ビリオンログ billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

お問い合わせ

【初心者も簡単】PayPay(ペイペイ)の使い方|登録方法と3つの支払い方法を解説

スポンサードリンク

PayPay
PayPay(ペイペイ)は、ソフトバンクとヤフーが手がけるスマホ決済のことです。宮川大輔さんのCMが放送されていますね。

あらかじめチャージしておいたお金や登録したクレジットカードを使えば、PayPay加盟店で支払いができます。

しかし「スマホ決済に慣れていないから使い方がわからない」「そもそもPayPayって何ができるの?」と思われるかもしれません。

そこで、実際にPayPayを使ってファミリーマートと家電量販店のコジマで支払いをしてきました。登録方法も支払い方法も簡単でしたよ。

このページでは、PayPay(ペイペイ)の登録方法から使い方、支払いまでの流れ、注意点などを紹介します。また、メリットやデメリット、使ってみた感想も参考にしてみてください。

※ページの内容は変更になることもございます。最新情報はPayPayサイトヘルプページをご覧ください。

スポンサードリンク

PayPayでできること

PayPay
簡単にいうと、財布や現金を持っていなくとも、スマホのPayPayアプリを使えば、コンビニや家電量販店で支払いができます。

「そのお金はどこから出てくるの?」と思われるかもしれません。

後ほど詳しく紹介しますが、以下の方法を紐づけておくことで、支払いができるようになります。

PayPay残高 Yahoo!ウォレットやクレジットカードから、PayPayに現金をチャージしておきます。チャージしたPayPayで支払いができます。楽天Edyやnanacoといった電子マネーと同じです。現金を持ち歩かなくてもいいメリットがあります。
Yahoo!マネー Yahoo!の電子マネーです。預金払い口座またはコンビニから、Yahoo!マネーにチャージします。そのチャージしたYahoo!マネーを使って支払いができます。現金を持ち歩かなくてもいいメリットがあります。
クレジットカード VISA、MasterCard、Yahoo! JAPANカード(JCB)のクレジットカードをPayPayアプリに登録します。登録したクレジットカードを使って支払いができます。代金はクレジットカードから引き落とされます。複数枚のクレジットカードを登録できるので、財布の中をすっきりできます。

PayPayを使うことで、3つの支払い方法がスマホだけでできて便利ということです。財布を持ち歩かなくてもいいので、紛失や盗難のリスクも減らせます。

PayPayはお得なの?

PayPayアプリの利用料は無料です。別途、支払い手数料がかかることもありません。

また、買い物金額の0.5%のPayPay残高が貯まります。貯まったPayPay残高は、PayPay加盟店で使えます。

Tポイント
PayPayで支払っても、ビックカメラ(ビックポイント)やファミリーマート(Tポイント)のように、独自のポイントが貯まるお店のポイントも貯まります(店舗により異なる)。

ただし、還元率はお店によって変わることもあります。例えば、ビックカメラは10%還元が基本ですが、PayPay払いだと8%還元になります。

お店によっては、還元率が下がることもありますが、ポイント還元がないお店では、0.5%還元されるのは、現金払いよりもお得といえます。

他にも、クレジットカード払いをするとPayPay残高 + クレジットカードのポイントが貯まる可能性もあります。これは、クレジットカード会社によるので、一概には言えませんが、貯まるのなら「そのままクレジットカード」で支払うよりも、「PayPayに登録したクレジットカード」で支払う方が、お得ですね。

PayPayが使えるお店

PayPay
PayPayが使えるのは、PayPayに対応している加盟店だけです。現在、ファミリーマートやビックカメラ、飲食店など、使えるお店が拡大しているところです。加盟店には、PayPayのマークがあると思います。


使えるお店については、PayPayのアプリを確認しましょう。お近くのエリアで、使えるお店が探せます。

使えるお店については、以下ページにまとめました。

PayPayのメリット

PayPayのメリットをまとめると以下のようになります。

・PayPayにチャージしておけば財布を持ち歩かなくても支払いできる
・クレジットカードが使えないお店でもPayPay加盟店なら支払いできる
・支払い額の0.5%のPayPayボーナスが貯まる + お店独自のポイントも貯まる

コンビニのように、ちょっとした買い物でも、財布を持って行かなくていいのはかなり便利です。

PayPayのデメリット

まだまだ加盟店が少なく、使えるお店が限定されます。これから増えていくと思いますが、しばらくは特定のよく行くお店のみで使うことになると思います。

また、American Expressやダイナースクラブカードといったクレジットカードにも、対応していません。

登録方法

ここからは、PayPayの登録方法を紹介します。まず、PayPayのアプリをスマホにダウンロードしましょう。

ダウンロード・利用は無料です。AndroidはGoogle Play、iPhoneはApp Storeよりダウンロードしてください。

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

PayPay
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ


Yahoo! JAPAN IDか電話番号で登録します。Yahoo! JAPAN IDは、Yahoo!ショッピングやヤフオク!などのサービスを利用する際に、使うアカウントのことです。すでに持っている方は、そのアカウントで登録しましょう。

PayPayは、ヤフーのサービスなので、Yahoo! JAPAN IDと紐づけておいた方が、お得なキャンペーンもあると思います。


携帯電話(スマホ)の電話番号を入力します。


すぐにSMSで認証コードが届くので、入力します。


以上で登録は完了です。2、3分で完了すると思います。

スポンサードリンク

PayPayの使い方

PayPayは、以下の3つの支払い方法が利用できます。

・PayPay残高
・Yahoo!マネー
・クレジットカード

一つづつ解説します。

PayPay残高で支払う

PayPay残高で支払う場合は、事前にチャージしておく必要があります。

チャージ方法は2種類。

・Yahoo!ウォレットの預金払い用口座に登録している金融機関口座
・Yahoo! JAPANカード

Yahoo!ウォレットは、Yahoo! JAPANが提供している支払いサービスです。金融機関口座を「預金払い口座」に登録することで、口座から即時に代金が引き落とされる仕組みです。

利用したい方は、事前にYahoo!ウォレットに登録しましょう。


Yahoo! JAPANカードは、クレジットカードです。100円につき1ポイントのTポイントが貯まるのでお得です。私も、利用しています。


Yahoo! JAPANカードのみクレジットカードからチャージできます。

Yahoo! JAPANカード公式サイトより、年会費無料で発行できます。


チャージ方法は「あなたの残高」に表示されている「+」をタップし、上記いずれかの方法を選択。

100円以上のチャージしたい金額を入力すれば、チャージできます。チャージ完了すれば、上記のように残高が表示されます。現在は、500円分の支払いができるということです。

Yahoo!マネー


Yahoo!マネーは、Yahoo!の電子マネーです。「Yahoo!ウォレットの預金払い口座」「コンビニ」「ヤフオク!の売上金」からチャージできます。

詳しくは、Yahoo!マネーでのお支払いを参考にしてみてください。

クレジットカード

楽天カードや三井住友VISAカード、オリコカードなど、以下の国際ブランドのクレジットカードを登録できます。

・VISA
・MasterCard
・JCB(Yahoo! JAPANカードのみ)

今のところ、American Expressやダイナースクラブカード、銀聯カードには、対応していません。JCBもYahoo! JAPANカードのみになります。


レジットカードを追加するには「支払い方法の設定」をタップします。

「クレジットカードを追加」より、カード番号などを入力すれば、登録できます。クレジットカードは、複数枚登録できます。「個人用」「法人用」など使い分けることもできますね。

支払いの際に、指定のクレジットカードを選ぶと、クレジットカード代金として処理されます。「通常のクレジットカードが電子化された」と考えればわかりやすいと思います。

クレジットカードなら、チャージしなくとも、PayPayで支払いができます。支払い方法としては、最もわかりやすいと思います。

「それならクレジットカードで普通に支払う」と思われるかもしれませんが、PayPayで複数枚をデジタルで一元管理できるのと、クレジットカードを持ち歩かなくてもいいメリットがあります。

支払い方の基本

上記のいずれかの方法を使って、支払います。

支払いの際、お店のレジでは、2種類の支払い方があります。

・バーコードをスキャンする
・QRコードを読み取る

お店により異なりますが、どちらも簡単です。

バーコードをスキャンする


「コード支払い」で出てくる、バーコードを店員さんに見せるとスキャンしてくれます。

その際、「お支払い方法」という項目があるので、PayPay残高で支払うか、クレジットカードで支払うかを事前に選択しておきましょう。その支払い方法で、料金が支払われます。


支払いが完了すると、明細が見られます。獲得したPayPay残高も確認できます。

※還元率20%キャンペーン中だったので、20%分のPayPay残高が獲得できています。


498円使ったので、500円あったPayPay残高が2円になりました。残高がなくなれば、使いたい分だけ、チャージしましょう。

なお、支払い時に、PayPay残高が足りない場合は、メインに指定されているクレジットカードと合わせて支払いできます。

QRコードを読み取る


「スキャン支払い」から、お店のレジにあるQRコードを読み取ります。


そして、支払う料金を自分で入力します。くれぐれも間違いのないよう注意しましょう。店員さんにもしっかりと見せておきます。0の数を間違えて、1,000円を10,000円と入力してしまったら、10,000円を支払ってしまうことになります。


次に「お支払い方法」という項目があるので、PayPay残高で支払うか、クレジットカードで支払うかを選択します。

「支払う」をタップすると、料金が支払われます。


支払いが完了すると、明細が見られます。獲得したPayPay残高も確認できます。

※還元率20%キャンペーン中だったので、20%分のPayPay残高が獲得できています。

明細を確認する


「アカウント」→「レシート」より、過去に支払った料金明細を確認できます。

レシートを管理できるのは便利ですね。

もちろん、レジで紙のレシートをもらうこともできます。

解約について

現在は、アカウントを削除することはできません。特に料金はかからないので、問題はありません。

しかし、セキュリティを高めるために、以下の設定をしておきましょう。

・Yahoo! JAPAN IDとの連携解除
・クレジットカードの削除
・ログアウト

アカウント画面より、簡単に設定できます。


特に、登録したクレジットカードは削除しておいた方がいいと思います。削除方法は、ゴミ箱のマークをタップします。

詳しくは、PayPay公式のヘルプを確認してください。

セキュリティ設定をしておくのがおすすめ


アカウントの「セキュリティ設定」より、パスワードを設定できます。

ログイン時に、パスワードが必要になるので、スマホを落としたときでも、第三者による不正利用などの防止に役立ちます。

PayPayを使ってみた感想

1、2度支払うとすぐに慣れました。動作が軽快で、支払いがとてもスムーズです。

財布を出さなくていいので、会計時のわずらわしさもなく気に入っています。

不満があるとすれば、QRコードを読み取って支払うところ。自分で料金を入力するのは、間違えてしまいそうでちょと怖いです。

後は、使えるお店が増えてくれればいいですね。

PayPayの注意点

PayPayは、はじまったばかりのサービスで仕様変更もあるかもしれません。最新情報や細かい点で気になったことがあれば、PayPay公式のヘルプを確認してください。

まとめ

PayPayの使い方の手順をまとめると以下のようになります。

(1)アプリをダウンロードして、アカウント登録
(2)支払い方法の設定(クレジットカード登録やチャージ方法を指定)
(3)アプリを使ってお店で支払う

ソフトバンクとヤフーが手がけているので、今後、他のサービスと連動して、PayPayを使うことでお得になるキャンペーンが期待できます。

クレジットカードを作りたい人におすすめの記事

ゴールドカードやプラチナカードなど、ステータスがあるカードを探している方は「クレジットカード比較サービス」をご覧ください。

お得なクレジットカードの入会キャンペーンまとめ

クレジットカード比較!はじめての1枚におすすめのカードランキング

▽クレジットカードを作らずにネットショッピング

バンドルカードは、VISAの加盟店で使えるプリペイドカードです。電子マネーのようにチャージして、Amazonや楽天市場、メルカリなどのネットショップやVISAの加盟店で使えます。

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
バンドルカード
開発元:Kanmu, Inc.
無料
posted withアプリーチ
公開日:2018年12月7日