billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

テレビを2画面表示で見るメリット

2画面表示
4年ほど前、地デジ化を機に14型のテレビデオから37型の液晶テレビ(東芝レグザ)に買いかえました。そんなレグザの機能の一つに2画面表示があります。

今まで全く使っていませんでしたが、ふとしたきっかけで、毎日のように2画面表示でテレビを見るようになりました。

スポンサードリンク

2画面表示を使わなかった理由

テレビを買った当初から妻と2人で暮らしていました。
2画面表示を使わなかったのは、
・チャンネルの取り合いになったことがない
・いざとなったらHDに録画できる
といった理由が大きく、必要性を感じませんでした。

毎日2画面表示のきっかけは「子ども」と「プロ野球中継」

子ども

2歳の息子がアンパンマンが好きすぎてHDに録画しているアニメやDVDをやたらと見たがります。あまり見すぎるのもどうかと思ってますが、ぐずってどうしようもない時は、アンパンマンに頼っています。ただ僕と妻は、アンパンマンばかりだと飽きるので最近は2画面表示で、普通の番組を見るようになりました。

※うちのレグザは、HDに録画した番組は2画面表示できません。入力切替で見るDVDはOK。

プロ野球中継

僕は子どもの頃から阪神ファンで野球好きですが、なぜかここ数年、野球から遠ざかっていました。それがここ最近、また面白くなってきて阪神戦をよく見るようになりました。アンパンマンと同じで野球ばかりだと家族がつまらないので、2画面表示で野球を見ています。

スポンサードリンク

2画面表示を有効活用するテクニック

2画面表示は、音声が片方の映像の分しか流れません。野球中継や天気予報など目で見て分かるものなら音声は必要ありませんが、そうではない場合、ちょっと困ります。

DVDのスピーカー
そんな時は、DVDのスピーカーを使います。片方の映像はテレビ、もう片方はDVDの場合なら、テレビとスピーカーから両方の音声が流れます。はっきり聞き取れてなかなか使えます。そのため、アンパンマンのDVDとプロ野球中継が一番多い組み合わせですw。

※このテクニックはうちのレグザに限った情報かもしれません。

とはいえデメリットもある

画面が小さい

一つの映像に対する画面の比率が小さくなります。映画やライブなど迫力を重視したいものには向かないですね。

集中力にかける

モニターに2つの映像が同時に流れるため、集中して見られません。見るのは見逃してもさほど後悔しないものに限ります。

まとめ

全く使っていませんでしたが、需要ってふとしたきっかけで出てくるものですね。子どもと親がチャンネル争いにならないためにも、2画面表示はおすすめです!