billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

1000円カットを有効活用するために知っておきたいこと


あちこちに1000円カットを掲げる散髪屋さんが増えてきました。1000円カットはかなり魅力的で、店舗が増えてくれて本当に助かってます。

僕も数年前から1〜2ヶ月に1回は1000円カット、年1回は美容院という具合に使い分けています。なぜ使い分けているかというと、1000円カットと美容院それぞれにメリットやデメリットがあるからです。

今回は、僕がよく利用していて、全国600店以上を誇る「QBハウス」を例に、メリットやデメリット、そしてどんな髪型にしたいかを的確に伝えるための注文方法など、有効活用するための方法を紹介します。

スポンサードリンク

1000円カットのメリット

QBハウス

価格が安い

千円札1枚です。ただ、QBハウスの場合は、消費税増税に伴って1,080円になってしましましたが、それでも安い。

美容院は、カットだけでも3,000円とか4,000円かかります。1000円カットなら美容院1回分で、4回くらい行けてしまいますね。

スピードが早い

驚異の10分!美容院だと最低でも1時間くらいかかりますよね。ただ、10分だからといって手を抜かれるわけではありません。10分はあくまで目安。

僕は、細かな注文をつけたわけでは全くなかったのに、気付いたら30分くらいの時間がかかったことがあります。美容師の手が遅かったのか、丁寧にやってくれたのかは分かりませんが、仕上がりには満足でした。後ろで待っている人の視線が気になりましたが・・・

ただ、細かすぎる注文をしたい場合は、美容院や普通の散髪屋さんに行きましょう。やり過ぎると、たぶん気まずくなります。

ちなみに、QBハウスは10分を超えても追加料金がかかりません。

意外と技術が高い

美容院の知り合い曰く「1000円カットのスタッフは、短時間で数をこなしているので、技術が高い」とのこと。当たり外れはあるかもしれませんが、僕は今のところ、不満に思った事はありません。

美容院で話すのが苦手

1000円カットは、カット注文以外の会話はほぼありません。世間話をしている人も見た事がありません。これは、人それぞれですが僕にとってはメリットです。間を埋めるために無理に話しかけてくれなくてもいいんです。

女性のお客さんも増えてきた

お客さんは男性率が高いですが、女性の方もちらほら見かけます。理由としては「節約になる」「少しだけカットしたい」「手入れ程度に」など。美容院と使い分けているようです。QBハウスでは、国内外の年間来店数が1,600万人を突破したようで、ますます浸透しそうです。

しかし、女性が1000円カットでカットするには、いくつか気をつけたいポイントがあります。詳しくは、以下ページにまとめました。

衛生面にも気をつかっている

クシやネックペーパーは、お客さんごとに新品を使ってくれます。ハサミも都度、除菌。ちなみにクシは持って帰れます。持って帰ったことはないですが。

イオンや駅にあって利用しやすい

よく通る場所にあるので、利用しやすいです。駅の場合は、改札の中にあることがあり、利用したい時は、入場券を買う必要があります。

1000円カットのデメリット

予約できない

休日となると開店直後から長蛇の待ち時間ができます。10分の散髪をするのに1〜2時間待つことも。しかも、お店自体が省スペースなので、待つ時の椅子が狭く満員電車のごとくギュウギュウでいい心地はしません。

利用客が多いのは、人気のある証拠ですが、長い時間待つのは苦しいですね。休日は、午前中に散髪してから出掛ける人が多そうなので、夜の方がいいかもしれません。

ただ、イオンに入っていた店舗は夕方頃でも数十人の列で、かなり待たされました。おそらく、お母さんがショッピングしている間の空き時間で、お父さんが散髪しているのかと。

カット時間が短いといって甘く見ていると、待ち時間で時間をとられるので、ご注意を。その点、美容院は基本的に予約制なので、待つイメージがありません。

シャンプーやブロー・シェービングはできない

1000円カットはあくまでカットのみです。髪を切りに行くと通常あるシャンプーやブロー・シェービングのサービスはありません。代わりにエアウォッシャーと呼ばれる大きな掃除機で切った後の髪を吸い込んでくれます。

ワックスをつけてくれたり、スタイリングもなし。帰り際にクシで整えてくれる程度です。もちろんパーマやカラ—リングもできません。

リラックス空間や過剰なサービスはない

1000円カットはコストを極限まで落として格安を実現しています。アロマの香る店内で、雑誌を読みながら、飲み物まで出てくる、なんてことは一切期待できません。美容院のようにゆったりとした雰囲気の中でリラックスしたい人は、不向きです。

美容師を指名できない

行きつけになると、自分の髪のことを分かってくれていて、会話も弾む美容師を指名したい人は多いはず。ただ、1000円カットで誰が担当してくれるかは運で決まります。並んでいる順番で、呼ばれた人が担当になります。

スポンサードリンク

髪型の注文方法


美容院のようにヘアカタログを見せてもらったり、美容師と相談して髪型を決めたりすることはできないので、「どんな髪型でもできるの?」「どんな風に注文したらいいの?」といった疑問があるのではないでしょうか。

1000円カットとはいえ、変な髪型になるとたまったもんじゃありませんので、的確に注文を伝える方法を紹介します。

注文のポイント

ポイントは以下の7つ。

・全体的な髪の長さ(○○cmカットしてください)
・前髪(目にかからないくらいで)
・もみあげ・サイド(耳にかかるくらいで)
・後ろの髪(刈り上げないで下さい、自然な形で)
・髪の量(すいてください)
・具体的なヘアスタイル(坊主、スポーツ刈)
・ここだけはゆずれないこと(前髪だけは切らないで)

僕はいつも、「全体的に3cmくらいカットして、量を多めにすいてください」で終わりです。

後は、1000円カットとはいえ「3cm切るとかなり短くなっちゃいますけど」「サイドは、耳にはかかるくらいでいいですか」などと聞いてくれます。大きく髪型を変えずさっぱりたいだけなら、この程度で十分。

量をすいてもらっておけば、重たさを解消でき、ワックスつければなんとかなりますし。

どんな髪型でも受け付けてくれるのか

基本的には大丈夫だと思います。

これについては、
1000円カット「QBハウス」はどこまで無茶ぶりアリか? | ビジネスジャーナルより引用しながらまとめます。

Q.「QBハウスさんて、1000円でどこまで客の特殊な髪型の注文に応えてくれるんですか?」
A.一応ご要望をお聞きして、ハサミとバリカンで対応させていただくものでしたら行なっておりますけども。

Q.例えば、モヒカンとかもしてくれるんですか?
A.何か特殊なものが必要でなければ対応は・・・可能です。

Q.特殊な髪型とか面倒くさそうな注文があったときでも、別料金かかるとか無いんですね?
A.ええ、あの無いです。追加料金はありませんのでハサミとバリカンで対応できる範囲のものを全て1000円ということにはなっています。

ハサミとバリカンで可能な髪型であれば、対応してくれそうですね。意外と柔軟性はあるようです。

坊主も可能です。「1000円カットで髪型を坊主にするときの注文方法

まとめ

1000円カットに慣れると、美容院や散髪屋さんで、数千円出すのがバカらしくなります。僕は、カラ—リングや髪型大きくを変えたい時にだけ、年1回くらい美容院に行ってます。髪型にこだわる人は、美容院で形だけ整えておいて、伸びてきたら1000円で少しカットしてもらうといった使い方もいいのではないでしょうか。

今回、例にしたQBハウスの詳しい利用方法は、「はじめてでも安心!QBハウスの利用方法と気をつけたいこと」にまとめました。はじめて行く人は、参考にしてみてくださいね。割引や混雑を回避する方法も掲載しています。

節約家におすすめの記事

家計を助けてくれるおすすめの節約記事をピックアップしました。当ブログでよく読まれている人気記事です。

ロハコ完全攻略!買う前に絶対チェックしたい超お得術

Amazonで食品を激安スーパーなみに安く買う7つの方法

【毎月更新】お得なクレジットカードの入会キャンペーンまとめ