ビリオンログ billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

ワイモバイルに乗り換えるとなぜお得?初心者にもわかりやすく解説

スポンサードリンク

乗り換えるとなぜお得?ワイモバイル メリットとデメリット
「ワイモバイルに乗り換えると携帯電話代が安くなった!」

私の周りでもこのような声をよく聞きます。また、ワイモバイルの店舗に行くと乗り換えを検討しているお客さんも多いです。

しかし「ワイモバイルって何?メリットがわからない」「ほんとうに安くなるの?」と不安に思う方もいらっしゃるでしょう。

簡単にまとめると、ワイモバイルの大きなメリットは以下の3つです。

・ソフトバンク回線を使っているからデータ通信が安定
・キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)より圧倒的に安い料金プラン
・10分かけ放題やYahoo!プレミアム無料などワイモバイルならではの特典

格安SIM(MVNO)よりデータ通信が安定していて、かつ月額料金が安い。キャリアと格安SIMのいいとこどりをした携帯電話サービスといえます。

このページでは、ワイモバイル(Y!mobile)が優れている理由を紹介します。ソフトバンクやドコモ、auなどのキャリアから、乗り換えを検討している方は、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

ワイモバイルは何ができるの?

ワイモバイルを契約すれば電話もネットもOK!
ワイモバイルとは、ソフトバンクが運営する通信回線です。「ソフトバンク携帯と何が違うの?」と思われるかもしれませんが、ソフトバンクのサブブランドと考えてください。

ワイモバイルを契約するとスマホで動画やアプリを楽しんだり、電話をしたりといったことができます。ソフトバンクやドコモで携帯電話を契約するとの同じことで、「ワイモバイル」が提供している携帯電話サービスを契約します。プランや料金体系が違うだけで、できることもほぼ同じです。

それでは、なぜワイモバイルに乗り換える人が増えているのか。それは、「月額料金が安い」「ソフトバンク回線を使った安定した通信」「1回10分以内の国内通話が無料」といったメリットがあるからです。

次項からは、ワイモバイルのメリットを詳しく紹介します。

ワイモバイルが優れている7つの理由

ワイモバイルが優れている7つの理由

(1)月額料金が安い

ソフトバンクは、50GBのデータ定額や国内通話料無料のスマ放題など、スマホを最大限に使えるサービスが特徴です。その分、月額料金が高いです。

一方、ワイモバイルは、月々2GBや6GBなど少ないデータ容量のプランが基本。そのため、月額料金が安いです。スマホをあまり使わない方や自宅や会社ではWiFi環境で通信する方は、お得にスマホを持つことができます。

ワイモバイル スマホプランM(月々約4,300円) ・月々6GB
・1回10分以内の国内通話は無料
・国内通話30秒につき20円
ソフトバンク スマ放題 + ウルトラギガモンスター(月々約10,000円) ・月々50GB
・24時間通話し放題

※上記は参考金額です。オプションやキャンペーン内容、機種代金によって料金が変動します。

ソフトバンクにも、5分以内の通話し放題「スマ放題ライト」や月5GBまでの「データ定額プラン」もありますが、ワイモバイルよりも料金は割高です。

上記の比較を極端した理由は「使い方」によって、どちらを選ぶか決定した方がいいからです。

外出先で、ゲームや動画をよく見る方はソフトバンクの方がお得な料金プランですし、外出先でSNSや地図をみる程度ならワイモバイルの方がお得な料金プランといえます。

しかし、「とにかくスマホの料金を安くしたい!」という方には、ワイモバイルがおすすめです。ワイモバイルの安い料金プランを契約し、自宅や外出先ではWiFi、通話はLINEを使うといった工夫をすれば、ワイモバイルで十分です。

通話に関しても、後ほど紹介しますが「スーパーだれとでも定額」というオプションをつければ、電話かけ放題も可能です。

ワイモバイルのプランについては、公式サイトをご覧ください。

ワイモバ学割を使えば、家族全員の料金を安くすることもできます。家族に使用者年齢5~18歳の学生がいる場合は、以下ページもご覧ください。

(2)ソフトバンク回線で安定したデータ通信が可能

MNOとMVNOの違い

MNO NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク ・自社回線
・通信速度が速い
MNO(ソフトバンク) + 自社MNO ワイモバイル ・ソフトバンクの回線をそのまま使っている
・ウィルコム、イーモバイルの回線も使っている
・通信速度が速い
MVNO 楽天モバイル、マイネオ、‪UQモバイルなど ・MNOの回線を間借りしている
・通信速度が不安定なこともある

簡単にまとめると「MNO」は自社回線、「MVNO」はドコモやソフトバンクの回線を間借りして運営しています。

一般的に、格安SIMや格安スマホと呼ばれるサービスは「MVNO」を指します。回線を間借りしているため、通信施設やサービス開発のコストがかからず、安い月額料金を実現できます。

ワイモバイルは、格安SIMや格安スマホとして紹介されることがあります。しかし、ワイモバイルは、ソフトバンクが手がけるサービスのため、ソフトバンク回線をそのまま使用しているMNOです。そのため、通信速度やつながりやすさは、ほぼソフトバンクと同じです。

また、ソフトバンクに吸収合併される以前のウィルコム、イーモバイルの回線も使用しています。


楽天モバイルやマイネオなど、月額料金が安いMVNOでは、ドコモやKDDIの回線を借りて運営しています。そのため、ドコモやauのキャリアよりも、通信速度が遅くなることがあります。利用者が多い、平日のお昼ごろなどは、動画やWebサイトの接続が遅くなることもあります。

しかし、ワイモバイルはソフトバンク回線をそのまま使っているので、通信速度が安定しています。

格安SIMに乗り換えて月額料金が安くなっても、通信速度が遅いと仕事でスマホを活用するビジネスマンはストレスがたまります。そのため、月額料金が安く、通信速度が安定しているワイモバイルに乗り換えている人が増えています。

実際にワイモバイルの店頭で、店員さんにつながりやすさについて聞くと「ソフトバンクと同じように使えると考えていいです」とのことでした。

速度について詳しく知りたい方は、以下ページもご覧ください。

(3)1回10分以内の国内通話が無料

短い電話を頻繁にかける方 スマホプランS・M・Lなら、1回10分以内の国内通話が無料 長電話をかける方 オプション:スーパーだれとでも定額 月額1,000円追加すると国内通話が24時間無料
ワイモバイルの「スマホプランS・M・L」を契約するとスマホで電話ができます。

MNP転入手続きを行えば、今使っている携帯電話番号そのままで、ワイモバイルに乗り換えることも可能。また、ワイモバイルから他社に乗り換える場合もMNP転出手続きを行えば、携帯電話番号をそのまま使えます。

そして、ワイモバイルのメリットは、1回10分以内の国内通話が無料になることです。追加料金は不要です。

他社のスマホや携帯電話、固定電話でもOKです。何度かけても無料です。

そのため、仕事で短い電話を頻繁にやりとりする方や家族間で連絡を取り合う方も、電話代を気にする心配がありません。10分以内なら、割と長く話せます。

10分を超えると30秒につき20円の通話料がかかります。長電話をせず、こまめに電話を切るようにすれば節約できます。

「時間を気にせず長電話したい」という方は「スーパーだれとでも定額」というオプションがあります。スーパーだれとでも定額なら、月額1,000円追加で国内通話が24時間無料になります。

10分以内の通話 無料
10分以降の通話 20円/30秒
スーパーだれとでも定額(オプション) 月額1,000円追加で国内通話が24時間無料

また、ワイモバイルでは以下のサービスを使えます。

・留守番電話:無料
・着信お知らせ機能:無料
・テザリング:無料
・Y!mobile メール(@yahoo.ne.jp):無料
・ソフトバンクWi-Fiスポット:無料
・着信転送サービス:無料
・発信者番号通知:無料
・国際ローミング:無料
・国際SMS:無料
・国際電話:無料(通話料金はかかります)
・割込通話:200円
・ナンバーブロック:100円

格安SIMでは、留守番電話が有料オプションである場合がほとんどです。ワイモバイルは、3分までの伝言を30件まで無料で留守番電話を使えます。

(4)iPhoneを購入できる

iPhone
ワイモバイルでは、iPhoneを利用できます。ワイモバイルでiPhoneを使うには以下の3つの方法があります。

・Apple Storeや中古ショップでSIMフリーのiPhoneを購入する
・キャリアで購入したiPhoneをSIMロック解除して使う
・ワイモバイルで購入する

SIMフリーのiPhoneは、格安SIMで使えるので最も利便性がいいです。ただし、本体価格が高いです。最新モデルなら10万円前後することもあります。また「SIMフリーって何?設定が難しそう」と不安な方もいらっしゃるでしょう。

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)で購入したiPhoneはSIMロック解除すれば、ワイモバイルでも使えます。もちろん、元々、iPhoneを使っていることが前提になります。

「新規で購入したiPhoneをワイモバイルで使いたい」「月々の料金と一緒に分割購入したい」「SIMフリーやSIMロック解除は難しそう」という方は、ワイモバイルでiPhoneを購入するのがおすすめです。

iPhone
iPhone SEやiPhone 6sといった価格の安い旧モデルも選べますし、分割購入もできます。また、ワイモバイルで購入するので、複雑な設定不要でそのまま使えるのも初心者にはメリットです。

他にも、iPhoneより価格が安いAndroid Oneの取り扱いもあります。安いモデルなら1万円以下でスマホを手に入れることも可能です。

また、ワイモバイルはそもそもの月額料金が安く、分割購入しても月額料金の負担が少ないです。ワンキュッパ割などのキャンペーンも適用されれば、さらに安くなることも。

ワイモバイルの公式サイトでは、キャンペーンによる値引きも含めた料金シュミレーションができます。好きなスマホを選んで、現在使用している月額料金と比較してみましょう。

詳しくは、以下ページもご覧ください。

(5)店舗が多いから初心者も安心


格安SIMでは、店舗をかまえていない回線もあります。電話やチャットでの問い合わせでは、不安もありますよね。

ワイモバイルは、ドコモやソフトバンクと同じように、全国に店舗をかまえています。

ヨドバシカメラやビックカメラといった家電量販店にも店舗がありますし、ソフトバンクショップの一部でもワイモバイルを取り扱っていることがあります。

店舗があるということは、不明点やトラブルがあった時に、対面で対応してもらえるメリットがあります。

プランや料金の詳細を聞きに行って見積もりをもらうだけでもOKです。

(6)Yahoo!プレミアムが無料

ショッピング
ワイモバイルを契約することで、月額462円(税抜)のYahoo!プレミアムに無料で登録できます。

Yahoo!プレミアム会員になると以下のメリットがあります。

・Yahoo! ショッピング、ロハコでポイント5倍
・Yahoo! トラベルで国内宿泊予約がポイント5倍
・飲食店などの割引クーポンがもらえる
・お買いものあんしん補償
・かんたんバックアップ
・読み放題プレミアム
など

Yahoo!のサービスでポイント5倍になりお得に買い物ができます。また、読み放題プレミアムでは雑誌やマンガがスマホやパソコンで読み放題に。

ワイモバイルは、スマホでの通信が安定しています。そのため、スマホアプリでショッピングしたり、雑誌を読んだりと最大限に楽しめます。

(7)キャンペーンが豊富でお得

ワイモバイルでは、期間限定でデータ増量無料キャンペーンやオプション3ヶ月無料などのキャンペーンが開催されていることがあります。

現在もワンキュッパ割で、月々の料金が1年間1,000円割引になります。

開催中のキャンペーンは、ワイモバイル公式サイトをご覧ください。

スポンサードリンク

ワイモバイルのデメリット

データ容量使い放題のプランがない

ワイモバイルでは、スマホプランS(月々2GB)、スマホプランM(月々6GB)、スマホプランL(月々14GB)しかありません。

データ通信量が規定容量を超えると速度が最大128Kbpsに制限されます。通常速度に戻す場合は、追加料金が必要になります。

動画をバリバリ見る方や仕事でネットにつなぎっぱなしという方は、少し物足りないかもしれません。

しかし、データ増量無料キャンペーンで、2年間はスマホプランS(月々3GB)、スマホプランM(月々9GB)、スマホプランL(月々21GB)まで使えます。

また、自宅や会社、カフェなどではWiFi接続すればデータ容量を消費しないのでおすすめです。

2年単位の契約になる

ワイモバイルは、ソフトバンクやドコモと同じように2年単位の契約になります。

契約更新月の解約であれば解約料は無料ですが、それ以外の期間に解約すると契約解除料が9,500円(税抜)かかります。

MVNOでは、楽天モバイルのように最低利用期間以降の解約は、契約解除料0円というサービスもあります。ワイモバイルは、キャリアと同じように契約更新があることに注意しましょう。

まとめ:ワイモバイルはこんな人におすすめ

ワイモバイルは以下のような方におすすめです。

・月々の携帯料金を安くしたい
・安定した通信でネットや動画を楽しみたい
・電話を頻繁に利用する

ソフトバンク回線を使っていることから、データ通信が安定しています。そのため、キャリアからの乗り換えでも、同等の使い勝手、かつ月々の料金を安くできます。

その他の格安SIMの割引キャンペーン

以下ページで、他の格安SIM(MVNO)の割引キャンペーンもまとめています。月額料金の割引率やオプション割引など、比較してみてください。

▽割引キャンペーン掲載格安SIM(MVNO)一覧
楽天モバイルUQモバイルmineoワイモバイルIIJmioNifMoBIGLOBEモバイルイオンモバイルDMMモバイルOCNモバイルONEエキサイトモバイルリペアSIMQTモバイルDTI SIMLIBMO

公開日:2019年1月5日