お得情報研究家「まめ」がファッション情報をお届け

ボア付きで冬でも温かい!クロックス クラシック ラインド クロッグ

クロックス クラシック ラインド クロッグ
クロックス クラシック ラインド クロッグは、ボアが施されたクロックスの冬用サンダルです。

冬にスーパーに行ったり、コンビニ行ったりちょっと出かけるのに、靴下を履くのが面倒で買ってみました。

内側にふわふわのボアが付いていて、じんわり汗をかくぐらい温かいですよ。

スポンサードリンク

クロックス クラシック ラインド クロッグの感想と特徴

クラシック ラインド クロッグについて

クロックス クラシック ラインド クロッグ
「クラシック クロッグ」は、クロックスを代表するファーストモデルです。クロックスのサンダルでよく見かける形ですよね。

スポーツ クロッグとラインド クロッグ
形に関してはとてもシンプルです。左はスポーツ クロッグ、右がラインド クロッグです。ほとんど同じ形ですよね。

クロックスのボア
今回購入した「クラシック ラインド クロッグ」は、ライニングの呼ばれるボアが内側についています。そのため、冬や秋でも温かい状態でクロックスを履けます。


ボアがついているクロックスは「マンモス イーブイオー クロッグicon」や「ブリッツェン ラックス コンバーチブル クロッグicon」などの形もあります。

私は、服装に合わせやすいクラシック ラインド クロッグにしました。

ボアが温かい

クロックス クラシック ラインド クロッグを履く
実際に、クロックス クラシック ラインド クロッグを裸足で履いてみました。足の裏も足の甲もボアに包まれて、とても気持ちいです。ふかふかしていますが、くすぐったくはないです。

ボア
ボアのおかげで、じんわり汗をかくぐらいとても暖かいです。屋外だけでなく、室内やベランダで履くのもおすすめ。冬に洗濯物を取り込むときでも、足元が暖かくていいです。

ただ、吸水速乾の素材ではないので、汗をかくとやや蒸れます。裸足で長時間履くと少しべたっとします。蒸れが気になる方は、靴下を履いた状態で履くとベストです。ボアと靴下でとても暖かいです。

ちなみにボア(ライニング)の取り外しはできません。


足の甲の穴の開いた部分も内側からボアが付いているので、風が入ってきません。

また、穴にはジビッツ チャームiconというアクセサリーを付けられます。キャラクターやアルファベットなど、多くの種類が販売されていて、オリジナリティあるデザインにできます。

クロックス クラシック ラインド クロッグ
歩き心地は、クッション性がありとてもしっかりしています。1時間ぐらい歩くことがあるのですが、足がいたくなることもありません。

クロックスのベルトを後ろ
かかとの部分にはベルトがついています。ベルトを後ろにした状態にすると、足にフィットし脱げにくくなります。

クロックスのベルトを前
ベルトを前にすることも可能です。連続して履いたり脱いだりするときは、前にしておくと脱ぎやすくなりますよ。

サイズ感

クロックス26cm
私はスニーカーや革靴は26.5cmを購入しています。クロックスに関しては、0.5cm刻みのサイズがないので、26cmにしています。26cmでちょうど足にフィットしています。

クロックスのサイズ感は、シューズにより異なります。クロックス公式では、足の実寸のままのサイズがおすすめされています。

クロックスの公式サイトなら、日本サイズとアメリカサイズの2種類の記載とおすすめのサイズの確認方法が載っていて便利です。

カラー

クラシック ラインド クロッグはカラーバリエーションが豊富で、以下のカラーがあります。

ブラック/ブラック、エスプレッソ/ウォルナット、ネイビー/チャコール、バレリーナピンク/オートミール、ブルージーン/ネイビー、ペッパー/シルバー、スレートグレー/スモーク、ブルージーン/ブルージーン、ホワイト/グレー、バーガンディ/バーガンディ

淡い色のかわいいカラーもあります。私はどんな服装でも合わせやすいブラック/ブラックを購入しました。

価格

価格は3,960円で購入しました。セールやショップによって、価格は前後します。

クロックス公式サイトでは、クーポンが配布されていることがありお得です。ポイントを利用したい方は、楽天市場やYahoo!ショッピングなどのショップでも販売されています。

クロックスをお得に買いたい方は、以下ページも参考にしてみてください。


スポンサードリンク

仕様/素材

・(甲):合成樹脂/合成繊維、(底):合成樹脂
・重さ(参考サイズ):224g (M9W11)
・ヒールの高さ:約3cm

まとめ

クロックス クラシック ラインド クロッグは、予想通りに暖かかったです。ちょっとd家掛けるときや犬の散歩、ベランダ、室内など活躍します。

裸足でも履けますが、汗で少し蒸れるので、靴下を履いた方がいいと思います。

公開日:2020年12月8日
目次