お得情報研究家「まめ」が大阪への旅行・お出かけ情報をお届け

高槻フィールドアスレチック成合に行ってきました|遊び方・駐車場・アクセスを紹介

旅行予約サイトのクーポンを使えば宿泊や交通付プランを安く予約できます。→【最新】旅行・宿泊クーポン
更新 ※一部に広告表示

高槻フィールドアスレチック成合
大阪府高槻市成合北の町にある高槻フィールドアスレチック(成合コース)に子供と行ってきました。

山の中に「民話体験コース」と「史跡体験コース」の2つのアスレチックがあります。急な斜面や山道に本格的なアスレチック遊具があり、子供も大人も体を使って遊べます。

今回は、高槻フィールドアスレチック(成合コース)に行ってわかった口コミ情報や遊び方、駐車場、アクセスなどをブログ記事で紹介します。

スポンサードリンク

アクセス

〒569-1017 大阪府高槻市成合北の町242

高槻市の中心部から、少し北にあります。山奥というわけではないので、アクセスしやすいです。

駐車場

カーナビで住所を入力して進むと「高槻フィールドアスレチック」と書かれた看板が見えます。途中で細い道を通るので、はじめて行くときは不安になりますが、看板の方向に車で進むと駐車場があります。

駐車料金は無料です。

駐車場
駐車場は、十数台とめられます。駐車場の線がありませんが、混雑時は、係員さんが誘導してくれるので安心してください。

我が家が、朝11時ごろいったときは、2台分ぐらいのスペースが空いてました。12時を過ぎると、混雑してきます。早めに行くのがおすすめです(上記写真は14時ごろです。帰り際は空いてました)。

最寄り駅

最寄り駅は以下です。

・阪急電鉄京都本線 高槻駅
・JR東海道本線 高槻駅

駅からは離れているので、高槻市営バスに乗り「上成合バス停」まで行きましょう。

▽乗り場
JR高槻駅南口(市バス6番乗場松坂屋前)
阪急高槻駅北口6番乗場

上成合バス停からは、歩いてすぐです。

スポンサードリンク

料金

チケット
高槻フィールドアスレチック(成合コース)の料金は以下です。

大人(高校生以上):800円(税込)
子供(小・中学生)600円(税込)
幼児(3才以上未就学児)300円(税込)
団体割引:20名以上1人につき50円割引

※料金は変更になることもございます。詳しくは高槻フィールドアスレチック公式サイトをご覧ください。

チケットは、受付の小屋で当日券を購入できます。アスレチックで遊ぶ人も付き添いの人も、全員分の料金がかかります。

スポンサードリンク

アスレチックの準備

ゼッケン
チケットを購入すると人数分のゼッケンを貸してもらえます。アスレチック施設内で遊ぶ間は、かぶっておきます。

コースマップ
係員さんが、コースの説明と注意事項をレクチャーしてくれます。紙のコースマップももらえます。

コインロッカー
荷物を預けられるコインロッカーもあります。

アスレチックコースに一旦入ると、1時間以上かかります。トイレも済ませておきましょう。

遊び方や見どころ

高槻フィールドアスレチック 成合コース
高槻フィールドアスレチック(成合コース)には「民話体験コース35ポイント」と「史跡体験コース25ポイント」の2つのコースがあります。

料金内で、両方のコースを楽しめます。民話体験コースに行った後に、史跡体験コースに行くこともできます。我が家も両方を楽しみました。

民話体験コース

民話体験コース
民話体験は、摂津の国(三島郡)に語り伝えられた民話をモチーフにしたアスレチックです。

アスレチックポイントには、遊び方と民話の話が描かれています。話がつながっているので、読み進めていくと物語になります。

アスレチック
アスレチックは、木や縄でできています。かなり丈夫です。山道に作られていて、冒険心をくすぐられます。

木株を鳴らすアスレチック
飛び上がって木株を鳴らすといったユニークなアスレチックも。

ロープアスレチック
ロープで吊るされた丸太の上を歩く、といった難易度の高いアスレチックもあります。子供が夢中で遊んでました。

丸太滑り
丸太に座って、空中を滑り降りるアトラクション。高さ、スピードがあり、スリルがあります。

丸太のトンネルくぐり
丸太のトンネルくぐり。

吊り橋わたり
水の上に張られた竹を渡る吊り橋わたり。落ちると水びたしになります。

これらの他にも、全部で35ポイントものアスレチックがあり、めちゃくちゃ楽しめました。

史跡体験コース

史跡体験コース
史跡体験コースは、高槻の昔の暮らしをテーマにしています。

舟こぎ
ロープの上に乗ってゆらゆら揺れる舟こぎ。幼稚園児や小学生低学年など、小さな子供でも遊びやすいアスレチックが多いです。

たいこ叩き
木の棒で丸太を叩くたいこ叩き。大人でもストレス発散になります。

丸太滑り
丸太に座って、滑り降りるアスレチックもあります。高さがあり、結構怖いです。

これらの他にも、全部で25ポイントものアスレチックがあります。民話体験コースよりも数が少ないので、短い時間でも楽しみやすいです。

モノレール

モノレール
モノレールは、全長400mの乗り物です。1人300円がかかります。

急斜面を登りながら、山の景色を楽しめます。我が家は乗りませんでした。

ランチを楽しむ

売店と休憩スペース

休憩スペース
高槻フィールドアスレチックには、テーブルやイスが多く設置されていて、お昼ご飯やおやつを食べることもできます。テントを広げる場所はなさそうでした。

お弁当や飲み物の持ち込みも可能です。コンビニやスーパーで、事前に買って行くとピクニック気分で楽しめます。

売店では、カップヌードルやフランクフルト、ぜんざい、お菓子、アイスクリームなどが販売されていました。自動販売機もあります。

バーベキュー

事前予約が必要ですが、バーベキューもできます。3,000円+入場料(人数分)がかかります。

炭・網もしくは鉄板・トング付き。食材やお箸、コップなどは用意されていません。持ち込みで楽しめます。

予約方法や電話番号は高槻フィールドアスレチック公式サイトをご覧ください。

混雑状況

我が家は11月の日曜日に行きました。11時ごろに着いたときは、人も少なく、存分にアスレチックを楽しめました。前が詰まることも、ほとんどなかったです。

13時を過ぎると団体や子供連れが、かなり増えました。お弁当を食べてから、アスレチックに行ってる人も多かったです。

混雑を回避したいなら、午前中から行くのがおすすめです。

所要時間

我が家は「民話体験コース」と「史跡体験コース」の両方のアスレチックと軽く昼食を食べました。

スピーディーに進んだので、所要時間は、3時間ぐらいです。1つのコースだけなら、2時間ぐらい見ておけばいいと思います。

よくある質問

どんな服装がいい?

高槻フィールドアスレチック
靴はスニーカーが必須です。アスレチックをしない大人でも、急な山道や足場の悪い道を進みます。滑りやすい場所もあるので、スニーカーで行きましょう。

コースを歩いて1周するだけでも、かなり疲れます。

服装もスポーツウェアや動きやすい服装がおすすめです。秋や冬は寒いので、冷えるのが心配な方は、厚着がいいです。動いているときは暑いですが、休憩中は寒いので。

持ち物は?

基本的には、手ぶらで大丈夫です。

ただし、水に落ちると濡れてしまうアスレチックもあるので、タオルや着替えは持って行った方がいいです。

あとは、水分や昼食を持って行きましょう。バーベキューをする場合は、事前予約したうえで、食材や食器の持ち込みが必要です。

周辺の観光スポット

高槻フィールドアスレチックの周辺には、摂津峡公園やボーネルンド プレイヴィル 安満遺跡公園などの遊び場や観光スポットがあります。

周辺だけでも、一日遊べます。

営業時間・定休日

営業時間や定休日については高槻フィールドアスレチック公式サイトをご覧ください。

まとめ:口コミ

高槻フィールドアスレチックは、本格的なアスレチックコースで、思ってた以上に楽しめました。

料金も手ごろ。休日に、子供と行くのは、めちゃくちゃおすすめです。自然中で体を使って遊べます。

大阪で子供と遊びたい方は、以下ページも参考にしてみてください。

まめ

著者:まめ
海外・国内旅行マニア。お得情報研究家として、テレビ出演多数。海外滞在歴(ロサンゼルス、シアトル、サンフランシスコ、シカゴ、ワシントンDC、ニューオリンズ、ハワイ、シンガポール、タイ)。実体験を元に、旅行に役立つ情報や宿泊クーポン、旅行セール情報を配信してます。
まめのプロフィール
X(Twitter):まめ(旅行用)

内容は変更になる可能性もございます。利用の際は公式サイトの確認をお願いします。


目次