billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

USJの駐車場を安く利用する3つの裏技!駐車料金が一日500円以下!

スポンサードリンク

USJ
「USJに車で行きたいけど駐車料金が高すぎる!」

小さい子供と一緒なら、電車よりも車の方が楽ですよね。

しかし、USJの駐車場は、高い日は一日で3,000円もします。チケット料金も高いし、家族で行くなら痛い出費になります。

そこで、USJの駐車料金を安くする方法を徹底的に調べました。結論からいうと、以下の方法なら最安500円以下も可能です。

・akippa (あきっぱ)を利用する
・近くの民間の駐車場を利用する
・USJ年間パスの割引を利用する

民間の駐車場になるとUSJの入場口まで離れてしまうデメリットもあるのですが、徒歩15分ぐらいであれば、許容範囲だと思います。駐車料金を節約して、パーク内でおいしいものを食べたほうが、メリットも倍増します。

このページでは、USJの駐車場を格安で利用する方法のそれぞれのメリットやデメリット、それに注意したいことを紹介します。

※価格は変動になる可能性があるため、最新情報はそれぞれの公式サイトをご覧ください。

スポンサードリンク

USJの駐車場の基本料金

まずは、USJに行くならもっとも利便性の高い、公式駐車場の料金をみておきます。

平日:2,500円~3,000円
土日祝、繁忙時期:3,000円~3,500円

USJの駐車場は、日によって料金が異なります。土日祝、そしてゴールデンウイーク、夏休み、春休み、年末年始などは、最も駐車料金が高くなります。

料金カレンダーは、USJ公式サイトをご覧ください。

平日に狙っていければいいのですが、仕事の都合でなかなか難しい方も多いでしょう。

しかし、土日祝や繁忙期でも、駐車料金を安くする方法があります。次項からは、この基本料金を基準にして、どれくらい駐車料金が、安くなるのかをみていきましょう。

駐車料金を安くする3つの裏技!

USJ

akippa (あきっぱ)を利用する|最安!一日500円以下!

akippa (あきっぱ)とは、月極駐車場の空いている区画や、個人所有の駐車場を誰でも利用できるように、提供してくれるサービスです。

テーマパークや野球場、イベント会場、繁華街など、駐車場が割高な地域でもタイムズなどより安く利用できるとあって、評判が高いです。

USJの周辺にも、akippaが提供している駐車場があります。安い駐車場だと15分33円、一日最大432円の駐車場があります。

とてつもなく安いです。駐車場の場所や最新の料金は、akippa公式サイトUSJ周辺駐車場をご覧ください。

USJから離れてはいるものの徒歩15分圏内です。ただし、何百台もとめられるわけではなく、台数に限りがあります。また、タイムズのようなパーキングではないので、整備されていない駐車場もあります。写真をみて許容範囲なら「安い」という観点では最強です。

akippaの公式サイトから予約できるので、行く予定があれば、早めに予約しておきましょう。

メリット

・とにかく安い
・事前にWeb予約できる

デメリット

・USJから離れている場合もあり
・台数が少ない
・管理体制は要確認

近くの民間の駐車場を利用する|少しでも駐車料金を節約できる

USJ周辺には、タイムズなどの民間運営している駐車場もあります。

ここでは、おすすめの駐車場をいくつか紹介します。

その1:ユニバーサルシティウォーク駐車場

ユニバーサルシティウォークは、駅からUSJに向かう途中にある商業施設です。

ここには、24時間利用できる専用の駐車場があり、30分210円でとめられます。7時間とめると2,940円。7時間以内の利用ならUSJの3,000円より安くなるのでおすすめです。

デメリットは、最大料金がないこと(以前はあったのですがなくなりました)。朝から夜までがっつり遊ぶなら、割高になります。

最新情報や場所など詳しくは、ユニバーサルシティウォーク公式サイトをご覧ください。

【その2:タイムズ駐車場】

USJの周辺には、タイムズの駐車場が複数あります。

メリットは、最大料金が設定されているところ。平日なら最大800円、土日祝なら1,700円程度でとめられます(駐車場により異なる)。

ユニバーサルシティ駅周辺にはないのですが、1駅離れた安治川口駅、桜島駅に5つ以上の駐車場があります。

夏の暑い日や雨の日は、しんどいかもしれませんが、歩けない距離ではないです。1駅くらいなら、電車やタクシーを利用してもUSJの駐車料金よりも安くおさえることはできます。

最新情報や場所など詳しくは、タイムズ公式サイトUSJ周辺駐車場をご覧ください。

【その3:桜島第4駐車場】

桜島駅近く、ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ、Zepp 大阪ベイサイドのところに桜島第4駐車場があります。

料金は、平日最大2,500円、土日祝最大3,000円(変更になる可能性もあります)。

USJ駐車場とほとんど料金は変わりません。しかし、日によっては500円ほど安くなります。7階建てなので、駐車できる台数は多いメリットもあります。ただ、USJまで距離があるので、民間の駐車場が空いていれば、そっちにとめたほうがお得です。

メリット

・USJ駐車場よりも安い

デメリット

・USJから徒歩15分ほど離れている
・USJ駐車場比較して台数が少ない

USJ年間パスの割引を利用する|年間パスを持っているなら1,000円割引

USJの年間パス
ユニバーサル年間パス、ユニバーサルVIP年間パスを持っている方なら、USJ駐車場が、1,000円割引になります。

ただし、以下のように年間パスの種類によって、適用日が異なります。

ユニバーサル年間パス:土日祝日と入場除外日以外割引
ユニバーサルVIP年間パス:毎日割引

大人の年間パスに限り、乗用車1台まで有効です(子どもの年間パスでは適用外)。

また、プリファード区画は、割引対象外です。プリファード区画とは、USJ駐車場内で、最もパークに近い位置にある駐車区画です。1日限定20台で、通常料金に加えて1,000円かかります。

年間パスを持っているなら、最も手っ取り早い割引方法です。民間の駐車場から歩くことを考えれば、許容範囲の料金ともいえます。平日に1,000円割引なら、1,500円でとめられる日もあるので。

ただし、USJの駐車場は広いです。パークから遠い位置にとめれば、民間の駐車場とあまり変わらない距離になることもあります。

メリット

・年間パス利用者なら安い
・駐車できる台数が多い

デメリット

・パークから遠い位置にとめると民間の駐車場と距離が変わらない

年間パスは、USJに3回以上行けば元を取れます。私も大阪に住んでいるので、家族分の年間パスを保有しています。

年間パスを安く購入する方法は、以下ページにまとめました。

スポンサードリンク

まとめ

最後に、USJの駐車場を安く利用する裏技をまとめます。

・akippa (あきっぱ)を利用する
・近くの民間の駐車場を利用する
・USJ年間パスの割引を利用する

最安はakippa です。500円以下でとめられるので、最強に安いです。駐車台数は、少ないですがakippa公式サイトから事前に予約できます。

少しでも安くしたい方は、タイムズなどの民間の駐車場を利用しましょう。約15分ほど歩きますが、USJ駐車場よりは安いです。ただ、皆考えることは同じで、日によっては、混雑するので注意してください。

年間パスを持っていればUSJ駐車場が、1,000円割引になります。割引方法としては、手っ取り早いです。

駐車場料金が節約できれば、次は、USJのチケット料金を安くしましょう。格安で買う方法を以下ページにまとめています。

公開日:2018年2月11日