ビリオンログ billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

2019年|オリックス戦のテレビ中継をとにかく安くたくさん見る方法

スポンサードリンク


2019年は、吉田選手の活躍に期待したいオリックス・バファローズ。

活躍の瞬間を生放送で見たいところですが、オリックスのテレビ中継は、地上波でほとんどなし。ニュース番組でみるしかありません。

しかし、CS・BSやネット中継であれば、どこでも全試合を見ることが可能です。

今回は、オリックス・バファローズのテレビ中継を安くとにかくたくさん見られる方法紹介します!

スポンサードリンク

オリックス戦が見られる放送局

オリックス・バファローズ公式サイトでは、各試合のテレビ中継される放送局が確認できます。

地上波

オリックスの主催試合を放映しているテレビ局はありません。関西には、サンテレビがありますが阪神が中心なんですよね。

他球団の主催では、NHK総合、千葉テレビ、東日本放送、ミヤギテレビ、テレビ埼玉、テレビ西日本、RKB、北海道テレビ放送など、他チームをひいきしているテレビ局での放映があります。

全国のどこにいても、みられる地上波がないのは残念です。

CS・BS

スカパー!や衛星放送、ケーブルテレビといった有料のチャンネルです。

有料というのがネックですが、とにかくたくさんの試合を見たいのであればBS、CSにかなうものはありません。

オリックス戦は、主にJ SPORTSで、主催試合を放送しています。

他には、GAORA SPORTS、フジテレビTWO、日テレNEWS24、TBSチャンネル、FOXスポーツ&エンターテイメントなどで、他球団主催のチャンネルで視聴できます。

ネット中継

ネット中継なら、スマホやタブレットのようなモバイル端末で視聴できます。

DAZN(ダゾーン)

プロ野球は、下記10球団が主催するオープン戦、公式戦をスマホ、タブレット、テレビで視聴できます。

阪神タイガース、読売ジャイアンツ、中日ドラゴンズ、横浜DeNAベイスターズ、福岡ソフトバンクホークス、北海道日本ハムファイターズ、千葉ロッテマリーンズ、埼玉西武ライオンズ、オリックス・バファローズ、東北楽天ゴールデンイーグルス

※一部オープン戦は対象外。

スポナビライブのサービスが終了し、プロ野球中継がDAZNに移りました。DAZNでは、広島、ヤクルトの主催試合以外のプロ野球中継を視聴できます(対戦相手が広島、ヤクルトなら視聴できます)。

通常は月額1,750円ですが、ドコモ回線を利用しているならDAZN for docomoからの申し込みで月額980円で利用できます。

現在、最大1ヶ月無料で視聴できるキャンペーンが開催中です。

1か月のお試し期間中であれば、解約しても料金はかかりませんので、試してみたい方も安心して申し込めます。

スポンサードリンク

パ・リーグの中継が格安!「パ・リーグLIVE」

パ・リーグLIVEは、Yahoo!プレミアム会員が視聴できる動画配信サービスです。

月額462円(税抜)という格安価格でパ・リーグ6球団の主催試合が、ライブ中継で楽しめます。

また、Yahoo!プレミアム会員としてYahoo!ショッピングやロハコといったYahoo!のサービスがお得に使えるのも魅力です。

なお、ソフトバンク、ワイモバイル会員は、Yahoo!プレミアムが無料で使える特典があります。

楽天ポイントが貯まる!「Rakuten パ・リーグSpecial」


Rakuten パ・リーグSpecialは、楽天が手がける動画配信サービスです。

パ・リーグ主催試合をライブ中継で、見放題で楽しめます。スマホ、タブレット、パソコン、テレビで視聴できます。

また、見逃し配信(録画再生)もされるので、ライブ中に巻き戻して、見逃したシーンをみることもできます。

【2018年2月13日で新規申し込みを終了しました】スポナビライブ

スポナビライブは、ソフトバンクが運営していたネット動画視聴サービス。

しかし、サービスがDAZNに移り、2018年2月13日より新規申し込みが終了。2018年5月31日には、完全にサービスが終了します。

パ・リーグTV

パ・リーグTVは、月額1,450円で、パ・リーグ主催全試合が視聴できる動画配信サービスです。

パ・リーグの公式戦、オープン戦、二軍公式戦(一部球団)をスマホ、タブレット、テレビで視聴できます。パ・リーグだけでいいというのであれば、選択肢に入るでしょう。

ただし、DAZNのようにサッカーやメジャーリーグといった他のスポーツ中継は見られません。パ・リーグの中継だけに特化したサービスです。

ガラケーなら月額500円でパ・リーグ主催全試合が見られる「プロ野球24」というサービスもあります。

全球団の全試合をゲームセットまで見る!スカパー!プロ野球セット


プロ野球全球団の試合をみるのに、一番手っ取り早いのは「スカパー!プロ野球セット」です。スカパー!がプロ野球をやっているスポーツチャンネルを集めたセットです。

オリックス戦だけでなく全球団全試合が、プレイボールからゲームセットまで見られます。まさにプロ野球中継の最強セット。月額3,980円かかりますが、全試合あますことなく見られるわけですから、その価値は大きいでしょう。

公式戦(交流戦)だけでなく、クライマックスシリーズ、オールスター、日本シリーズも視聴できます(過去実績。今年のスケジュールは未定)。契約方法については、以下ページにまとめています。

スカパー!は申し込み月の視聴料0円です。

最も安くほとんどのオリックス戦を見る方法

できるだけ安く多くの試合を見るならDAZNがおすすめです。

広島、ヤクルトの主催試合を除く、10球団の主催試合が、スマホやタブレット、テレビで視聴できます

料金はドコモ以外の人でも、月額1,750円なので、スカパー!プロ野球セットより圧倒的に安いです。

パ・リーグだけでよければ、パ・リーグLIVEという選択肢もあります。

CS放送では、予算が許すのであれば、スカパー!プロ野球セットが最強です。しかし、「料金が高すぎる!」ということであれば、スカパー!で用意されているお得なパックもあります。

その一つが、スポーツセレクション。月額2,916円でJ SPORTS(オリックス、楽天)とGAORA SPORTS(阪神、日本ハム)、スカイA(阪神)が見られます。スカパー!プロ野球セットは、月額3,980円ですから約1,000円安いですね。ただし、3チャンネルに絞られるので、ボリュームは少なくなります。

なお、月額1,980円で好きな5チャンネルを選んで見られる「セレクト5」は、J SPORTSを含めることができません。

まとめ

見られる試合数の多さは、地上波(他球団主催の地方テレビ局)→スカパー!(スポーツセレクション、セレクト5)→パ・リーグLIVE→DAZN→スカパー!プロ野球セットの順です。見られる試合数が多くなればその分、料金も高くなります。

CS放送は、スカパー!プロ野球セットが最強です。それ以外は、中途半端なパックしかないので、できるだけ多くのオリックス戦を安く見るなら、DAZNのコスパが最も優れています。

こんな記事もオススメです!

公開日:2018年3月2日