billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

遊具と自然が楽しい穴場!紫金山公園で遊んできました!

紫金山公園
大阪府吹田市にある紫金山公園に3歳の子ども行ってきました!

約8.4ヘクタールある大きな公園で、大型遊具のある広場や自然散策、歴史を知るといった、いろいろな楽しみ方ができます。

近くには、万博記念公園や服部緑地といった有名な公園があり、知名度は低いかもしれませんが、個人的には穴場スポットだと思っています。3歳の息子は大満足で、写真を見るたび「また行きたい」と言っていますね。

このページでは、紫金山公園のアクセス、駐車場や遊び場の情報を紹介します!

スポンサードリンク

アクセス

紫金山公園
吹田市の住宅街にあります。車、もしくはバスが便利。

吹田市岸部北4丁目及び五月が丘東

駐車場

駐車場
44台とめられる駐車場があります。利用は、なんと無料。万博記念公園は、1,200円とられるので、これはめちゃくちゃうれしいです。

休日は、それなりに混みますが、満車で渋滞するほどではありません。私は、混雑するであろう日曜日の昼12時頃に行きましたが、余裕でとめられました。もしかすると、吹田市立博物館でイベントがあるときなどは、混むかもしれません。

駐車場利用案内
利用時間は、午前9時30分~午後5時。年中無休です。

交通機関

電車もしくはバスでアクセスできます。ただし、電車の最寄り駅であるJR岸辺駅からは、徒歩20分かかります。そのため、近くにバス停のあるバスの方が便利です。

JR吹田駅北口(東口、2番のりば))または阪急吹田駅(1番のりば)から、原町二丁目・亥子谷経由「千里中央」ゆき(4系統)バス「紫金山公園前」停留所下車徒歩4分。

JR吹田駅北口(東口、1番のりば)または阪急吹田駅(2番のりば)から、五月丘南循環バス(20系統)御利用の場合、「五月丘西」停留所下車より徒歩7分。

JR吹田駅北口(東口、1番のりば)または阪急吹田駅(2番のりば)から「桃山台駅前」ゆき(2系統)もしくは山田樫切山経由「万博公園駅(循環)」ゆき(21系統)バス「佐井寺北」停留所下車徒歩10分。

JR吹田駅中央口(2番のりば)または阪急吹田駅(2番のりば)から「桃山台駅前」ゆき(3系統)バス「佐井寺北」停留所下車徒歩10分。

JR吹田駅中央口(2番のりば)または阪急吹田駅(1番のりば)から、山田樫切山経由「千里中央」ゆき(12系統)御利用の場合、「岸部」停留所下車より徒歩10分。

JR岸辺駅下車北口より徒歩20分。阪急正雀駅下車北側出口より徒歩25分。 名神高速道路・中国自動車道・近畿自動車道「吹田ジャンクション・IC」から20分。

引用:吹田市立博物館

ランチ

公園内では、飲食ができます。広場にレジャーシートを敷いて、お弁当を食べる家族でにぎわっていますよ。(バーベキューは禁止)

なお、公園の周辺には、まねき屋(スーパー)かローソン(コンビニ)、「ベーカリーファクトリー 吹田紫金山」という大きなパン屋さんがあります。公園にいる位置によっては、遠いので事前に用意しておいたほうがいいでしょう。

スポンサードリンク

遊び場の紹介

地図
ここからは公園の遊び場を紹介します。公園内は広く、坂道が多いので、設置されている地図を見ながら進みましょう。

北広場ゾーン

駐車場から最も近いのが北広場ゾーンです。芝生広場や遊具があり、一番にぎわっています。

大型遊具
子どものための大型遊具。小さなすべり台や健康遊具、バスッケットのゴールもあります。

芝生広場
芝生広場は、開放感があって広いです。ピクニックをしたり、ボール遊びをしたり、自由に遊べます。

元気広場ゾーン

元気広場ゾーン
遊具がたくさんあり、子どもが喜ぶのが元気広場ゾーンです。ただし、駐車場からは遠いです。そのため、人が少なく、遊具を満喫できるというメリットがあります。

長いすべり台
長いすべり台。小高い丘の上からすべるため、眺めがいいですね。小さな子どもでも、大人が抱っこして、すべることができます。人が少なかったので遊び放題でした。すべり台は、子ども達の列ができるのが普通なので、ほんとに穴場です。

アスレチック
丸太や網を使ったアスレチック。難易度は低いので、3歳の息子でも挑戦できました。

幼児用遊具
カラフルな幼児用遊具。小さい子は、こっちですね。

砂場
砂場やトイレもありますよ。

里山ゾーン・鎮守の森ゾーン

紫金山公園には、小さな山があり自然散策ができます。写真を撮るのを忘れたので、雰囲気を伝えられないのが残念ですが、おもしろいエリアですよ。

市民による手作りという4本散策路を歩きながら、草木や花、昆虫、すりばち池などを楽しみます。カブトムシもいるとかいないとか。探検みたいで楽しいですよ。

私は、マラソンが趣味なのですが、散策路がトレイルランにぴったりで、人がいないときは、走ることもあります。

大きな釈迦ヶ池も隣接していて、雰囲気がいいですね。カモも泳いでいます。魚もいそうですが、釣りは禁止です。

陶芸の里(工房)ゾーン・吹田の里ゾーン

里山ゾーン
こどもの遊び場には、遊具がります。上の2つほどの規模ではなく、近所の小さな公園といった感じです。

また、歴史的な史跡である吉志部瓦窯跡(きしべがようせき)という瓦窯跡があります。平安京の造営当初の瓦を生産したそうですね。詳しい内容は、吹田市博物館で調べることができますよ。

博物館ゾーン

博物館ゾーン
吹田市立博物館があります。吹田市の歴史を学べる他、岡本太郎の展示といったイベントが開催されることも。利用情報については以下です。

開館時間:9時30分~17時15分
休館日:月曜日、祝日の翌日(祝日が月曜日の場合、火曜日も休館)12月29日~1月3日
入場料:一般が200円、高校・大学生は100円、小中学生は50円

博物館の近くでは、ピンク火山灰層を見学できます。

まとめ

人が少ない割には、遊具や散策路などの遊び場が多く、存分に楽しむことができます。子どもと遊んだり、軽い運動をしたりするのに、おすすめです。

まだまだある大阪の遊び場!