ビリオンログ billion-log

ちょっと役立つ節約術やお得な割引情報など「生活」や「お金」に役立つ情報を配信しているサイトです。

ワイモバイルでiPhoneを購入するメリットと注意点

スポンサードリンク

iPhoneの購入はお得?ワイモバイル メリット デメリット
「iPhoneを買いたいけど価格が高い!」

iPhoneは、最新機種なら10万円前後の価格になります。しかし、日本ではiPhoneの普及率が高く、周りの友だちが持っていると自分もiPhoneが欲しくなりますよね。

「iPhoneを安く買いたい。携帯電話代も安くしたい」という方には、ワイモバイルでiPhoneを買うのがおすすめです。

ワイモバイルは、ソフトバンクが運営する通信回線。キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)よりも月額料金が安いのが特徴です。しかも、iPhoneを購入することも可能です。

iPhone自体の価格は安くありませんが、月々の携帯電話料金が安くなり、結果的にiPhoneを安く手に入れることが可能です。

このページでは、ワイモバイルでiPhoneを購入するとお得な理由を紹介します。

スポンサードリンク

ワイモバイルでiPhoneを使う方法

iPhone
ワイモバイルでiPhoneを使うには以下の3つの方法があります。

・Apple Storeや中古ショップでSIMフリーのiPhoneを購入する
・キャリアで購入したiPhoneをSIMロック解除して使う
・ワイモバイルで購入する

すでにSIMフリーのiPhoneを持っている方は、そのまま使えます。ドコモやauで使用しているiPhoneもSIMロック解除すれば、ワイモバイルでも使えます。

「iPhoneを新規で購入したい」「月々の料金と一緒に分割購入したい」「SIMフリーやSIMロック解除は難しそう」という方は、ワイモバイルでiPhoneを購入することを検討してみてください。

次項からは、ワイモバイルでiPhoneを購入するメリットを紹介します。

ワイモバイルは旧機種のiPhoneを購入できる

ワイモバイルでは、最新機種のiPhoneを購入することはできません。現在購入できるのは、以下の3機種です。

・iPhone 7
・iPhone 6s
・iPhone SE

※2018年1月現在の情報です。購入できる機種は変更になることもございます。最新情報はワイモバイルをご覧ください。

最新のiPhone Xを購入したいなら、キャリアかApple Storeや中古ショップでSIMフリーのiPhoneを探しましょう。

「旧機種でも安く購入できるならなんでもいい」「価格の高い最新機種を購入しても使いこなせない」という方は、ワイモバイルを検討してみてください。

スポンサードリンク

ワイモバイルでiPhoneを購入すると高い?

iPhone
ワイモバイルでは、「一括払い」か「24回払いの分割」でiPhoneを購入できます。キャンペーンがない限り、一括でも分割でも総支払額は同じです。

例えば、iPhone SE(128GB)を購入した場合、機種代金は以下のようになります。

一括払い 57,564円
24回払い 総支払額57,564円
・月2,376円×24回
・頭金540円

※2018年1月現在の情報です。料金は変更になることもございます。最新情報はワイモバイルをご覧ください。

iPhone SEは、Apple Storeでは販売されていませんが、ヤフオクでは4万円~5万円前後の価格で中古が出回っています。もしも、iPhone SEのSIMフリー版を中古で購入し、設定(APN設定、APN構成プロファイルの削除)が自分でできるのであれば、SIMフリーのiPhoneを購入した方が安い場合もあります。

しかし、「よくわからないし面倒なことはやりたくない」「中古のiPhoneは不安」という方は、ワイモバイルで購入することで、設定も簡単になり、確実に使えます。

それに、ワイモバイルは携帯電話の月額料金が安く、機種代金を支払ったとしても、キャリアでiPhoneを購入することに比べたら安いです。

ワイモバイルとキャリアでiPhoneを購入する価格の違い

以下は、ワイモバイルの最もスタンダードな「スマホプランM」でiPhone SE(128GB)を購入した場合の支払い額です。

機種代金 2,376円(24回払い)
※頭金で1回のみ540円必要。
スマホプランM 4,298円
月額割引(翌月から24ヵ月間) -1,836円
ワンキュッパ割(翌月から12ヵ月間) -1,080円
月々の支払額合計 3,758円

※料金は変更になることもございます。最新料金については、ワイモバイルでシュミレーションができます。

購入から12か月間はワンキュッパ割、24ヵ月間は月額割引が適用されるので、月額3,758円でiPhone SEが持てることになります。

キャリアでiPhoneを購入すると機種代金含め月々8千円~1万円はみておかなくてはいけません。

スマホプランMは、月のデータ使用量が6GB(2年間はキャンペーンで9GB)まで使えます。また、1回10分以内の国内通話が無料です。

ワイモバイルのプランで満足するのであれば、iPhoneを格安で持てることになります。

割引が完全になくなる2年目以降は、以下の料金になります。

機種代金 なし
スマホプランM 4,298円
月額割引(翌月から24ヵ月間) なし
ワンキュッパ割(翌月から12ヵ月間) なし
月々の支払額合計 4,298円

機種代金がなくなると同時に割引もなくなり、結果的に少し料金は高くなります。それでも、月々の携帯電話料金を4,298円。キャリアと比較すると、十分に安い料金といえます。

SIMロック解除できる

購入日を含む101日目以降であれば、ワイモバイルで購入したiPhoneのSIMロック解除が可能です(2015年5月以降発売の機種に限る)。

SIMロック解除すれば、他社に乗り換える場合でも、iPhoneを引き続き利用できます。

なお、My Y!mobileで手続きをすれば、SIMロック解除の手数料はかかりません。ショップで手続きをする場合は、3,000円(税抜)の手数料がかかります。

注意点

2年単位の契約になる

ワイモバイルは、ソフトバンクやドコモと同じように2年単位の契約になります。

契約更新月の解約であれば解約料は無料です。ただし、それ以外の期間に解約すると契約解除料が9,500円(税抜)かかります。

分割でiPhoneを購入している場合は、解約後も機種代金は24回払いまで払い続けなくてはなりません。ショップにて、解約時に残りの機種代金を一括払いへ変更することは可能です。

まとめ

ワイモバイルでiPhoneを購入する際のメリットとデメリットをまとめると以下のようになります。

▽メリット
・新機種よりも価格が安いiPhoneの旧機種を購入できる
・ワイモバイルはキャリアに比べて月額料金が安い
▽デメリット
・中古のSIMフリーiPhoneの方が安い場合がある
・最新機種は購入できない
・2年単位の契約。更新月以外の解約は契約解除料がかかる

ワイモバイルでは、機種代金を分割で支払っても、月額料金が安いので結果的にiPhoneを安く持てます。また「SIMフリーや中古のiPhoneは怖い」という方でも、ワイモバイルで購入すれば安心です。

ワイモバイルについて詳しく知りたい方は、以下ページもご覧ください。

その他の格安SIMの割引キャンペーン

以下ページで、他の格安SIM(MVNO)の割引キャンペーンもまとめています。月額料金の割引率やオプション割引など、比較してみてください。

▽割引キャンペーン掲載格安SIM(MVNO)一覧
楽天モバイルUQモバイルmineoワイモバイルIIJmioNifMoBIGLOBEモバイルイオンモバイルDMMモバイルOCNモバイルONEエキサイトモバイルリペアSIMQTモバイルDTI SIMLIBMO

公開日: