お得情報研究家「まめ」が格安SIM情報をお届け

【故障かも】iPhoneの液晶に入った白い縦線を修理して直してもらいました

iPhone SEの液晶に入った白い縦線
使用していたiPhone SEの液晶に白い縦線が入ってしまいました。

iPhone SEの液晶に入った白い縦線
落としたわけでもなく、雑に扱ったわけでもなく、いつもどおりiPhone SEの電源を入れると、液晶に上記写真のような白い縦線が入っていました。

再起動や初期化も試してみたのですが直らず。結果的には、Apple認定の正規サービスプロバイダで修理して直してもらいました。原因は、ディスプレイの画面不良とのこと。1年保証が適用されて修理代は無料でした。

このページでは、iPhone SEに白い縦線が入ったときの対処方法や原因、修理店の探し方、修理代などを紹介します。

スポンサードリンク

自分でできる2つの修復方法

液晶に縦線が入ったら、以下の2つの方法で、自分で直せるかトライしてみてください。

・iPhoneを再起動する
・iPhoneを初期化する

簡単にできるのは、iPhoneの再起動です。お使いのiPhoneを再起動してみてください。

再起動で直らなければ、iPhoneを初期化してみます。ただし、初期化は手順が複雑で、データも消えてしまいます。慣れない方は、知人に相談したり、修理店に相談しましょう。

初期化に関しては、パソコンにiPhoneを接続して、iTunesで初期化できます。詳しい手順はApple公式サイトのiPhone、iPad、iPod を工場出荷時の状態に戻す(初期化する)を参考にしてみてください。

なお、初期化する場合は、必ずバックアップを取っておきましょう。バックアップしないと大事なデータが消えます。バックアップに関しては、Apple公式サイトのiPhone、iPad、iPod touch をバックアップする方法を参考にしてみてください。

うちのiPhone SEは、再起動しても初期化しても直りませんでした。ちなみに、白い縦線が入ったものの、タッチやアプリは普通に使えたので、1日放置しましたが、白い縦線は解消しませんでした。

修理を依頼する手順|即日で縦線が直りました

iPhoneに縦線が入った場合は、液晶の不具合である可能性が高いです。液晶の初期不良や水濡れ、破損など、原因を調べなければならず、素人には難しいです。

自分のiPhoneに該当する保証を確認して、修理店を探しましょう。

保証を確認

使っているiPhoneが、以下の保証に加入しているか確認してみてください。

1年保証 iPhoneには1年保証が付いています。保証の対象範囲内であれば無料で修理できます。保証の対象範囲外であれば修理代がかかります。
AppleCare+ AppleCare+は、有料のApple公式延長保証サービスです。AppleCare+に加入していれば、修理代が通常よりも安くなる場合があります。
キャリアの保証サービス ドコモのケータイ補償サービスやソフトバンクのあんしん保証パック、auの故障紛失サポートなど、キャリアの保証サービスに加入していれば、修理代の割引を受けられる場合があります。

保証を確認したうえで、次項の修理する店舗を探します。

修理する店舗を探す

修理店で診断・修理してもらいましょう。まずは以下の5つのいずれかで、iPhoneの修理対応してくれるお店を探します。

Apple Store Apple製品を扱う正規店です。東京、大阪、名古屋、福岡など主要都市にしかなく、店舗は少ないです。AppleCare+への加入または1年保証で、修理代が安くなる可能性があります。
Apple正規サービスプロバイダ Appleが公式で認定している店舗です。カメラのキタムラ、ビックカメラなど全国に店舗数が多いです。ただ、主要都市以外では、県内に0~1店舗ほどしかなく、店舗数が少ないです。AppleCare+への加入または1年保証で、修理代が安くなる可能性があります。
Appleリペアセンターへ配送 Appleが公式で展開している配送修理サービスです。ネットや電話から申し込みすると指定業者が集荷・Appleリペアセンターで修理対応をしてくれます。AppleCare+への加入または1年保証で、修理代が安くなる可能性があります。
キャリア ドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアでiPhoneを購入した場合は、各ショップに相談してみましょう。ショップで修理受付してくれる場合もあります。キャリアの補償サービスに加入していれば、修理代が安くなる可能性があります。
街の修理店 駅前やショッピングモールにある街の修理店は、いろいろな業者があり全国に店舗が多いです。独自の割引や即日修理、保証などのサービスを提供しています。ただし、Appleの正規店ではないため、AppleCare+や1年保証は受けられません。また、修理部品がApple純正品でない場合もあります。

Apple Store、Apple正規サービスプロバイダ、Appleリペアセンターは、Appleの公式サービスです。お近くの店舗に関してはApple公式サイトの場所を検索より探せます。

iPhone SE
今回修理する我が家のiPhone SEは、SIMフリー版をApple Storeで購入し、ワイモバイルのSIMカードを挿して使っています。

そのため、大阪のエキスポシティにあるカメラのキタムラのApple正規サービスプロバイダに持って行くことにしました。

なお、故障の原因や修理の内容によっては、データが消える可能性もあります。バックアップを必ずとっておきましょう。

診断・原因・修理

iPhone SEの液晶に入った白い縦線
Apple正規サービスプロバイダのカメラのキタムラに、縦線が入ったiPhone SEを持って行きました。

修理の予約
まず、縦線が入った状況を説明し、診断・修理の予約をします。ちなみに、日曜日に行ったところ、1時間後に予約が取れました。

診断をしてもらった結果、白い縦線の原因はディスプレイの画面不良とのことでした。

iPhone SE
ディスプレイ部品を交換すれば、すぐに修理可能とのことでお願いしました。約15分ほどで修理が完了し、即日で白い縦線が直りました。

保護フィルム
なお、ディスプレイ部品を修理するにあたり、液晶に貼っている保護フィルムは、はがさなくてはなりません。台紙をくれたので、再利用できましたが、粘着力の低下やホコリが付着すれば、使えなくなることもあります。

修理代

今回のiPhone SEは「購入後1年以内で1年保証が使えた」「水漏れや破損が原因ではない」とのこと。

1年保証のおかげで修理代金は無料でした。

ちなみに、1年保証が過ぎていて、適用されなかった場合は、部品代10,440円 + 技術料4,060円で合計14,500円が修理代としてかかるとのことでした。

スポンサードリンク

まとめ

iPhone SEの白い縦線が入った原因と修理については以下のようになりました。

原因:ディスプレイの画面不良
修理:Apple正規サービスプロバイダに依頼
修理時間:15分ほど(待ち時間や手続き入れて1時間30分)
修理代:無料(iPhoneの1年保証が適用された)

結果的に、iPhone SEの白い縦線は、即日の無料修理で直りました。

もし、iPhoneの液晶に不具合が出た場合は「再起動・初期化(自分でやる)」→「保証を確認」→「修理店を探す」→「修理店で診断・修理」の流れで、対処してみてください。

iPhoneを買い替えたい場合は、以下ページも参考にしてみてください。

格安SIMを比較

以下ページで、格安SIM(MVNO)をタイプ別に比較できます。

おすすめ格安SIM総合 ドコモ回線
au回線 ソフトバンク回線
iPhone SEが使える

おすすめの格安SIM

以下ページで、格安SIM(MVNO)のお得な特徴やキャンペーンもまとめています。月額料金の割引率やオプション割引など、比較してみてください。

楽天モバイル 先着300万名様は1年間無料 キャンペーン詳細
ワイモバイル 10分以内の国内通話が無料!ソフトバンクの4G通信エリアで利用可能で安い キャンペーン詳細
UQモバイル 最大10,000円キャッシュバック!UQ家族割なら家族でお得 キャンペーン詳細
mineo 3つの回線から選べる!旧モデルのiPhoneも安い キャンペーン詳細
BIGLOBEモバイル エンタメフリー・オプションならYouTubeがデータ通信量の制限なし キャンペーン詳細
LINEモバイル LINEフリープランはLINEアプリの通話・トークがデータ消費ゼロ キャンペーン詳細
IIJmio(みおふぉん) データ容量を家族でシェアしてお得 キャンペーン詳細
イオンモバイル 選べる29種類の料金プランでスマホ料金を節約 キャンペーン詳細
公開日:
目次