ビリオンログ billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

東京ディズニーランドを割引で安くお得に楽しむ方法|チケットを格安料金で購入!

スポンサードリンク

割引で安くお得に ディズニーランド チケット
「チケットが高い!」

東京ディズニーランドは、チケットが値上げされることが多く、料金が高くなっています。家族で行こうと思うとチケット代だけで、2〜3万円かかることもあります。

そこで、東京ディズニーランドのチケットを格安で購入する方法を徹底的に調べました。結論からいうと、以下の8つの方法があります。

・東京ディズニーリゾート(R)・コーポレートプログラム
・シニアパスポート
・スターライトパスポート
・アフター6パスポート
・期間限定パスポート
・マルチデーパスポート
・年間パスポート
・株主優待

上記の方法であれば、定価よりも安い料金でチケットを購入できます。

このページでは、東京ディズニーランドのチケットを格安で買う方法と、それぞれのメリットやデメリット、それに注意したいことを紹介します。

※価格は変動になる可能性があるため、公式サイトをご覧ください。ここでは割引価格を紹介します。

スポンサードリンク

東京ディズニーランドのチケットの基本料金

東京ディズニーランド
まずは、ほとんどの人が購入するであろう基本的なチケット「1デーパスポート(1日券)」についての基本料金です。

1デーパスポートは、以下によって料金が異なります。

・大人(18才以上)
・中人(中学生・高校生)
・小人(4才~小学生)
・3才以下

※チケットの価格は変更になることもがあるので、最新情報は東京ディズニーランド公式サイトをご覧ください。

3才以下は無料です。3才未満でも身長制限なしで楽しめるアトラクションもあります。

赤ちゃんと一緒に行く方は、以下ページも参考にしてみてください。

1デーパスポートでは、開園から1日楽しめる最もベーシックなチケットです。東京ディズニーランドもしくは、東京ディズニーシーのどちらか一方に入場できます。

当日券と前売り券の違い


チケットは「当日券」か「前売り券」で購入できます。

当日券は、東京ディズニーリゾート・オンライン予約サイトから購入(入園当日の閉園1時間前まで購入可能)するか、東京ディズニーランドのチケット売り場で購入できます。私が平日の12時頃に行った時は、行列もなくすぐに買える状態でした。

しかし「1分でも早くアトラクションに乗りたい」「遊べる時間が少ない」という方は、前売り券を購入しておきましょう。

前売り券は、東京ディズニーリゾート・オンライン予約サイト、ディズニーストア、コンビニ、旅行代理店などで購入できます。

前売り券には、入園保証の「日付指定券」と好きな日にちを選べる「オープン券」があります。料金はどちらも同じですが、年末年始やゴールデンウイークなど、混雑する日は日付指定券を購入しておいた方が、確実に入園できます。

チケットを格安で買う8つの方法

東京ディズニーランド

東京ディズニーリゾート(R)・コーポレートプログラム

コーポレートプログラムとは、企業や団体が加入できるサービスです。企業が、東京ディズニーリゾート・コーポレートプログラム利用券を購入することで、従業員は割引価格で1デーパスポートを購入できます。

自分が所属する企業や団体が、参加していないか確認してみましょう。

加入していない場合は、クラブオフという法人・個人事業主向けの会員限定優待サイトで購入できる可能性があります。

クラブオフは、アメリカン・エキスプレスのビジネス・ゴールド・カードを保有することで、無料で利用できます。私もカードを保有しているので、よく利用しています。

クラブオフでは、東京ディズニーリゾート(R)・コーポレートプログラムの割引チケットを購入できることがあります。時期によってはないこともあるので以下の方法で探してみてください。

クーポンの探し方は、クラブオフのサイトで「東京ディズニーリゾート」と検索します。

詳細ページにアクセスして、クーポンがあるかどうかを確認します。見つかれば記載内容の通りに利用できます。

メリット

・1デーパスポートが割引価格で購入できる

デメリット

・東京ディズニーリゾート(R)・コーポレートプログラムに加入していなければ購入できない。

シニアパスポート|65才以上はお得

シニアパスポートは、65才以上の方が購入できるチケットです。開園から1日、東京ディズニーランドもしくは、東京ディズニーシーのどちらか一方に入場できます。

1デーパスポートよりも料金が安いです。

メリット

・65才以上なら、1デーパスポートが割引価格で購入できる

デメリット

・65才以下は購入できない

スターライトパスポート|土日祝日15時からお得

東京ディズニーランド
土日祝日(スターライトパスポート取扱日)の午後15時から入園できるチケットです。午前中別の用事で行けない方や夜のパレードを楽しみたい方はこのチケットがお得です。

東京ディズニーランドもしくは、東京ディズニーシーのどちらか一方に入場できます。

ただし、スターライトパスポートが使えない除外日があります。除外日については運営カレンダーをご覧ください。

メリット

・土日祝日の15時から割引価格で入園できる

デメリット

・15時以降しか入園できない
・土日祝日のみ。平日は購入できない
・除外日がある

アフター6パスポート|平日18時お得

平日(アフター6パスポート取扱日)の午後18時から入園できるチケットです。会社や学校が終わってから夜のパレードを楽しみたい方はこのチケットがお得です。

東京ディズニーランドもしくは、東京ディズニーシーのどちらか一方に入場できます。

ただし、アフター6パスポートが使えない除外日があります。除外日については運営カレンダーをご覧ください。

メリット

・平日の18時から割引価格で入園できる

デメリット

・18時以降しか入園できない
・平日のみ。土日祝日は購入できない
・除外日がある

期間限定パスポート|キャンペーンでお得

東京ディズニーランド
期間限定で、お得に1デーパスポートを購入できるキャンペーンが開催されていることがあります。

ただし、学生限定やファンダフル・ディズニーメンバー限定といった条件がある場合がほとんどです。

現在、販売されている期間限定パスポートは、パークチケット期間限定パスポートをご覧ください。

メリット

・1デーパスポートを割引価格で購入できる

デメリット

・期間限定販売
・誰でも購入できるわけではなく条件がある

マルチデーパスポート|複数日遊ぶならお得

東京ディズニーシー
マルチデーパスポートは、2日~4日連続で遊べるチケットです。

「今日は東京ディズニーランドで遊んで、明日は東京ディズニーシーで遊ぼう」と考えている方は、1デーパスポートを2枚買うよりもマルチデーパスポートを購入した方がお得です。

メリット

・1デーパスポートを複数枚購入するより安い

デメリット

・2日以上遊ぶ方向け

年間パスポート

東京ディズニーリゾートには、3つの年間パスポートがあります。

・2パーク年間パスポート
・東京ディズニーランド年間パスポート
・東京ディズニーシー年間パスポート

年間パスポートは、1年間何度でも楽しめます。東京ディズニーランド年間パスポートなら、年間8回以上行くならお得です。

ただし、年間パスポート使用不可日があるので注意しましょう。

メリット

・1年間複数回遊ぶならお得

デメリット

・1年間に何度も遊びたい方向け
・使用不可日あり

株主優待

東京ディズニーランドを運営する株式会社オリエンタルランドでは、株主優待を実施しています。株主になると保有株式数に応じて、東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーで使える1デーパスポートがもらえます。

内容は変更になる可能性があるので、オリエンタルランド公式サイトでご確認ください。

メリット

・1デーパスポートがもらえる

デメリット

・株主にならなくてはならない

スポンサードリンク

東京ディズニーランドのお得な利用方法

ファストパスを使って待ち時間なしで乗る

ファストパス
ファストパスは、優先的にアトラクションに乗れる「予約券」のようなものです。

待ち時間が長いアトラクションでもすぐに乗ることができ、効率よく遊ぶことができます。

ファストパスは無料で発券できるので、どんどん利用しましょう。

利用方法については、以下ページも参考にしてみてください。

価格が安い食べ歩きグルメ

ターキーレッグ
「レストランの価格が高い!」という方は、食べ歩きグルメがおすすめです。

ターキーレッグやチェロス、ポップコーンなど500円前後のメニューが豊富にあります。ランチやおやつ、子どもの食事にもぴったりです。詳しくは以下ページにまとめました。

お土産はパークの外でも購入できる

ボン・ヴォヤージュ
JR舞浜駅から東京ディズニーランドに向かう途中に「ボン・ヴォヤージュ」という国内最大級のディズニーショップがあります。グッズやお菓子などが購入できます。

チケットは不要でだれでも購入できます。東京ディズニーランド内でしか購入できないグッズもありますが「時間がないからお土産だけ買いたい」という方におすすめです。一部の商品が割引価格になっていることもあります。


私も、子どものお土産に35周年のお菓子を買いました。

イクスピアリ
近くには、イクスピアリというショッピングモールもあり、ショッピングや飲食を楽しむこともできます。

再入場可能

出口
当日に限り、再入場が可能です。

再入場する際は、出口で手にスタンプを押してもらいます。入園口で、チケットとスタンプを提示すると再入場できます。

詳しくは、以下ページをご覧ください。

クレジットカードが使える


東京ディズニーランドでは、以下の国際ブランドのクレジットカードが利用できます。

VISA、JCB、MasterCard、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブカード、ディスカバーカード、銀聯カード

ポイントが貯まるクレジットカードならお得ですね。以下ページも参照してみてください。

宿泊が割引になるクーポン

ホテル
ディズニーランドの提携ホテルや東京のホテルに宿泊する方は、以下ページも参考にしてみてください。

我が家は、東京ディズニーランド パートナーホテルの三井ガーデンホテルプラナ東京ベイに宿泊しました。宿泊料金や駐車場代が安くておすすめです。

駐車場を安く利用する

車で行く方は、以下ページも参考にしてみてください。

期待しても安くならない!格安チケット購入で注意したいこと

以下の方法は、格安チケット探しに慣れている人なら誰でも思いつくことです。しかし、東京ディズニーランドに限っては安くならないので、期待せずにみてください。

チケットを安く購入できるクーポンはないの?

JAFの優待やクーポンサイトのクーポンなどはありません。

金券ショップやヤフオクでの購入に注意!

東京ディズニーランドのチケットは、営利目的での不正な転売が禁止されています。

ネットオークション(ヤフオクなど)やチケット売買サイト、金券ショップなどで、第三者から購入する場合は注意しましょう。

不正な転売が確認された場合、チケットは無効となります。

まとめ:東京ディズニーランドはお得に利用しやすい

最後にもう一度まとめます。東京ディズニーランドをお得に利用するには以下の方法があります。

・東京ディズニーリゾート(R)・コーポレートプログラム
・シニアパスポート
・スターライトパスポート
・アフター6パスポート
・期間限定パスポート
・マルチデーパスポート
・年間パスポート
・株主優待

スターライトパスポートやアフター6パスポートなど、夕方以降に入園できるチケットはお得です。1デーパスポートを安く買いたい方は、期間限定パスポートを狙ってみましょう。

東京ディズニーシーを利用する方は、以下ページも参考にしてみてください。

スグに使える!断然お得な旅行・宿泊クーポン

国内も海外も!絶対お得な旅行クーポン

当サイトでは、旅行サイトで配布されている旅行・宿泊クーポンをまとめています。急な旅行でも間に合うように、スグに使えるクーポンを厳選。用途に応じて選ぶことで格安で旅行ができますよ。

旅行サイト 特徴
じゃらん 国内の宿泊・遊びに強い
楽天トラベル 楽天ポイントが貯まる・使える
るるぶ クーポン大量配布
Yahoo!トラベル Tポイントが貯まる・使える
一休.com ワンランク上のホテルや旅館に強い
Relux 記念日を祝う国内旅行
JTB 国内・海外のツアーパックに強い
H.I.S. 海外旅行に強い
Trip.com 中国、香港、マカオ、台湾の旅行予約に強い
エクスペディア 海外の宿泊予約に強い
DeNAトラベル 格安航空券とのセットに強い
Booking.com 口コミを見ることができる
ホテルズドットコム 国内・海外510,000以上のホテルを予約できる
公開日:2018年12月27日