お得情報研究家「まめ」がパソコン情報をお届け

dynabook XZ/HW実機レビュー|13.3型ノートパソコン

パソコンやセキュリティソフトがお得!当サイト限定クーポンやキャンペーン!→パソコンクーポン特集
更新 ※一部に広告表示

dynabook XZ HW
dynabook XZ/HWは、Windows 11を搭載した13.3型のノートパソコンです。2023年11月発売。

約901g~の軽量ボディで、持ち運び用のノートパソコンにおすすめ。自分でバッテリー交換をするこも可能で、長い期間パフォーマンスを維持できます。

今回は、dynabook XZ/HWの実機をレビューします。

スポンサードリンク

dynabook XZ/HWレビュー

dynabook XZ/HWは、以下のような特徴があります。

dynabook XZ/HWの特徴
Windows 11搭載の13.3型ノートパソコン
軽さ約901g~、薄さ約17.7mmの薄型軽量ボディ
自分でバッテリー交換が可能
お急ぎ30分チャージ対応
バッテリー寿命を長持ちさせるAutoモード搭載
第13世代 インテル Core プロセッサーシリーズ搭載
CPUのパワーを引き出すエンパワーテクノロジー
WebカメラやAIノイズキャンセラーなどテレワークに最適な機能
Windows Hello対応、指紋センサー搭載

次項から、詳しくレビューします。

デザイン・ディスプレイ

dynabook XZ HWのカラー
dynabook XZ/HWのカラーは、ダークテックブルーです。

dynabook XZ HWのデザイン
深みのある濃いブルーがおしゃれ。自宅のリビングやカフェ、オフィスでスタイリッシュに使えます。

重さ
本体の重さは、約901g~(構成によって異なる)。驚くほど軽いです。薄型軽量で、持ち運び用のノートパソコンとして最適です。

dynabook XZ HWと13.3型のノートパソコンを比較
本体サイズは、約298.8mm(幅)×約17.7~18.7mm(高さ)×約212.0mm(奥行)。上記は、一昔前の13.3型のノートパソコンと比較したサイズ感です。

ベゼルの幅
dynabook XZ/HWは、ベゼルの幅が狭く、本体サイズはコンパクトにまとまっています。狭いデスクにも設置しやすいです。新幹線や飛行機のテーブルでも作業がしやすくなっています。

dynabook XZ HWの液晶
液晶は、13.3型WUXGA高輝度・高色純度・広視野角(非光沢)です。 ※液晶ディスプレイは、液晶パネルの特性や製造工程により、各製品で色合いが異なる場合があります。

一般的なノートパソコンのディスプレイは、16:9の比率です。しかし、dynabook XZ/HWは、縦の情報量が多い、16:10を採用。エクセルやワードといったオフィス系ソフトやネット閲覧など、縦に長い資料を閲覧する際に、一覧で見やすくなります。

また、ノングレア液晶(非光沢)は、映り込みが少なく、画面が見やすいメリットがあります。自分の体や太陽光、蛍光灯の反射などの映り込みを抑え、集中しやすい環境で作業ができます。また、目が疲れにくいのもノングレアのメリット。

dynabook XZ HWの側面
薄型で横から見てもスタイリッシュです。

ディスプレイを180度開く
ディスプレイは、180度まで開きます。向かいの相手にも画面を共有しやすいです。なお、タッチパネルは搭載されていません。

キーボード

dynabook XZ HWのキーボード
キーボードは、日本語配列のバックライトキーボードです。テンキーは付いていません。

キーストローク
キーストローク(キーが沈み込む深さ)は、1.5mmです。薄めながら、打刻感があり、テキスト打ちや資料作成はしやすいです。

スペック

今回は、Windows 11 Home 64ビット、インテル Core i7-1360P プロセッサー(12コア/ 16スレッド)、メモリ16GB、インテル Iris Xe グラフィックス(CPUに内蔵)、SSD 512GBのスペックで検証しました。

上記は、起動からネット接続したときの動画です。起動が速く、すぐに仕事や作業に取り掛かれます。起動音も静か。

CrystalDiskMarkによるdynabook XZ HWのSSDベンチマーク
ベンチマークソフトのCrystalDiskMarkによるSSDベンチマーク(SSDの性能を計測)結果です。PCIe接続は、高速なデータ転送が可能な規格で、最近のノートパソコンでは一般的です。

左が読み込み速度(6728.76MB/s)、右が書き込み速度(4200.91MB/s)です。1秒あたり何MBを読み込み、書き込みできるかの数値を計測しています。3000MB/sを超えていることから、ノートパソコンとしては、かなり高速な結果であるといえます。

構成や性能にもよりますが、HDDは150MB/s前後、SSD(PCIe対応)対応のノートパソコンで2500MB/s前後、高性能なゲーミングPCなら3500MB/s前後ぐらいです。

上記は、シャットダウンの動画です。シャットダウンもとても速いですよね。音も静かです。

上記は、ネット閲覧した動画です。反応速度もよく、サクサクとページ遷移できました。資料作成やネット閲覧、動画視聴、オンライン学習などの事務用途であれば、問題ないスペックです。

Cinebench Release 20によるdynabook XZ HWのCPUベンチマーク
CPUは、インテル Core i7-1360P プロセッサー(12コア/ 16スレッド)、グラフィックスには、インテル Iris Xe グラフィックス(CPUに内蔵)が搭載されています。CPUベンチマークソフト「Cinebench Release 20」での計測結果です。

マルチコアテスト:3005pst
シングルコアテスト:338pst

スペック的には、オフィス系ソフトでの事務作業やネット閲覧、動画閲覧、Web会議、オンライン学習などに問題ないスペックです。

また、dynabook XZ/HWには、dynabook独自の技術「エンパワーテクノロジー」が活用されています。エンパワーテクノロジーとは、熱を効果的に排出することで、ノートパソコンのパフォーマンスを落とさないようにする技術です。

熱がこもりやすいノートパソコンは、熱を効果的に排出しなければ、性能を引き出せません。第13世代 インテル Core プロセッサーのハイパワーを最大限に引き出すため、エンパワーテクノロジーは、理にかなったdynabookの技術といえます。

スペック的には、負荷がかからない動画編集やゲームもできます。ただし、高性能なスペックを要するゲームや動画編集をするには、NVIDIA GeForceなどのグラフィックスカードを搭載したパソコンの方がおすすめです。

端子・通信・充電

dynabook XZ HWの外部端子
dynabook XZ/HWの外部端子は以下のような構成です。

USB USB3.2(Gen1)Type-Aコネクタ×1、USB3.2(Gen1)Type-Aコネクタ×1、Thunderbolt 4(USB4 Type-C)コネクタ(電源コネクタ)×1、Thunderbolt 4(USB4 Type-C)コネクタ(電源コネクタ)×2
HDMI HDMI出力端子×1
SDカード microSDカードスロット×1
有線LAN LANコネクタ×1
その他 マイク入力/ヘッドホン出力端子×1、セキュリティロック・スロット

dynabook XZ HWの外部端子
USB Type-AとType-Cを搭載していて、十分な外部端子を兼ね備えています。スマホ充電やマウス、USBメモリ、外付けHDD、外付けDVDドライブなどの周辺機器も接続しやすいです。

通信はBluetooth(Ver5.1)、Wi-Fi 6Eに対応しています。イヤホン、スピーカーなどBluetooth機器の接続やワイヤレスでのインターネットが可能です。

自分でバッテリー交換が可能

dynabook XZ HWのアダプター
充電は、アダプターが付属しています。コンパクトで邪魔になりません。バッテリー駆動時間は、約26.5時間(メーカー記載)。一日たっぷりと使えます。

充電がないときは、お急ぎ30分チャージにより、30分の充電で、バッテリー駆動時間の約40%まで充電することもできます。※バッテリーの経年劣化によって変化します

また、パソコンの使用状況により、バッテリー充電モードを「100%充電モード」または「80%充電モード」に自動的に切り替える「Autoモード」が搭載されています。

ACアダプターをコンセントに接続したままの使用を継続した場合、バッテリー充電モードを自動的に「80%充電モード」に切り替えることで、バッテリー寿命を長持ちさせます。

dynabook XZ HWのバッテリー交換箇所
また、dynabook XZ/HWは、自分でバッテリー交換が可能です。一般的なノートパソコンは、バッテリー交換が難しく、メーカーや専門会社に依頼することでしか、バッテリー交換ができません。

dynabook XZ HWのバッテリーの交換方法
dynabook XZ/HWは、セルフ交換バッテリーを採用し、裏面のカバーを外し、自分でバッテリーを着脱できます。そのため、修理に出す手間や時間を省けるのがメリットです。

長期間使うことで消耗したバッテリーは、経年劣化により「CPUのパフォーマンスが下がる」「頻繁に充電作業が必要」「駆動時間が短くなる」といったデメリットがあります。

新しいバッテリーに交換することで、購入当時のバッテリー環境がよみがえり、高いパフォーマンスでより長く使えます。

テレワークに快適な機能(カメラ・音)

dynabook XZ HWのWebカメラ
dynabook XZ/HWは、テレワークにが快適に行える機能が充実しています。

有効画素数 約92万画素のWebカメラを搭載。ZOOMなどのWeb会議でも問題ない画質です。

カメラのレンズを物理的に隠せるプライバシーシャッターも付いています。

スイッチを切り替えるとカメラのシャッターが閉じます。Webカメラをハッキングされると、遠隔操作で盗撮されたり、映像が流出したりといった被害にあうケースもあります。物理的にシャッターを閉じれる機能は、セキュリティ対策にも有効です。

自宅でのZOOM会議中に、急に子供が映り込んでも、すぐに隠せます。

上記は、dynabook XZ/HWで音楽を再生した動画です。すっきりと聴き取りやすいサウンドです。

Microsoft TeamsやZoomを使用して、音声で会話する場合は、AIノイズキャンセラーが役立ちます。AIノイズキャンセラーとは、サイレンや自動車音といった周囲の環境ノイズやタイピング音をAIが識別し、環境ノイズ成分を除去してくれる機能です。

相手に自分の声をクリアに届けるだけでなく、相手の声も聞き取りやすくなります。AIノイズキャンセラー対応アプリのみに機能します。

▽AIノイズキャンセラー対応アプリ
・Microsoft Teams
・Skype
・Skype for Business
・Microsoft Edge
・Zoom
・LINE
・LINE WORKS
・Messenger
・WhatsApp
・WeChat
・QQ
・Slack
・Cisco Webex
・Cisco Webex Meetings

また、ワンタッチマイクミュートでは、キーボードの「Fnキー + Aキー」を同時に押すと、マイクをミュートできます。

Web会議中に話しかけられたり、咳をしそうになったときに便利です。

PCの起動とWindowsへのサインインが同時にできるWindows Hello対応 指紋センサーも搭載し、セキュリティを高められます。

スポンサードリンク

価格と購入方法

dynabook XZ/HWは、大きく分けて、インテル Core i5とインテル Core i7のモデルがあります。

事務作業を中心に使うのであれば、価格の安いインテル Core i5でも十分です。動画編集や写真編集をする機会もあるのであれば、処理能力を上げるために、インテル Core i7がおすすめです。

dynabook XZ/HWの価格は約20万円~30万円前後です。

公式直販サイト「Dynabook Direct」なら、無料の会員登録での割引や送料無料でお得です。スペックやofficeのありなしも選べるので、予算に応じて買いやすいです。

特別販売
Dynabook特別販売:左記の特定サイト限定の特別販売ページよりDynabook Direct掲載価格(税込)よりお得な限定価格で購入できます。以下、IDとPWでログインできます
ID :dyna204cls
PW :T8Y7GRSV
アウトレット
Dynabook公式通販のアウトレットiconでは、旧商品や再調整品、梱包箱不良品のパソコンが格安で購入できます。

dynabookをお得に購入する方法は、以下ページも参考にしてみてください。

スポンサードリンク

まとめ:口コミ評価

dynabook XZ/HWは、薄型軽量の13.3型ノートパソコンです。

自分でバッテリーを交換できるノートパソコンは、他のメーカーでは少ないです。バッテリーを交換により、長期間パフォーマンスを維持できるのは、大きなメリットです。

約901g~と軽く、コンパクトで、持ち運び用のノートパソコンとしておすすめです。

dynabookの関連ページ

著者:まめ
Web制作会社に、12年間、勤務していた経歴があり、パソコンやセキュリティソフト、ガジェット、スマホのレビューが得意。クーポン、セール情報も配信。
まめのプロフィール
X(Twitter):まめ|ビリオンログ(パソコン用)
YouTube:ビリオンログ公式チャンネル

おすすめのノートパソコン

おすすめのノートパソコンは、以下ページも参考にしてみてください。低価格で安い、ビジネス用、Office付き、動画編集向きなどをまとめています。

パソコンをお得に購入!当サイト限定クーポン

割引クーポン&セール情報

以下ショップより、パソコンを割引で購入できるクーポンを発行していただきました。

通常価格よりも割引になるので、安くパソコンを購入できます。クーポンの使い方は、各クーポン詳細ページをご覧ください。

富士通直販 WEB MART 富士通の各種対象パソコンが割引になる当サイト限定クーポン配布中 クーポン詳細
HP Directplus HPのパソコンが個人向け7%割引、法人向け4%割引になる当サイト限定クーポン配布中【提供:株式会社日本HP】 クーポン詳細
Dynabook特別販売 当サイト掲載の特別販売ページからの購入で、dynabookがDynabook Direct掲載価格(税込)よりお得な限定価格で購入できます。
※左のリンクより下記IDとPWを入力するとアクセスできます。
ID:dyna204cls
PW:T8Y7GRSV
キャンペーン詳細
VAIOストア スプリングキャンペーン2024 VAIO SX12、VAIO SX14、VAIO F14、VAIO F16、VAIO S15などの対象のVAIO PC カスタマイズモデルが特別価格で購入できます(2024年5月30日(木)9:59まで)。新規会員登録すると25万円以上の対象パソコンで使える25,000円OFFクーポンiconとの併用可能です(2024年5月31日(金)まで) キャンペーン詳細
NECパソコンクーポン NECのパソコンが20%前後の割引になるクーポンコードが配布されています。 クーポン詳細
レノボセール レノボ公式通販のセールでは、レノボの対象のパソコンがお得な割引価格で購入できます。人気製品やノートパソコン、デスクトップ、ゲーミングPCなどセール品も豊富です。 クーポン詳細
Microsoft Store 限定お買い得商品 各種Surface本体とタイプカバーなどがまとめ買いで割引になるセールが開催中です。送料無料、60日間返品無料。 キャンペーン詳細
オンラインストア限定キャンペーン! ASUSのノートパソコンやデスクトップパソコンお得に購入できます。 セール詳細
Web限定お得な割引クーポン マウスコンピューターの人気モデルが割引になる限定クーポンが配布されています。 セール詳細

セキュリティソフトもクーポンやキャンペーンで安く購入できます。

ウイルスバスター クラウド トレンドマイクロ公式オンラインショップより、期間限定のクーポンを発行していただきました。商品購入の際に、クーポンコード「AFF500」入力すると500円OFFになります。※2024年6月20日(木)17時まで ※このクーポンは当サイト経由でトレンドマイクロ公式オンラインストアを訪問した人限定です キャンペーン詳細
ウイルスバスター クラウド トレンドマイクロ公式オンラインショップでは、ウイルスバスタークラウド ダウンロード3年版が3か月延長で購入できるキャンペーンが開催中です。※2024年6月20日(木)17時まで キャンペーン詳細
ノートン ノートンならパソコンやスマホの2台で使える1年2台版が4,980円(税込)でコスパがいい キャンペーン詳細
マカフィー リブセーフ マカフィリブセーフの3年版、1年版が特別割引になる当サイト限定クーポン配布中 クーポン詳細
おすすめのキャンペーンの情報icon ソースネクスト公式通販では、スーパーセキュリティZEROや各種PCソフトが割引になるキャンペーンが開催されていることがあります。 キャンペーン詳細

内容は変更になる可能性もございます。利用の際は公式サイトの確認をお願いします。


目次