billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

高速バスをもっと安くお得に!最安値で予約するための3つの方法

スポンサードリンク

高速バス時刻表
高速バスは、新幹線や飛行機と比較しても安い交通手段です。私も実家へ帰省や長距離旅行でよく利用しています。

しかし、高速バスはたくさんのバス会社が運行していて、料金もまちまち。特に東京-大阪、東京-名古屋などの人気路線だと、選ぶのが難しいこともあります。

それでも、できるだけ最安値で予約して損はしたくないですよね。実際、高速バスは乗ってしまえばサービス内容に大差がないので、安いにこしたことはないのです。

以下は、私が高速バスを最安値で予約するために実践している3つの方法です。

・高速バス比較サイトで検索する
・旅行サイトで検索する
・高速バス会社の予約サイトで検索する

この3つの方法を利用すれば、高速バスを安くお得に利用できます。最安値のバスも見つけやすくなりますよ。それぞれに、メリットやデメリットがあるのでその情報も記載します。

夜行バスの場合も、同様に調べることができますよ。

スポンサードリンク

高速バスの選び方|予約する際にチェックしておきたいこと

高速バス
高速バスは、以下の条件によって料金が変わります。

・日にち、曜日(週末や連休は高くなる)
・出発時刻(昼、夜)
・路線
・バス会社
・座席(3列シート、4列シート)

特に、日にちは重要です。平日と週末では倍ぐらい料金が違うこともあります。

それと座席。高速バスは、長距離になると10時間近くかかることもあります。そのため、移動距離が長い路線では、ゆとりのある3列シートのバスもあるんですよね。

ただし、3列シートの方が数千円は高くなります。

後はバス会社。同じ路線でもいろんなバスが走っています。料金としては数百円の誤差ですが、できるだけ安いバスを探すためにも、後ほど紹介する比較サイトを利用したいところです。

なお、高速バスは直前の予約で安くなる直前割はあまりありません。どちらかというと、早めに予約することで安くなる場合がありますね。

人気の路線だと夜行バスでも満席になることは、珍しくないので、予定が決まったら早めに予約するのがおすすめです。

高速バスを最安値で予約するための3つの方法

高速バス

高速バス比較サイトで検索する

高速バス比較サイトでは、複数のバス会社を条件に合わせて一括で検索できます。

たくさんの路線から検索できるので、繁忙期や急いで予約を取りたい時も、空席のあるバスが見つかる可能性もあります。私はギリギリになって行動する性格なので、ラスト1席で予約をとったことも何度かあります。

なお、高速バス比較サイトでも提携しているバス会社でないと出てきません。本当に空席がないときは、複数の比較サイトを利用しましょう。検索だけなら会員登録しなくてもOKです。条件に合ったバスが見つかれば予約手続きに進みましょう。

デメリットは、キャンペーンやポイントサービスが少ないこと。独自のポイントなので楽天ポイントのように、汎用性がありません。

高速バス比較サイトの最大のメリットは、たくさんの便を取り扱っていること。そのため、最安値がみつけやすいです。

メリット

・複数のバス会社を比較できる
・最安値を見つけやすい
・直前予約や繁忙期でも予約できるバスがみつかるかも
・細かな条件で検索できる(トイレの有無、女性専用便など)

デメリット

・宿泊つきツアーが弱い
・割引キャンペーンが少ない
・ポイントの汎用性がない

おすすめの高速バス比較サイト

▽高速バスドットコム
常時3,000便以上の路線から検索できます。人気のWILLER EXPRESSや地方行きのバス、観光地を巡るバスツアーも豊富。また、乗車代金の2%のポイントが貯まります。

▽バスブックマーク
時刻表、出発地、目的地、バスタイムの4つの検索機能が、シンプルで使いやすいです。人気の路線の最安値が一目でわかるのもいいですね。

旅行サイトで検索する

楽天トラベルなどの有名旅行サイトでも高速バスを予約できます。他のサイトでも使える共通ポイントが貯まったり、クーポンや割引キャンペーンが豊富なことが特徴。

旅行や宿泊予約がメインなので、すでに会員になっている人なら使いやすいでしょう。私もポイントがある程度貯まっている状態なら、旅行サイトで予約しています。

デメリットは、高速バス専用の比較サイトに比べて、本数が少ないです。東京や大阪、名古屋といった人気路線が中心ですね。地方間を結ぶバスを探しているなら、見つかりにくいかも。

メリット

・複数のバス会社を比較できる
・最安値を見つけやすい
・共有ポイントが貯まる・使える
・割引キャンペーンやクーポンが豊富
・宿泊や旅行ツアーと一緒に予約できる
・スマホアプリが使いやすい

デメリット

・本数が少ない
・地方の路線に弱い

おすすめの旅行サイト

▽楽天トラベル
楽天ポイントが貯まる・使えるのが強み。また、クーポンが豊富に配布されていて、通常料金よりも安く予約できます。楽天会員になっている人なら、別途会員にならなくていいのもいいですね。

高速バス会社の予約サイトで検索する

高速バス会社が独自に行っている予約サイト。会員になるとポイントが貯まったり、ランクアップ特典がうけられたり、回数券が購入できたり手厚いサービスを受けられます。好きなバス会社があって、定期的にリピートするならおすすめ。

また、USJやディズニーランドといった観光地へのバスツアー商品が豊富。高速バスを利用したツアーなので、交通費が安くなります。宿泊施設と連携しているので、計画も立てやすいですよ。

デメリットは、複数のバス会社を検索できないこと。料金を比較したいなら、高速バス比較サイトの最安値と比較してみるとよいでしょう。

メリット

・会員特典あり
・キャンペーンや割引があり
・バスツアーが豊富

デメリット

・複数のバス会社を比較できない

おすすめの高速バス会社予約サイト

▽WILLER TRAVEL
格安高速バスで人気のWILLER(ウィラー)。ランクアップ特典やポイント、クーポンなど会員向けサービスが手厚いです。WILLERはバス料金も安いので、一度利用してみてよかったらリピーターになるのもいいでしょう。

▽サンシャインツアー
バスツアーが人気のサンシャインツアー。日帰りでも宿泊でもバスツアーのプランが豊富にそろっています。ディズニーリゾートやナガシマリゾート、USJといったテーマパークのツアーも多数。夜行バスを使って、交通費を安くすませるのもおすすめです。

スポンサードリンク

まとめ

もう一度おさらいすると、高速バスを最安値で予約するには以下の3つの方法があります。

・高速バス比較サイトで検索する
・旅行サイトで検索する
・高速バス会社の予約サイトで検索する

とことん最安値を見つけたいなら高速バス比較サイト。複数のバス会社を一括で検索できます。

旅行サイトは、ポイントやクーポンが豊富。クーポン適用後の料金で比較してみるのもいいでしょう。

高速バス会社の予約サイトは、独自の会員サービスが手厚く、リピータにおすすめ。また、観光地、宿泊施設と連携したバスツアーが人気で、家族旅行や学生旅行を安くすませたい人にもいいでしょう。

どのサービスも検索・比較することは無料です。時間に余裕があれば、複数の予約サイトで検索すると最安値をみつけやすいですよ。

実際に、高速バスに乗った感想は以下。



公開日:2017年6月9日