ビリオンログ billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

台数無制限でコスパ最強!マカフィー リブセーフを使ってわかった口コミ評価

スポンサードリンク

台数無制限でコスパ最強 マカフィー リブセーフ セキュリティソフト
マカフィー リブセーフは、自宅にあるパソコンやスマホなどに使えるセキュリティソフトです。

最大の特徴は、同居する家族であれば、台数無制限でインストールできること。自分が使っているノートパソコンやスマホだけでなく、家族が使っている分までインストールできます。

スマホ
我が家は、ノートパソコン、デスクトップパソコン、スマホなどたくさんの端末を使っているので、台数無制限の方がコスパがいいので使ってみました。

とはいえ「動作は重たくならないか」「インストールできるか心配」と思われるかもしれません。

しかし、インストール前と動作も変わりなく軽いし、30日間無料体験版もあるので、はじめての方でも安心して使えます。

このページでは、実際に使って分かったマカフィー リブセーフのメリットやデメリット、インストール方法など、口コミ情報を紹介します!

スポンサードリンク

マカフィー リブセーフのメリット

台数無制限でパソコンやスマホにインストールできる

マカフィーリブセーフは台数無制限
マカフィー リブセーフは、以下の端末に対応しています。

・Windows 10 (32ビット/64ビット)
・Windows 8.1 (32ビット/64ビット)
・Windows 8 (32ビット/64ビット)
・Windows 7 (32ビット/64ビット)
・macOS 10.12 以降(CPUはインテル® プロセッサーに対応)
・Android* (スマートフォン/タブレット) 4.2、4.3、4.4、5.0、5.1、6.0、7.0、7.1、8.0、8.1、9.0
・iOS 10 以降

※最新OSには、順次対応しています。最新情報は、マカフィー リブセーフの動作環境をご覧ください。

Windowsのノートパソコンやデスクトップパソコン、mac、Androidのスマホやタブレット、iPhoneなど、一般的なあらゆる端末で使えます。

しかも、同居する家族であれば、台数無制限でインストールできます。

複数台にインストールできるセキュリティソフトはたくさんありますが、1~5台までといったように、台数が制限されていることが多いんですよね。

最近は、子どもがスマホを持ったり、おじいちゃんがタブレットでゲームをしたりと年代を問わず使われていますよね。

しかも、一人が複数台の機器を持っていることも少なくありません。

▽例
お父さん:Windowsのデスクトップパソコン、スマホ
お母さん:macのノートパソコン、スマホ
子ども(兄):スマホ
子ども(弟):スマホ
おじいちゃん:タブレット、スマホ
おばあちゃん:スマホ

そのため、台数無制限でインストールできた方が追加費用がかからず、価格も割安になります。

動作が軽い

マウスコンピューター
セキュリティソフトを入れるとパソコンの動作が重くなってしまうと心配になりますよね。

以下は、私がメインで使っているマウスコンピューターのパソコンを使って検証した結果です。

▽スペック
CPU:Core(TM) i7-3770 プロセッサー
メモリ:16GB
HDD:2TB

インストール後のパフォーマンス
マカフィー リブセーフをインストール後のパフォーマンスです。「リアルタイム スキャン」という常にパソコンのウイルスチェックしてくれる機能をオンにしています。ネットや画像編集をしても普段と変わりなく快適にパソコンを使えます。

クイックスキャン実行時のパフォーマンス
次に「クイックスキャン」という機能の実行時のパフォーマンスです。ウイルスチェックをしたいときだけ、スキャンを実行するとパソコンで観戦する可能性が最も高い領域をすばやくスキャンしてくれます。

クイックスキャン
やや動作は重くなりますが、ネットをするには支障ありません。10分程度でスキャンも終わるので、心配な時だけ実行すればいいと思います。

フルスキャンのパフォーマンス
次に「フルスキャン」という機能の実行時のパフォーマンスです。フルスキャンは、パソコンを徹底的にスキャンしたいときに実行する機能です。パソコンがかなり重たくなり、作業に支障は出ます。

フルスキャンは、パソコンが心配なときに月1回程度すればいいと思います。時間もかかりますので、寝る前につけっぱなしで放置するのがベストです。

「クイックスキャン」と「フルスキャン」は実行したいときだけに実施する機能です。通常の「リアルタイム スキャン」時に重たくならなければいいので、動作の軽さにはとても満足しています。

ウェブ閲覧を高速化できる

マカフィー ウェブブースト
マカフィー リブセーフには、ウェブ閲覧を高速化できる「マカフィー ウェブブースト」と「マカフィー アプリブースト」という機能を使えます。

マカフィー ウェブブーストは「不要なダウンロードなどによる通信を削減」「動画の自動再生を停止」といった機能が使えます。

例えば、YouTubeにアクセスしたときに動画が自動で再生されることがあります。このときにYouTubeの動画の自動再生を停止するように設定しておけば、動画が勝手に再生されずに停止されます。ページ単位で設定できます。

安全にウェブ閲覧ができる

安全評価アイコン
海外のサイトや普段見ないサイトをみる時は、アクセスするのが心配になりますよね。

マカフィー リブセーフは、最新のウイルス、トロイの木馬、ランサムウェア、スパイウェア、ルートキットに対応しています。

ウェブサイトにアクセスするときは、検索結果に安全評価アイコンが表示されます(上記の緑色のチェックアイコンです)。アクセスする前に、危険なサイトを教えてくれるので安心です。

万が一、アクセスしてしまった場合でも「警告が表示されアクセスをブロック」「問題解決のためのメッセージを表示」「ファイルダウンロード時の警告」が表示されます。感染する前に、危険の警告を表示してくれるのでとてもわかりやすいです。

情報漏洩の保護


パソコンには、個人情報やアカウント情報、パスワード、クレジットカード番号が保存されていることがあります。それらの情報漏洩を防ぐために、以下の機能が使えます。

・ID/パスワード管理のTrue Keyアプリが使える
・パソコンに保存されているファイルの暗号化
・モバイル機器の紛失対策機能
・PIN番号で保護された本人以外にアクセスができないストレージ(金庫)にファイルを保存(iOS向け)
・パスワードで保護されていないWi-Fiに接続すると警告(Android向け)

マカフィー リブセーフを利用している方は、ID/パスワード管理のTrue Keyアプリを追加料金なしで、無制限で使えます。

True Keyアプリを使うことで、ID/パスワード、個人情報を安全に管理できます。

ウイルスを除去できない場合は返金

マカフィー リブセーフには「100%保証」が付いています。

マカフィー リブセーフがインストールされた端末がウイルスに感染した場合、ウイルスを除去してくれます。万が一、ウイルスを除去できない場合は、料金を返金してくれます。

なお、「100%保証」を有効にするには、マカフィーの自動更新を有効にしておく必要があります。無効にしている場合は、保証を受けられないので注意してください。


自動更新を有効にするにはマカフィーを立ち上げて「更新」というところから設定できます。ただし、無料お試しで試してみたい方は、自動更新を有効にすると自動で更新されてしまいます。自動更新が不要な方は、注意してください。


不明点は、テクニカルサポートやカスタマーサービスを無料で利用できます。

価格が安い

マカフィー リブセーフは、以下の料金形態があります。

3年版 16,480円(税込)
1年版 8,980円(税込)
30日間無料体験版 無料

※料金は変更になることもございます。最新の料金はマカフィー リブセーフをご覧ください。

すべてのプランで同居する家族であれば、台数無制限でインストールできます。

以下のように他社のセキュリティソフトと比較するとコスパがとてもいいです。

カスペルスキー セキュリティ 5台3年 約12,150円
ESET インターネット セキュリティ まるごと安心パック 5台3年 約15,000円
ノートン セキュリティ プレミアム 5台3年 16,480円

他社の製品は「5台」という制限ありで上記の価格です。マカフィー リブセーフは、たくさんの端末でセキュリティソフトを使いたい方にとってお得です。

試してみたい方は、まずは、30日間無料体験版を利用してみましょう。

マカフィー リブセーフ無料体験版のインストール方法

ここからは、マカフィー リブセーフ無料体験版のインストール方法を紹介します。

店舗に行かなくても、マカフィー公式サイトからダウンロードできます。

(1)公式サイトにアクセス


マカフィー リブセーフにアクセスします。

「30日間無料体験版」をクリックします。

(2)メールアドレスとパスワードを設定して注文


ショッピングカート画面になります。無料体験版の料金は無料です。クレジットカード情報の入力も必要ありません。

メールアドレスとパスワードを入力して、アカウント登録(無料)をします。ここで設定したアカウントは、マイページにアクセスする際に必要になりますので、覚えておきましょう。


設定できれば注文ボタンをクリックします。


購入処理が完了しました。

(3)マイアカウントからダウンロード


マイアカウントの「ダウンロード」→「購入済の製品をダウンロード」ページへアクセスします。

マカフィー リブセーフトライアル契約のダウンロードボタンをクリックします。なお、True Keyアプリもここからダウンロードできます。

なお、スマホやタブレット、ノートパソコンなど複数の端末にダウンロードする方は、ダウンロードしたい端末でマイアカウントへアクセスしてダウンロードします。


同意するとダウンロードが開始されます。

ダウンロード完了するとシリアル番号が表示されるので、控えておきましょう。

(4)インストール


インストールを指定した場所にある「McAfee_Installer」をクリックします。


「インストール」ボタンをクリックするとインストールが開始されます。


インストールが完了しました。

(5)設定と使い方


各種設定をするには、マカフィー リブセーフのソフトを立ち上げます。

Windowsの場合は、デスクトップのアイコンかマカフィーで検索、ツールバーのマカフィーアイコンをクリックします。

ホーム画面のメニューをクリックすると各種設定ができます。

ウイルススキャン クイックスキャン、フルスキャンを実行できます。心配な時に実行しましょう
リアルタイムスキャン リアルタイムにスキャンしてくれる機能。有効にしておくのがおすすめです
ファイヤーウォール 個人情報を盗む侵入者からの攻撃を阻止します。有効にしておくのがおすすめです
更新 自動更新の有無を選択できます。有効にしておくと「100%保証」を受けられます。ただし、有効にすると無料体験終了後に自動更新となります。自動更新するつもりがない方や迷っている方は、無効にしておきましょう。ただし、無効にすると「100%保証」を受けられないデメリットもあります
契約 契約情報と有効期限を確認できます

マカフィー リブセーフの使いたい機能があれば、すべてソフトから実行できます。必要に応じて利用しましょう。

スポンサードリンク

無料体験版の更新と削除


30日間の無料体験が近づいてくると上記のようなポップが表示されます。引き続き利用したい場合は「更新する」をクリックして、支払い手続きなどを行います。

不要な場合は「必要なし」をクリックしましょう。30日間過ぎると機能は使えなくなりますが、お知らせは表示され続けます。もう完全に使わない場合は、マカフィーを削除すると表示されなくなります。

削除(アンインストール)の手順は、以下ページを参考にしてみてください。

まとめ:マカフィー リブセーフの口コミ評価

マカフィー リブセーフは、台数無制限で使えるのが最大のメリットです。家族でパソコンやスマホ、タブレットを複数利用している方にとっては、コスパがいいです。

海外のサイトにアクセスする方やファイルをダウンロードする方、ネット通販やWebサービスでパスワードをよく利用する方は、セキュリティソフトを使うと安心です。

マカフィー リブセーフは、動作も軽快でした。心配な方は、30日間の無料体験版から試してみましょう。

購入を検討している方は、以下ページも参考にしてみてください。

公開日:2019年4月8日