billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

マクドナルドでの楽天ポイントカードの使い方・貯め方を徹底ガイド

マクドナルドの楽天ポイントカード
マクドナルドでは、楽天ポイントカードが利用できます。

楽天ポイントカードとは、楽天スーパーポイントを貯めたり、使ったりできるポイントカードのこと。加盟店であれば、楽天市場などのサービスと同様にポイントが利用できてお得です。

今までは楽天EdyやiD、WAONといった電子マネーしか使えなかったんですよね。

しかし、楽天ポイントカードであれば、クレジットカードの「楽天カード」にも付帯できるので、利便性が格段に向上しました。実際に私も使ってみましたが、ポイントの分、いつもよりお得に利用できましたよ。

このページでは、マクドナルドでの楽天ポイントカードの使い方・貯め方を紹介します。

マクドナルドと楽天をよく利用している人、検討している人は、是非、チェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

以下ページでは、マクドナルドのクーポンや割引方法などをまとめています。合わせてご覧ください。

基本情報:どんなメリットがあるの?

マクドナルド
マクドナルドで、楽天ポイントカードを利用した場合のメリットをまとめました。

・100円(税抜)の買い物につき、1ポイント貯まる
・1ポイントを1円相当としてマクドナルドでの支払いに使える
・マクドナルドのクーポンとの併用も可能
・貯まったポイントは楽天市場や楽天ポイントカード加盟店でも利用できる

※ポイント=楽天スーパーポイント

つまり、マクドナルドの利用時に、楽天ポイントカードを提示するだけで、楽天スーパーポイントを使ったり、貯めたりできるということです。

マクドナルドは、家族でセットを注文すると1,000円以上することも珍しくありません。ファーストフードなのにファミレス並みの出費は痛いです。

そのため、ポイントが使えるメリットはすごく大きいです。全額ポイントで支払うことも可能ですよ。

楽天ポイントカードの発行方法

1.入手方法

楽天ポイントカードは、以下の方法で入手できます。

・マクドナルドの店頭でもらう
・楽天ポイントカード加盟店でもらう
・楽天ポイントカードアプリを利用する
・楽天カードに付帯
・楽天Edyに付帯

新規で発行する場合は、マクドナルドの店頭か楽天ポイントカード加盟店でカードを入手します。お店のレジ付近に置いていることが多いですよ。楽天ポイントカードの発行・利用は無料です。カードを入手してスマホで登録すれば、すぐに利用することもできますよ。

楽天ポイントカードの加盟店は公式サイトでチェックできます。

カードが入手できない場合は、スマホで楽天ポイントカードアプリをダウンロードして、登録することでも利用できます。iPhoneでもAndroidでも両方で利用できます。ダウンロードや使い方、登録方法は、以下、公式サイトをご覧ください。


クレジットカードの「楽天カード」、電子マネーの「楽天Edy」を保有している人は、上記のような「R」のマークが付いていれば、楽天ポイントカードの機能が付帯しています。新たに入手する必要はありません。

ただし、古いカードであれば付帯していないことがあります(申し込めば付帯できます)。

今なら楽天カードに申込みで最大5,000ポイントもらえます。

2.楽天ポイントカードサイトで登録

▽楽天ポイントカードをはじめて利用する場合

楽天ポイントカードの公式サイトで、ポイントカードと楽天会員(楽天ID)の紐づけを行います。

楽天ポイントカードに記載されている番号とセキュリティコードを入力して、利用登録しましょう。なお、楽天の会員になっていない人は、楽天の会員登録が必要です。

これで、楽天スーパーポイントを貯める・使えるようになります。

▽楽天ポイントカードを利用したことがある

すでに他店のカードで登録しているならば、そのカードをそのまま使えます。楽天カードと楽天Edyに付帯している場合もそのまま使えますよ。

発行方法をまとめると以下のようになります。

1.楽天ポイントカードを入手
2.楽天会員との紐づけ

この2ステップだけです。要は、楽天会員と楽天ポイントカードを紐づけることで、楽天市場などで貯めたポイントも相互で使える仕組みです。

スポンサードリンク

利用方法:使い方と貯め方


基本的な使い方は、支払いの際、レジにて楽天ポイントカードを提示するだけです。それだけで、以下のようなサービスをうけられます。

100円(税抜)につき1ポイント貯まる

マクドナルドでの買い物100円につき、1ポイント貯まります。1,000円で10ポイント、10,000円で100ポイント。ポイント還元率は1%です。ジョーシンダイコクドラックなど、還元率0.5%(200円につき1ポイント)のお店もあるので、マクドナルドのポイント還元率は高いです。


上記は、実際に利用してきたレシートです。670円の支払いで6ポイント貯まっていますね。なお、私は全額ポイントで支払いました。ポイントで支払った場合でも、ポイントは貯まります。

1ポイントを1円相当で楽天ポイントを使える

楽天ポイントは、1ポイント1円相当として支払いに使えます。楽天市場で買うものがなかったとしても、マクドナルドなら朝のコーヒーやショッピングモールのフードコートでのランチなど、小額の買い物で使えます。

なお、楽天の期間限定ポイントは、自動的に先に消費される仕組みになっています。これも期限が切れる前にポイントを無駄なく使えるので、メリットが大きいですね。

マクドナルドのクーポンとの併用も可能

マクドナルドのアプリや携帯クーポンを利用して割引を行った場合でも、通常通り楽天ポイントカードを使えます。

加盟店や他のサービスでも楽天ポイントを使える

楽天ポイントカード加盟店
楽天ポイントカードで貯めたポイントは、以下のサービスで利用できます。

・楽天市場
・楽天関連サービス(楽天モバイル、楽天トラベルなど)
・楽天ポイントカード加盟店
・楽天ペイ加盟店
・楽天Edy加盟店

楽天のポイントは、使えるお店が豊富なことが最大のメリットです。楽天市場以外にも貯まる・使えるお店があるので、以下ページもチェックしてみてください。

注意事項

対象店舗

全国のマクドナルで利用できるわけではありません。2017年3月現在では、東京都内5店舗、大阪市内88店舗に限定されています。

ポイントは全ポイント使用

ポイントを使う場合は、保有している全ポイントを利用することになります。

例えば、1,000ポイント保有していて、支払額が1,200円だった場合。「1,000ポイントのうち、200ポイントだけ使いたい」ということはできません。1,000ポイントをすべて利用することになります。

清算後の提示は利用不可

清算後に提示した場合は、ポイントは貯まりません。必ず事前に提示しておきましょう。

楽天ポイントカードは楽天カードと一体型が便利


楽天カードは、カード1枚でクレジットカード、楽天ポイントカード、楽天Edy(有無は選択できる)の3つの機能が使えるメリットがあります。

それにより、クレジットカードが使えるお店で、かつ楽天ポイントカード加盟店であれば以下が可能になります。

・クレジットカードの支払いでポイントが貯まる
・ポイントカードを提示してポイントが貯まる

なんと、2重でポイントが貯まります。

とはいえ「主婦や学生でも作れるの?審査が心配」「年会費がかかるのが嫌」という心配がありますよね。クレジットカードの発行に抵抗はあると思います。

しかし、楽天カードの年会費は永年無料ですし、普段の買い物でもポイントが貯まります。

それに楽天カードは審査がゆるく、低収入でも発行しやすいクレジットカードの一つです。どう考えても便利だったので、私も楽天カードをメインのクレジットカードとして利用しています。

もっと詳しくメリットやデメリットを知りたい方は、以下ページもご覧ください。

まとめ

マクドナルドでポイントが貯まるのは、かなりうれしいですね。それに、使えるようになったことで、お得に利用できるようになりました。

楽天ポイントカードについてもっと知りたい方は、以下ページもご覧ください。

公開日:2017年3月26日