billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

年会費無料で海外旅行保険が付帯するクレジットカード比較

スポンサードリンク

年会費無料で海外旅行保険が付帯するクレジットカード
海外旅行傷害保険が付帯するカードであれば、海外旅行中の事故や病気の際、規定の金額を保証してくれるので安心です。

もちろん、保険会社の保険に入る選択肢はありますが、クレジットカードは以下のようなメリットもあるんです。

・年会費無料のカードもある
・保有しているだけで保険適用されるカードもある(自動付帯)
・現金を持ち歩かなくてもいい
・いざというとき現地通貨を引き出せる
・海外の買い物でもポイントが貯まってお得

もちろん補償の内容にもよります。それでも、クレジットカードは海外旅行に行くなら1枚は持っておきたいので、保険が付帯されることはメリットといえます。

なお、このページでは年会費無料で海外旅行保険が付帯するクレジットカードに限定して紹介します。大学生の一人旅や年に数回の家族旅行、急な出張など、一時的な利用でも作りやすい利点がありますよ。

海外旅行保険は、「自動付帯」「利用付帯」の2種類があるので分けて紹介します(注意点はこのページの最後に紹介)。

※このページでは、読みやすいように「海外旅行傷害保険」を「海外旅行保険」と表記しています。

スポンサードリンク

海外旅行保険が付帯するクレジットカード早見表

このページで紹介しているクレジットカードを一覧でまとめました。すべて年会費無料です。

手っ取り早く確認したい方は、参考にしてみてください。詳細については、次項以降で紹介しています。

クレジットカード 海外旅行保険
【エポスカード】 海外:賠償責任(免責なし)2,000万円(自動付帯)
国内:なし
ビックカメラSuicaカード 海外:最高500万円(自動付帯)
国内:最高1,000万円(利用付帯)
ジャックス 横浜インビテーションカード(ハマカード) 海外:最高2,000万円(自動付帯)
国内:最高1,000万円(利用付帯)
リクルートカード 海外:最高2,000万円(利用付帯)
国内:最高1,000万円(利用付帯)
楽天カード 海外:2,000万円(利用付帯)
国内:なし
高還元VIASOカード 海外:2,000万円(利用付帯)
国内:なし

海外旅行保険が自動付帯のクレジットカード

年会費無料でかつ海外旅行保険が自動付帯のカードは少ないです。もちろん、年会費が有料のカードと比較すると保険の内容は劣りますが、貴重なカードですので、1枚持っておくと重宝します。

エポスカード

マルイで年4回(マルコとマルオの7日間)10%OFFで買い物できるクレジットカード。レストランやカラオケ、遊園地など全国7,000以上の施設が割引で利用できる優待特典も魅力です。年会費無料でありながら海外旅行保険が自動付帯で付くのもうれしい。ネットで申し込めばマルイの店舗で即日発行も可能です。

年会費・発行手数料 永年無料
国際ブランド VISA
ポイント還元率 0.5%~(エポスポイント)
旅行保険 海外:賠償責任(免責なし)2,000万円(自動付帯)
国内:なし
提携会社 株式会社エポスカード

エポスカードは、ネットで申し込んでマルイの店舗で受け取れば、即日発行できることも強み。クレジットカードは審査もあり、通常届くまでに1週間以上はかかるので、発行が難しいカードがあるのも事実です。

急な旅行であれば、急いでクレジットカードを作りたいと思う場面もあり、即日発行できるのはうれしいです。

ビックカメラSuicaカード

電子マネーの「Suica」ビックカメラの「ビックポイントカード」、クレジットカードの3つの機能が1枚になったカード。ビッグカメラでポイント還元10%やSuicaへのオートチャージでポイント3倍など、ポイントが貯まりやすいです。また、実質、年会費無料でありながら海外旅行保険(自動付帯)、国内旅行保険(利用付帯)が付帯します。Suicaは全国の鉄道会社で相互利用できるようになったので、交通系クレジットカードとして優秀です。

年会費・発行手数料 477円(初年度年会費無料 ・年1回以上の利用で翌年度も無料)
国際ブランド VISA、JCB
ポイント還元率 1%~(ビューサンクスポイント、ビックポイント)
旅行保険 海外:最高500万円(自動付帯)
国内:最高1,000万円(利用付帯)
提携会社 株式会社ビューカード

ビックカメラSuicaカードは、海外旅行に保険に加えて、国内旅行保険が付帯するのも強み。

実質、年会費無料(年1回以上の利用で翌年度も無料)で海外・国内の保険が付帯するカードは少ないです。普段からSuicaを利用する人にとっては、利便性の高いカードです。

横浜インビテーションカード

横浜市が支援する「横浜観光プロモーション」より正式認定を受けたカード。年会費無料でありながら、全国23万件以上で使える優待サービス海外旅行傷害保険(自動付帯)、国内旅行傷害保険(利用付帯)、年間最高100万円のお買い物保険が付帯します。ポイント還元率は0.5%とあまり高くはありませんが、それを加味しても手厚い特典に注目度が高いです。旅行や出張が多い人にとってお得なカードです。

年会費・発行手数料 年会費無料
国際ブランド VISA、JCB
ポイント還元率 0.5%~(ラブリィポイント)
旅行保険 海外:最高2,000万円(自動付帯)
国内:最高1,000万円(利用付帯)
提携会社 株式会社ジャックス

自動付帯で最高2,000万円の海外旅行保険が付帯します。さらに、国内旅行保険(利用付帯)、レジャー施設で割引を受けられる優待サービス「J’s コンシェル」が利用できます。

また、横浜インビテーションカードで購入した品物は、国内外含め90日間の盗難・破損を年間100万円(1事故につき自己負担3,000円)まで補償してくれます。旅行で使える特典が豊富なことが、高評価のカードとしてよく取り上げられます。

スポンサードリンク

海外旅行保険が利用付帯のクレジットカード

海外旅行保険の利用付帯は、人気の高いクレジットカードにも付帯しています。ポイントの貯めやすさや特典の豊富さで選んでおくと普段でも使いやすいです。

リクルートカード

リクルートポイントが最も貯まりやすいカード。元々1.2%の高還元率ながら、じゃらんやホットペッパービューティーでは、さらに還元率が上がります。Pontaカードに交換もできるので、ローソンやケンタッキーフライドチキンなどPonatポイントが貯まるお店をよく利用するのであれば、使い勝手がいいです。また、年会費無料でありながら海外・国内旅行保険(利用付帯)もつく希少なカードです。

年会費・発行手数料 永年無料
国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
ポイント還元率 1.2%~(リクルートポイント)
海外旅行保険 最高2,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 最高1,000万円(利用付帯)

1.2%のポイント高還元率カードとして人気があります。ポイント還元率が目立つので地味に見えますが、実は海外・国内の旅行保険も付帯します。年会費無料、高還元率、旅行保険付帯と初心者にもおすすめのカードです。

楽天カード

楽天スーパーポイントが最も貯まりやすいカード。楽天関連サービスでは最大12倍(SPU適用)、普段の買い物でも100円につき1ポイント貯まります。ポイントは楽天関連サービスで1ポイント1円相当として使えます。楽天モバイルや楽天トラベル、楽天ポイントカード加盟店など、楽天のサービスをよく利用するのであれば必須ともいえるほどお得なカード。私も愛用しています。

年会費・発行手数料 永年無料
国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
ポイント還元率 1%~(楽天スーパーポイント)
海外旅行保険 2,000万円(利用付帯)

楽天カードもポイントがザクザク貯まることで人気が高いカード。しかも、海外旅行保険(利用付帯)が付帯しています。海外旅行に行った後でも、普段使いのカードとして利用価値が高いです。

VIASOカード

三菱UFJニコスが発行するカード。高還元率カードとして有名で、ネットショッピングなら最大10%以上がポイント還元されます。最高2,000万円の海外旅行傷害保険年間限度額100万円のショッピングパートナー保険なども付帯し、安全面での信頼性もあります。最短翌日発行されるので、すぐにカードを作りたい方にもおすすめ。

年会費・発行手数料 永年無料
国際ブランド MasterCard
ポイント還元率 0.5%~(VIASOポイント)
海外旅行保険 2,000万円(利用付帯)

海外旅行保険の選び方と注意点

クレジットカードに付帯する海外旅行保険には「自動付帯」と「利用付帯」の2種類があります。これが最も重要。この両者を簡単に説明すると以下のようになります。

▽自動付帯
保有しているだけで適用される

▽利用付帯
旅行の際の交通機関の支払いで適用される

例えば、利用付帯のカードを保有していても、カード会社が定める保険適用の条件(一般的には旅行の交通機関の支払いでカードを利用)を満たしていなければ、保険は適用されません。反対に、自動付帯のカードは、保有しているだけで保険が適用されます。

これを聞くと、どう考えても自動付帯のカードの方が手厚いですよね。そのため、年会費が有料のカードに多いです。

しかし、利用付帯でも空港までのバスや電車の交通費、旅行ツアー代金をカード払いするだけで適用されることもあるので、適用条件のハードルはあまり高くありません。

海外旅行保険の付帯のカードを選ぶ時は、「自動付帯か利用付帯か」を軸に「保険の内容」「補償される金額」「どんな条件で適用されるか」をチェックしておくようにしましょう。

まとめ

最後に、このページで紹介した年会費無料で海外旅行保険が付帯するカードをまとめました。

クレジットカード 海外旅行保険
【エポスカード】 海外:賠償責任(免責なし)2,000万円(自動付帯)
国内:なし
ビックカメラSuicaカード 海外:最高500万円(自動付帯)
国内:最高1,000万円(利用付帯)
ジャックス 横浜インビテーションカード(ハマカード) 海外:最高2,000万円(自動付帯)
国内:最高1,000万円(利用付帯)
リクルートカード 海外:最高2,000万円(利用付帯)
国内:最高1,000万円(利用付帯)
楽天カード 海外:2,000万円(利用付帯)
国内:なし
高還元VIASOカード 海外:2,000万円(利用付帯)
国内:なし

自動付帯のカードは、保有しているだけで適用されるので気が楽です。

最もおすすめは【エポスカード】です。自動付帯で海外旅行保険が付き、全国7,000以上の優待施設割引が付き利用価値が高いからです。

国内旅行保険もつけたいなら、ジャックス 横浜インビテーションカード(ハマカード)もいいでしょう。利用付帯ですが、国内旅行保険がもつきます。

後は、用途に応じで、普段使いもしやすいカードを選んでおくのがいいでしょう。

クレジットカードを作りたい人におすすめの記事

ゴールドカードやプラチナカードなど、ステータスがあるカードを探している方は「クレジットカード比較サービス」をご覧ください。

【毎月更新】お得なクレジットカードの入会キャンペーンまとめ

クレジットカード比較!はじめての1枚におすすめのカードランキング

公開日:2017年4月28日