billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

お問い合わせ

【2018年】どこが最も安い?WiMAX 2+を割引でお得に契約する方法と注意点

スポンサードリンク

割引キャンペーンでお得 最大限に安く WiMAX
WiMAXは、無線のインターネットの規格です。WiFiルーター(モバイルルーター)で、WiMAXの電波を受信することで、パソコンやスマホで、インターネットを楽しめます。

現在は、WiMAX2+が最新版で、速度の速さから人気があります。ほとんどのプロバイダでWiMAX2+が提供されているので、WiMAX = WiMAX2+と考えて問題ありません。

WiMAXは、複数の会社からサービスが提供されていて、料金体系が異なります。

WiMAXを具体的に安くするには以下の方法があります。

・キャッシュバックキャンペーン
・割引で月額料金を安くする

WiMAXの品質自体は同じなので「どこで申し込みをするか」がポイントになります。

このページでは、価格の観点からみるWiMAXのお得さ、割引方法、キャンペーンなど最大限に安く契約、利用する方法を紹介します。

スポンサードリンク

WiMAX 2+の選び方|公式と代理店契約(プロバイダ)の違い

WiFiルーター
WiMAXの本家は、UQコミュニケーションズ株式会社が提供するUQ WiMAX です。

このUQ WiMAXは、もちろん、本家のUQコミュニケーションズで申し込むのもOKですが、代理店契約で申し込むこともできます。

例えば、Broad WiMAXGMOとくとくBBなどがあります。

「代理店契約だと不安」と思われるかもしれませんが、提供されるサービスは同じです。どこで契約しても、WiMAXの高速通信を利用できます。

大きな違いは「料金体系」です。代理店では、キャッシュバックキャンペーンや初期費用割引、端末料金割引など、各社で様々な割引を実施しています。もちろん、キャッシュバックの条件や月々の料金なども違ってきます。

そのため「自分に合った料金体系の会社で契約する」のが、お得に契約するコツです。

実際に、GMOとくとくBBの方と話をしたことがありますが「UQ WiMAXとサービスは同じです。キャンペーンによる料金の違いだけですね」と言っていました。

UQ WiMAXは、販売網を広げるために、代理店の力を借りています。公式よりも料金が高ければ、みんな公式で申し込みますよね。そのため、代理店で契約するメリットとして、料金を安くしたり、キャンペーンを展開したりしています。

WiMAX 2+を契約する際の注意点

キャッシュバックの条件を確認する

キャッシュバックキャンペーンを提供させたい場合は、申し込み前に、条件を確認しておきましょう。

指定された条件をクリアしなければ、何ももらえない可能性もあります。

キャッシュバックは現金で指定口座に振り込まれる場合がほとんどです。受取口座を指定していなかったり、最低利用期間前にサービスを解約してしまったりすると、キャッシュバック特典をうけられません。

必ず各プロバイダが定める「キャッシュバックの受け取り方法」を確認しておきましょう。キャンペーンページの下部に「キャンペーン概要・注意事項」が記載されています。

キャッシュバックが、不安な方は、月額料金が割引になるキャンペーンを利用するといいでしょう。

契約期間・解約金を確認する

WiMAXの契約期間は「2年」もしくは「3年」がほとんどです。

申し込む際に、プランを確認しておきましょう。2年か3年を選べるプロバイダもあります。基本的には、契約期間3年の方が、お得な料金体系になっています。

ただし、解約する場合は注意しましょう。

例えば、UQ WiMAX公式の場合、2年契約は課金開始日を含む月を1ヶ月目として、25ヶ月間が契約期間となります。解約をしなければ、さらに2年間の自動更新になります。

契約満了月の末日またはその翌月以外に解約した場合は、解約金が発生します。

・課金開始日を含む月から最初の13ヶ月間:19,000円
・14ヶ月目~25ヶ月目:14,000円
・26ヶ月以降:9,500円

解約金が気になる方は、申し込み前に、確認しておきましょう。

スポンサードリンク

どこで申し込むのがおすすめ?

WiFiルーター
WiMAX 2+を安く契約するには、「キャッシュバック」か「月額料金割引」で割引額の総額が最も安いプロバイダを選ぶのがおすすめです。

例えば、キャッシュバックが1万円でも、2年間の月額料金合計が1万円以上安くなるのであれば、月額料金割引が高いプロバイダの方がお得です。

選び方のところでも紹介しましたが、同じ回線を利用しているので、品質はどこも同じです。

キャッシュバック特典を重視したい

GMOとくとくBB 最大43,000円
Nifty WiMax 30,100円
BIGLOBE WiMAX 2+ 30,000円
UQ WiMAX 最大10,000円

※キャッシュバック内容は、変更になることがございます。最新情報は、各公式サイトをご覧ください。

キャッシュバック特典をうけたい方は、GMOとくとくBBが最も高い金額になっています。ただし、契約する端末とプランによっては、キャッシュバックがうけられないこともあります。詳しくはGMOとくとくBBをご覧ください。

月額料金を重視したい

キャッシュバック特典は、申し込み後に手続き忘れてしまっては、受け取ることができません。そのため、月額料金が安いWiMAX 2+を契約しておけば、キャッシュバックを受けずともお得に利用することができます。

月額料金が、最も安いのは、カシモWiMAXです。

最安級プランのギガ放題の場合、1カ月~2カ月が1,380円と破格。3カ月~24カ月目は3,380円、25ヵ月目~4,079円とUQ WiMAX公式よりも安いです。また、最低利用期間が2年なので、申し込みもしやすくなっています。

月額料金の安さを重視したい方は、カシモWiMAXがおすすめです。

必ずチェック!WiMAXの最新キャンペーン情報

最新キャンペーン
WiMAXをお得に契約できる最新のキャンペーン情報をまとめました。

・UQ WiMAX公式
・GMOとくとくBB
・カシモWiMAX
・BroadWiMAX
・3WiMAX
・BIGLOBE WiMAX
・So-netWiMAX
・Nifty WiMax

代理店ごとの違いもチェックしてみてください。

※キャンペーンの内容は、変更になることもございます。詳しくは、各プロバイダの公式サイトをご覧ください。

UQ WiMAX公式


UQ WiMAXは、WiMAXを提供している公式です。WiMAXに申し込む際は、この料金を基準にしましょう。

UQ WiMAXでは、キャッシュバックになるキャンペーンが開催されていることがあります。

GMOとくとくBB


GMOとくとくBBは、GMOインターネット株式会社が運営するプロバイダです。プロバイダー運営実績10年以上の東証一部上場企業なので、安心感があります。

GMOとくとくBBでは、キャッシュバックになるキャンペーンが開催されていることがあります。

詳しくは、以下ページにまとめています。

カシモWiMAX


カシモWiMAXは、株式会社MEモバイルが運営するプロバイダです。割引が適用されることで、業界最安級の月額料金が魅力です。

キャッシュバックキャンペーンは開催されていませんが、月額料金が以下のように割引になるキャンペーンが開催されていることがあります。

詳しくは、以下ページにまとめています。

BroadWiMAX


BroadWiMAXは、株式会社ALL CONNECTが提供するプロバイダです。

「WiMAXスタートキャンペーン」「全端末無料キャンペーン」「違約金負担のお乗換えキャンペーン」などのキャンペーンが開催されていることがあります。

詳しくは、以下ページにまとめています。

3WiMAX


3WiMAXは、株式会社Elevenが提供するプロバイダです。

「最新端末プレゼント」や「3WiMAX違約金0円で他回線に乗り換え保証」などのキャンペーンが開催されていることがあります。

詳しくは、以下ページにもまとめています。

BIGLOBE WiMAX


BIGLOBE WiMAXは、大手プロバイダであるビッグローブ株式会社が提供するWiMAXです。

「月額料金割引」や「キャッシュバック」などのキャンペーンが開催されていることがあります。

詳しくは、以下ページにまとめています。

So-netWiMAX


So-netWiMAXは、ソニーグループが提供するプロバイダです。「光ファイバー」から「モバイル通信」まで、200万人以上の会員がいる老舗です。

月額料金が割引になるキャンペーンが開催されていることがあります。

Nifty WiMax


Nifty WiMaxは、ニフティ株式会社が提供するプロバイダです。インターネット通信事業を古くから提供している老舗です。

キャッシュバックキャンペーンが開催されていることがあります。

まとめ

WiMAXは、公式のUQ WiMAXかUQ WiMAXを提供している代理店(プロバイダ)から申し込めます。

申し込む際は「キャッシュバック額」と「月額料金」を確認しましょう。

キャッシュバックはなくても、月額料金が安ければ、そのプロバイダの方が長い目でみてお得です。

注意点として、申し込み前に「キャンペーンの適用条件」「契約期間・解約金」を確認しておきましょう。

公開日:2018年7月30日