billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

無料のフォトブック作成アプリ!ノハナを10冊以上使ってわかった口コミ評価

スポンサードリンク


ノハナ(nohana)は、スマホので簡単にフォトブックが作成できるアプリです。

最大の特徴は、毎月1冊無料で作成できること。つまり、毎月作成すれば1年で12冊のフォトブックが作成できます。

とはいえ「まともなフォトブックが作成できるのか」「ほんとに無料?なんだかあやしい」と思われるかもしれません。

しかし、我が家ではもう10冊以上ノハナで作成していますが、満足度は高く、今後も継続したいほどハマッています。

このページでは、実際に使って分かったノハナのメリットやデメリット、作り方など、口コミ情報を紹介します!

スポンサードリンク

ノハナのメリット

毎月1冊無料

ノハナの最大のメリットは、毎月1冊無料であること。我が家は、十冊以上作成していますが、ほんとうに無料です。

別の何かを売りつけられたり、しつこい電話営業がきたりすることもないので安心してください。

ただし、送料が226円かかります。なので正確には、毎月226円で1冊作成できると考えておきましょう。

それでも、たった226円で、しっかりしたフォトブックが作成できるので安いです。

しっかりしたフォトブックで品質がいい


実際に、注文したフォトブックです。表紙には、写真1枚とタイトルが載ります。

サイズは14cm×14cm。CDのアルバムよりやや大きいです。


ページには、写真1枚と日付、そして好きな文章を入力できます。文章は、全角・半角問わず32文字まで入れられますよ。


写真の画質は、プリントした写真のように最高にきれいではありませんが、値段相当で満足しています。

もしも、高画質にしたいなら「高画質写真仕上げ」や「プレミアムフォトブック」という追加オプションがあります。ただし、有料になります。

記念に最高のフォトブックを残したいなら、写真館やカメラ屋さんが提供しているサービスの方がいいでしょう。ただし、数千円~数万円するので、気軽には作りにくいんですよね。


ページ数は、28ページ。そのうち20ページに写真が載るので、全部で20枚の写真を載せられます。

紙は、厚さ2mmのラフ調塗工紙です。プリンタで印刷するようなペラペラの紙ではなく、しっかりとした厚みがありチープな感じはしません。


背表紙にもタイトルが載ります。本棚に並べても、内容がわかるようになっています。


最後のページには、タイトル、作成日、製造番号、そして編集後記を入れられます。本格的な編集者になったようで、楽しいです。

全体的には、白を基調で、たっぷりの余白の中に写真が配置されているので、シンプルでおしゃれです。

毎月の思い出を残すのにぴったり


毎月1冊無料なので、我が家では期間(季節や年齢)ごとに、子どもの成長をフォトブックにして残してます。


例えば「3歳の12月は、どんな表情でどんなことをしていたか」が残せるので、後で見返すとうれしい気持ちになります。

本格的なフォトブックは、料金が高くて何冊も作れませんが、ノハナのようなフォトブックなら、いつでも気軽に作成できるのがメリットだと思っています。

旅行記や撮影した写真集、友達との思い出なんかも、フォトブックにしやすいですよね。スマホで眠っている写真が本になると、格別です。

作り方が簡単

作り方は、ノハナのアプリ(無料)をスマホにダウンロードします。以下ボタンよりダウンロードできます(Android、iPhone対応)。

ノハナ(nohana)毎月1冊無料フォトブック、写真アルバム

ノハナ(nohana)
開発元:nohana, Inc.
無料
posted with アプリーチ

後は、写真を選んで、文章を入力するだけです。手順に沿ってやれば、はじめてでも簡単に作成できますよ。

アプリでしか作成できないので、デジカメや一眼レフカメラで撮った写真を載せたいなら、スマホに移しておきましょう。

ノハナのデメリット

送料は有料

先ほども書きましたが、フォトブックは無料でも、送料は有料(226円)です。

それでも安いですけどね。しまうまフォトブックのように198円からフォトブックを作成できるアプリもありますが、送料を入れるともう少し高くなるので。

2冊目からは有料

無料で作成したフォトブックが気に入って、両親や友人にプレゼントしたい場合は、有料になります。1冊540円+送料がかかるのでちょっと高いです。

ノハナは「なんで無料なの?」と思われるかもしれませんが、2冊目からの料金をとることで、売上を上げているんですよね。子どもの写真がかわいいと、つい追加注文してしまいます(我が家も2回ほど有料で購入しました)。

2、3冊程度であれば許容範囲内ですが、数十冊作るとなるとやや割高です。結婚式で配ったり、旅行の思い出をフォトブックにしてメンバーに配るときは、他のサービスとも比較してみてください。

写真が1ページ1枚しか貼れない

ノハナは、1ページにつき1枚の写真しか入れられません。複数の写真を入れられないので、レイアウトのパターンが少なく、写真の枚数も限られます。

無料ということで割り切れば、十分なのですがもっと本格的に作成したいときは物足りなさがあると思います。

スポンサードリンク

よくある質問

注文後にいつ届く?

公式サイトには、約2週間との記載があります。実際、我が家に届くのもそれくらいの日数です。

急いでいるなら、特急オプション(有料)を使えば、翌々日中に「ゆうメール」で発送してくれます。

パソコンでは作成できる?

パソコンでは、作成できません。Android、もしくはiPhoneのスマホのみです。タブレットも推奨されていません。

一眼レフやデジカメで撮影した写真を、大きい画面で注文したい人には、不便かもしれませんね。

支払い方法

クレジットカード払い(VISA、Mastercard、JCB、AMEX、DINERS)ができます。

もしも、クレジットカードを持っていない、もしくは利用したくない人は、「Vプリカ」「auウォレットカード」「ソフトバンクカード」などの、プリペイドカードを利用しましょう。

なぜ無料なのか

先ほども書いたように、2冊目からは有料になります。また、「高画質写真仕上げ」や「プレミアムフォトブック」、「ギフトオプション」「表紙デザインオプション」といった有料オプションもあります。

1冊無料で作ってみて「もっと高画質で作ってみたい」「プレゼントしたい」という人が、有料で注文する際の売上で運営しています。実際、我が家でも複数冊作って、両親にプレゼントしたこともありますし、フォトブックの出来がいいと、お金を払ってでも注文したくなるんですよね。

もちろん、毎月1冊でよければ無料(送料のみ)で、ずっと利用できますよ。

まとめ:ノハナの口コミ評価

ノハナは、毎月無料というのが最大のメリットです。1回きりではなく「毎月」というのがうれしいです。その時々の思い出を残しやすいんですよね。

品質もいいですし、満足感はあります。なにより、無料(送料はかかる)なので、試してみてはいかがでしょうか。

ノハナ(nohana)毎月1冊無料フォトブック、写真アルバム

ノハナ(nohana)
開発元:nohana, Inc.
無料
posted with アプリーチ

もしも、サイズやデザイン、写真の掲載枚数に不満があるなら、他にも安くフォトブックを作成できるアプリがあります。

以下ページにまとめていますので、参考にしてみてください。どれも数百円で作成できますよ。比較してみてください。

節約家におすすめのキャンペーン情報

「家事も育児も疲れた~がんばったからパーっと買い物して、もう少し贅沢したいな~」

毎日がんばっているあなた。夫に内緒で、好きなものを買って贅沢してみませんか。

今なら、楽天カードマンのCMでおなじみの、楽天カードを作成すると最大8,000ポイントもらえる期間限定キャンペーンが開催されています。

もらった楽天ポイントは、楽天市場や楽天ポイントカード加盟店で使えます。8,000ポイントあれば、外食やショッピングでちょっと贅沢できます。

スーパーやコンビニでの買い物でも、支払い100円につき1ポイント貯まるので、クレジットカードを5枚保有している私も、メインカードとして使っています。

コツコツと貯めていたら、こんなにポイントが貯まっちゃいました。

楽天カードは、年会費も入会費も無料です。18歳以上であれば主婦でも申し込みできます。

最大8,000ポイントもらえるのは、2017年10月17日(火)~2017年10月27日(金)までの10日間限定です。

通常は5,000ポイントしかもらえないので、8,000ポイントもらえる期間は滅多にありません。申し込むなら、この機会を逃さないようにしましょう。

節約家におすすめの記事

家計を助けてくれるおすすめの節約記事をピックアップしました。当サイトでよく読まれている人気記事です。

ロハコ完全攻略!買う前に絶対チェックしたい超お得術

安くてきれいなコスパ最強フォトブック|スマホのアプリで簡単に作れる!

やっぱりAmazonがお得!買う前に絶対チェックしたいお得術16選

1巻・全巻まるごと無料!漫画の立ち読みが無料の電子書籍サイトまとめ

Amazonで食品を激安スーパーなみに安く買う7つの方法

楽天ポイントの貯め方の極意|実際に10万ポイント貯めた超お得術

公開日:2017年9月16日