お得情報研究家「まめ」が千葉への旅行・お出かけ情報をお届け

千葉市科学館に行ってきました!アクセス・駐車場・口コミ紹介

旅行予約サイトのクーポンを使えば宿泊や交通付プランを安く予約できます。→【最新】旅行・宿泊クーポン
更新 ※一部に広告表示

千葉市科学館
千葉県千葉市中央区にある「千葉市科学館」に行ってきました!

体験しながら科学を学べる展示がたくさんあります。プラネタリウムもあるので、家族やデートでも楽しめるスポットです。

このページでは、千葉市科学館の行き方や駐車場、料金、所要時間、混雑状況、感想などの口コミ情報を紹介します。

※スタッフさんに写真撮影OKの確認をとっています。

スポンサードリンク

行き方

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目5番1号

電車

最寄り駅は以下です。

JR総武線:千葉駅
京成:千葉中央駅
千葉都市モノレール:葭川公園駅

近いのは、千葉中央駅、葭川公園駅です。徒歩5分ぐらいです。千葉駅からは、15分ぐらいかかりますが、歩いて行ける距離です。

きぼーる
千葉市科学館は、Qiball(きぼーる)アトリウムという施設の7階がエントランスです。1階入口から、直通エレベータに乗りましょう。

車・駐車場

千葉市科学館には、専用の駐車場がありません。周辺駐車場を利用しましょう。

少しでも安い駐車場にとめたい方は、akippa (あきっぱ)がおすすめです。

月極駐車場の空いている区画や、個人所有の駐車場を誰でも利用できるように、提供してくれるサービスです。

千葉市科学館周辺にも一日1000円以下でとめられる駐車場があります。千葉観光もするなら、安い駐車場に車をとめてモノレールで向かうのも手だと思います。

駐車場の場所や最新の料金は、akippa公式サイト千葉駅周辺駐車場をご覧ください。

スポンサードリンク

料金

券売機
千葉市科学館で遊ぶには、入場料金がかかります。入り口近くの券売機で当日券を購入できます。

チケット
プラネタリウムも見たい方は、入場券とプラネタリウムを利用できるセット券がお得です。

料金は、変更になる可能性もあるので、最新料金は千葉市科学館公式サイトをご覧ください。

割引クーポンや再入場方法などは、以下ページをご覧ください。入場券が割引で購入できてお得です。

スポンサードリンク

千葉市科学館の見所ガイド・口コミ情報

千葉市科学館
ここからは、実際に千葉市科学館で遊んだ感想を紹介します!

遊びながら学べる展示

フロアマップ
千葉市科学館は、7階から10階まで、あらゆる展示があります。「エントランス」「ワンダータウン」「テクノタウン」「ジオタウン」にわかれています。

千葉市科学館
見るだけでなく、触ったり、操作したりしながら遊び感覚で、科学の不思議な体験ができます。

ムーンウォーカー体験
ムーンウォーカーは、人気の体験イベント。月を歩いているような感覚になれます。混雑時には、行列ができるようです。

体験イベントに参加したい方は、事前にイベントスケジュールを確認しておきましょう。

傾いた部屋
傾いた部屋は「視覚・感覚」の不思議現象。

パイプ電話
音の不思議を学べるパイプ電話。遠くの人とヒソヒソ話ができます。2人で笑える展示もあるので、デートや友だちとも盛り上がれます。

ボールを運ぶ遊び
レバーを回してボールを運ぶ遊び。

地震の仕組み
地震の仕組みがわかる装置。ボタンを押すだけの簡単操作で、小さな子どもでも楽しめます。

電化製品
「電気と技術」のエリアでは、テレビやラジカセなど、懐かしい電化製品が展示されています。

スケルトンカー
テクノタウンでは、スケルトンカーが展示されています。動力の仕組みや機械が持つ素晴らしさなど、車の魅力を楽しめます。

モニター
モニターを操作して、デジタルな体験もできます。

化石
地球や自然に関する展示が並んでいるやジオタウンでは、実際に化石に触れます。

昆虫の標本
カブトムシやバッタといった昆虫の標本を顕微鏡で観察できます。

水槽
メダカが泳ぐ水槽もあります。

たんQひろば
絵本を読めるたんQひろば。キッズスペースのようになっていて、赤ちゃんでも危なくないです。

このように、紹介しきれないほどたくさんの展示があります。順路はないので、好きなエリアで好きなように遊べます。

プラネタリウム

プラネタリウム
プラネタリウムは、7階のフロアにあります。私は時間がなかったので、今回は見ませんでした。

投影時間が決まっているので、事前にプラネタリウム投影スケジュールを確認しておきましょう。

休憩スペース

休憩スペース
館内には、イスとテーブルがある休憩スペースがあります。食べ物の販売はありませんが、自動販売機はあります。

飲食もする予定の方は、お弁当を持ち込むことが可能です。

ショップ

ショップ
館内には、お土産やグッズを購入できるミュージアムショップがあります。

所要時間

千葉市科学館
一通り展示を見るだけなら、2時間もあれば十分です。プラネタリウムや体験イベントも利用する方は、3時間ぐらい余裕をみておきましょう。

飲食スペースもありますし、家族や友だちグループで行くなら、半日以上でも楽しめます。

混雑状況

千葉市科学館
私は平日の10時頃に行きました。この日は、幼稚園児の見学がなかったらしく、ガラガラでした。いつもは、子ども達で賑わっているそうです。

周辺の観光施設

千葉市科学館の周辺には、千葉ポートタワーや千葉港めぐり観光船といった主要観光スポットがあります。

基本情報・営業時間

千葉市科学館
住所:〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目5番1号 複合施設「Qiball(きぼーる)」内7階から10階
TEL:043-308-0511
営業時間:【展示エリア】午前9時から午後7時【プラネタリウム】午前9時から午後8時

営業時間と定休日は、変更になることもございます。最新情報は千葉市科学館公式サイトをご覧ください。

まとめ

千葉市科学館は、とにかくたくさんの展示があり、子どもが喜ぶスポットです。入場料金を考えるとかなりお得。

屋内なので、雨の日でも遊べるのがいいですね。

ストーリーがあるプラネタリウムもあるので、デートにもおすすめです。

内容は変更になる可能性もございます。利用の際は公式サイトの確認をお願いします。


目次