お得情報研究家「まめ」が東京への旅行・お出かけ情報をお届け

東京都庁展望室の楽しみ方|地上202mから東京の景色を一望できる

旅行予約サイトのクーポンを使えば宿泊や交通付プランを安く予約できます。→【最新】旅行・宿泊クーポン
更新 ※一部に広告表示

東京都庁
東京都新宿区にある東京都庁には、一般人でも利用できる展望室があります。

料金は無料です。地上45階202mから、東京の街並みや東京スカイツリー、富士山などの景色や夜景を眺められます。

このページでは、東京都庁展望室の楽しみ方について紹介します。

東京都庁展望室の楽しみ方

料金は無料

東京都庁展望室の場所
東京都庁展望室の料金は無料です。チケットの購入は必要ありません。

第一本庁舎
第一本庁舎の1階に、展望室へのエレベーターがあります。南展望室と北展望室の2つがありますが、私が行ったときは北展望室は休室していました。

東京都庁展望室のエレベーター
エレベーターの前にはスタッフさんがいるので、誘導に従って、エレベーターに乗りましょう。私は平日の12頃に行きましたが、待ち時間なしで、すぐに乗れました。

混雑状況は、東京都庁展望室公式サイトで確認できます。

地上202mから景色を楽しむ

東京都庁展望室
東京都庁展望室は、地上45階202mに位置します。今回は、南展望室を紹介します。

東京都庁展望室のガイド
大きなガラス張りになっていて、北東方面、南東方面、南西方面、西方面の景色を楽しめます。どの方面に何があるかは、案内板を見ればわかります。

なお東京スカイガイドを利用すれば、スマホで眺望ガイドを見ることもできます。

東京都庁展望室から見える東京スカイツリー
北東方面は、新宿、浅草方面です。そびえたつ東京スカイツリーを見ることができます。

東京都庁展望室から見える明治神宮
南東方面は、明治神宮、六本木ヒルズ、東京タワーなどが見えます。

東京都庁展望室から見える南西方面の景色
南西方面は、新宿パークタワー、東京オペラシティなどが見えます。

東京都庁展望室から見える富士山の方角
西方面は、富士山が見える方角です。私が行ったときは、もやがかかっていて、はっきりとは見えませんでした。12月~2月の気温が低い時期に、見えやすいそうです。

東京都庁展望室から見える東京の景色
西側は、高層ビルが少なく、広々と開放的な景色が素晴らしいです。

都庁おもいでピアノ

都庁おもいでピアノ
南展望室には、都庁おもいでピアノが設置されていました。

誰でも弾くことができますが、演奏可能時間や1人5分以内など、ルールがあります。詳しくは東京都庁展望室公式サイトで確認できます。

東京のお土産やグッズを購入できる

東京都庁展望室お土産
東京都庁展望室には、TOWNGATE CORE TOKYO 都SEEN(とぅーしーん)というグッズショップがあります。

日本らしいお土産や記念メダルが販売されていました。

カフェメニューでくつろぐ

東京都庁展望室のカフェ
東京都庁展望室には、休憩できるイスやテーブルが設置されています。

都SEENでは、ドリンクやソフトクリームの販売がありました。景色を楽しみながら、くつろぐことができます。

自動販売機やトイレもあります。

スポンサードリンク

アクセス

〒163-8001 東京都新宿区西新宿2丁目8−1 東京都庁第一本庁舎 45F

▽最寄り駅
JR新宿駅:徒歩約10分
都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」:徒歩すぐ

車で行く場合は、都庁の駐車場があります。詳しくはアクセス|東京都庁展望室公式サイトをご覧ください。

スポンサードリンク

営業時間・定休日

開室時間:9時30分~22時00分(入室締切は、閉室時間の30分前)
休室日:あり

営業時間や定休日は変更になることもあります。必ず展望室のご利用案内|東京都庁展望室公式サイト

まとめ:口コミ評価

東京都庁展望室は、広々とした東京の景色を眺められて、とてもよかったです。

料金は無料です。新宿方面に行ったら、立ち寄ってみるのもおすすめです。

内容は変更になる可能性もございます。利用の際は公式サイトの確認をお願いします。


目次