お得情報研究家「まめ」がAmazon情報をお届け

Amazonギフト券を安くお得に購入する方法


Amazonで商品購入の際に使えるAmazonギフト券。

プレゼントやビンゴ大会の景品としても喜ばれますし、クレジットカードと使いたくない人が自分用に購入することもあるでしょう。

Amazonギフト券は、Amazonやコンビニ、家電量販店などで購入できます。しかし、基本的には3,000円のギフト券を買うのに3,000円の支払いが必要です。

また、売買サイトや金券ショップなどでの購入は、安く買える反面、「ほんとうに大丈夫か心配」と取引トラブルが気になることもありますよね。

つまり、Amazonギフト券には、割引で買える方法が少ないんですよね。便利というだけで、金銭的なお得さはないのです。

しかし、ポイント還元やプレゼント用に装飾されたギフト券であれば、お得感がある買い方ができます。

このページでは、Amazonギフト券を安くお得に購入する方法を紹介します。

スポンサードリンク

Amazonギフト券を安く購入する方法

自分用にはチャージタイプがお得


Amazonギフト券には「ギフト券番号」と「チャージタイプ」の2種類があります。ギフト券番号は、ギフト券に付与される番号を商品購入時に入力して使います。最も一般的な方法ですね。

もう一つが、チャージタイプです。電子マネーのようなもので、ギフト券の購入が完了すると自動的にあなたのアカウントに入金(チャージ)されます。

もしも自分用に購入するのであれば、チャージタイプの方がお得です。

Amazonギフト券を現金チャージして購入すると、通常会員は最大2.0%、Amazonプライムの会員は最大2.5%のAmazonポイントが貯まります。

1回のチャージ金額 通常会員 プライム会員
90,000円~ 2.0% 2.5%
40,000円~ 1.5% 2.0%
20,000円~ 1.0% 1.5%
5,000円~ 0.5% 1.0%

Amazonギフト券残高にチャージし、コンビニ・ATM・ネットバンキングなどで現金で支払いできます。100円から、1円単位で好きな金額をチャージでき、無駄に使いすぎないメリットもあります。

Amazonでクレジットカードを使いたくない・使えない人も安心。チャージした金額しか使えないので、使いすぎ防止に役立ちます。プレゼントよりも自分用に適していますね。

クレジットカードでの購入が嫌で、代引手数料を支払っていた人も、この方法なら現金同様に購入できます。

プライム会員のポイント還元率をアップさせるには、プライム会員キャンペーンエントリーより、エントリーが必要です。

キャンペーンは終了する可能性もあります。チャージ方法など、詳しくは、以下ページをご覧ください。

プレゼントには「配送タイプ」を購入する


Amazonギフト券には、「デジタルタイプ」と「配送タイプ」の2種類があります。

デジタルタイプ:Eメール
配送タイプ:グリーティングカード、封筒、ボックス、マルチパック

デジタルタイプは、Eメールで送られてきたAmazonギフト券を利用する方法です。15円~50万円まで好きな金額が指定でき、メールなのですぐに相手に贈れます。また、自分の好きな写真で装飾できるメリットもあります。

配送タイプは、装飾品が付くAmazonギフト券のこと。見た目が豪華なパッケージ仕様になっていて、それらの装飾品も、送料も無料なんです。金銭的な割引ではありませんが、プレゼントしたいときにお得感がありますよね。

ビンゴ大会の景品や結婚、出産のお祝いには、華やかな「ボックスタイプ」、母の日や誕生日プレゼントに最適な「グリーティングカードタイプ」、お礼や内祝いなどささやかなお返しには「封筒タイプ」といったようにシーンに合わせて使い分けられます。

コンビニのキャンペーン

ファミリーマート、セブンイレブン、ローソン、ミニストップといったコンビニでもAmazonギフト券を購入できます。

基本は定価販売ですが、期間限定でお得なキャンペーンが開催されることもあります。

▽過去のキャンペーンの例
ファミリーマート:Amazonギフト券を購入で対象お菓子の無料引換券がもらえる

最新のキャンペーンは、各コンビニのキャンペーンページをご覧ください。

ギフト券売買サイトは注意

Amazonギフト券を安く購入する方法としてよく取り上げられるのが、ギフト券の売買サイトを使うこと。

不要になったAmazonギフト券を売りたい人とそれを買いたい人を仲介するサービスです。

正規の価格よりも最大で20%ほど安く購入できることもあり、話題に上がることがあります。

売買をするには、ギフト券に記載されている「ギフト券番号」でのやりとりになります。チケットや物品のように郵送や手渡しでのやりとりではなく、ホームページ上で売買が成立します。

しかし、個人売買のため、詐欺や取引トラブルが問題になることもあります。例えば、いざ使おうとすると番号が偽物でギフト券が読み取れなかったり、エラーになったり。

また、Amazonでは、Amazonの未承認の販売者やサイトからAmazonギフト券を購入することを認めていません。最悪の場合、アカウント凍結などのリスクもあります。

Amazonやコンビニ、家電量販店で正規に買う方が安全です。

スポンサードリンク

まとめ:Amazonギフト券を安くお得に買う方法

Amazonギフト券は、自分用にはポイントが貯まる「チャージタイプ」、プレゼント用には装飾付きの「配送タイプ」を購入するのが安全でかつ最もお得ではないかと思います。ただし、割引率はそれほど、大きくありません。

Amazonギフト券がもらえるふるさと納税サイトのキャンペーンもあります。

公開日:2017年4月12日
目次