billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

お問い合わせ

鶴見緑地プールに行ってきました!屋内プールで年中遊べる

スポンサードリンク

鶴見緑地プール
大阪府大阪市鶴見区にある鶴見緑地プールに行ってきました!

花博記念公園鶴見緑地にあるプールで、屋内プールは年中、夏季は屋外プールでも遊べます。

今回は、施設やプールの紹介、料金、アクセス、駐車場、混雑状況、飲食、浮き輪の持ち込みなど鶴見緑地プールの口コミ情報を紹介します!

スポンサードリンク

鶴見緑地プールとは

鶴見緑地プール
花博記念公園鶴見緑地にある大型のプールです。屋内プールがあり、1年中営業しているので、冬でもプールで遊べます。

また、夏季は屋外プールも解放され、多くの人でにぎわっています。スライダーや造波プール、流水プールもありとても楽しかったです。

花博記念公園鶴見緑地内は、広々とした自然豊かな公園です。遊具で遊ぶこともできます。

アクセス

〒538-0036 大阪府大阪市鶴見区緑地公園1−37

電車でも車でも行くことができます。

車・駐車場

駐車場
遠方からなら、最寄りICは以下です。

・阪神高速守口線 森小路ランプ
・近畿自動車道 門真IC
・近畿自動車道 大東鶴見IC
・第二京阪道 第二京阪門真IC

一般道では、国道163号または中央環状線から、花博通に入ると花博記念公園鶴見緑地がみえてきます。

服部緑地には、以下の駐車場があります。

・中央第一駐車場(普通車900台)
・中央第二駐車場(普通車200台)
・南第一駐車場(普通車529台)
・南第二駐車場(普通車136台)
・北西駐車場(普通車300台)
・西駐車場(普通車69台)

鶴見緑地プールで遊ぶなら、中央第一駐車場を利用するようにしましょう。プールまで歩いてすぐです。混雑していれば、中央第二駐車場、南第一駐車場、南第二駐車場がおすすめです。

花博記念公園鶴見緑地はかなり広いので、北西駐車場、西駐車場ならかなり距離があります。

中央第一駐車場
中央第一駐車場は、屋根がある駐車場もあるので、夏の暑い時期に日差しを避けることもできます。

駐車料金は100円~1,000円で、駐車時間によって異なります。最大料金があるので、高すぎることにはなりません。

料金については、変更になることもございます。最新情報は、花博記念公園鶴見緑地公式サイトをご覧ください。

電車

大阪メトロ 長堀鶴見緑地線 鶴見緑地
最寄り駅は、1つです。

・大阪メトロ 長堀鶴見緑地線 鶴見緑地

プールの目の前に駅の改札があるので、便利です。

スポンサードリンク

営業時間と休園日

▽屋内プール
4月~9月:9時00分~20時30分(入館は20時まで)
10月~3月:9時00分~18時30分(入館は18時まで)
▽屋外プール
平成30年6月9日(土)~9月24日(月)
9時00分~20時30分(最終入場 20時)

夏休み期間中は、早めに開館することもあります。

営業時間と休園日については、変更になることもございます。最新情報、鶴見緑地プール公式サイトをご覧ください。

混雑状況

混雑状況
8月の日曜日の13時ごろ行ったところ、約2時間待ちでめちゃくちゃ混雑していました。

日よけ
日よけやベンチがあるものの、夏に2時間待ちは疲れます。

ミスト扇風機
ミスト扇風機もあります。

塩飴
実際に待ったのですが、入れたのは15時ごろでした。警備員の方が、塩飴をくれました。

夏休み期間中は、混雑するので、午前中の早い時間に行くか、15時以降に行くのがおすすめです。私は18時ごろに出たのですが、その頃には行列はなくなっていました。スライダーの順番待ちも減りますし、遅い時間まであいているのは、鶴見緑地プールの魅力です。

料金

チケット

・大人(高校生以上65歳未満):1,200円
・子ども(小・中学生):600円
・幼児:無料
・高齢者(65歳以上):600円

チケットは、入り口にある券売機で、当日でも購入できます。


幼児は無料です。出るときは、受付時にもらえる幼児退場カードが必要です。

頻繁に利用する方は、定期券・回数券もあります。

料金については、変更になることもございます。最新情報は、鶴見緑地プール公式サイトをご覧ください。

存分に楽しむために知っておきたい豆知識

撮影できる?

全面撮影禁止
プールでは、全面撮影禁止です。カメラはもちろんスマホでもNGです。子どもの写真が撮れないのは残念ですね。

飲食物の持ち込みはできる?

お弁当
飲食物は、持ち込みできます。お弁当やコンビニやスーパーでペットボトル飲料を買って持ち込めば、節約できます。

プール内にも、うどんやカレーといった軽食や飲料は販売されています。事前に持ち込まなくても、熱中症対策できます。

ただし、屋内プールは飲食禁止で、屋外や飲食スペースでなければ飲食できません。

テントやレジャーシートの持ち込みはできる?

テントの持ち込みはできません。しかし、屋外プールが解放されているときは、外に屋根付きのテラスやスペースがあります。イスやテーブル、ベンチもあります。

レジャーシートを持ち込むことはできるので、そのうえで昼寝したり、お弁当を食べたりすることはできます。

いい場所は、午前中にとられていますので、スペースを確保したい方は、早めに行きましょう。我が家もレジャーシートを持って行きました。

うきわやビーチボールは持ち込みできる?

うきわ
持ち込みできます。ただし、1m以上の浮き輪やイルカ、ベッドなどは持ち込みできません。小さいサイズを持って行きましょう。ビーチボールも1m以内なら持ち込みできます。

流れるプールがあるので、うきわを持って行くのはおすすめです。プール内に、無料の空気入れもありました。

売店
忘れた方は、プール内の売店で購入することもできます。

ゴミ箱はある?

ゴミ箱はありました。ゴミを持ち帰らなくてすむので、ありがたいです。

ロッカーやシャワーはある?

リストバンド
更衣室にロッカーがあります。入場口で番号付きのリストバンドをもらえます。そのリストバンドが鍵になっていて、自分の番号のロッカーを使います。そのため、空きがないことはありません。100円玉も不要です。

シャワーやトイレも更衣室に隣接していました。

鶴見緑地プールの見所ガイド!


ここからは、鶴見緑地プールのプールや遊び方を紹介します。写真撮影が禁止だったので、写真はありません。

流水プール

流れるプールです。夏季は、屋内から屋外へと続いています。途中で、滝が何か所かあり、すごく楽しいです。

造波プール

波が起こるプールです。波の高さがあり、押し戻されます。ビーチボールで遊んでいる人も多かったです。

子供プール・ジャブジャブ池

幼児でも水遊びできる底の浅いプールが、2ヵ所ほどあります。子ども用のスライダーもあります。短いスライダーなので、順番待ちも少なく、子どもがガンガンすべっていました。

ウォータースライダー

大きな浮き輪の上にのって滑る、本格的なスライダーです。無料で何度でも利用できます。

いつも順番待ちができるほど人気で、15分以上は待ちます。平日や夕方以降は、待ち時間も少なく、存分に楽しめると思います。

ジャグジープール・うたせ湯

温水のお風呂のようなプールもあります。もちろん、水着のまま入れます。あまり広くはないので、ぎゅうぎゅう詰めで入っていました。

注意事項

注意事項
以下の決まりがあるので注意しておきましょう。

・保護者1名につき小学4年生以下のこども3名まで入場できます。
・水着以外での入場はできません。
・小学4年生以下は16歳以上の保護者が同伴でないと入場できません。
鶴見緑地プール公式サイトより

残念なところ

全体的に、あまり広くはありません。混雑しているときは、入場制限もかかり、待ち時間があるのもデメリットです。

しかし、スライダー付きの屋内プールがあるので、夏の日差しを避けられますし、冬の期間でも泳げるのは魅力です。

きれいなプールですし、子どもも喜びます。

広いプールがいい方は、服部緑地「ウォーターランド」もおすすめです。テントや飲食の持ち込みも可能で、スペースも広いです。

まとめ

子どもがすごく楽しそうにしていて「まだ遊びたい!」となかなか帰してくれませんでした。

遅い時間まであいていますし、次の日がお休みなら、夕方から行っても楽しめると思います。年中プール遊びができるのはうれしいですね。

以下ページでは、子どもと遊べる公園を紹介しています。

▽旅行好きにおすすめの豆知識

aumo(アウモ) は、全国各地の観光情報やグルメ情報を配信しているアプリです。毎日更新されているので、最新の情報が手に入ります。

「おすすめの観光地を教えてほしい」「ランチがおいしい人気のお店を知りたい」という方は、以下よりダウンロードして利用してみてください。利用は無料です。

aumo(アウモ)
aumo(アウモ)
開発元:GREE, Inc.
無料
posted withアプリーチ
公開日:2018年8月28日