ビリオンログ billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

2019年|プロ野球各球団の中継が見られる放送局・Webサービスまとめ

スポンサードリンク


プロ野球シーズンがやってきました!今年も数々の名勝負、名プレーが見られると思うとわくわくしますね。

野球観戦といえばテレビ中継ですが、一昔前と違って、視聴方法の選択肢が増えました。BS・CSのようにゲームセットまで見られる放送局からパソコンやスマホで見られる無料のWebサービスまで、視聴できる環境が豊富にあります。

今回は、球団別に視聴できる放送局やWebサービスをまとめました。1試合でも多く野球観戦を楽しんでみてください!

スポンサードリンク

球団別 放送局・Webサービスまとめ

ここからは、球団別に野球を視聴できる放送局・Webサービス紹介します。

ただし、地デジ(民放、ローカル放送局)で見られる放送局は、その地域に依存するためはぶきました。例えば、北海道に住んでいる人は、阪神戦を多く中継するサンテレビは見られません。

基本的に地デジの場合は、関西なら阪神戦、名古屋なら中日戦といった具合に地元球団の中継は多くやっています。旅行や引っ越しすることになればチェックしてみましょう。

今回は、全国の誰でも視聴できるものに限定しています(CS放送やWebは一部の場所では電波が入らずに見られないこともあるかもです)。

読売ジャイアンツ

【CS】日テレジータス・・・主催全試合
【WEB】DAZN・・・主催試合
【WEB】Hulu・・・主催試合
【WEB】ジャイアンツLIVEストリーム・・・公式戦約100試合

阪神タイガース

【CS】スカイ・A sports+・・・主催試合
【CS】GAORA・・・主催試合
【WEB】DAZN・・・主催試合
【WEB】虎テレ・・・主催全試合

広島東洋カープ

【CS】J SPORTS 1、2、3・・・主催試合
【WEB】DAZN・・・ビジター試合
【WEB】カープライブ・・・主催試合(約20試合)
【アプリ】カーチカチ!・・・主催試合(約10試合)

中日ドラゴンズ

【CS】J SPORTS 1、2、3・・・主催試合
【WEB】DAZN・・・主催試合
【WEB】ドラゴンズ ライブTV・・・主催試合

横浜DeNAベイスターズ

【CS】TBSチャンネル2・・・主催全試合
【WEB】DAZN・・・主催試合
【WEB】Paravi・・・主催試合
【WEB】ニコニコプロ野球チャンネル・・・主催試合
【WEB】SHOWROOM・・・2017年10月31日でサービス終了しました

東京ヤクルトスワローズ

【CS】フジテレビONE・・・主催全試合
【WEB】FODプレミアム・・・主催全試合
【WEB】DAZN・・・ビジター試合

福岡ソフトバンクホークス

【CS】FOXスポーツ&エンターテイメント・・・主催全試合
【WEB】DAZN・・・主催試合
【WEB】パ・リーグLIVE・・・主催試合
【WEB】Rakuten パ・リーグSpecial・・・主催試合
【WEB】パ・リーグTV・・・主催試合

オリックス・バファローズ

【CS】J SPORTS 1、2、3・・・主催試合
【WEB】DAZN・・・主催試合
【WEB】パ・リーグLIVE・・・主催試合
【WEB】Rakuten パ・リーグSpecial・・・主催試合
【WEB】パ・リーグTV・・・主催試合

北海道日本ハムファイターズ

【CS】GAORA・・・主催全試合
【WEB】DAZN・・・主催試合
【WEB】パ・リーグLIVE・・・主催試合
【WEB】Rakuten パ・リーグSpecial・・・主催試合
【WEB】パ・リーグTV・・・主催試合

千葉ロッテマリーンズ

【CS】日テレNEWS24・・・主催全試合
【WEB】DAZN・・・主催試合
【WEB】パ・リーグLIVE・・・主催試合
【WEB】Rakuten パ・リーグSpecial・・・主催試合
【WEB】パ・リーグTV・・・主催試合

埼玉西武ライオンズ

【CS】フジテレビTWO・・・主催全試合
【WEB】DAZN・・・主催試合
【WEB】パ・リーグLIVE・・・主催試合
【WEB】Rakuten パ・リーグSpecial・・・主催試合
【WEB】パ・リーグTV・・・主催試合

東北楽天ゴールデンイーグルス

【CS】J SPORTS 1、2、3・・・主催試合
【WEB】DAZN・・・主催試合
【WEB】パ・リーグLIVE・・・主催試合
【WEB】Rakuten パ・リーグSpecial・・・主催試合
【WEB】AtEagles・・・主催全試合
【WEB】パ・リーグTV・・・主催試合

全球団の全試合を見る!「スカパー!プロ野球セット」


プロ野球がめっちゃ好きで、手っ取り早く全球団の試合を見たいのであればスカパー!プロ野球セットがおすすめ。月額3,980円で全球団の全試合がプレイボールからゲームセットまで見られる最強セットです。めちゃくちゃすごいですよね。一昔前は考えられなかったことです。

スカパー!は申し込み月の視聴料0円です。

スポンサードリンク

ネット中継ならDAZNが最強

DAZN(ダゾーン)は、スポーツ中継専門の動画視聴サービス。下記11球団が主催するオープン戦、公式戦をスマホ、タブレット、テレビで視聴できます。

阪神タイガース、読売ジャイアンツ、中日ドラゴンズ、横浜DeNAベイスターズ、福岡ソフトバンクホークス、北海道日本ハムファイターズ、千葉ロッテマリーンズ、埼玉西武ライオンズ、オリックス・バファローズ、東北楽天ゴールデンイーグルス

※一部オープン戦は対象外。

スポナビライブのサービスが終了し、プロ野球中継がDAZNに移りました。DAZNでは、広島、ヤクルトの主催試合以外のプロ野球中継を視聴できます(対戦相手が広島、ヤクルトなら視聴できます)。

通常は月額1,750円ですが、ドコモ回線を利用しているならDAZN for docomoからの申し込みで月額980円で利用できます。

現在、最大1ヶ月無料で視聴できるキャンペーンが開催中です。

1か月のお試し期間中であれば、解約しても料金はかかりませんので、試してみたい方も安心して申し込めます。

ヤクルトの主催試合なら「FODプレミアム」

FODプレミアムは、ヤクルトの主催試合をライブ配信&ハイライトで視聴できます。

料金は、月額888円とリーズナブル。DAZNでヤクルトの主催試合を視聴できないので、DAZNとFODプレミアムに登録すれば広島の主催試合以外は視聴できます。

ヤクルト戦だけでなく、フジテレビのドラマやバラエティも視聴できるので家族で楽しめるメリットもあります。

映画やアニメも視聴できる!「Hulu」


Huluは、1万本以上の映画やアニメ、ドラマが月額933円(税抜)で見放題の動画配信サービスです。そして2016年から読売巨人軍が主催する公式戦全72試合のライブ配信が開始されました。しかも、追加料金不要で見ることができます。つまり、巨人戦に加えて、映画やアニメも見ることができるんです。

子どもや家族を持つ家庭では、みんなが楽しめるので、契約するにしても理解を得やすいメリットがありますよね。「お父さん、野球ばっかり!」とはならないでしょう。

全試合ではないのと、巨人戦のライブ配信はパソコンでしか視聴できないというデメリットもありますが、映画やアニメに加えて、巨人の主催試合も視聴したいならHuluがおすすめです。

パ・リーグの中継が格安!「パ・リーグLIVE」

パ・リーグLIVEは、Yahoo!プレミアム会員が視聴できる動画配信サービスです。

月額462円(税抜)という格安価格でパ・リーグ6球団の主催試合が、ライブ中継で楽しめます。

また、Yahoo!プレミアム会員としてYahoo!ショッピングやロハコといったYahoo!のサービスがお得に使えるのも魅力です。

なお、ソフトバンク、ワイモバイル会員は、Yahoo!プレミアムが無料で使える特典があります。

楽天ポイントが貯まる!「Rakuten パ・リーグSpecial」


Rakuten パ・リーグSpecialは、楽天が手がける動画配信サービスです。

パ・リーグ主催試合をライブ中継で、見放題で楽しめます。スマホ、タブレット、パソコン、テレビで視聴できます。

また、見逃し配信(録画再生)もされるので、ライブ中に巻き戻して、見逃したシーンをみることもできます。

パ・リーグならまかせろ!「パ・リーグTV」

パ・リーグだけでいいのならパ・リーグTVというものがあります。月額1,450円でパ・リーグ主催全試合を見られます。パリーグも注目の選手がたくさんいますからこれも面白いですね。

ガラケーなら月額500円でパ・リーグ主催全試合が見られる「プロ野球24」というサービスもあります。

好きなチャンネルだけチョイス!「スカパー!セレクト5」

スカパーで、好きなチャンネルを5つ選べるパックが「スカパー!セレクト5」です。月額1,980円。これなら好きな球団が放映されるCSチャンネルを中心に組み立てられます。全球団ではなく、ひいきの球団だけでいいよ!というならこれを駆使すればかなりの試合を見られますね。

例えば、阪神タイガースなら、スカイ・A sports+、GAORA、日テレジータス、TBSチャンネル2、フジテレビONE、J SPORTS 1か2で、セ・リーグの対戦相手との試合は概ね見られます。

とにかく安く!地デジ・BS・CS・Webサービスを駆使してたくさん見る!

上記3つはそれなりにお金がかかります。安くしたいのであれば地デジや無料のWebサービスを組み合わせると見られる試合数が増えます。

まとめ

全体的には、主催試合は一つの放送局で見られ、他球団の主催試合は、別の放送局で見ることになります。

プロ野球の全試合を見られる環境は整っています。是非、プロ野球をもっともっと楽しんでみてください!

公開日:2015年4月7日