billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

クレジットカード比較!ポイントが貯まりやすいおすすめカード

スポンサードリンク

ポイントが貯まりやすいおすすめのクレジットカード
「ポイントがザクザク貯まる!」

クレジットカードの宣伝では、必ずと言っていいほどポイントのメリットが強調されますよね。

しかし、「ポイントってそんなに貯まるの?」「このお店ではたまにしか買い物しないしなぁ」とちょっと不安になってしまうこともあるでしょう。私も5枚のクレジットカードを愛用していますが、実はそれほどポイントが貯まっていないカードもあるんですよね。

それでも、2~3枚のクレジットカードは、よく使うお店やネット通販で集中して使うことによって、1ヶ月で数千ポイントが貯まることがあります。現金払いでは絶対に貯まらないポイントなので、上手く使えばやっぱりお得なんですよね。

このページでは、ポイントが貯まりやすいおすすめのクレジットカードを紹介します。おすすめは人によって異なるので、万能に使える複数のカードを比較します。

スポンサードリンク

最強はどれ!?おすすめのクレジットカード比較

ポイントが貯まりやすい
ここでは、「ポイントが貯まりやすい」そして「ポイントが使いやすい」クレジットカードを比較して紹介します。

なお、カードを発行しやすいようにすべて年会費無料のカードを厳選しています。

名称 ポイント還元率 3つの強み
リクルートカード リクルートポイント(還元率1.2%以上) ・ポイント還元率1.2%
・じゃらんやホットペッパービューティーでポイントが貯まりやすい
・Pontaポイントに交換できる
Yahoo! JAPANカード Tポイント(還元率1%以上) ・普段の買い物でもポイントが貯まる
・Yahoo!ショッピングとロハコでポイントが貯まりやすい
楽天カード 楽天ポイント(還元率1%以上) ・普段の買い物でもポイントが貯まる
・楽天市場でポイントが貯まりやすい
dカード dポイント(還元率1%以上) ・普段の買い物でもポイントが貯まる
・ローソンで割引がある
・ドコモ携帯電話利用者はお得

リクルートポイント(Pontaポイント)、Tポイント、楽天スーパーポイント、dポイントは、貯まる・使えるお店が多いポイントです。一つのお店ではなく、いろんなお店で使えるので、ポイントを貯めやすい利点があります。

そのため、自分がよく利用するポイントが貯まるクレジットカードを作るのがおすすめです。楽天市場を使うなら楽天カード、ロハコをよく使うならYahoo!Japnaカードといった具合ですね。

その中でも、最もポイントを貯めやすく、使いやすいカードを一つ選ぶとすればリクルートカードです。じゃらんやホットペッパービューティー、ポンパレといったリクルートのサービスでポイントが貯まりやすい他、Pontaポイントに交換できるので、ローソンやゲオでも使えるようになります。

さらに、ポイント還元率が1.2%。他のカードと比較して高還元率なのもポイントを貯めやすい理由です。

ちなみに、私は楽天カードYahoo! JAPANカードを保有しています。楽天ポイントやTポイントが貯まるお店をよく使うことが理由ですね。

ポイントが貯まりやすいおすすめのクレジットカード

前項で比較したクレジットカードの特徴を詳しく紹介します。

リクルートカード

リクルートポイントが最も貯まりやすいカード。元々1.2%の高還元率ながら、じゃらんやホットペッパービューティーでは、さらに還元率が上がります。Pontaカードに交換もできるので、ローソンやケンタッキーフライドチキンなどPonatポイントが貯まるお店をよく利用するのであれば、使い勝手がいいです。また、年会費無料でありながら海外・国内旅行保険(利用付帯)もつく希少なカードです。

年会費・発行手数料 永年無料
国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
ポイント還元率 1.2%~(リクルートポイント)
海外旅行保険 最高2,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 最高1,000万円(利用付帯)

こんな人におすすめ

・リクルートのサービスをよく利用する
・Ponta加盟店をよく利用する

現在、リクルートカードに申し込みで、ポイントがもらえるキャンペーンが開催されていますよ。

楽天カード

楽天スーパーポイントが最も貯まりやすいカード。楽天市場では最大4倍、普段の買い物でも100円につき1ポイント貯まります。ポイントは楽天関連サービスで1ポイント1円相当として使えます。楽天モバイルや楽天トラベル、楽天ポイントカード加盟店など、楽天のサービスをよく利用するのであれば必須ともいえるほどお得なカード。私も愛用しています。

年会費・発行手数料 永年無料
国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
ポイント還元率 1%~(楽天スーパーポイント)
海外旅行保険 2,000万円(利用付帯)

こんな人におすすめ

・楽天系列のサービスをよく利用する
・楽天ポイントカード加盟店をよく利用する
・楽天ID加盟店をよく利用する

現在、楽天カードに申し込みで、ポイントがもらえるキャンペーンが開催されていますよ。

Yahoo! JAPANカード

Tポイントが最も貯まりやすいカード。Yahoo!ショッピングやロハコでは2倍、普段の買い物でも100円につき1ポイント貯まります。ポイントはTポイントの関連サービスで1ポイント1円相当として使えます。Tカードとしても使えるので、TUTAYAやガスト、ファミリーマートなどTポイントが貯まるお店をよく利用するのであれば、使い勝手がいいです。私もTポイントが使えるお店ではTカードとして使っています。

年会費・発行手数料 永年無料
国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
ポイント還元率 1%~(Tポイント)
海外旅行保険 なし

こんな人におすすめ

・Tカード加盟店をよく利用する
・Yahoo!ショッピングやロハコをよく利用する

現在、Yahoo!JAPANカードに申し込みで、ポイントがもらえるキャンペーンが開催されていますよ。

dカード

ドコモ携帯電話とdポイントが貯まるお店を利用する人にメリットがあるカード。普段の買い物でもdポイントが貯まる(還元率1%)他、ドコモの利用料金、dカード特約店(エネオス、タワーレコード、JALなど)、dポイント加盟店(ローソン、マクドナルドなど)ならさらにお得にポイントが貯まります。貯まったポイントは、JALのマイルやPontaポイントにも交換可能。ブロンズステージの割引クーポンやケータイ補償といった特典も充実しています。

年会費・発行手数料 初年度無料。年1回以上の利用で翌年度も無料
国際ブランド VISA、MasterCard
ポイント還元率 1%~(dポイント)
旅行保険 海外・国内共になし
提携会社 株式会社NTTドコモ

こんな人におすすめ

・ドコモの携帯電話を利用している
・dカード特約店をよく利用する
・dカード加盟店をよく利用する
※詳しくは以下、公式サイト参照

現在、dカードに申し込みで、ポイントがもらえるキャンペーンが開催されていますよ。

スポンサードリンク

選び方と注意点

選び方と注意点
「自分でも探してみたい」「気になるカードがある」という人のために、ポイントが貯まりやすいクレジットカードを選ぶときに、チェックしておきたいポイントを詳しく紹介します。

まず、あなたにとって、ポイントを貯めやすいクレジットカーをみつけるには、以下の2つを注意するといいでしょう。

・よく使うお店やネット通販でポイントが貯まるクレジットカードを作る
・ポイントを使えるお店が多いクレジットカードを作る

あなたがよく使うお店で、優遇されているクレジットカードがあるはずです。例えば、「楽天カードなら楽天市場でポイントが2倍!」という広告を見たことがあるでしょう。

このようなネット通販では、ポイントが貯まりやすいといえます。そして、貯まったポイントを使えるお店が多いと、がっつりと貯めたポイントを無駄なく使えます。

ポイント還元率について

ポイントが貯まりやすいクレジットカードを探すうえで、必ず目にするのが「還元率」です。還元率とは、利用金額に応じて、どれくらいポイントで得するかを表しています。例えば、以下の条件では、還元率1%になります。

・100円で1ポイント貯まる
・1ポイント1円として使える
式:1/100 = 0.01 0.01×100 = 還元率1%

つまり、還元率1%のカードでは、1,000円の買い物で10ポイント、10,000円の買い物で100ポイント貯まります。還元率1.2%のカードなら、1,000円の買い物で12ポイント、10,000円の買い物で120ポイント貯まります。比較すると還元率1.2%のカードの方がお得ですよね。

還元率の高いカードを「高還元率カード」と言ったりもします。もちろん、高還元率のカードはそれだけお得ですから人気があります。

ポイント高還元率の目安

高還元率の目安は、以下を基準にしておくといいでしょう。

0.5%以下 低い
0.5% 普通
1% 良好
1%以上 高還元率

還元率が0.5%であれば普通です。とはいえ、1%と比較すると倍以上の開きがあるわけですから、「ポイントを貯めたい」のであれば1%以上のカードを選ぶといいでしょう。

このページで紹介しているカードも1%~それ以上のカードを選んでいます。

特定のお店でポイントアップ

気を付けておきたいのは、還元率が低いカードでも、特定のお店では「ポイント2倍!ポイント3倍!」などのポイントアップがあること。

例えば、楽天カードなら楽天市場での支払いで、ポイント3倍になります。つまり3%も還元率が高くなります。

このように、よく使うお店のクレジットカードを作っておくと最大限にポイントを貯められるようになります。

ポイントを交換する

貯まったポイントを別のポイントやマイル、電子マネーに交換できるカードがあります。

例えば、リクルートカードで貯めたリクルートポイントは、Pontaポイントに交換できます。つまり、ローソンやゲオといったお店でも使えるようになります。

楽天カードで貯めた楽天ポイントは、電子マネーの楽天EdyやANAマイルに交換できます。

このように、ポイントの使い道が幅広いと貯めたポイントを無駄なく消費できます。

まとめ:ポイントの貯まりやすいクレジットカード

最後にこのページで紹介したクレジットカードをまとめます。

名称 ポイント還元率 3つの強み
リクルートカード リクルートポイント(還元率1.2%以上) ・ポイント還元率1.2%
・じゃらんやホットペッパービューティーでポイントが貯まりやすい
・Pontaポイントに交換できる
Yahoo! JAPANカード Tポイント(還元率1%以上) ・普段の買い物でもポイントが貯まる
・Yahoo!ショッピングとロハコでポイントが貯まりやすい
楽天カード 楽天ポイント(還元率1%以上) ・普段の買い物でもポイントが貯まる
・楽天市場でポイントが貯まりやすい
dカード dポイント(還元率1%以上) ・普段の買い物でもポイントが貯まる
・ローソンで割引がある
・ドコモ携帯電話利用者はお得

あなたがよく使うお店やネット通販で、ポイントが貯まりやすいクレジットカードを作るのが最良の選択です。

もしも、迷ってしまうなら、リクルートカードが最もおすすめ。年会費無料で1.2%もの高還元率カードは他にありません。

他にも、Tポイントを貯めたいならYahoo! JAPANカード、楽天スーパーポイントを貯めたいなら楽天カード、dポイントを貯めたいならdカードがそれぞれ最強にポイントが貯まるカードです。

それに、ネットでもリアル店舗でもポイントが貯まるので、汎用性があり使いやすいんですよね。はじめてのクレジットカードでも持ちやすいですよ。

以下ページでも用途に応じて、おすすめのクレジットカードを紹介しています。

公開日:2017年4月9日