billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

ファミリーマートでの楽天スーパーポイントの貯め方・使い方を徹底ガイド

ファミリーマート×楽天
ファミリーマートで貯まる、使えるポイントといえばTポイントです。しかし、楽天のサービスをよく利用する人は、Tポイントよりも楽天スーパーポイントが貯まる方がうれしい場合があるでしょう。私もその一人で、楽天カードや楽天ポイントカードの利用者なので、楽天の方が使い勝手がいいんです。

今回は、私も実践しているファミリーマートで、楽天スーパーポイントをお得に貯める方法を紹介します。

スポンサードリンク

楽天カードでの支払いでポイントを貯める



ファミリーマートでは、JCB、VISA、MasterCard、アメリカンエキスプレス、ダイナースクラブといった国際ブランドのクレジットカードでの支払いが可能です。

楽天スーパーポイントが貯まるクレジットカードといえば、楽天カードですよね。楽天カードは、JCB、VISA、MasterCardのいずれかのカードを作ることができるため、ファミリーマートでも使えます。

楽天カードは、国際ブランド加盟店なら楽天のサービス以外の買い物でもポイントが貯められるため、ファミリーマートでも支払い額に応じた楽天スーパーポイントが貯まりますよ。

支払いで楽天スーパーポイント1%還元

楽天カードで支払うと100円につき1ポイント貯まります(還元率1%)。1,000円なら10ポイント、10,000円なら100ポイント貯まります。

Tカードの提示でTポイント0.5還元%

ファミリーマートでは、ファミマTカード、もしくは他のTカードを提示することで、200円につき1ポイントのTポイントが貯まります(還元率0.5%)。

楽天カードとTカードの併用で1.5%還元

楽天カードとTカードは併用できます。すなわち、楽天スーパーポイントに加え、Tポイントも同時に貯める合わせ技で1.5%還元にすることができます。

例えば、250円の買い物をした場合は、以下のようになります。

・Tカードを提示(Tポイントが1ポイント)
・楽天カードで支払い(楽天スーパーポイントが2ポイント)

両ポイントの合算で、合計3ポイント貯まります(還元率1.5%)。

これが、楽天カードで支払う最もお得な使い方になります。

注意事項

注意したいのは、200円以下の支払いではTポイントが貯まらないことです。Tポイントが付与されるのは、200円単位。例えば、300円の支払いでは、楽天ポイントは3ポイント付与されますが、Tポイントは1ポイントしか付与されません。

とはいえ、お得にはかわりないので、Tカードを保有している人は積極的に提示するようにしましょう。

ちなみに、ヤフーカードのように、Tポイントが付帯しているクレジットカードを保有している場合の使い方は、以下のようになります。

(1)ヤフーカードを提示(Tポイントが貯まる)
(2)楽天カードで支払い(楽天スーパーポイントが貯まる)

このように、クレジット機能付きのTカードでも、支払いをしなければTポイントを貯めるためのポイントカードとして使えますよ。

楽天Edyでの支払いでポイントを貯める

ファミリーマートでは、楽天Edyでの支払いが可能です。楽天Edyとは、お金をチャージして使える電子マネーのことです。この楽天Edyでも楽天スーパーポイントを貯められますよ。

支払いで楽天スーパーポイント0.5%還元

楽天Edyで支払うと200円につき1ポイント貯まります(還元率0.5%)。1,000円なら5ポイント、10,000円なら50ポイント貯まります。

オートチャージで0.5%還元

楽天Edyは電子マネーのため、現金やクレジットカードでのチャージが必要です。このチャージでも楽天スーパーポイントを貯める方法があります。

楽天Edy付きの楽天カードでオートチャージすると、200円につき1ポイント貯まります(還元率0.5%)。オートチャージとは、楽天Edyの残高が足りなくなると自動的に楽天カードからチャージしてくれる便利な仕組みです。事前に登録しておくことで簡単に使えるようになりますよ。

Tカードの提示でTポイント0.5%還元

前項でも紹介したようファミマTカード、もしくは他のTカードを提示することで、200円につき1ポイントのTポイントが貯まります(0.5%還元)。

楽天EdyとオートチャージとTカードの併用で1.5%還元

楽天EdyとTカードは併用できます。さらに、楽天Edy付きの楽天カードでオートチャージすると、3つの合わせ技で1.5%還元にすることが可能です。

例えば250円の買い物をした場合は、以下のようになります。

・楽天Edy付き楽天カードでオートチャージ(楽天スーパーポイントが1ポイント)
・Tカードを提示(Tポイントが1ポイント)
・楽天Edyで支払い(楽天スーパーポイントが1ポイント)

両ポイントの合算で、合計3ポイント貯まります(還元率1.5%)。

これが、楽天Edyで支払う最もお得な使い方になります。

なお、楽天Edy付き楽天カードを持っていない人は、楽天Edyの支払い(0.5%還元) + Tカードの提示(0.5%還元)の計1%還元が最大となります。現金でのチャージでは、ポイントが貯まりません。

注意事項

注意したいのは、3つの方法とも200円単位でしかポイントが貯まらないことです。例えば、150円の買い物では1ポイントも付与されません。

スポンサードリンク

楽天カードと楽天Edyはどちらが得か

ここまででみてきたように、両者共に最大で1.5%のポイントが貯まります。つまり、同じ還元率なんですよね。ならば、どちらで支払うのがいいのでしょうか。

それは「年齢制限」と「ポイントが付与される最低額」を考慮すると答えがみえてきます。

まず、両者を発行できる年齢制限は以下のようになります。

楽天カード・・・18歳以上(高校生を除く)
楽天Edy・・・年齢制限なし

楽天カードはクレジットカードのため、18歳以下の人は持てません。また、審査もあるため誰でも持てるわけではないんです。そもそも、クレジットカードが嫌いな人もいるでしょう。そんな人は、楽天Edyを使うしかないんです。

それでは、両者共に持てる人はどうでしょう。そんな人には、楽天カードがおすすめです。なぜなら、楽天カードは100円につき1ポイントが貯まるので、ポイントが貯めやすいのです。

先程も解説したように、300円の支払いなら楽天カードは3ポイント貯まるのに対して、楽天Edyは1ポイントしか貯まりません。それに、オートチャージとはいえ、設定や管理が面倒です。

それをふまえると、結論は、以下のようになります。

・18歳以上で、クレジットカードを持てる人は楽天カードで支払う。
・18歳以下、またはクレジットカードを持ちたくない人は楽天Edyで支払う。

さらに詳しくは、以下ページにまとめました。

私は楽天カードもTカードも保有してますので、ファミリーマートでは楽天カード + Tカードの合わせ技でポイントを貯めてます。

発行方法

楽天Edy

楽天Edyオフィシャルショップで買うことができます。楽天Edyに加え、楽天ポイントカードの機能もつきますよ。発行には300円(税抜)かかります。

楽天カード

楽天カード公式サイトより申し込みめます。申し込み特典として、多いときで8,000ポイントの楽天スーパーポイントがもらえてお得ですよ。発行手数料、年会費は無料です。ポイントが貯まりやすいクレジットカードとして人気です。

節約家におすすめの記事

家計を助けてくれるおすすめの節約記事をピックアップしました。当ブログでよく読まれている人気記事です。

ロハコ完全攻略!買う前に絶対チェックしたい超お得術

Amazonで食品を激安スーパーなみに安く買う7つの方法

【毎月更新】お得なクレジットカードの入会キャンペーンまとめ