billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

エポスカードはどこで使える?マルイ以外でもVISA加盟店ならどこでも使えます


マルイでお得なクレジットカードが【エポスカード】です。

では、このエポスカードはどこで使えるのでしょうか?

結論からいうとエポスカードは、国内・海外のVISA加盟店で使えます。

エポスカードは「VISA」という国際ブランドが付いたカードです。VISAの加盟店であれば、ネット通販でもコンビニでも公共料金の支払いでも使えます。

マルイ以外で使って、エポスポイントを貯めることもできますよ。

このページでは、エポスカードが使えるお店やサービス、ポイントの貯め方を紹介します。

スポンサードリンク

エポスカードの国際ブランドとは?

クレジットカードには、VISAやJCB、MasterCard、アメリカン・エキスプレスといった国際ブランドが必ずついています。


カードに上記のようなロゴマークが印字されているのを見たことがあるかと思います。

その国際ブランドに加盟しているお店やサービスなら、クレジットカードを支払いに使えます。例えば、VISAならVISAの加盟店で、JCBならJCBの加盟店で使えます。


エポスカードの場合は、「VISA」の国際ブランドがついています。そのため、VISAに加盟しているお店ならどこでも使えます。海外でも国内でもOKです。

VISAは、世界で最も加盟店が多い国際ブランドです。そのため、使えるお店が多いことが魅力です。

VISA加盟店かどうかを確認する方法


カードを使いたいお店がVISA加盟店かどうかを確認するには、以下のような方法があります。

・レジ前や入口に掲載されているロゴマークを確認
・お店のホームページで確認
・ネット通販ならお支払方法を確認

いずれでも不明であれば、お店の人に聞いてみましょう。残念ながら、VISA加盟店がまとめられたホームページやパンフレットなどはないので、お店での確認が必要になります。

主なVISA加盟店

コンビニ:セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなど
ネット通販:Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなど
公共料金:電気、ガス、水道など
携帯電話:ドコモ、au、ソフトバンクなど

スポンサードリンク

支払いでエポスポイントが貯まる


エポスカードのメリットの一つが、エポスポイントが貯まることです。主な貯め方は以下の3つ。

(1)VISA加盟店での支払いで貯める(ポイント還元率0.5%)
(2)たまるマーケット経由のネットショッピングで2~30倍のポイントが貯まる
(3)電子マネーへのチャージでポイントが貯まる(楽天Edy、モバイルSuica、スターバックスカード)

まず、基本はVISA加盟店での支払いで貯まることです。200円の支払いにつき1ポイントたまります(還元率0.5%)。ポイントが貯まる分、現金で支払うよりも圧倒的にお得です。毎月の固定費(公共料金、携帯電話代)やコンビニやスーパーでの少額の支払いでも、エポスカードで支払うといいでしょう。

とはいえ、還元率だけで考えると楽天カード(還元率1%)やリクルートカード(還元率1.2%)の方がいいです。

しかし、エポスカードには「たまるマーケット」というサービスがあります。

これは、Amazonをはじめ、楽天やYahoo!ショッピングなどいろんなネット通販が参加しているポイントアップサイトです。

たまるマーケットを経由して買い物をするだけで、2倍~最大30倍のポイントを貯めることができます。ネット通販での還元率は跳ね上がります。

そして、楽天Edy、モバイルSuica、スターバックスカードといった電子マネーへのチャージ(入金)でも、エポスカードを使うことでもポイントが貯まりますよ。

まとめ

エポスカードはVISA加盟店であれば、どこでも使えます。

マルイ以外でもエポスポイントを貯めることができるので、お得なクレジットカードですよ。

それに、マルイで年4回10%OFF、海外旅行保険付帯、全国7,000以上の施設での優待割引など使い勝手がいいカードです。

エポスカードのメリットやデメリットは、以下ページにもまとめています。

公開日: