billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

王子動物園を徹底ガイド!駐車場、割引、混雑状況、遊園地、ランチなど情報満載!

神戸市立王子動物園
兵庫県にある神戸市立王子動物園に行ってきました!

130種類もの動物が見られる「動物園」と親子で楽しめる「遊園地」がセットになった人気のスポット。

関西を代表する動物園で、連日、多くの人で賑わっています。

このページでは、アクセス、駐車場、割引情報や動物園、遊園地の様子を写真付きで徹底的に紹介します!

はじめていく人も常連さんも王子動物園の魅力を発見してみてくださいね。

スポンサードリンク

神戸市立王子動物園とは

1951年3月21日に現在地に移転・開園した老舗の動物園。1995年に発生した阪神・淡路大震災では動物への被害がなかったとのことです。

約130種800点の動物を飼育しており、ジャイアントパンダとコアラが同時に見られる日本で唯一の動物園です。両方共、人気の動物なので意外ですね。

また、アムールトラやアムールヒョウといった希少動物も見られます。

後ほど紹介しますが、動物園で見たい!と思える定番動物のほとんど見られるのではないかと思います(何が定番かは、人によりますが)。

アクセス

阪急「王子公園」駅
神戸市の中心部(三ノ宮)よりやや大阪よりにあります。街外れにあるわけではなく、大阪や京都からもアクセスは良好です。

兵庫県神戸市灘区王子町3−1

交通機関

阪急、JR、阪神の各駅から徒歩圏内。最も近い阪急電車は、随所にパンダの絵が描かれていて気分を盛り上げてくれます。

・阪急「王子公園」駅より西へ徒歩3分
・JR「灘」駅より北へ徒歩5分
・阪神「岩屋」駅より北へ徒歩10分

・神戸市バス90・92系統「王子動物園前」バス停下車すぐ
・新幹線「新神戸」駅よりタクシー10分、または「布引」バス停より市バス90・92系統

最寄りのICは、阪神高速3号神戸線(摩耶ランプ、生田川ランプ)、阪神高速5号湾岸線(住吉浜ランプ)です。

駐車場は、隣接しているため歩いてすぐです。料金は以下。

・0~2時間までの30分につき150円
・2~4時間までの30分につき100円
・4時間を超える30分につき50円

行楽シーズンの春や秋の休日、GWのような連休は朝から混雑します。電車を利用するか、遅めの時間帯に利用しましょう。

なお、「駐車場混雑予想カレンダー」では混雑の予測が立てられています。参考にしてみてください。

スポンサードリンク

営業時間と休園日

入場口
営業時間は、春から秋にかけてと、冬の期間で営業時間が異なります。

3月~10月:午前9時~午後5時(最終4時30分)
11月~2月:午前9時~午後4時30分時(最終4時)

休園日:毎週水曜日(祝日の場合は開園)、年末年始(12月29日~1月1日)

料金

券売機
入場口の券売機で、チケットを買います。料金は、レジャー施設としては破格の安さですね。中学生以下は無料ですので、動物を見るだけならお金がかかりません。

・入園料大人(高校生以上)600円
・中学生以下無料
・団体割引あり

割引・クーポン

元々、安い入場料ですがもっとお得に利用する方法があります。

年間パスポート

年間パスポート(3,000円)は、作成日より1年間、何度でも入園できます。5回以上利用するのならお得です。

コープこうべの組合員

コープこうべの組合員であれば、組合員証の提示で入園料600円(大人(高校生以上))が540円に割引になります。提示するだけなので、会員の人はぜひ利用しましょう。

特別セット入場券

「須磨海浜水族園・王子動物園 特別セット入園券」なら、通常1,900円(須磨海浜水族園 1,300円、王子動物園 600円)が1,480円になります。

ただし期間限定、枚数限定です。詳しくは「神戸市Webサイト」をご覧ください。

混雑状況

駐車場と同じく行楽シーズンの春や秋、GWは混雑します。それでも、私が10月の日曜日に行ったときは、それなりの賑わい。動物も十分に見られましたし、遊園地でもほとんど待つことなく乗れました。

ただ、午後になってから急に人が増えたので、ゆっくり見るなら午前中ですね。9時から開いてます。

ランチ・食事

ランチ
園内では、ランチや軽食を食べることが可能です。

2つのレストランがあるので手ぶらでもOK。パンダ豚まんやコアラカレーの「レストラン パオパオ」と本格派カレーやうどん、おにぎりセット、鉄板焼きそばの「カレー&cafe カレー王子」では、しっかりとしたランチが食べられます。

また、お弁当の持ち込みも可能です。広場があり、ベンチが設置されていて、自由に食事ができますよ。好きな動物を見ながらというのもいいですね。

阪急「王子公園駅」近くには、コンビニもあります。軽食や飲み物を買って行くのもいいでしょう。

禁止事項は「飲酒禁止」「動物に食べ物を与えない」です。

動物園

動物園
ここからは、動物園の様子を写真付きで紹介していきます。130種類もの動物が飼育されているため、すべては紹介できませんが、リアルな動物の姿を見ていただけます。

動物園は、8つのエリアに分かれていて、種別ごとに区分されています。陸と水中の両方が見られるなど展示も工夫されていますよ。

園内は広く、坂道があるため、赤ちゃんがいるならベビーカーがあると楽ですよ。一日300円で、貸し出しもしてます。

像・猛獣エリア

主な動物:アムールトラ、アムールヒョウ、インドゾウ、ライオン

アムールトラ
アクリルパネルからすぐ近くを歩くアムールトラ。ネコ科の中では最大でものすごい迫力です。人だかりができていますね。

アムールヒョウ
ただならぬ雰囲気を持つアムールヒョウ。襲われるとひとたまりもなさそう。

ライオン
ライオンです。ほとんど動いていませんでした。

インドゾウ
のしのし歩くインドゾウ。いつ見ても大きくて迫力がります。表にいないときは、裏の小屋で見られるかも。

類人猿エリア

主な動物:チンパンジーやニシローランドゴリラ、ボルネオオランウータン、カピバラ、コモンリスザル

写真なしです。活発に走り回るいろんな猿がいます。

草食動物エリア

主な動物:カバ、キリン、カンガルー

カバ
カバは大人気で、人だかりができていました。

カンガルー
カンガルーは数が多いです。座り方がふてぶてしいですね。

チャップマンシマウマ
チャップマンシマウマの縞模様は、近くで見ると不思議です。

キリンは、ちょうど小屋の中に入っており、見ることができませんでした。

は虫類、夜行性動物エリア

主な動物:ワニやヘビ、カメ、マケモノ

写真なしです。ものすごく大きなカメがいました。

アシカ・クマ舎エリア

主な動物:ホッキョクグマ、カリフォルニアアシカ、クマ、ヤマアラシ、オオヤマネコ

カリフォルニアアシカ
水の中を高速で泳ぐアシカ。行ったり来たりする度に、子ども達が大喜びでした。

ホッキョクグマ
ホッキョクグマ(シロクマ)は、陸にいましたが、水の中に飛び込む様子も見られます。

パンダエリア

主な動物:ジャイアントパンダ

ジャイアントパンダ
終止、もそもそしていたパンダ。かつては行列ができていたのかもしれませんが、この日は人がいませんでしたね。

鳥エリア

主な動物:フラミンゴ、インコ、フクロウ

50種類以上の鳥が飼育されています。

フラミンゴ
日本一の繁殖数を誇るフラミンゴ。動物園に入ってすぐに見ることができ、その数に圧倒されます。

白いフクロウ
白いフクロウ。

動物とこどもの国エリア

主な動物:コアラ、レッサーパンダ、ヤギ、ヒツジ

コアラ
全く動いていないコアラ。顔を見せることはなかったです。

ふれあい広場
ふれあい広場では、ヤギ、ヒツジとふれあえます。

遊園地

遊園地
王子動物園の特長は、園内に遊園地があること。観覧車やメリーゴーランドなど16種類以上ものアトラクションがあります。

アトラクションの料金
アトラクションごとに、料金が決まっています。1回200円〜400円。ゲーセンの乗り物でも200円くらいしますから、それを考えるとリーズナブルです。

ただし、対象年齢による制限や保護者付き添いで、大人+子どもの料金が発生するものがあります。慣れていなければ事前に確認しておきましょう。

券売機
利用するには、券売機でチケットを買います。1,000円で1,100円分の乗り物券がついた回数券がお得ですよ。

img13401_025
我が家は、3歳の息子とGOGOアンパンマンやサイクルモノレールに乗りました。

全体的には、2歳児から小学生くらいまでが一番楽しめると思います。もちろん、親子で乗るともっと楽しめますよ。

その他の施設

動物園と遊園地の他にもいくつかの見所があります。

展示室では、動物の体の構造や暮らし方、生態を映像、模型、音響で学べます。本が読める学習コーナーも。

旧ハンター住宅は、現存する神戸の異人館では最大規模。4・5・10月は館内が公開されています。

おみやげ

ショップ
出入り口ゲートの近くと遊園地エリアにショップがあります。お菓子や動物グッズなど、ここでしか買えないオリジナル商品も豊富ですよ。

まとめ

王子動物園は、

・動物園と遊園地がある
・料金が安い
・アクセス良好

という点が素晴らしいです。三ノ宮や大阪から近いので、遊びの選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

こんな記事もオススメです!