2 Adreno 690 GPU、メモリ16GB、512GB SSD)
スリム ペン付き Surface Pro X Signature キーボード:32,560円
Microsoft Modern Mobile Mouse:4,180円
Microsoft Bluetooth Ergonomic Mouse:6,105円
※価格は税込みです
※購入するお店によって前後します

キーボード&ペン、マウスは任意での購入になります。必要なければ本体のみ購入しましょう。

ただ、キーボードはあった方が絶対に便利です。使わないときや持ち運ぶ際のカバーにもなります。本体とスリムペン付きキーボードを合計すると274,340円です。

スペックに関しては、オフィス系ソフトでの資料作成やネット閲覧、動画視聴といった用途では十分です。Surfaceの薄型コンパクトなデザインや軽量設計、LTE通信、使い勝手を考えるとお買い得。仕事用のメインPCとして、活躍します。

なお、Surfaceは、家電量販店でも大幅に値引きされることは少ないです。Microsoftの公式サイトなら、キャンペーンを開催していることもあり、何より公式の安心感があります。購入は、公式通販がおすすめです。

スポンサードリンク

まとめ

Surface Pro Xは以下のようなメリットがあります。

・13インチの薄型軽量で持ち運びしやすい
・タブレットとしてもノートパソコンとしても使えビジネスで活躍
・LTE通信が可能

LTE通信可能で、SIMカードが利用できます。外出先でちょっと使いたいときや急な仕事でも、通信環境を整えやすいのはメリットです。ビジネス用途なら、スペックも申し分なく、使い勝手のいい1台。とても軽く、持ち運びの負担も減らせますよ。

パソコンをお得に購入!当サイト限定クーポン

以下ショップより、パソコンを割引で購入できるクーポンを発行していただきました。

通常価格よりも割引になるので、安くパソコンを購入できます。クーポンの使い方は、各クーポン詳細ページをご覧ください。

富士通直販 WEB MART 富士通の各種対象パソコン最大27%割引になる当サイト限定クーポン配布中 クーポン詳細
HP Directplus HPのパソコンが個人向け7%割引、法人向け4%割引になる当サイト限定クーポン配布中 クーポン詳細
Dynabook特別販売 当サイト掲載の特別販売ページからの購入で、dynabookがDynabook Direct会員価格から最大5,500円(税込)OFF、キーボードカバーやワイヤレスマウスがもれなくもらえるプレゼントあり。
※左のリンクより下記IDとPWを入力するとアクセスできます。
ID:dyna204cls
PW:T8Y7GRSV
キャンペーン詳細
NECいい買い物の日セール NECのパソコンが10%~25%の割引になるクーポンコードが配布されています。2020年11月12日(木)15時まで。 クーポン詳細
Microsoft Store 限定お買い得商品 各種Surface本体とタイプカバー、Surface ペン、アクセサリなどがまとめ買いで割引。送料無料、60日間返品無料。 キャンペーン詳細

セキュリティソフトもクーポンやキャンペーンで安く購入できます。

マカフィー リブセーフ マカフィリブセーフの3年版、1年版が特別割引になる当サイト限定クーポン配布中 クーポン詳細
ウイルスバスター クラウド ウイルスバスタークラウド ダウンロード3年版を2カ月延長で購入できる キャンペーン詳細
公開日:2020年10月15日
目次