お得情報研究家「まめ」がエナジードリンク情報をお届け

レッドブルはどんな味?7種類を実際に飲んで比較

どんな味 レッドブル 味
レッドブル(Red Bull)は、オーストリアのRed Bull GmbHが販売するエナジードリンクです。世界160か国以上で販売され、日本のコンビニでも定番のエナジードリンクですよね。

レッドブルは、複数の種類が販売されていて、味も異なります。「どんな味がするの?」「おいしいの?まずいの?」と思われるかもしれません。

このページでは、7種類(青・水色・金色・黄色・白・緑・紫)のレッドブルの味について紹介します。新作が販売されたら、随時、試して更新していきます。紫の缶のパープルエディションが2021年6月に発売された新作です。

スポンサードリンク

レッドブルの味を比較

【新味】レッドブル・パープルエディション(紫)

レッドブル・パープルエディション
紫色の缶のレッドブルは、巨峰フレーバー(ぶどう)です。数量限定販売で、いずれ、なくなるかもしれません。

味は、濃いファンタグレープといった感じ。ぶどうゼリーを食べたときのようなグレープ感が漂います。酸味は強め。後味にグレープとレッドブル(青)特有の味がします。

単純に、ぶどう味の炭酸が好きな方に、おすすめです。

内容量 250ml
カロリー(100mlあたり) 47kcal
主な栄養成分(100mlあたり) タンパク質0g、脂質0g、炭水化物11.0g、食塩相当量0.20g、ナイアシン3mg、パントテン酸2.0mg、ビタミンB6 2.0mg、ビタミンB12 2.0ug、アルギニン120mg、カフェイン32mg
原材料 砂糖類(砂糖、ぶどう糖)、酸味料、炭酸、炭酸水素ナトリウム、香料、L-アルギニン、カフェイン、着色料(パープルキャロット、ブドウ色素、青1)ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B6、V.B12

レッドブル・エナジードリンク(青)

レッドブル・エナジードリンク
最も定番のレッドブルです。リアルゴールドやオロナミンCのような甘さではなく、少し酸味がありキリっとした甘さがあります。

長距離ドライブで飲むときは、レッドブルを買うことが多いです。なんだかんだで、味は一番おいしいと思います。コカ・コーラのように、ハマりやすいです。

内容量 250ml
カロリー(100mlあたり) 46kcal
主な栄養成分(100mlあたり) タンパク質0g、脂質0g、炭水化物10.8g、食塩相当量0.20g、ナイアシン3mg、パントテン酸2.0mg、ビタミンB6 2.0mg、ビタミンB2 0.09mg、ビタミンB12 2.0ug、アルギニン120mg、カフェイン32mg
原材料 砂糖類(砂糖、ぶどう糖)、酸味料、炭酸、香料、L-アルギニン、着色料(カラメル)、カフェイン、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B6、V.B2、V.B12
購入時の価格 259円

レッドブル・シュガーフリー(水色)

レッドブル・シュガーフリー
レッドブル(Red Bull)の無糖タイプ。甘みが少なくすっきりとした味が特徴です。定番のレッドブルより、酸味が強く、少しクセがあります。

他のエナジードリンクが甘すぎると感じるならおすすめ。内容量が185mlと少ないので、ドライブの前や仕事前などにサッと飲みたいときでも飲みやすいです。

内容量 185ml
カロリー(100mlあたり) 0kcal
主な栄養成分(100mlあたり) タンパク質0g、脂質0g、炭水化物0g(糖類0g)、食塩相当量0.20g、ナイアシン3mg、パントテン酸2.0mg、ビタミンB6 2.0mg、ビタミンB2 0.09mg、ビタミン12 2.0ug、アルギニン120mg、カフェイン43.2mg
原材料 酸味料、香料、L-アルギニン、着色料(カラメル)、カフェイン、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、増粘剤(キサンタガム)、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B6、V.B2、V.B12
購入時の価格 203円

レッドブル・エナジードリンク サマーエディション(金色)

レッドブル・エナジードリンク サマーエディション
洋梨・パッションフルーツフレーバー味のレッドブルです。期間限定で販売されるので、通年では販売されていません。

酸味と甘さが絶妙でさっぱりとした飲み心地です。フルーツフレーバーのおかげで、トロピカルジュースのような感じがして飲みやすいです。

内容量 185ml
カロリー(100mlあたり) 46kcal
主な栄養成分(100mlあたり) タンパク質0g、脂質0g、炭水化物10.7g、食塩相当量0.12g、ナイアシン3mg、パントテン酸2.0mg、ビタミンB6 2.0mg、ビタミンB12 2.0ug、アルギニン120mg、カフェイン43.2mg
原材料 砂糖類(砂糖、ぶどう糖)/酸味料、炭酸、香料、L-アルギニン、カフェイン、着色料(カロチノイド、カラメル)、酸化防止剤(V.C)、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B6、V.B12(一部にオレンジを含む)
購入時の価格 203円

レッドブル・エナジードリンク ホワイトエディション(白)

レッドブル・エナジードリンク ホワイトエディション
白い缶のレッドブルは、ホワイトピーチフレーバーです。期間限定で販売されるので、通年では販売されていません。

よくあるピーチ味のジュースに、強めの炭酸を加えたような味。ピーチの甘みが強く、1本飲み終わる頃には、結構、口の中が甘くなります。

内容量 185ml
カロリー(100mlあたり) 45kcal
主な栄養成分(100mlあたり) タンパク質0g、脂質0g、炭水化物10.7g、食塩相当量0.12g、ナイアシン3mg、パントテン酸2.0mg、ビタミンB6 2.0mg、ビタミンB12 2.0ug、アルギニン120mg、カフェイン43.2mg
原材料 砂糖類(砂糖、ぶどう糖)/酸味料、炭酸、香料、L-アルギニン、カフェイン、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B6、V.B12(一部に小麦・オレンジを含む)
購入時の価格 203円

レッドブル・イエローエディション(黄色)

レッドブル・イエローエディション
トロピカルフルーツ味のレッドブル。海外で売っている甘めのフルーツジュースに、炭酸をくわえたような味です。

甘さはありますが、後味に炭酸のキリっとした感じがあり、キレのある飲み心地。マンゴージュースやミックスジュースが好きな方におすすめです。

レッドブル・イエローエディションは、販売されているお店が限定されています。Amazonやドラッグストアのウエルシア、大学生協などで購入できます。

内容量 250ml
カロリー(100mlあたり) 47kcal
主な栄養成分(100mlあたり) タンパク質0g、脂質0g、炭水化物11g、食塩相当量0.12g、ナイアシン3mg、パントテン酸2.0mg、ビタミンB6 2.0mg、ビタミンB12 2.0ug、アルギニン120mg、カフェイン32mg
原材料 砂糖類(砂糖、ぶどう糖)、酸味料、炭酸、L-アルギニン、香料、カフェイン、着色料(カラメル、カロチノイド)、乳化剤、ナイアシン、パントテン酸Ca,V.B6、V.B2、V.B12
購入時の価格 203円

レッドブル・グリーンエディション(緑)

レッドブル・グリーンエディション
緑色の缶のレッドブルは、ライムフレーバーです。ライムの酸っぱさがある柑橘系の味。エナジードリンクっぽさが少なく、とても飲みやすいです。

フレッシュな爽快感があり、レモンやグレープフルーツなどの炭酸飲料が好きな方におすすめ。さわやかな味と香りで、気分的にもリフレッシュできます。個人的にはとても好きな味。数量限定販売らしいですが、レギュラーとして販売してほしいです。

内容量 250ml
カロリー(100mlあたり) 46kcal
主な栄養成分(100mlあたり) タンパク質0g、脂質0g、炭水化物10.7g、食塩相当量0.09g、ナイアシン3mg、パントテン酸2.0mg、ビタミンB6 2.0mg、ビタミンB12 2.0ug、アルギニン120mg、カフェイン32mg
原材料 砂糖類(砂糖、ぶどう糖)、酸味料、炭酸、香料、L-アルギニン、カフェイン、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B6、着色料(青1)、V.B12(一部にオレンジを含む)
購入時の価格 206円

※価格や栄養成分は、購入時のものです。変更になることもあると思います。目安としてご覧ください。

スポンサードリンク

まとめ

レッドブルの6種類の味をランキングにすると以下のようになりました。

【1位】レッドブル・エナジードリンク(青)
【2位】レッドブル・グリーンエディション(緑)
【3位】レッドブル・シュガーフリー(水色)
【4位】レッドブル・エナジードリンク サマーエディション(金色)
【5位】レッドブル・エナジードリンク ホワイトエディション(白)
【6位】レッドブル・パープルエディション(紫)
【7位】レッドブル・イエローエディション(黄色)

王道のレッドブルが一番おいしい味だと思います。ただ、フレッシュ系のグリーンエディションも個人的には好きです。その他のフルーツフレーバー系は、一口目はおいしいのですが、たくさん飲むとちょっと甘すぎますね。

公開日:2020年8月4日
目次