お得情報研究家「まめ」が新幹線 格安情報をお届け

新幹線の車内から富士山はいつ見える?座席・区間・ベストスポットを紹介

旅行予約サイトのクーポンを使えば宿泊や交通付プランを安く予約できます。→【最新】旅行・宿泊クーポン
更新 ※一部に広告表示

東海道新幹線から見える富士山
東海道新幹線の車内からは、富士山を見ることができます。

富士山が見える区間は、静岡駅~新富士駅~三島駅~熱海駅までの間です。上りも下りも、自由席・指定席は窓側のE席、グリーン車はD席なら、窓際から富士山が見えやすいです。

このページでは、新幹線の車内から富士山が見える座席やベストな写真撮影スポット、時間、区間などを紹介します。

スポンサードリンク

新幹線から富士山を見る方法

座席

富士山が見える指定席の座席
富士山を見るなら、窓際の席を予約しましょう。車両は、こだま、ひかり、のぞみの何号車でも同じです。

富士山が見えるのは、新大阪・京都方面から東京・品川へ向かう「上り」の場合は進行方向の左側、東京・品川から新大阪・京都方面へ向かう「下り」の場合は進行方向の右側になります。

自由席・指定席は、A・B・C・D・E席の5席があります。上りも下りも、自由席・指定席は、窓側のE席から富士山が見えます。

隣に身内や知人が座っているなら、D席からでものぞかせてもらうことはできます。A、B、C席は富士山と反対の海側になり、全く見えません。

富士山が見えるグリーン車の座席
グリーン車は、A・B・C・Dの4席があります。上りも下りも、グリーン車は、窓側のD席から富士山が見えます。

隣に身内や知人が座っているなら、C席からでものぞかせてもらうことはできます。A、B席は富士山と反対の海側になり、全く見えません。

新幹線の指定席は「富士山が見えやすい」という理由から、E席が埋まりやすくなります。どうしても見たいなら、早めに予約しておきましょう。グリーン車は、繁忙期でなければ人が少ないので、D席の予約は取りやすいです。

どうしても座席が取れなかった場合は、トイレや化粧室、ごみ箱などがある車両端の窓から眺めましょう。

区間:いつ見える?

静岡
富士山が見える区間は、静岡駅~新富士駅~三島駅~熱海駅までの間です。新富士駅の前後が、富士山が一番よく見えるベストスポットです。上りは静岡駅、下りは熱海駅を過ぎたら窓の外をちらちら見るようにするのがおすすめです。

富士山
今回は、新大阪・京都方面から東京・品川へ向かう「上り」で見える富士山を紹介します。静岡駅を過ぎたら、時々、窓の外を眺めておきましょう。

住宅や工場の隙間から、斜め前方に、富士山が見えてきます。

雨や曇りなど、天気が悪い日は、富士山が見えにくくなることもあります。

富士川と富士山
おすすめの撮影ポイントは、新富士駅の手前で通過する富士川です。建物がなく、広い川と富士山を見ることができます。ただし、鉄橋を通るので、鉄骨が映ります。うまくシャッターを切ると、ちょうど鉄骨の間から、きれいに撮影できます。上記写真はスマホで撮影しました。

上記写真は、10月中旬ごろの富士山の写真です。雪は積もっていませんでした。

雪が積もった富士山
上記写真は、2月頃に見えた富士山です。冬の時期になると、雪が積もっている富士山も見られます。

新富士駅から見える富士山
こだまの場合は、新富士駅に停車します。新富士駅からも、ばっちり富士山が見えます。ひかりとのぞみは、新富士駅を通過するので、こだまならではの楽しみ方です。

富士山と街並み
新富士駅を通過してからは、富士山と街並みが見えます。

富士山と田んぼ
途中で田んぼがある開けた場所もビュースポットです。

富士山とマックスバリュ富士江尾店
マックスバリュ富士江尾店を過ぎると、手前の山に富士山が隠れて、だんだん見えなくなっていきます。

なお、東京・品川から新大阪・京都方面へ向かう「下り」は、1本線路を挟んだところから、富士山が見えます。そのため「上り」の方が見やすいです。

アナウンスはある?

富士山が見えると乗務員さんから「ただいま富士山が見えます」といった車内アナウンスがある場合があります。

アナウンスは絶対ではなく、乗務員さんのサービスです。

基本はアナウンスはないものと思い、自分でタイミングを見つけましょう。

およその時間

新大阪から、富士山が見えはじめる静岡駅まで「ひかり約1時間49分」「こだま約2時間29分」ぐらいが目安です。のぞみは停車駅が少ないので、ひかりより10分~15分程度早くなると思います。

ひかり、こだまでも上記より前後する場合があるので、目安としてご覧ください。富士山を見逃さないようにするには、スマホのGPSをオンにして、Google Mapでどの位置にいるかを確認するのがおすすめです。

撮影方法


富士山の写真撮影は、スマホ、デジカメ、一眼レフカメラなど、カメラであればなんでもOKです。

ただ、窓越しのため、窓の汚れや障害物にピントが合ってきれいに撮影できないこともあります。

富士山
レンズが壊れないように、窓にべったりカメラを張り付けると、ピントが合いやすくなります。

また、富士山までは意外と距離があるので、普通に撮影すると小さく映ります。迫力ある写真を撮影したいなら、ズーム撮影するのがおすすめです。

新幹線はスピードが速く、障害物がない場所も一瞬です。静かな新幹線車内で、連写するとシャッター音が響きうるさくなるので、ほどほどに撮影してみてください。

新幹線の塀や工場などの高い建物で、富士山が見えにくい場所もあります。静岡駅~新富士駅~三島駅~熱海駅までの間は、窓を眺めておきましょう。

スポンサードリンク

新幹線のチケットをお得に購入する

JR・新幹線+宿泊セット:宿泊とセットで安さ最大級!

旅行会社大手の日本旅行が販売する新幹線の往復チケットと宿泊がセットになったプラン。よくある旅行会社のツアーではなく、新幹線のチケットと宿泊予約が同時にできる、というだけの便利なサービス。現地ではずっと自由時間です。

そのため、出張でも旅行でも利用できます。「交通手段と宿泊先だけ確保して、好きなように観光地を巡ろう」という人におすすめです。

料金:こんなに格安!

通常であれば、新幹線と宿泊(ホテルや旅館)は別々に予約しますよね。新幹線のチケットなら当日に駅で購入する人も多いでしょう。

それを、セットで予約することで、新幹線を特別割引運賃で利用できるようになります。

ホテルや発着駅によりますが、ホテル代も含めれば数千円~数万円も安くなりますよ。割引率なら最も格安。

宿泊を考えているなら、絶対にお得ですよ。

メリット

・ホテルとセットで安い
・発着駅、ホテルは全国
・出発3日前まで予約OK
・チケットは送料無料で自宅へ郵送してくれる

デメリット

・2名以上、往復同一行程(発着駅・利用列車)でしか利用できない
・宿泊することが前提

なお、「パッと乗レール」なら同じ内容でも、直前(出発2日前17時)までの予約が可能です。チケットは、前日・当日にJR内の店頭で受けとります。

公式サイトを見る:パッと乗レール

内容は変更になる可能性もございます。利用の際は公式サイトの確認をお願いします。


目次