お得情報研究家「まめ」が株式投資情報をお届け

楽天キャッシュ決済とは|楽天証券でスタートした投信積立の決済方法

仕組みを解説 楽天キャッシュ決済 楽天証券
楽天キャッシュ決済は、楽天証券の投信積立で、決済できる方法です。2022年6月19日からスタートしました。

楽天カードから楽天キャッシュへのチャージで0.5%ポイント還元となり、ポイントが貯まってお得です。

このページでは、楽天キャッシュ決済の仕組みやメリットなどを紹介します。

スポンサードリンク

楽天キャッシュ決済とは

iPhone SE
楽天キャッシュは、楽天ペイや楽天市場、楽天トラベルなど楽天関連のサービスでの支払いに使えるオンライン電子マネーです。

楽天キャッシュは、以下の方法でチャージできます。

▽楽天キャッシュへのチャージ方法
・楽天カードからチャージ
・楽天銀行からチャージ
・セブン銀行ATMから現金でチャージ
・楽天ラクマの売上金からのチャージ
・楽天ウォレットの暗号資産からチャージ

楽天キャッシュにチャージしておくことで、ネット通販や街のお店(楽天ペイ加盟店)での支払いができるほか、最大1.5%のポイント還元でお得です。

この楽天キャッシュを使って、楽天証券の投信積立ができるようになりました。

例えば、楽天ラクマで服や雑貨を売った売上金を楽天キャッシュにチャージして、投信積立に使うこともできます。

スポンサードリンク

楽天キャッシュ決済のメリット

楽天キャッシュ決済の仕組み
楽天キャッシュ決済のメリットは、以下です。

楽天キャッシュ決済のメリット
楽天カードから楽天キャッシュへのチャージで0.5%ポイント還元
楽天カードからオートチャージも可能
投信積立の金額を楽天キャッシュ決済可能(毎月最大5万円まで)
楽天キャッシュ利用額に対し0.5%をポイント還元(2022年8月~12月買付分の期間限定)
1日~28日から積立指定日を選べる
楽天カード決済と合わせて最大10万円まで積立可能

楽天カードから、楽天キャッシュへのチャージで0.5%の楽天ポイントが還元されます。

さらに、2022年8月~12月買付分の期間限定で、さらに0.5%が還元され、最大1%のポイントが還元されます。

また、楽天カードで月5万円、楽天キャッシュで月5万円を投信積立の決済に利用すれば、毎月最大10万円まで、キャッシュレス決済で積み立てが可能です。

スポンサードリンク

楽天カードクレジット決済との違い

楽天証券の投信積立は、楽天カードクレジット決済も可能です。楽天キャッシュ決済との違いは以下です。

楽天キャッシュ決済 楽天カード決済 証券口座(楽天銀行マネーブリッジ) その他金融機関
支払い形態 電子マネー クレジットカード 楽天銀行口座・証券口座連携 銀行口座
設定可能上限額 50,000円/月間 50,000円/月間 原則なし 原則なし
ポイント還元率 楽天カードからのチャージ額に対して一律0.5% 2022年9月買付分より、積立金額の0.2%または1.0% ※1 なし なし
積立指定日 毎月1日~28日から選択できる 毎月1日、8日(選択不可) 毎月1日~28日から選択できる 毎月7日、24日から選択できる
ポイント投資・SPU 対象 対象 対象 対象外

2022年9月買付分より、楽天カードでの決済では積立金額の0.2%に下がってしまう投信積立が多くなっています。

しかし、楽天キャッシュ決済では、楽天カードからのチャージ額に対して一律0.5%のポイント還元になります。楽天カードで決済するよりも、楽天カードから楽天キャッシュにチャージして決済した方が、お得になる投信積立が増えます。

楽天証券での投信積立を考えている方は、楽天カードを発行し、楽天キャッシュ決済するのがおすすめです。

貯めたポイントを投信積立に使える

楽天証券は、楽天ポイントを投資に使えます。

楽天キャッシュ決済でも、ポイント利用設定が可能です。

例えば、500ポイントを50,000円分の投信積立に使えば、49,500円で投資を行えます。ポイントを投信積立に使うことで、無駄なくポイントを消費できます。

楽天キャッシュ決済の設定方法

積立新規設定の場合は、上記動画をご覧ください。

クレカ決済から、楽天キャッシュ決済へ切替の場合の場合は、上記動画をご覧ください。

公開日:
目次